2013年02月28日

松山&長崎出張メモメモ

先週の日〜火は松山、今週は長崎に出張でした。
この2月は毎週のように出張でちと忙しかった…(^^;)
てことで毎度の食事まとめ。

まずは松山。
2日目のお昼に鯛丼を食べました。
愛媛で鯛飯というと2種類あるそうなんですが(◇参考にWikipediaでもどーぞ)、私が食べたのは南予地方版ですね。





のりとごまのかかった丼めしに鯛の刺身を並べ、だしじょうゆと卵黄を混ぜたものにわさびを溶いて丼にかける。最後に大葉をちらして出来上がり〜。
自分で作る(ってほどの作業じゃないですが^^;)のがいいですね。お刺身を並べていくとちょっとわくわくしてしまうw
お味は、うん、美味しかったです(^¬^)
鯛の噛み応えもほどよいぷりぷり感で、卵黄とだしじょうゆがまろやかさを醸し出してました。
あと、汁物にも鯛の身が入っていたのが地味に嬉しかったです(^^)
丼、汁物、小鉢、香の物、茶碗蒸しに食後のコーヒーが付いて1,300円ほど。個人的にはとてもリーズナブルな値段かと。観光客相手なら1,500円取っても多分いけるように思います。

あとは帰りの空港でめっちゃお腹が空いてしまい、おそば屋さんでじゃこ天おろしそばをいただきました。



じゃこ天がぷりっぷりでめっちゃ美味しかったです(^¬^)
今思うと、おみやげ屋さんでじゃこ天買って帰ればよかった(^^;)

あとはふと気になってそば焼酎のそば湯割りを頼んでしまいました。
昼前からお酒が飲めるのが夜仕事明けの強み。つーか極端に言えばメリットなんてそれくらいw



これは松山名物ってよりはそば屋名物ですなw
つまみとして付いてきたそばの素揚げもぽりぽりとクセになりますね。


さて、お次は長崎。
こちらは2日目のお昼にトルコライスを。



バターライスにトンカツが乗りカレーソースがかかってるだけで洋食ジェットストリームアタックだというのにつけ合わせがナポリタンですもんね。アムロも止められませんよ(どういう例えだ)。
サクサクのカツの美味しさがいちばん印象に残りました(^¬^)
そして食後にいただいたのがミルクセーキ。



こちらのミルクセーキはシャーベットなのね。
優しい甘さでよかったですが、トルコライスで舌が濃い味モードになってしまっていたこともあり、もうちょっと甘くてもいいかも、とも思ってしまいました。
これはハーフサイズなのですが、量的にはこれでちょうどよかったです。ネットで通常版の量を見てみたらかなり山盛りだったのでw

そしてこの日の夕食は中華街で、海鮮パンメンを。そしておかずに春巻きをプラス。





パンメンって耳馴染みが無い料理だったのですが、ちゃんぽんの麺に少量のスープを絡めて炒めた料理らしいです。
ちゃんぽんと違って、麺とスープを一緒に火に通しているので麺にしっかり味が染みていて美味しかったです。
ただ、麺がスープを吸っちゃってるので麺に腰は無いです。そして、麺が重くなるため箸で持ち上げると切れやすい…。そこがマイナス面ですかねー。
あと、海鮮と言う割りに具材としては玉ねぎ満載でした(^^;)
まぁ、火が通ったしなしな玉ねぎは大好きなので自分的には問題無しだったんですけどねw
「これで“海鮮”?」って思っちゃう人はいそう。
春巻きはボリュームたっぷりでよかったです。甘酢+辛子でいただきました。んまかった。
デザートはタピオカミルク。



まぁこれは予想どおりのお味(^^;)
ココナツミルクの甘さってほっこりしますよね。

そして帰りの空港でまたお腹が空きまくり、レストランで五島うどんと大村角ずしというご当地もののセットをいただきました。





五島うどんは細い丸麺なんですね。
もの凄くのどごしがよかったです。この麺は美味しいわぁ。
大村角ずしは五目ちらし風な押し寿司。味は見た目どおりと言いますか。普通に美味しいお寿司でしたがインパクトは薄かったかも。
ただこれ、この形状がちょっと納得いかなくて。なんでL字形なの?
実はこのセット、空きっ腹にはちょっと量が物足りなかったため、お寿司は普通に正方形でいいじゃんかよーというのが本音でした(笑)

さてさて。
この長崎出張ではちゃんぽんも皿うどんも食べてない訳ですが、それはなぜかと言ったら去年の出張で食べているから。
この時の写真うブログに上げていないため、ここで補完しときます。

2日目のお昼にちゃんぽんとトンポーロー。





正直言うと、ちゃんぽんよりトンポーローの美味しさにやられました(^^;)
トロトロの角煮がたまらんかったです。

3日目のお昼に皿うどん。



これがめっちゃ幸せな味で。
あんかけに砂糖が入っててほんのり甘いんですよね。これが絶妙で、口に入れると体がホワ〜っと脱力しちゃう感じで。
これは本当に美味かった。今回は初物優先にしたため食べませんでしたが、もし今度長崎に行くことがあったらここの皿うどんはまた絶対に食べたいです。



…さて、ここから長崎観光について書くと長くなっちゃうな(^^;)
余裕があったら別エントリーに書こうかな。
タグ:愛媛 長崎 食い
posted by ぽぽろんろん at 00:34 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | etc.etc....

2013年02月22日

Sフィル来期の演奏曲が決まったってさ

こないだの日曜日、私が松山出張に飛んでいる間に選曲会議で決まったそうな。
まずは来年の定演曲。

■メンデルスゾーン:「真夏の夜の夢」序曲
■ドヴォルザーク:チェロ協奏曲ロ短調
■ブラームス:交響曲第2番ニ長調


ふむふむ。いいんじゃないかな。←相変わらず偉そうである
全部やったことの無い曲なので嬉しいです。
真夏の夜の夢が意外ではありましたが、でも好きな曲ですし。できれば全曲やりたいけど(当然、声楽入りねw)
そういえばこの曲、トロンボーンは無いけどチューバ(正確にはオフィクレイド)はあるのよね。聴いてると、低音をずっしり支えてるのが分かって安心感があります。
ドヴォコンはこれまであまり聴き込んでいない曲だから予習もしないとなぁ。というか、実は音源を持っていないことが明らかになりました(ぇ
いやぁ、買っていたかと思っていましたが、盲点でしたね。近々買うこととしましょう。
そしてブラ2。そーか、ブラームスですかー…。
「やったことのない曲」という意味では嬉しいんだけど…。そーか、ブラームスかー…。

誰かパーカッションに新入団員入らないかなー(ぉぃ

そして秋の演奏会。実を言うとこっちには軽く疑問が。
会議に参加できてないから文句を言うつもりは無いし、実際無いのですが、疑問は浮かんでしまいます。

■ビゼー:「アルルの女」第1・第2組曲から抜粋
■メンデルスゾーン:「真夏の夜の夢」序曲
■グリーグ:「ペール・ギュント」組曲から「朝」「オーゼの死」「山の魔王の宮殿にて」
■ワーグナー:楽劇「ニュールンベルクのマイスタージンガー」 前奏曲
■ボロディン:交響詩「中央アジアの草原にて」
■アンコール2曲


…大丈夫?出来る?間に合う?
あとこれ、去年の時のように秋の演奏会の練習と並行してブラ2の練習もやっていくことを前提としてるのかしら?つーか今回はドヴォコンもやってかないと、くらいの感じが個人的にはしてるんですが。
それとも、定演曲はこの演奏会終わってからなんですかね。どうなんでしょ?
個人的には先日の練習エントリーで書いたとおり、地道にフランクをさらっててよかったんじゃないかと思ってるんですが、みんなはそう思ってはいないということなのかな。
まぁ、さすがにこの辺も話し合って決めてますよね。去年「フランクやってる場合じゃない」とか言ってた人たちもその場にいたわけだし。
もし何も考えてないんだったら、…まぁ頑張ってねとしか(^^;)
私は全然余裕なので(あくまでSフィルの及第点を超えるという意味ならですが)、後ろからのんびり見させていただきます。

さ、その前に今回の定演だよね。
来週も出張で練習に出られず、ちゃんと参加できるのは来月に入ってからですが、ケツまくっていかんとなー。
タグ:Sフィル
posted by ぽぽろんろん at 01:21 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | my music activities

2013年02月16日

札幌出張メモメモ

はい、こないだの日〜火は札幌出張でしたー。
冬の札幌、雪まつりのオーラス2日間。

羨ましい〜っ!"o(><o)(o><)o"

とか思っちゃう人もいるでしょうけど、


……全っ然嬉しくなかったんだよ!!!


そりゃ観光で行けるなら嬉しいですけどね。出張ですから。
そしてもうね、その仕事が酷いんだ(ーー;
日程自体が急きょ決まったようなもんだったので準備もドタバタだったし、何より客先での作業時間があまりにも短い…。
そのため、作業が変則的にならざるを得なかった上にいろいろと条件・制限を付けてお客さんの運用時間内から作業を始めさせてもらうことに。
いやーもうめっちゃ不安でした。福井・長野と続いた平穏な出張もここで終わるかと思ってましたよ。
でも結果から言うと特に問題無く仕事を終えることが出来たんですけどね。マジでお祓いパワーすごい。
こういうのが続くと、宗教とかに入れ込むようになるのかもなぁとか思いました。入れ込み先がまともなところならいいですけど、もしそうじゃなかった場合、大変だよね…。


えと、それはさておき毎度毎度のお食事メモ。
日曜夕方に札幌に着いてまずはスープカレーでも、と思っていたのですが、行ったお店には行列が出来てまして…。
仕事までそんなに時間も無いしということでそこは諦め、その近くにあった洋食屋さんに入ってラムステーキを食べました。
ま、羊も北海道ならではの食材ですよね。



焼き肉としてのジンギスカンではなく厚みもあるステーキなので、お肉の美味しさをきっちり味わうことが出来ましたよ。そしてもの凄く柔らかかった。お値段の割りにちょっとお肉が小ぶりだったのも納得の肉質。
そして飲み物はサッポロクラシック!



札幌に来たらこれだけは飲んでおかないとと決めていました。学生時代ぶりだからどれくらい前だろうなぁ。う〜ん、私数字は5までしか数えられないから分からないや。
サッポロクラシック、相変わらず美味しいですね♪
ちなみに、サッポロクラシックは翌日の夜にもホテルで缶のを飲みました。ま、仕事前なんで軽〜くですけどね。



さて、翌日のお昼はスープカレーリベンジです。



開店直後くらいに行きましたがそれでも席は結構埋まってて、私が入ってからほどなく満席に。雪まつり中で観光客が多いからってのもあるでしょうけど、スープカレーブーム、凄いな。
ココナツミルク入りのものを頼みました。具はチキンがメイン。
このココナツがまろやかでいいですよね〜。これに騙されてパクパク食べちゃうと後になって体の内側から火照って汗がどんどん出てくるので注意です。←要はそれをやっちゃった人^^;
でも、辛さも程よい感じで美味しかったです。汗だくになるのがイヤで辛さ控えめにしたのですがちょうどよかった(笑)

これを言うと時の流れを感じて悲しくなるのですが、私の学生時代にはスープカレーなんて全くと言っていいくらい流行っちゃいませんでした(…のはず)。マジックスパイスはあったと思いましたが。
もっと早くから流行してくれればよかったのに。

さて、夕ご飯ですが、自分が学生時代に住んでいたアパートにほど近い定食屋さんに行きました。
学生時代にちょこちょこ行っていたお店は何軒かありましたが、もう無くなってしまっているところもある中、ここはまだやっていました。嬉しいねぇ。
頼んだのはチキンカツデミグラスソース定食。

チキンカツデミグラスソース定食.jpg

そうか、チキンカツは2枚だったっけか。相変わらずボリュームあるねぇ。ここ、無料でごはん大盛りにしてくれます。私はしなかったですが、でも普通盛りでもお茶碗にこんもり盛られてるっていうねw
味ですが、濃いめのデミグラスの味とかに「変わってないなぁ」というのを感じました。
まだまだ長くやっていってもらいたいですね。
もしまた札幌に行くことがあったら寄ってみたいな。


観光としては、とりあえず形式的に雪まつりを覗いてみました。が、やっぱり人多すぎ。そして雪像にも大して感動もなく…。
毎年作られるものが違うとは言っても学生時代に毎年見ていた風景と大きく変わることもないので、やっぱり驚きは少ないですよね。
屋台はいろいろ出ていてこれは昔より増えたかなという印象でしたが、別にあんな人混みの中で物買おうとか思わないし(^^;)
簡単にグルッと回って終わりました。
やっぱり雪まつりはね、開幕の数週間前に大通公園にでっかい雪の直方体がドンと作られ、そこから日を追うごとに削られて雪像が出来ていくのを見るのが楽しいです。
要は雪まつりなんて開幕と同時に閉幕みたいなもんです、私にとって(苦笑)
…とここまで書いておきながら、一応何枚か写真を載せておきますね。





雪まつりジャンプ練習.jpg

ジャンプ台でのフリースタイルの練習は、着地失敗が多くて見せ物としては今イチでした。もちろん、"練習"風景を見せているので失敗しててもそりゃ仕方ないんですけどね。むしろチャレンジしてもらわないと。
どんどん飛びなさい。

大通の地下街、ポールタウンにあるHTBショップにも寄りました。
お目当ては水どう&onちゃんグッズでしたが、あまり買うと帰りの荷物が大変なのでかなり控えめにしてしまいました。

買い物袋。

名言ステッカー。

水どうフリップボード風メモ.jpgフリップボード風メモ帳。

onちゃん巾着.jpg巾着。

ステッカーはこのウィリーのヤツがいちばん減っていたので、やはりこれが売れてるんでしょう。まぁ、あの事件は衝撃的でしたからね(^^;)

自分の母校にも行ってみました。雪まつり期間中だからか観光客は結構いましたね。写真はお馴染みのクラーク像(学内にあるのは有名な指さしてるヤツじゃないよ!)とポプラ並木。後者は学生時代、サークル会館(通称:サ館)から北12条方面にショートカットするのにたまに使ってましたね。





かつては特別なものという意識も無く見てたものを今回こうやってわざわざ写真撮ってる自分に何か違和感を覚えて笑いたくなってきてしまったのは内緒w
あと、写真には撮ってないですが、北18条門付近のトンネルが思ってたより立派だったのでちょっと驚いてしまいました。これも私がいた頃には無かったのよねー。

少し足を伸ばして自分が住んでいたアパートにも行ってみました。結構年期は入っているはずですが、まだちゃんとありました(笑)
ただ、外装は変な緑やら紫やらで塗り直されていて、何か少しだけショックでした。
それ以外にもアパート近辺に某幸福の新興宗教の立派な建物が建っていたのにも衝撃を受けました。
別に何をされた訳でもないですが、「マジかよ…」とテンション下がりました(^^;)
あと、アパート近くにでっかいマンションがドドンと建ってました。その周辺は背の低いアパートや一戸建てばかりだから風景的にはすんごく浮いてましたね(苦笑)
まぁ、その分マンションの住人にとっては見通しがよくて気持ちいいんだと思われますが。
よく行っていた生協がゲオに変わってたのもちょっとびっくり。あそこが潰れるなんて思ってもみなかった。
生協では食料品だけでなく、家電や本、あと旅行のチケット手配までよく利用させてもらってました。寂しいもんだねぇ。

これらを含め、かつての通学路を中心に大通から北34条まで歩き倒してしまいました。直線距離でも4.5km。大学内をうろうろしたりしてるし実際はもっといっているはず。なかなか歩いたねー。
歩きながら思ったのですが、雪道の歩き方って案外覚えてるもんですね。大して慎重になることも無く、踏み固められた雪で凸凹な歩道とかスタスタ歩けちゃいました。地元民より早足だったしw


てことで、行くまでは仕事のことでかなりドキドキな札幌出張でしたが、何とか無事にこなせてよかったです〜。
ただ、今度はぜひオフシーズンに行きたいですね。行くとこ行くとこ人だらけで疲れたよ…(´・_・`)
posted by ぽぽろんろん at 23:51 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | etc.etc....

2013年02月10日

長野出張はおそば3連チャン

先週の木〜土、1月末から2月あたまにかけて長野出張でしたー。
その前の福井と同様、市街地に雪はあまりありませんでしたね。
というか、2日目なんかはかなり暖かくて散歩してたらちょっと汗だく気味になってしまったほど。
とりあえずは過ごしやすくてよかったです。

てことで、相も変わらず食べたもの・行ったとこメモです。
木曜の夕方に長野に着いてまず食べたのは、…はい、おそばです。
ホテルの地下が居酒屋的おそば屋さんだったので、チェックイン直後に行ってみましたよ。



他に頼んだのは馬刺し・川海老の天ぷら・ふきのとうの天ぷら。







どれも美味しかったですが、ふきのとうが大ぶりで嬉しかったです♪ほろ苦さもたまらんかった(^▽^)
川海老も思ったより大きめで地味に高まったw
おそばはしこしこ感がいい感じでしたねー。

そして翌日のお昼もおそば。
ここは職場の人からもオススメされていたお店。美味しい上に量が凄いとのことでした。
大盛りはやばいぞということだったので中盛りを頼んだのですが、それでも結構な量。



深さ6〜7cmくらいの桶にみっちり入ったおそば。「少しは上げ底なんでしょ?」と思ってお箸を刺してみたら、おそば屋さんの本気を見ました(^^;)
いやでもこれがね、もの凄くのど越しがよくてつるっつる入っていっちゃうんですよ。
お腹いっっぱいになりましたが、食べるのがキツいという風では無かったですね。
美味しかったわ〜。

そしてこの日の夜もおそばー。
ここでは天ざるを注文。



ここもどちらかと言うとしこしこ感重視な感じ。
おそばを3ヶ所で食べましたが、個人的な好みで言うとやはり2番目のがよかったかなー。ま、どこも美味しかったのは大前提なんですけどね。
えーとそれはさておき、ここのお店で他に頼んだのはごぼうの唐揚げと板そばの網焼き。





ごぼうは想像どおりの味でしたが、板そばの方はもの凄くもちもちした食感でこれは意外でした。美味しかったわー。

てことで長野でのお食事は以上。


観光ですが、長野駅の周辺だとやはり◇善光寺。おそばをお腹いっぱい食べた後の腹ごなしも兼ねて行ってきました。
善光寺までの道って上り坂だったんですね。そりゃ牛に引いてもらいたくもなるわ(違

あと、入り口から本堂まで結構距離があるのね(^^;)

入り口から

善光寺入り口.jpg

仁王門を通り

善光寺仁王門へ.jpg

善光寺仁王門.jpg

六地蔵とぬれ地蔵を右手に見ながら山門をくぐって

善光寺六地蔵.jpg

善光寺ぬれ地蔵.jpg

善光寺山門.jpg

やっと本堂。

善光寺本堂.jpg

遠いねぇ。
ちなみにこの画像じゃ分かりづらいですが、ぬれ地蔵の蓮台には鳩がわちゃわちゃ止まってて何か平和を感じちゃいましたw

本堂にも入りました。
つってもイベントとしてはお戒壇巡りくらいしか無かったですが。
◇甲斐善光寺でもお戒壇巡りはしてみたのですが、今回は1人。
暗所恐怖症の私にはかなりの恐怖だったのですが(←じゃあ入らなきゃいいのに^^;)、2回目で多少覚悟が出来ていたのと他の観光客がちょこちょこ来ていたので案外平気でした。地下では結局前後のグループがくっつきがちになっちゃうし。
長野のお戒壇巡りはめっちゃ親切で、入り口に「右手を腰の高さくらいで壁に付けて進んでください」的な注意書きが。要はその高さに錠前があるよっていうw
「このネタバレはいいのか?」と思いながらもそろそろと進み、無事めでたく錠前に触ることができました。
でも何か形状がよく分からなかったので、地上に出てから前後の人たちと「あれでしたよね?」「ですよね?」と確認し合っちゃいました(^^;)
前後の人たちとは暗闇の中でぶつかったりぶつかられたり「すみません」「いえいえ大丈夫です」の関係ですからね(笑)、地下にいる時から妙な連帯感がありました(笑)

…今回の長野出張(仕事以外)はこんな感じでしたね。
今月はまた出張が続くので頑張らんとなー。

…え?もちろん仕事をですよ?(^^;)
タグ:長野 食い
posted by ぽぽろんろん at 00:45 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | etc.etc....

2013年02月05日

一昨日の練習への独り言(2/3)

この日曜はSフィルでの叩き初めでしたよ。
昨年末の演奏会以来、久しぶりに出てみての第一印象は「う〜ん、人が減ったねぇ」ってことかも。
今は団員が55人くらいになってるらしく。アマオケの規模として小さくはないけど、以前は人いたんだなぁというのを感じてしまいましたよ。

さてさて、練習の方ですが。
曲は中央アジアとフランク第2・3楽章。
中央アジアはティンパニ的には特に難しいところも無く。
オケ全体としては、もうちょいピッチを合わせて欲しいなぁ…。
この曲、A-Eの和音が多いわけで、チューニングの直後にこの辺りの音がズレまくるのはちといただけない。確かに高い音も多いし、音符的にもごまかしが効かないのでその点でシビアだというのは分かりますが、それでもAとかEはもうちょい何とかなるはず。
あとはメロディがテンポに乗ってない場所がたまにあるので、もっと自然にスッと入って欲しいかなぁ。

フランクのティンパニもまぁまぁこなせはしましたが、ロールでちょっと手首や体が硬いなぁという感じ。
まぁ全然練習できてないしね…。TWオケの方にもほとんど出れていないわけだし。
来月後半からは毎回練習に出られるはずなので、そこから何とか仕上げるしかないかなー。
オケとしてはまだ消化できてない場面が多々あるも、とりあえずは流れるようにはなってますね。まずはダイナミクスレンジですかねー。特にffをもっと出したいな。

フランクについては昨年後半、年末の演奏会の練習をしている間も1楽章ずつは軽くさらってもらっていたわけですが、それって効いてませんかね?
多分、演奏会後からフランクの練習始めてたらもっとグッチャグチャだったんじゃない?どうだろ。
パートリーダー会議で「フランクなんかやってる余裕無い。削ってその分演奏会の曲をやりたい。」と言っていたパートがいくつかありましたが、個人的には「フランクやっててよかったんじゃないの?」と感じました。

今回の練習はなぜかスルスルと進み、フランクはどっちの楽章も2回通せるくらいの余裕っぷり。
後から思ったのですが、おそらくY先生の入れ込み具合に関連してるんじゃないかと(^^;)
例年の曲と比べるとY先生が拘りたい場所が少ないために練習がスムーズに(笑)
よし!来年の定演も先生の好みから外れた曲を選ぼうぜ(ぇ
タグ:Sフィル
posted by ぽぽろんろん at 23:50 | 神奈川 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | my music activities

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。