2013年01月26日

福井出張メモ

今週は日〜火まで福井出張でしたー。
冬の福井って雪がたくさん積もっているのかと思いきや、小松空港〜福井市にほとんど雪は無く。気温も南関東とほとんど変わらないし、イメージとはちょっと違ってましたねー。
そして仕事ですが、とっっっっっても久しぶりに何事も無く完了しました!(^^)v
あったことと言えば、手ぶらで家を出たことに駅近くまで気付かなかったことと、夜作業明けで帰宅して頭がかっくんかっくんしてる中PCでメーラーを開いたら指が滑って直近数ヶ月分のメール削除してしまったことくらいですかねー。
まぁ、仕事でトラブルに巻き込まれるのに比べたらこれくらいで済んでよかったです。お祓いさまさまですな。


てことでまずは食べたものメモ。
福井市に着いて最初に食べたのがこちら。



ヒレソースカツ丼と温かいおろしそばのセットです。
ソースカツ丼ですが、ソースは結構辛いんですね。しかもかなりたっぷりとかかっているので、傍らの漬け物がとても心強かったです(笑)
そして、関東のソースカツ丼ってキャベツが敷いてあるけど本場のには無いんですね。
正直言うと、キャベツがあった方がいいかも(^^;)
でも面白い味でしたねー。ソースカツ丼。
おろしそばについては、カツ丼屋さんのそばだからか特に印象は無いです(ぇ

そして翌日のお昼、「やっぱりカニは食べるべきか。でもお金がねぇ…」と悩んだ挙げ句意を決して食べに行くことにしました。
つっても上等な越前ガニにはさすがに手が出せないです(^^;)
お手頃なものを探した結果、とある日本料理屋さんで水ガニ丼を食べることにしました。



カニ丼.jpg

あと、これだけだとちょっと寂しいので少し一品料理も付けました。アスパラ菜と湯葉のお浸し、そして鯛の南蛮漬け。





◇水ガニは非常にあっさりした味わい、そこにさらにすった山芋ものっているためかなり上品で奥ゆかしい甘さでしたねー。そして普通のカニより瑞々しいのが印象的でした。
あと、鯛もめっちゃ美味しかったです♪身が肉厚でいい噛み応えがありました。
お昼は結局4,000円ほどかかってしまいました。やはりお手頃価格とは言えカニはカニですのぉ。

そして夜は「そういえば、“へしこ”を食べてみたいな」と居酒屋へ。
夜に仕事が控えているので行くなら早めに!じゃないとアルコールが抜けない!(←お酒を控える気はさらさら無い^^;)と開店直後に行ったらさすがは月曜17時、客は私しかいなくて(^^;)
カウンター席に座ってちょっとドキドキでしたが、大将がいい人だったこともありいろいろ話も弾んで楽しかったです。
ここで食べたのは次のとおり。簡単に結論だけ書くと、どれも美味しかった(^¬^)

・石川産寒ブリお造り
・生へしこ
・鯛めしコロッケ(ゴボウソース)
・わかさぎとヤーコンの天ぷら
・〆さば
・汐うにのおにぎり
・地酒アイス

そうそう、この居酒屋では食べ物の写真は撮ってません。
ほとんどの時間、大将と1対1だったので何となく撮るのは気が引けてしまいました。

目的だったへしこですが、口に入れた時の香りがいいですね。最初燻製かと思ってしまうくらいの香りが鼻を抜けていきました。そして後から糠の風味が。最初はハイボール飲んでたんですけどこれを食べたら体が一気に日本酒モードになり、すぐに日本酒に切り替えましたw

あと、汐うにもよかったです。普通のうによりも味が濃縮され、また、塩も効いて少量でももの凄い芳醇な味わい。これのおにぎりはめっちゃ美味しかったです。これまた日本酒と合いますねー。

寒ブリと〆さばはどちらも脂がのっていましたが、特にさばは凄かったですね。もう見た目から「絶対美味しいだろこれ」っていう色ツヤをしてましたから。
〆さばは大将に今日のオススメを聞いて出してもらった一品だったのですが、さすがでございました。感服。

ヤーコンは初めて食べたのですが、柔らかくて爽やかな甘みという感じでこれまたよかった。天ぷらの印象としてはわかさぎよりヤーコンの方が残りましたからねぇ。

そして地酒アイスですが、これは◇吉田酒造の酒粕を使って作ったものということでした。
これはもう、シャクシャクに冷やした酒粕を食べてるのかってくらいお酒風味なアイスでした。多分下戸の人は食べるのに注意が必要なレベル。でも、それは酒好きにとってはたまらん味ってことですね♪

以上でこれまた5,000円弱くらいでしたかね。
そこそこかかったけど、食べた割りには良心的なお値段かな?

てことで、いつもの出張と比べるとちと食費がかかってしまいましたが、やはり海の物を食べようとするとそれなりになっちゃいますね。


…次の出張はちょっと食費を控えないとな(^^;)


さて、観光は東尋坊!……には行ってません。
昨年からツイてない私が東尋坊でたたずんでたら余計に負のオーラをまとってしまいそうだし、オーラどころか“お友だち”を連れてきてしまう可能性もありますので(笑)
つーかあまり遠くまで出歩くのは怖いので(ツキの無さ的に)、駅近くをぷらぷらした程度です。

まず行ったのは◇柴田神社。柴田勝家を祀っている神社ですね。

柴田勝家像.jpg

こちらは柴田勝家像。
すぐそばには三姉妹やお市の方の像も。

三姉妹像.jpg

お市の方像.jpg

ここは北の庄城趾も隣接しています。城の模型もありました。

北の庄城模型.jpg

立派だねぇ。これはぜひ復元をー。

続いては福井城址へ。
今は県庁が建っていて、残っているのは石垣とお堀程度なんですね(当然ですが、別に県庁のために取り壊されたわけじゃないです^^;)。
つっても、どちらもかなりきれいに残っていて想像してたよりよかったです。あと、石垣の向こうに見えると県庁に箔が付いて見えます(笑)

福井城趾1.jpg

福井城趾2.jpg

お堀にはカモがたくさんいたのですが、カメラを向けるとみんな逃げていく(苦笑)
上手い写真は撮れませんでした。残念。
あとは、お堀にかかっている橋は御廊下橋というそうで。これは最近に復元されたものなんですね。

御廊下橋1.jpg

御廊下橋2.jpg

そういえば、大分城にも同じような橋がありました。これはお城的にはテンプレなんでしょうか。

↓こちらが大分城のもの。一緒ですよねー。
大分城廊下橋.jpg

御廊下橋を渡って県庁の敷地へ入り、「福井」の地名の由来にもなった「福の井」を見ました。

福の井1.jpg

福の井2.jpg

福の井3.jpg

一応まだ底の方に水が見えますね。

天守部分は崩れてしまっていました。何でも地震等の影響とか。

福井城天守跡1.jpg

福井城天守跡2.jpg

それから、お堀の周りにはいろいろと像があったのですが、自分が気になったのは次の2つ。
まずはこれ。

像1_1.jpg

像1_2.jpg

多分サイズ的に左から母・子・父なのかなとか思ったのですが、なぜこういう造形になったのかが分かりません。
そしてあとはこちら。

像2.jpg

細身・長髪、そしてハット。
「栗原類?」と思ったらもうそうとしか見えなくなってしまった私です。
…いいです、共感者は少なくても(^^;)


てことで、今年最初の出張は結構満喫できました。次も油断せずに行くぞー(^o^)/
タグ:福井 食い
posted by ぽぽろんろん at 23:24 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | etc.etc....

2013年01月14日

一昨日の練習への独り言(1/12)…それよりも、お祓い行ってきました。

この日が今年の叩き初め(^^)

…の前に、TWオケパーカッションパートでお祓いに行ってきました。
私は去年、特に仕事絡みでからないツイてなかったし、それ以外のメンバーもいろいろあったりしたので、「じゃあみんなで行こう」と。
ということで◇寒川神社へ。
三が日は過ぎてもさすがにまだ年明けて間もないからか混んでましたねぇ。
受付の列に並んでからお祓いが済むまで2時間弱かかりました。…長かった(ーー;

実は私、お祓いをそれなりの形式で受けるのって初めてで。
今までは神社なんて普通にお参りするだけでしたが、何せ去年が去年でしたからねぇ…。3月までは正念場が続くので今年はきちんとしておきたいなと。
初めてだったのでちょっとドキドキでした。
受付後、待機スペースでかなり長い時間待たされてる間に受付札の裏に書いてあった玉串の作法等を必死にマスター(^^;)してましたし、いざ呼ばれていきなり「これを羽織ってください」と簡易的な白装束の上着を渡された時は「これから何が始まるんだ…(←お祓いです)」って緊張が走りました(←こんなんほぼ確実に私だけ^^;)。
お祓い自体はそれほど時間はかからなかったですね。
名前等を読み上げるところが3人がかりだったので自分の名前が聞き取れるかちょっと不安でしたが、いちばん声が大きい神主さんが読んでくれたこともあってかちゃんと判別できました。別に神社を信用してないわけじゃないけど、よかったよかった。
そして最後にお札等をいただいて終了ですね。

この後、みんなで引いたおみくじは全員中吉。
私のには、全般にわたって「とにかく焦るな」「急いては事をし損じる」的なことが書いてありました。
仕事も人間関係も「自分からは出しゃばるな」ということらしく。神様もそうおっしゃっているので、今年はいつも以上に徹底的に人任せでいきましょーかね(^^;)

そしてこの後、お昼を食べに茅ヶ崎へ。Nちゃんが行きたいお店をいくつかピックアップしてくれていて、その中から◇サザンビーチカフェへ行きましたよ。
私が食べたのは、しらすと岩のりのペペロンチーノのセット。





たっぷり乗ったしらすがふっわふわ。パスタはもっちもち。ニンニクもほどよく効いて美味しかった♪
セットの前菜はパンが外側サクサク内側ふわふわでステキでした(*´ω`*)

デザートはシフォンとブラマンジェ。



どちらも美味しかったですが、ブラマンジェの優しい甘さがホッとする感じでよかったです。


さて、TWオケの練習の方ですが。
あまり感想は無くて(ぇ
やったのは、オリエント急行にサーカスビー、キャンディード。
オリエント急行はシンバル&カバサがメインなのですが、これのシンバル叩いてると楽しくて気持ちよくてついつい音量大きくなっちゃって指揮者から怒られました(笑)
いやー、でも自分ってシンバル好きだったよなぁというのを思い出しました。楽しかったわぁ〜。
キャンディードは今回も4拍子&めちゃ遅テンポでやったのでもの凄く掴みづらかったです。やっぱりこれは多少指が回らないとかあったとしてもそれなりのテンポで合奏したいなぁ。
テンポ上がらないとシロフォンマレットでのスネアロール検証が出来ないし。SこちゃんやNちゃんは「全然気にならない」って言ってるんだけど、絶対そんなこと無いんだよなぁ。両手とも1発目の音が目立ちすぎちゃって(というか思うように跳ねないから2発目以降が弱くなる)、凸凹しまくりなんですよね。

さて、今月の練習参加はもう無理。次は来月あたまになってしまうのよねぇ。そしてその次はさらに翌月。
オケにしても吹奏楽にしても、本番ちゃんと出来るかが不安だわ。
…そうだ、じゃあ定演出演はキャンs(ぉぃ
タグ:TWオケ 食い
posted by ぽぽろんろん at 17:48 | 神奈川 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | my music activities

2013年01月08日

「ホビット 思いがけない冒険」見てきた〜

思わず見てきてしまった!
先週末にふと「行こうかな?」と思い立ち、ネットで予約状況を見たら空いていたのでそのまま予約&映画館へゴー!≡≡≡ヘ(*゚∇゚)ノ
ただこれ、3時間なんですよね。腰痛いのに3時間座りっぱなし。
幸運にもその時は全然平気でしたが、その翌日からちと辛いです(今日もかなり…;_;)
客席は3割くらいの入りだったかな?レイトショーだったしそこそこではないかと。

原作は好きで特に小中学生の頃は繰り返し読んでいたので映画も楽しみだったのですが、その期待は裏切らなかったと思います。
ストーリーとしては、ビルボがガンダルフとドワーフたちと旅に出、ゴブリンの洞くつでゴクリ(←原作を何度も読んでいたせいでこっちの名前の方が染みついてしまっている^^;)と出会い指輪を拾い、オークに追い詰められたところを大鷲に助けられたところまで。3時間だからか思ったよりストーリーは進みましたね。
ストーリーは原作に忠実でしたし、ガンダルフ等の役者は指輪物語と変わっていなかったので、違和感無く見ることができました。緊張感のある場面が続く中でクスリと笑わせてくれる場面がちらほらあったのもよかったです。

いやー、トーリンがかっこよかったっすねぇ。ドワーフなのにあのイケメンフェイスはズルいw
ガンダルフもトロル戦で岩を割ったりゴブリン戦で敵を炎でなぎ払ったりとかっこよかったのですが、最後のオーク戦では松ぼっくりを燃やして投げつけるというw
確かこれも原作どおりだったと思いますが(今原作が手元に無いので確認できない…)、これをビジュアル化すると結構マヌケな感じになりますね(笑)
直前まで緊迫したシーンが続いていたことも影響してると思います(^^;)
ビルボは今作ではまだ大活躍とはいかないですねー。指輪を拾ったこと(これは活躍とは違うけど)、そして最後に身を挺してトーリンを守ったことが目立ちましたね。このことでトーリンから正式に旅の仲間に認められそして映画が終わる、というのは上手い区切りかなぁと。
関係無いですが、ビルボを見ていて「なんか濱田岳に似てるかも?」とか思いました。多分、鼻が似てるんですよ。同じようなことを思った人はいるかなと思ってググってみたら、多少はいたみたい。さらに「エルロンド卿→田中要次」というのもあって、「言われてみればそうかも!」とちょっと目から鱗(笑)

その他で言うと、やはりスマウグの存在。
今作でははっきりと姿を映さず次回以降へ持ち越しというところが憎いです。早くその姿を見たいよー。
ゴブリンは何というか、憎めないキャラでしたねw
自分たちのすみかでガンダルフ&ドワーフたちに好き勝手に暴れ回られた上に、その王も出口付近でガンダルフらに立ちはだかり「出られると思うのか?」的なことを言ったまではよかったですが次の瞬間あっさり斬られ「やられた」という捨て台詞(?)を残してあっさり落ちていく…。姿は醜いがなんかかわいかったw
あと、岩の巨人は何かすごいことになってたw
あの荒ぶり方は尋常じゃないw(゜o゜)w 何事かと思ったよわたしゃ。

てことで、3時間まったく飽きることなく見ることができました。
次作以降も映画館へ見に行きたいな〜(´∇`*)
タグ:視た聴いた
posted by ぽぽろんろん at 23:56 | 神奈川 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | TV & entertainments

2013年01月06日

2013年、やっと新年のごあいさつ

どーもどーも(・∀・)/

皆さん、あけましておめでとーございます!!

2013年賀状.jpg

ここを定期的に見に来てくださっている数人の方々、本年もよろしくお願いしますです。
m(_ _)m

今年の目標はそりゃもうはっきりしていまして、


ストレスをためない。


これに尽きます。
特に仕事上で余裕が無いことに起因していると思うのですが、最近はちょっとでも自分の意に添わないことがあるとすぐにカチン!と来てしまうので(この年末年始で多少緩和されましたが)、そういう要素になるべく触れないようにしていきたいです。
そういう意味じゃ、ストレスをためないというよりストレス源に触れない・近づかないという方が正しいかもしれません。
今年度中は仕事が立て込んでいるので特に注意していきたいですねー。

音楽活動についても同様で、ストレス源に近づかないのが第一です。なので練習に参加しません(ぉぃ
…てのは冗談にしても、なるべくうま〜くやっていけるような策は練らないとならないかなぁ。
無防備で突っ込んでいくと結構キツい一撃をもらったりするんで(^^;)

あと、短期的なこととしては、昨年末から腰痛が地味にきているので何とかこの冬をしのぎきりたいなと。
何年前か忘れましたがぎっくりっぽいことになって以来、冬には軽く腰痛が来るのが恒例ではありましたが、今年のはちといつもより辛いのよね。
先月から仕事が立て込んでて、数10kgあるサーバをいくつも出したりしまったりというのが続いているのでそれが原因だと思うんですが。
これは今年度いっぱいの辛抱なのでそれまでガマンだなー。


さて、この年末年始ですが相も変わらず見るテレビ番組はほとんど変わらなかったですねー(というか、見たい番組があまりに限られている^^;)。
例年通り、ざざざっと感想を書いていくとします。

■紅白
白が勝ちましたねー。ジャニ勢が増えたことが原因でしょうか(多分違う
白は目立って足を引っ張ったようなパフォーマンスが無かったのに対し、赤は浜崎のパフォーマンスが「うわあ…」っていう感じだったからでしょうか。アレが一番手とか…ねぇ…)。
自分がよかったなぁと思ったのはいきものがかり、美輪明宏、あとはゲスト扱いでしたがMISIAですかね。いずれも聴き入ってしまいました。MISIAはナミビアの風景(空の青と砂漠のオレンジのコントラスト)もキレイでした。美輪明宏もあの演出で大正解ですよね。ここだけは家族みんな黙って聴いてましたね。
あとは初出場組が概ねよかったかと。他があまり代わり映えしないからってのもあるでしょうが。
美輪様は上に挙げていますが、きゃりぱみゅもよかったし金爆も声はあまり出てなかったけどパフォーマンスとしては充分盛り上がったんじゃないかと。
あと、SKEのパフォーマンス(フェッテとバク宙)もよかったですね。特にバク宙は会場もどよめいてましたし。AKBと差別化も出来てよかったんじゃないでしょうか。

そういえば、斉藤和義のストラップは何だったんでしょ?あれで「俺はやってやったぜ」と悦に入っているとは思えないので、「今の俺にはこれが精一杯」って感じだったのかあるいはNHKに止められて「仕方ねぇ、これで妥協してやんよ」的な感じだったのか。いずれにしろ中途半端で苦笑いしてしまいました(^^;)
ま、どんまい☆

■芸能人格付け
とりあえず今年も楽器問題は当てました。だけどヴァイオリンの三重奏だといつもよりはちと難しかったです。もう高音が判別しづらくなってるんだね、年だね。
演出問題はしっかり間違えました(^^;)
ただ、キスの描写はAの方が上手く隠していたので「こっちかなぁ」とも思ったんですよね。一度迷ってしまうとこの手のはダメですね、やっぱり。
ただ、今回の脚本は何だったのかと(^^;)
誰得なのよ、あのBLならぬOL(おっさんズ・ラヴ)シナリオは。
生け花問題は余裕でした。
大島の方のは「もし自分がやったらああいう風に下の方でごちゃっとしそうだな〜」という感じだったのでw

Gacktはもうやらせでも何でもいいので全問正解を貫いてください(^^;)
あと、石田親子の素晴らしい外しっぷりに感服(笑)

■相棒
過去シーンでのお嬢様2人がかわいかったです。おしまい(ぉぃ

…ではさすがに終われないですね(^^;)
とりあえず全体的な雰囲気はよかったんじゃないかと。
ただ、腑に落ちない点はいくつかありまして。

語呂合わせにたどり着く強引さだとか(まぁでもこれはまだ許せる方)。
地下室へのからくりが整備不良で壊れていたらどうだったんだろうだとか(誰も気付いてなかったんだからあり得るよね?)。
「出店」の人々のあまりの無能っぷりだとか(盗聴して駆けつける程度の能力っていうね^^;)。
警察庁発足時のあれやこれやが明らかになったとして、現在にどれほどの影響が?だとか。

なので、カイト父があんな必死に国枝文書を探す理由がよく理解できなかったです。
それを抜きにしてもカイト父ってあからさまに小物でつまんないですよね。今は亡き官房長のように、右京を擁護しながらも自分のいいように使って政治的に有利に振る舞う方が何か見ていてニヤリとします。

とりあえずそんなところですかねー。
文句は言いながらも楽しく見られたのでその点では満足でした。

■箱根駅伝
まさか日体大があそこまで独走で勝つとは思いませんでした。東洋や駒大が思ってたより競れませんでしたねぇ。
予選会からの優勝ということで、これは凄いですよね。惜しみない拍手を送りたいです。
今年は往路の強風が凄かったですね。往路は城西大と中大の途中棄権というアクシデントがありましたが、あれも風の影響は間違い無くあったと思いますし。
それ以外だと、残念だったのは日大ですかねぇ。留学生「だけ」ってのをまざまざと見せつけてしまった…。「ベンジャミン12人抜き!」って言われても、それって後続に生かせてなんぼじゃないですか。今回のを見てしまうと何だかなぁと思わざるを得ないです。これは山梨学院も似たようなもんですが。
留学生を擁する学校は他の選手も頑張って欲しいですね。って言われなくても選手たち自身がいちばん分かってると思いますが。

■孤独のグルメ
まさかこの年始に第1期をまとめて再放送してくれるなんて!!
リアルタイムでは第1期をほとんど見ていなかったのでこれは有り難かったです。
どれも美味しそうではありましたが、お店に行ってみたいなぁと思ったのは駒込の定食屋さん、池袋の中華屋さん(汁なし担々麺より真ん丸な餃子に惹かれた)、鷺ノ宮のとんかつ屋さん、そしてやはり八丁畷の焼き肉屋さん。
はぁ〜、どれもいいわぁ〜(^¬^)
五郎さんの食べっぷりもいいですね。まぁ、第2期ではさらにパワーアップしてタイ料理屋では凄いことになってたけど(笑)

で、第1期を見て思ったんだけど、やはりメインのお店での店員さんにメジャーな芸能人は使って欲しくないなぁと。要は美保純とダイアモンドユカイは要らなかったんじゃないかと。特に後者は違和感しか無かった…。
仕事の依頼主でなら気にならないんですけどね。
あー、でも考えてみるとモト冬樹も久本も要らなかったなぁ。…結局は好みの問題かもしれないw

このドラマ、もう原作は関係無くなっちゃってるし、もっとシリーズを重ねて欲しいです。ただ、五郎さん役の松重豊さんが太ってしまうと格好がつかないので適度にインターバルを空けていただく感じで(笑)


てことであらためて、今年もここはのんびりやっていきたいと思いますのでよろしくお願いいたしますー。
m(_ _)m
posted by ぽぽろんろん at 23:16 | 神奈川 | Comment(3) | TrackBack(1) | etc.etc....

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。