2012年12月29日

疲れてる、きっと憑かれてる

あるいは、「ツイてない、きっと何か憑いている」。
タイトルをどっちにしようか迷ったけど、結局は上記のとおりということで。

今年を振り返るとこんなタイトルしか浮かんでこないです(^^;)

主に仕事面で疲れたしツイてなかったですね〜。
特に8月以降の客先での出張作業は、行く先行く先で何かしらのアクシデント・トラブルが続々と発生…。
図面と現物の接続が違うくらいならかわいいもんで(図面修正して後から差し替えればいいだけなので)、うちらの装置を入れるべき場所に別装置が入っちゃってたり、バージョンアップしたアプリのバグが現地試験で発覚したり、アプリの設定ファイルが間違ってて(設定したのは私じゃないよ!><)現地試験でアラーム吐きまくったり、もう疲れました。
もちろん、ここでは書けないようなことも発生したり…。今のシステムを私より何年も長くやってる人でも遭遇しなかったような現象をたびたびお見舞いされましたよ。
おかげで出張行くたびに心が削られてました…。本当に何かに取り憑かれてた(あるいは取り憑かれてる)としか思えない。
このブログにはごはんの報告しか上げてなくて「出張楽しいよーヽ(・∀・)ノアヒャヒャ」な雰囲気を醸し出したりしちゃってましたが、本当はそんなんじゃあなかった。仕事のたびに心が折れそうになるので、食べ物に逃げるしかなかった(^^;)
そして今年最後の出張。客先では何事も無く終わりましたが、その代わりに飛行機がトラぶって出発が2時間近く遅れましたからね。
「仕事が無事に終わりますように」と祈ると、今度は飛行機が落ちるかもしれないっすね(笑えない

仕事で心が疲れ切っていたせいで、他人とのコミュニケーションにも余裕が無かったですね〜。すごく冷たい態度取ってしまったりすぐカチンと来てしまったりして後から独り後悔したのも一度や二度じゃなかった。
今では若干の余裕は出来ましたが、ま〜だカチンと来るのは変わらないですね。まぁこれが自分の本来の性格と言ってしまえばそうなんですが(^^;)

疲れていたせいでオケの方にも若干の影響がありました。
トトロのパート割りで頭がごっちゃごちゃになった挙げ句、エキストラさんに違う人の譜面を送っちゃったりとか。
打楽器運搬用の台車のタイヤがパンクしたので、処分してもらうためにそのタイヤをメーカーに送ったら、向こうから「あの、送られてきたのが新品のタイヤだったんですけど…」って連絡があったりとか。
どっちも「間違えないように」と何度も確認したはずだったんですけどね…。

ただ、吹奏楽の方は大丈夫だったですね。自分でやらなきゃならないことがほとんど無いからw


てことで、今年は本当に疲れました。
仕事の方は来年3月いっぱいまで出張が続くので、とりあえず年明けたら吹奏楽のパーカッションパートでお祓いに行きますw
私以外にも今年ツイてない人がいたのでね(^^;)


来年は穏やかに過ごしたいねぇ。
posted by ぽぽろんろん at 22:59 | 神奈川 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | etc.etc....

2012年12月18日

10月後半からの出張先ごはん走り書き

今年の出張も終わり、年内のお仕事は年明けからの出張ラッシュに備えてせっせとシステムをセットアップする作業のみとなりました。
出張=夜仕事なので、これが無くなって体の方もだいぶ楽になってきましたねー。よかったよかった。やはり規則正しい生活がいちばん(※特におっさんにとっては^^;)。

さて、ということで10月後半以降に行った出張でのごはんをぺたぺたと貼っていきます。

■大分
10月末に行った大分。
大分と言えばとり天!

…って全国的に浸透してきたのって結構最近らしいですね。知りませんでした。
とりあえず到着してすぐに食べたのがこちら。



とり天はささみでしたかね。
でも、火の通ったささみにありがちなパサパサ感は全く無く、ふわふわの食感がよかったです。衣はさくさくだったし。
かぼすポン酢又はからしをつけていただきました。どっちも合いますね〜♪

そして翌日食べたのがりゅうきゅう丼。



関アジのりゅうきゅう(づけの一種)を薄切りにしてどんぶりいっぱいに敷き詰めてあります。そこにゴマと刻んだ大葉がかかっていて見た目もキレイ。
りゅうきゅうは薄切りなので味は思ったより濃くなかったですね。ガツガツ頬張ると口の中が幸せになります。
そして画像の左上を見て分かるとおり、ここでもとり天を頼んでしまいました(笑)
ここのはもも肉だったかな?から揚げチックな見た目でした。こちらもサクサクフワフワ。
そして専用のダシにつけていただきました。
ここのダシが不思議な味だったんですよねぇ。甘じょっぱい感じだったかなぁ?見た目がおでんのおつゆのようだったので、そのギャップに最初「ん?」となっちゃいました。
あ、でも美味しかったですよ(笑)

■金沢
11月あたまに行きました。
本当はカレーを食べたかったんです。けど、金沢カレーのお店が駅前に全然無くて(金沢城周辺にならあったんですが)、そしてこの時の金沢はどえらい悪天候で…。どしゃ降りな上に雷も鳴っててね。
金沢城&兼六園に行こうなんて気には全然なれず(本当は行きたかったんですけど…)、食事は駅のレストラン街で済ますしかありませんでした。

てことでまず食べたのが、オムライス。
お米好きなんでね。ごはんの塊が食べたかったんです(笑)



ドリア風オムライス、クリームコロッケ付きです。
どの辺がドリア風かと言うと、グラタン皿に入っているところです。
ってだけではもちろんなくて、トマトソースとチーズもがかかってます。
そしてクリームコロッケが2つ!
ああ、しあわせ。これは超しあわせ。
美味しくいただきましたです。

それから、ハントンライスなるものもいただきました。



金沢に行く、ということになってからググって知った料理です。地元のB級グルメらしいですね。
これも有名どころは駅から離れたところにしかないらしく。今回は駅の喫茶店で食べました。そのせいかちょっとおしゃれな盛り付けになってます。
チキンライスに薄焼きの玉子焼きをかけて、そこにエビフライとか魚のフライとかが乗ってる。

…まぁ、トッピングが豪華なオムライスだよね(^^;)

昼・夜と似たようなものを食べた自分ですが特に後悔はしてないです。お米大好きだし(^^)
味ですが、まぁ基本はオムライスです(笑)
ただ、フライにかかっていたタルタルソースがちょっとしたアクセントになってましたね。
美味しくいただきました。
有名店のも食べてみたいですね。あと、金沢カレーも。ただ、もう出張では行く機会が無さげなのが残念…。

■盛岡
11月半ばに2回目の盛岡。
ここでまず食べたのはカルビ温麺。



野菜たっぷりでスープも優しいお味。麺も冷麺とは違い柔らかい。
カルビも思ったより入っていて美味しかったですねぇ〜(*´∇`*)
この時期の盛岡はもう結構寒かったので、体もほっかほかにあったまりました。

そして、翌日のお昼に食べたのは焼肉。
よくよく考えてみると、“1人焼き肉”ってこれが初めてかも。
盛岡は“焼き肉屋に入って冷麺だけ食べて帰る”というパターンが確立されていることもあり、1人で入りやすいんですよね。







頼んだのは、タン切り落としランチに前沢牛カルビ、そして冷麺。あとビールも。
結構頼んじゃったね(^^;)
しめて約4,000円。貧乏人な私のお昼ごはんとしてはちょっとかかってしまったがまぁ仕方ないです。これでも前沢牛はいちばん安いヤツだったし。
でも、今になって思うといっちばん高いの行っちゃえばよかったとも思います。今一つ心のタガが外しきれなかったですねぇ。
前沢牛はいちばん安いとはいえ、やっぱり美味しかったです。とろけますね〜。
冷麺は辛味別で来ましたが、結局全部入れてちょうどいいくらいでした。相変わらず麺のコシは凄いねw
スープもいいコクでしたが、前回のお店の方が好きだったかなぁ。
つけ合わせの果物はりんごでした。

■大分
11月末にも大分にひと晩だけ行きました。
この日は「から揚げ弁当でも買ってホテルで食べようかなぁ」とか画策していたのですが、なんと飛行機が滑走路に向かう途中で「不具合を発見しました」と引き返しちゃいまして。
整備士さんが直し終わるまで1時間半くらい、機内で待ちぼうけと食らってしまいました…。

結局、大分空港に着いたのは20時過ぎ。大分駅には21時半。
駅前のから揚げ屋さん、もう閉まってたし…(T_T)
仕事の時間も迫ってたし、結局この時大分で食べたのはコンビニ弁当だけ。なんてこった…。

ただ、飛行機が遅れたこともあり、到着した際に航空会社から“夕食代”をいただいちゃいましたよ。



航空会社バレしちゃうけど、まぁいいよね(^^;)
ちなみに一緒に写ってる飴は、1時間半待たされてる間に唯一出された差し入れです。正直言うとこの時点では「これは割に合わんだろ」と思ってました。でも後で現金もらっちゃうとかえって恐縮しちゃうんですけどね(^^;)
なんて小市民なんだ、私は…。
そしてこの夕食代、結局コンビニ飯に消えてしまったというのがまた悲しいねぇ。

てことで。来年の出張でもまた美味しいものが食べたいな。
posted by ぽぽろんろん at 23:41 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | etc.etc....

2012年12月16日

昨日の練習への独り言(12/15)

昨日はTWオケの練習でした。
私にとって今年最後の練習でした。本当は今日もSフィルの練習があったんですけど、昨夜の練習の行き帰りで変に汗かいた後体冷やしちゃって、夜寝る前から今日の日中にかけて超風邪っぴき状態でした…。
薬飲んで寝てたら今はほぼ治まったのでよかったですが。今年度中は仕事休めないからねぇ。
あ、選挙は行きましたよ、一応。


てことで。
TWオケは来年の定演に向けての練習。
現在配られている曲のうち、昨日はキャンディードとオリエント急行、そしてピータールーを簡単におさらい。
出席人数が少なくて(先月の市民祭から全然練習に出ていなかった私も人のことは言えませんが^^;)きちんとした練習は到底無理なので、楽譜に慣れるための練習でした。
そしてパーカッションについては、人数が少ないこともあり掛け持ちが酷いことになってます(^^;)

まずはキャンディード。
私は鍵盤担当。……のはずだったのですが、「ぽぽちゃんならできるから」と掛け持ちで渡された譜面が、何とスネア。

…おいっ!ヽ(`Д´#)ノ

どう考えても無理。
曲知ってる人ならすぐ分かると思いますが、スネアと鍵盤が続けざまにある場面がいくつかあるんですよ。
例えば下の動画を聴いてみてくださいな。30〜31秒あたりのスネア→シロフォンの流れはすき間無しと言っていいです。



バチ持ち替えの方法をいろいろ考えたんですけど、「どうやっても無理だろ」という結論に達し、結局昨日はシロフォンのマレットでスネア叩きました(爆)
当たり前ですが、ロールが難しいです。特にクレッシェンドはもう無理。絶対無理。もちろん1つ打ちがOKなわけでもなくて、音の芯が足りない印象。
けど、今のところこれしかやりようが無いのでこれで頑張ります(^^;)
トラを1人増やせればいいんだけどなぁ…。

オリエント急行はそれに比べればまだ私の掛け持ちは楽。
カバサ・シンバルメインで、それプラス数ヶ所増えた程度だから。カバサは単独でも疲れますが、その程度で済んでるのでまぁ楽です。
この曲はNちゃんが大変だね。スネアメインだけど他にもあれやこれや追加されてたw
「ああ、こりゃあ大変だわ〜」と端から見てました。

ピータールーですが、これはティンパニのみで掛け持ち無し。
いやぁしかし、予想はしてましたがこの曲のティンパニは楽しいわぁ〜(*´∇`*)
打ち込みのソロがもう気持ちよすぎてたまらない(*´∇`*)
もっと人数が揃っての練習になったら音量控えるよう言われる可能性は大ですが(笑)、でもそれまでは楽しんでいきたいと思います(^^)v

…って言っても、今年度中はほとんど練習出られないんですけどね(´・ω・`)

とりあえず、自分の中で定演の中心に考えている曲を昨日の練習でさらうことができたのは嬉しかった♪
今後の練習も楽しみだわぁ(*´ω`*)


ただ、不安要素もありまして。
しば〜らく練習に来ていなかったCくんですが、来年から復帰するとかしないとかいう話が。

……う〜ん。正直言うと、来ないでくれ(ーー;

せっかくTWオケはストレスのない環境だというのに、また合奏の基本すら出来てない人には来て欲しくないよ…。
つーか、練習を休むとか出てくるとかいう連絡をパート員に一切して来ない時点で個人的には信頼度ほぼ0なんですけどね。演奏者として以前に人間として。コンクール後の長期離脱に関しても本人からの連絡は皆無、こっちからメール入れても返信なしだったし。
そんな人と合奏したくないわ、マジで。
はあ、どうなるんだろうなぁ…。
タグ:TWオケ
posted by ぽぽろんろん at 21:31 | 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | my music activities

2012年12月11日

Sフィル演奏会終わったよー

てなわけで、Sフィルの演奏会が終わりました!今年最後の本番でした。
今回ほとんど練習に出られない状態での本番だったので、心境的にはほぼトラ状態でした(初見状態に近いという意味で)。
そのせいか前夜は布団に入っても全然眠れず。当日もステージ全景の写真を撮り忘れるくらいテンパってました(←テンパり具合が今イチ伝わらない例だなこりゃ)。
結果、そりゃ反省点も多いですよねーという当然の結末になりましたとさ。めでたしめでたし。


さて、プログラムはこちら〜。()内はぽぽろんろん担当。

■久石譲:オーケストラストーリーズ「となりのトトロ」(SD、Tri、Tamb、Conga、BD、S.Cym)
〜休憩〜
■ドリーブ:「シルヴィア」組曲(Timp)
■ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」第4楽章(Timp)
■チャイコフスキー:バレエ組曲「くるみ割り人形」より「花のワルツ」(Timp)
〜アンコール〜
■アンダーソン:そりすべり(ムチ)
■久石譲:オーケストラストーリーズ「となりのトトロ」より「となりのトトロ」(SD、BD、Tri)


トトロ、疲れた……。
長い休みが少なくて緊張しっぱなしというのもあるけど、とりあえずは1曲目だね。
これのスネアは本当に疲れた。ボレロの例のスネアに比べりゃあ全然楽なんでしょうが、ひたすらタッタタカタと弱音中心でリズムを刻み続けるのは辛いわぁ。
結局各ソリパートとは最後まで息が合わずに終わりました。合わす機会が少なかったので仕方ない、つーか練習に出られなかった私の自業自得なんでしょうが。各パートの方たちに本当に申し訳ない。
そして3曲目のコンガグリッサンド。これは先週の練習時にトラのAさんが持ってきてくださった小道具をヒントにそのバリエーションをいくつか自分の方で作りまして、その中の1つ(スーパーボール+伸ばしたゼムクリップ)がいちばん音量が出たので(と言ってもAさん持参のものとほとんど変わりませんでしたが)、それを採用しました。
ちなみに、誰も興味無いだろうけどスーパーボール兄弟揃い踏み写真を。

コンガグリッサンド用小道具2.jpg

いちばん右がAさんが持ってきてくれたマウスピースブラシバージョン。その隣がめでたく本番出演の座を勝ち取ったクリップバージョン。左2つが作っていったけど完全落選のようとバージョンとワイヤーバージョン。…うん、こりゃ誰も興味持たねーわ(^^;)
5曲目のトライアングル。クローズさせたりしてチキチキ鳴らしておりましたが、リズム感悪っ!って感じでしたねー。これも結局ちゃんと出来ないまま終わってしまったなぁ。
7曲目のタンバリン。は多分大丈夫だったと思う。それよりは踊り(というかサイドステップ)ですな。
トラの人にも協力してもらい、ひな壇最上段は足場をミシミシ言わせながらみんなでサイドステップだったのですが、どう見えてたんでしょうね(^^;)
これはDVDが楽しみ。全然抜かれてなかったら泣くw
ただこれ、ちょっとやりすぎたかなぁというのもあって。もうちょい「ここぞ」というとこだけやった方がよかったかもと後から反省。ま、最終的なことはDVD待ちですが。
ちなみに、トロンボーンのHさんからは「思わず一緒に動いちゃいましたw」との言葉が。ありがとう、Hさん。
そして同じくトロンボーンのEさんからは「やるなら前もって言え」との言葉が。すまんw

…という感じで前半戦終了。
トトロについてはトラの皆さんも全員「疲れるー」と言っていて、それがいちばん現れたのがお昼ごはん。
パーカッションはいつもみんなで一緒に食べてるんですけど、いつもなら全然話が途切れないのに今回は二度三度と沈黙が場を支配しましたから(^^;)
皆さん、本当にお疲れさまでした。
鍵盤のAさんはさすがだったし、TimpのTさんも音替えの嵐を乗り切ってくれてさすがだと思ったし、シンバルメインのSさんはネコバスでのシンバル持ってのサイドステップが面白、もといかわいかったし、小物メインのSこちゃんも「私、ダンスがホントダメなの〜」と言いながらもしっかりやってくれたし。もちろん皆さんきちんと仕事はこなしてくれてありがたやありがたやでした。


さて、後半。前半で気力体力の95%を消費したのでここからは抜け殻です。
シルヴィアのTimpも新世界のTimpも花のワルツのTimpも全部抜け殻。
シルヴィアはリズムが甘かったし、新世界は最後の盛り上がりでの音圧が皆無だったし、花のワルツはもう「何かやってた」程度でしかない。
なんだろねー。悲しいねー。

そしてそりすべり。
ムチを盛大に間違えたね。もうやってらんないね。この程度のをまともにこなせないなんてもう年だね。そうだ隠居しよう。
それ以外で失敗したかもと思ったのは手拍子誘導。「どうせお客さんは勝手に手拍子するだろうけど…」と、そりすべり冒頭から頭上で手拍子してお客さんを誘導したんだけど、お客さんの手拍子に合わせてテンポがどんどんどんどん遅くなっていっちゃって…。つーか指揮がつられ過ぎ。自分で「お客さんの手拍子は遅れて聞こえるから気を付けて」と言ってたのにね。なんだかなぁ。
なので、これやらない方が実はよかったのかなぁとか後から思いました。

でね。
今回いちばん酷かったのはティンパニのチューニングだったのです。
というか、本当はこの演奏会までにヘッドを張り替えるはずだったんですけどね。そんな余裕が無かった(主に心の)。
あの状態で本番を迎えてしまったことは本当に申し訳ない。そしてそんな状態のティンパニをトトロでトラのTさんに叩かせてしまったわけで、これはさらに申し訳ない。
もうダメだね。そうだ隠ky(ry


てなわけで、こんな状況でオケ全体の話なんて本当はできないんだけど、自分のダメさ加減は棚に上げてちょっとだけ。
とりあえずはアングレの調整(?)が何とか間に合ってよかったと。最初に聴いた時はいろいろ不安定で「大丈夫かなぁ…」と思っていたので(^^;)
オケのピッチについては、ティンパニが前述の状況なので「お前が最悪だろ」ってのは大前提ですが、やっぱり管弦ももうちっとなんとかならないのかなというのはあります。
というか、fやffではそこまで酷くないので(音量でごまかせてる部分はあるのかもしれないけど)、mpやpでの音の悪さ・不安定さ、音の立ち上がり・立ち下がりの悪さが原因の大きな部分を占めているのかなとか思ったり。
ま、この辺は管弦の皆さんの方が詳しいでしょ。何とかしておくれ。
ピアノのトラの人は、打ち上げの挨拶で「最初に来た時、(Sフィル)大丈夫かなと思った」と言っていて、まぁそれは間違っちゃいないんだけど、個人的にはピアノも結構落ちてて「大丈夫かいな」と思っていたのは秘密w
というか、ピアノの人、結構自分のタイミングで弾いてましたよね。トラのAさんが「風のとおり道」あたまのグロッケンがピアノと合わせづらくて怖い」と言ってました。「この曲の雰囲気を壊したくないから絶対ずれたくない」とも言っていて、この辺は彼女の意地を感じました。さすが。んで実際、本番ではぴったんこだったし。さすが。
ハープのトラの人からは打ち上げで「私、太鼓もできるから!」とアピールされちゃいました(笑)
でもね、大概、ハープを使う曲がいちばんパーカッションの規模も大きいんですよ。だからハープの降り番でその人にパーカッションを頼む確率は限りなく0…。パーカッショントラの人がほぼ間違いなく余ってますからね(^^;)
実現すれば面白いけど、さすがに無さそうだな〜。

打ち上げと言えば最低だったのはトロンボーンのUさんですわ。
Sこちゃんがかわいいと勝手にテンション上がっておいて、既婚者と知るやテンションだだ下がり。そして「いいもん、俺には(司会・トトロナレーションの)Mさんがいるもん」と強がる(?)も、「舞台裏にお子さんが来てたよ」と言われるとこれまたテンションだだ下がり。
何なの?団外の女性に何を求めてるの?その人らが独身だったら何か変わるの?その人らと楽しくコミュニケーション取るのにその要素は必要なの?
心の底から「バカじゃねーの?」と思ってました。いい年したおっさんのくせに。

さて、最後に。
今回トトロで使った楽器の一部をご紹介。
まずはクイーカ。

クイーカ1.jpg

クイーカ2.jpg

ヘッドに刺さっている棒をこすって音を出します。音は、ある年齢層以上なら「ゴン太くんの声」で通じるかと(実際にゴン太くんの声はこの楽器の音そのものです)。

そしてフレクサトーン。

フレクサトーン.jpg

両面のバチ部分が金属板に当たって音が鳴ります。手前側を親指で押さえて曲げるとピッチが上がります。
お化けが登場する時の古典的な効果音として使われてたり。
そしてこれにレンタル業者のシールが思いっきり写っちゃってましたね(^^;)
東京・神奈川のオケ・吹奏楽団体でお世話になってるところは少なくないんじゃないかと思ってます。この業者さん。Sフィルは今回が初めてでしたが、本当にありがとうございました。

さてさて、次は鍵盤類。

鍵盤.jpg

左側に手前からシロフォン・グロッケン・ヴィブラフォン、右側にマリンバ。鍵盤類総登場。吹奏楽かよ。
そしてマリンバは5オクターヴ版。低音部のパイプが折れ曲がってるのが好き(マニアックな^^;)

マリンバ低音部.jpg

しかもこれ、パイプの音響をフタ部分で調整出来るのです。高級だわ〜。そりゃレンタル料も高いわ〜。


てことで、これでSフィルの活動もひと段落ですね。
次は定演に向けて頑張るぞ!

…と言いたいところですが、基本的に3月いっぱいまでは仕事の都合で休みの予定。
さあ、定演も足を引っ張っていくぜ! \(^o^)/
posted by ぽぽろんろん at 00:39 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | my music activities

2012年12月02日

今日の練習への独り言(12/2)

Sフィルは来週が演奏会本番!
ということで、今日はパーカッションも全て揃え、ハープも入り、トトロではピアノとナレーターも入ってほぼフル編成♪
…クラが、クラだけが寂しかった(^^;)
1stがずっとおやびんさんって意味では安心でしたけどねw

さて、最初はシルヴィア。
いやー、完成度低いねー。何とかなるのは4曲目だけかな。それでもトランペットはガッカリファンファーレですけど。
他の3曲はテンポが変わる度に聴いてる側はガクッとなっちゃう(´・ω・`)
2・3曲目はピッチの酷さも相当なもん。2曲目はDes Durが難しいのは分かるんだけど、でもそんな言い訳以前の問題だよね。テンポ感の悪さと相まって、正直言って人様に聴かせるレベルじゃあない。
まさか「本番(定演)は来春だから」とか思っては…さすがにいないよねぇ。でも、そう思ってくれてる方がまだ救いがあるかもね。本気でこれなら、……う〜ん……。

自分のティンパニについては、まぁそこそこですかね。全然ティンパニで合奏してなかったから左右の手順を多少間違えたところがあったけど、そこ以外はまぁ無難にこなせたと思います。
他のパーカッションですが、シンバルが結構難しいですね。特に弱奏の時の響かせ方がかなりデリケートだと聴きながら思いました。音大生のAさんに割り振って正解だったわ〜。

お次は新世界。
これは自分の練習してなさがはっきり出ました。最後のfffが途中で完全にバテて酷いことになってしまった。
今日派手に手首を動かしたことで来週は多少持久力も復活するとは思いますが、少し音量を自重する選択肢も考えに入れていきたいと思います(^^;)
オケとしては、まぁこなせてると思います。あくまでSフィルレベルでの話ですが。

で、トトロ。
楽器が揃ってやっとそれっぽくなりましたね。
そして何よりナレーションですね。Y先生も絶賛してましたが、とてもいい声でしたね〜。ナレーターは当初団員でやる予定だったと記憶していますが、これなら外部の人に頼んだ甲斐があったんじゃないかな。
あと、大絶賛と言えば、チューバの「トトロ」ソロですか。今日のはよかった!あんな感じで本番も行けたらいいですね。ただ、最後の「ブォー」部分の倍音は出たとこ勝負っぽく感じましたが(^^;)

自分の反省点はたくさんあって困ってしまうのですが、やはり練習に出てないのはいかんよね(いや、出てないっていうんじゃなく出られなかったんだけどさ)。
地味に辛いのは1曲目のスネア。各パートのソリの裏でずっとリズム刻んでるんだけどさ、やっぱりパートごとにテンポ感がいろいろなのでテンポをキープし続けるのが難しいです。頑張らないとねー。

それ以外では3曲目。コンガのグリッサンド(ポルタメント)ですねー。
これはエキストラのAさんが持って来てくださったアイテムで最悪の事態は逃れることが出来ました!

コンガグリッサンド用小道具.jpg

これ、…マウスピースのブラシだっけ?
それにスーパーボールをぶっ刺したものです。
これで擦るとグリッサンドの音がするんですよ。Aさん曰く、「アンサンブル曲とかで、トムとかのグリッサンドで使ってる」とのこと。へぇ〜。
ただ、これだとちょっと音が弱めではあるんですよね。
ブラシの代わりにもっと弾性の強いバネ的なもので刺せばもうちょい強い音が鳴るのかなぁ。試してみたいけど、材料を買いに行く時間があるかなぁ…。土曜の午前中に賭けるしかないか。

ネコバスのタンバリンはいつもどおり軽くサイドステップ踏み踏みやってたらY先生にウケてましたな。
せっかくタンバリン振ってるんでそれくらいはやらないとね。本番もやってくよ!w

エキストラの人たちで言うと、4曲目で皆さん見失ってましたね(^^;)
あれはフレーズが1拍目から始まってるわけじゃないから、ちょっと難しいよね。
ま、次回までには改善してくれるでしょ。

オケはまぁまぁだったんじゃないですか?
ノリうんぬんだと弱いとこもあるけど、あとはお客さんがメロディを脳内で補完してくれるはず(笑)

最後は花のワルツ。
トライアングルのTさんにちょっとアレレな場所はあったけど、これも次回には大丈夫でしょ。
あと、いつも気になってるんだけど最後まで直ってないのは序奏が終わってからの中低弦の伴奏。長調に聞こえないんだよね。Fisが低くていっつも短調になってる。何なのこれ。ダサい。
それ以外はまぁいいんじゃないのかな。
ハープのソロはちょっと特徴ありましたね。私好みとはちと違ったのが残念だったけど(笑)、たまに見かけるパターンだったので、まぁこれはこれでありかなと。

今日の練習は本番への連絡事項が異様に多く(しかも「それって今日言わなきゃダメなことか?」ってのもちょこちょこあったり…)、前半はかなり時間が押していたんだけど、最終的にはかなり早めに練習も終わり、楽器片付けも制限時間までに終わりましたね。
トトロをもうちょいさらいたかったとも思ったけれど、楽器片付けの点から言うとありがたいことでした。
あと、今日の練習でレンタル楽器を含む楽器準備・片付けにどれくらいかかるかが何となく分かり、本番前日・当日も行けそうだなという目星が付いたのはよかったです。

にしても今日は疲れた…。
そして、寒い中を楽器運搬で汗かいたからか夕方から風邪っぴき状態です(^^;)
年内は仕事を気軽に休める状態でもないし、早く治さないとなぁ。
タグ:Sフィル
posted by ぽぽろんろん at 23:14 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | my music activities

2012年12月01日

30年の報い

※出血に対して想像力が豊かな人は注意!かもしれない部分があります。※
※あと、訳あって長文です。※







今年の4月末にそれはやってきました。
虫歯です。
日曜の夜に急に痛み出して朝までろくに眠れず、翌朝近所の歯医者さんに電話したら「朝イチなら空いている」というのでむしろありがたいですと押しかけました。

いや〜、30年以上ぶりの歯医者だったんですねこれが(^^;)

小学生低学年以来の歯医者でした、マジで。
30年以上の間、歯が痛くなったことが無かったわけじゃないです、もちろん。
「虫歯の治療って削るってことでしょ?歯磨き粉(正確には練り歯磨きか)って要は研磨剤でしょ?ってことは一日に何度も歯磨きすりゃ治るってことだよね」という決してよい子のみんなにはオススメできないド素人療法でやり過ごしてきました。まぁ、結局全然やり過ごしてなかったことになりますが、でもその時は数日で痛みは治まってたんですよね。
だけどさすがに今回はそんな悠長なことやってられないくらいに痛く、最後の手段と歯医者さんに頼ることになった訳です(はい、本来は最初に頼るべきですよね…)。

で、診てもらった結果、当然痛くなっている場所以外にもあちこちに工事が必要な場所があり。
そして何と!下の歯の左右に親知らずが生えていることも発覚しました。それも真横向きバージョン。
確かにねー。下の歯の奥の方を舌でいじると、奥歯の上に中途半端に歯ぐきがかぶってるような感じがあるなぁとは思ってたんですよね。まさか歯が横向きに生えていたとは。歯医者に行かないおかげで親知らずどころか俺知らず状態でした。

てことで、自分の中のメインイベントは虫歯から親知らずへシフト。
あちこち歯の修復をしながら6・7月に1本ずつ親知らずの抜歯をしました。

あれですね。技術の進歩ってのは凄いね。
私が子どもの頃聞いていた真横に生えた親知らずの抜歯って、「ノミとハンマーで砕く」「すごく痛い」「麻酔も痛い」というものだったんですよ。
なので親知らずのことを聞いた時はドキドキしてたんですが、今は違うんですね。
真横に生えた歯を半分に切って、上半分(歯冠)・下半分(歯根)に分けて取り出すのねー。
歯を切るのはサンダー的なもの?見えてないのでよく分からないけど、キュイーーーンと回転する刃で切るような音がしてました。
歯を切るとは言え、麻酔をするから全然痛くないし(もちろん振動は顔の骨に伝わってきますが)、麻酔する時も全然痛くないし、手術も20分程度で終わったし、ある意味拍子抜けしたと言ってもいいくらいでした(もちろんこれは今だから言えるのですが^^;)。

それよりは終わった後の方が個人的にはちょっと怖かったですね。
抜歯の際に軽く歯茎を切って歯を取り出すこともあり、術後は切った場所に止血用のガーゼを噛んで過ごすのですが、全然止まらないのよ、血が…。
抜歯後、歯科助手さんにガーゼを噛ませてもらい、「血が止まらなかったらこっちもお使い下さい」とおまけのガーゼを5・6枚貰うのですが、2回とも使い切っちゃったもん。
1枚で30分くらいということだったので、大体3時間くらいですか。結構長かった…。
どちらもギリッギリだったので「これ使い終わっても血が止まらなかったらどうしたらいいんだろ…」とビミョーにドキドキ(笑)
特に2回目の時は、最初のガーゼを外した時にドバッッ!!と大出血しまして…。
口の中にどんどん溜まる血を洗面所にペッと出したら当然シンクが深紅に染まり(うまくねーよ)。ツバなんて微塵も無くてほぼ100%血。
そして吐き出しても吐き出してもすぐに口の中に血が溜まるのよね。口の中が見えなくてもごぽごぽ出血してるのが分かるくらいの勢い。
シンクに血を4回・5回と吐き出すうちに「やばい。これ、きりが無い。このままじゃ血が止まらなくて死ぬかも」と軽くパニックになりかけました(死にはしねーだろとは思いますが、自分、血に弱いのよ…)。
とりあえず血だらけでいいから早くガーゼをと急いで新しいのを噛みしめ、その後取っかえ引っかえ噛み続けましたが、口の中から取り出すガーゼは毎回鮮血にまみれてて血が止まる予兆なんて全然なさげだったし、いやぁちょっと怖かったわこれは。
ガーゼが無くなった時にちょうど止まってくれて助かりました。自分の中の危機感が体に何となくはたらいたのか、それとも大体3時間で止まるようなものなのか。ここは謎です。

抜歯直後はそれくらいパニクってたんだけど、翌日、消毒&経過を見てもらうために病院に行ったら先生に「キレイにくっついてますねー。腫れも無いし大丈夫ですね。」って言われたのがちと意外だったり。
「そ、そうなのか。よかったけど、昨日の私のドタバタは全く伝わらないのね…」と地味に残念だったのは内緒(笑)


てなわけで。
とりあえず親知らずは一件落着となったんだけど、その後も歯の治療は続いてまして、今月にはもう1つの大工事、ブリッジを入れました。
仕方無いですね、30年も放置していたんだから(´・ω・`)
で、このブリッジ。知っている人は当然分かると思いますが、抜いた歯の場所とその両脇の歯を使うので計3本分の歯を入れることになります。
当初は保険の範囲で安くやろうと思っていたのですが、そうなると銀歯が3本並ぶことになるんですよね。そうなると今後、「笑えばいいと思うよ」というシチュエーションの時に口を開けて笑えないなぁと思いまして(実際そこまではっきり口の中が見えちゃうものなのかは分からないですが)。
ということもあり、歯医者さんに相談したり自分であれこれ考えた結果、保険外のジルコニアで作ってもらうことにしました。
セラミックよりは安いけど耐久性はいちばん。色もそこそこ自然。ただ、セラミックより安いとは言っても費用は1本10万弱。
なのでブリッジだと合計30万弱…。仕方が無いとはいえ、貧乏人には痛い出費でした。
ちなみに、セラミックだと35万強、インプラントだと両脇の歯は無事だけど1本で50万。インプラントがもうちょい安かったらそっちにしたかったんですけどねぇ…。

で、本チャンのブリッジが出来上がるまでは1ヶ月半ほど仮歯を入れていたのですが、これがかなり不安な出来で…。
ちょっとゆるくてすぐ浮いちゃうんですね。しかも妙に大きいし、いちいち気になっちゃってしょっちゅう舌でいじくってました(^^;)
そして、「こないだ歯形も取ってこれってことは、本チャンもこのサイズなのか?」とちょっとドキドキしてました。
さすがにそんなことはなくて自然なサイズでしたけどね(そりゃそーか^^;
その本チャンの歯の方はまさに今日、歯医者さんで入れてもらってきました。正確には、2週間前に本チャンの歯を仮入れして様子見をし、問題無かったので今日ガッチリ固定、という段取り。
サイズも問題無かったし、色もちょっと自分の歯よりは白いですがパッと見なら気にならないレベル。舌で触った感じも本物と差がないしね。うん、技術の進歩って凄いわ〜。


てことで今日で治療としての通院は終了。半年以上かかっちゃいました。おかげでブログも長文に(^^;)
今後は定期的に歯医者さんで歯を診てもらおうと思います。
ブリッジしたはいいけど、歯ぐきが下がっちゃうとまた入れ直さなきゃならなくなりますからねぇ。
あと、「歯石がつきやすいみたいですね」とも言われましたし。それって歯磨きが下手ってこと?と帰宅後検索してみたら、唾液の中のカルシウムが多いとつきやすいらしく。そしてカルシウムが多いということは歯の再石灰化もしやすいということらしいので、今まで鬼のような歯磨きで歯痛を一時撤退させてきたのにも通じるのかも?とかちょっと前向きに考えてみたり(笑)
ま、歯磨きが下手ってのは間違いなくあるんだと思います。
てことがあってかどうかは分かりませんが、一連の治療の中で歯の磨き方もレクチャーしてくれました。
今じゃ歯の磨き方も全然違うのね。歯と歯と歯ぐきの間に歯ブラシを当てて、細かく揺らす程度でいいのね。歯ブラシを横に動かすなんて全然しなくていいのね。
まだ慣れてないんでちょっとフラストレーションが溜まって「うおおお!」とガシガシ動かしたくなっちゃうけど、それやると歯ぐきが下がっちゃうんだそうで。慣れるまでガマンですな。
高いお金払って作ったブリッジなんで、長持ちさせるように頑張ります(モチベーションはそこか^^;)。

皆さんも虫歯にはお気をつけくださいねー。
posted by ぽぽろんろん at 23:13 | 神奈川 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | etc.etc....

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。