2012年11月25日

EMフィル定演終わったー。

今日はEMフィルの定演のお手伝いをしてきましたー。
プログラムは以下のとおり。

■ドビュッシー/ビュッセル:小組曲(ぽぽろんろん担当:Tamb.)
■ビゼー:「アルルの女」第1・第2組曲(ぽぽろんろん担当:S.D.,プロヴァンス太鼓)
〜休憩〜
■チャイコフスキー:交響曲第5番ホ短調
〜アンコール〜
■チャイコフスキー:「くるみ割り人形」より「花のワルツ」


普通の演奏会と比べるとボリュームのあるプログラムですねー。前半の2曲がいいです。
オープニングに序曲じゃなくて(「小」とはついているものの)組曲、中プロも余裕で30分超え。気合いを感じます。
こういうアグレッシブなプログラムは羨ましいです。

まずは個人的な反省。
小組曲のタンバリンはちょっと小さくまとめてしまったなと。もっと音を飛ばすことを意識したかったのに本番では忘れて手元しか見ていない感じで終わってしまいました。
あとはアルルのプロヴァンス太鼓。いい感じで終わりまで行った、と思ったところに最後の最後のアッチェレランドで少し置いていかれてしまいました。最後はきっちり合わせたけど、一瞬気を抜いてしまいましたねー。むー、残念。
スネアは、…とりあえず本番では袖の中にスティックが入り込まなくてよかったです(苦笑)
リハで入りまくって装飾音符が止まりまくってたのよね。

あ、そうそう。プロヴァンス太鼓ですが。
トムトム等での代用ではなく本物を使っての演奏でした!


※これは練習時の写真ですが同じものを使いました。

右側にある、より紐の部分を肩に掛けて担ぎます。
片手で叩くことになるので終盤が結構キツいですが、テンポ的にはちょうどついて行けるくらいだったので助かりました。
…のはずが最後で油断しちゃったのよねぇ。
くぅ〜っ、マジで悔やまれます><


さて、EMフィルの感想ですが。

上手くなってますねー。もともと音は出ているオケでしたがそこに加えて統一感も出てきたし音程も以前より合うようになっていました。というか、普通に聴く分にはピッチは全然気になりませんね。羨ましい。
いい勢いを感じました。
Sフィルよりよっぽどいい演奏してるのにお客さんがうちより少ないなんてもったいない!うちのお客さんを半分あげたいと素直に思いました(^^;)

エキストラでは、サックスの女性がいい音してましたねぇ。かわいかったし(こら^^;
アルルのサックスはもう歌って歌って歌いまくってという感じですから、奏者としても気持ちいいでしょうねぇ、きっと。
その一方で、ハープの人が練習の時から少し不安を感じさせていたのですが、本番でもやはりアルルで落ちてました(^^;
でも、エキストラ紹介で「○○先生」と紹介されていたので、ちゃんとプロでやってる人なんだよなぁ、きっと。
そういう立場の人であそこまで不安な感じを醸し出す人は初めてだったのでそこにはちとびっくりしました(^^;)

そうそう。ハープといえば。
本番前日の練習ではハープが不参加だったのですが、アルル2組のメヌエットのハープ伴奏部分をコンマス・2ndトップ・チェロトップが分担してピチカートで代奏してました。
いいですねぇ、こういう遊び心(´∀`*)

さて、今年はあとSフィルの演奏会を残すのみですね。
正直言ってこれについてはいろいろとカチンと来ることが多すぎて話題にもしたくないところもあります。あと、それに対する自分の対応等についてもね。
とりあえず本番はちゃんとこなさないと。その後のことは本番終わってから考えるとしますかね。
タグ:トラ活動
posted by ぽぽろんろん at 22:34 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | my music activities

2012年11月11日

TWオケ、市民祭終わったー。

今日はTWオケがある自治体の市民祭に参加してきました!
市内の学校や一般の吹奏楽団体が集まって発表しあう、よくある形式ですね。
で、TWオケのプログラムはこんなんでした。

■フィルモア:サーカス・ビー(ぽぽろんろん担当:B.D.)
■上岡洋一:はるか、大地へ(ぽぽろんろん担当:Cym.,S.Cym.,Gong)
■カーペンターズ・フォーエバー(ぽぽろんろん担当:Timp.,S.Cym.,W.Chime,Tamb.)


この日は朝9:30に会場集合だったのですが、何を血迷ったのか私はずーっと8:30集合だと勘違いしていて、会場最寄り駅に8時過ぎに到着。
ふとスマホのスケジュール帳を見たら思いっきり「9:30」って書いてありまして…。思わず「マジかよ」とつぶやいてしまいました。
最寄り駅からはPercメンバーで集まってタクシーを拾うことになっていたので、駅近くのベンチでゆ〜っくりひなたぼっこして時間をつぶしてました(^^;)
駅前にはマックもあったんだけどね。ああいうとこで時間つぶすのって苦手なのです。飲むか食べるかしてないと間がもたないんですよねー。

まぁそんなこともありつつの本番だったのですが、演奏としてはまぁまぁよかったと思います。というか、ホールの音響がいいですね。
もの凄く気持ちよく演奏出来ました。多分みんなそうだったんじゃないかなあと思ってます(少なくともパーカッション3人はそうでした^^;)。
マーチはそれなりのテンポで上手く回ったので演奏してて気持ちよかったですね。
はるか大地へは定演でもやった曲なのでその時以上のクオリティを出したかったですが、…さすがにそれは厳しかったです(^^;)
まぁでも、本番は練習に比べればうまく行きましたよ。ユーフォソロのところでテンポが落ちてしまったのだけがちょっと残念だったかなぁ。ユーフォと指揮者で互いの様子を見合った感じになってしまいましたね。
カーペンターズは楽しく出来ましたねー。Timpだけじゃヒマでしたが、タンバリン等を掛け持ちしたおかげでかなり面白かったです。
各ソロもまぁまぁ上手くいってましたし、トラで頼んだエレキギターもいい味出してました♪

という感じで本番は無事に終わったのですが、それからが実は大変だったのよね。
トランペットのFくんが演奏後過呼吸に陥ってしまいまして…。
二階席入り口の壁にもたれてハァハァ言っていたので「おーい、大丈夫か?」と声かけて一旦は自分の片付けをしたのですが、それが終わっても全く症状がよくなる様子が無かったので「あれ?もしかして結構キツいのか?」とあらためて彼のそばへ。
で、何人かで看病して少しずつ落ち着いてはきたのですが、最終的には近所のイベントの救護係で来ていた消防署の人を呼んできて酸素吸わせたりして何とかそこそこ回復。
その後、「もう大丈夫」というFくんを「いいから少し寝ろ」とホールの事務所にあったベッドをお借りして無理矢理小一時間寝かせ、それで8〜9割方元に戻った感じに。
そこからは車で来ていた人に送ってもらうことになったのでその後はその人たちにお任せし、私も帰路に着いたのでした。
回復できたのでよかったですねー。最悪、救急車ということもあり得ましたから。
とりあえず酸素ボンベありがとうという感じでした。みるみる顔色がよくなりましたね。

あとは、いろんな団体の演奏を聴けて楽しかったです。
中学生はやっぱり音がまだ雑なところがあったりしましたが、一生懸命やってる感じがいいですね〜(´∀`*)
人数が少ないのに結構な音量をドンと出してきた学校とかあったりして「おお〜っ!」って思ったりしたし。
同じくらいの人数でも、やっぱり指導者によって音色のまとめ方にめっちゃ差があるなぁとか感じて面白かったし。で、偶然かもしれないですけど、音色が揃ってる学校はパーカッションの腕のフォームもそんな悪くなかったり。
講師とかトレーナーとか付けてるのかもしれないですねー。
高校生・大学生になるとその辺の基礎はさすがに出来ていて、ピッチや音色は揃ってて普通だよねっていうのを再確認しました(要は社会人はその辺通過してきている人も少なくないはずなのに…、まぁ以下略ってことで)。

てことでTWオケの方はこれで今年の本番は終わり。次からは来年の定演に向けての練習が始まります。
…って言いながら、私はまたしばらく練習には参加出来ないんだけどね。
定演の曲はキャンディード序曲、ピータールー、オリエント急行、…いやぁへヴィだねぇ(^^;)
タグ:TWオケ
posted by ぽぽろんろん at 00:44 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | my music activities

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。