2008年10月10日

「ICO」クリアの感想(思い出の場所編)

◇前回に引き続き「ICO」の感想です。
今回はストーリーではなくゲーム的な部分での感想を。
ではではさっそく♪

※これ以降ネタバレ成分多めですので、クリアしてない人・これからやろうとしている人は注意!※

※あと、相変わらずの長文です(^^;)※









クリア自体は10時間弱だった訳ですが、その中身はとっても濃かったですね〜。
何せ脱出経路を探して画面内を必死で観察し続ける訳で。
RPGだとダラダラとレベル上げしたりとかゆる〜い時間もありますが、これはずーっと脳みそ使いっぱなしでしたねぇ。1時間やっただけでもうヘトヘト(苦笑)
それだけ集中していたので、あっという間に時間が経っていたのも事実です。グーッと集中して脱出経路を探し、発見し、下手なアクションをこなしてヨルダを誘導し、エリアを1つクリアしたところでふと時計を見ると「あれ?こんなに時間経ってたの?」みたいなことも少なくなくて。

人によってすぐに分かる仕掛け、全然見つけられなかった仕掛けは様々だと思いますが、私が苦労したのは次の4つかな。

■シャンデリアのある広間

ICOシャンデリア1.jpg

序盤の難関ステージじゃないですか?ここ。
個人的には天井に登る経路はすぐに見つけたのですが、最初はシャンデリアの意味が全く分かりませんでした。

ICOシャンデリア3.jpg

しかもこのシャンデリア、飛び乗っただけじゃビクともしないのがまた曲者というか。最初にヨルダを助けた時と同じ感覚でいたので「どうすりゃいいんだ?」と頭ん中に疑問符が浮かびまくり。
あからさまに怪しいのにその対処法が分からずウロウロしましたねぇ〜。
結局、シャンデリアに八つ当たりしたらイベント発生してビックリしました(^^;)

その直後には爆弾を使う場所があるのですが、爆弾に火を点けるのに「近寄って○ボタン!」ってやったらイコが火が点いた爆弾を抱えちゃってめっちゃ焦った(苦笑)

■滝+ピストンのある部屋
ここはいちばん苦労しました。
その要因はいろいろありますが、

  • 滝の外の中庭にある木箱にしばらく気付かなかった

  • ピストンの上でジャンプするタイミングが全然掴めなかった

  • 水車のある中庭で木箱を水路に流した後の使い道を勘違いしていた

  • 水車に乗ってそこからジャンプするアクションが私には難しすぎた


…ホントどんだけあるのよ(^^;)
とりあえずアクション部分が辛かったです、ここは。
ピストンジャンプは最初全然タイミングが分からなくて「これはまだ使わないのか?」と別の仕掛けを探して右往左往。そしてこの部屋上部にある鉄棒では操作ミスからの墜落死も続出。ごめんよイコ。

ICOピストン1.jpg

続く水車のアクションも時間がシビアなので失敗の連続。

ICO水車.jpg

回る水車に飛び乗ってその上からさらにこの画像左上に向かってジャンプするのですが、これが私には超難関。
水路に流され滝の部屋まで戻されたことも一度あってこの時は「ヨルダが連れ去られる!」と必死で戻りました(^^;)

3つ目の木箱については、水路に流すと滝の部屋に流れ着くのですが、この時点で「これを使って滝を乗り越えるのか!」と無駄なトライをしばらく続けましたね(苦笑)
滝のすぐ奥に次のステージへの扉が見えてるのが、誤った解釈を誘いますよね(って私だけか?^^;)

■給水塔

ICO給水塔.jpg

ここも死にまくった(苦笑)
「爆弾を投げる」という行為をここまで知らずに来てしまったため、もの凄く詰まりました。
トーチのある塔(画像左側)に行ってみてもどうしようも無いし、でもヨルダはひたすらトーチを指さしてるし(行き詰まるとヨルダがたまにヒントをくれるのです)。
トーチの塔の根元でひたすら爆弾を爆破させたり、棒に火を点けて必死にトーチを目指したりとか、意味不明なことをしまくってました。そしてやっぱりイコの墜落死続出。
これも偶然、歩きながら○ボタンを押してみたらイコがもの凄い遠投を見せたので「こ、これかーっ!」と先に進むことが出来ました。

■最後のイコ単独アスレチックパート(笑)

ICOアスレチック1.jpg ICOアスレチック2.jpg ICOアスレチック4.jpg

最後のパートはイコ1人になってしまうのですが、そしたらいきなりアクションオンパレードな展開になったのには苦笑してしまいました。
エリア前半の鎖飛び移りもちょっと苦労しましたが、最後、祭壇(=スタート地点)へ続くエリアも墜落しまくりました。フェイクのはしごに引っかかって無理なチャレンジを続けたりとかね…。
↓↓↓↓こいつです。この周辺から何度落ちたことか。にっくきはしごめ(笑)↓↓↓↓

ICOアスレチック3.jpg

しかもここの何が辛いって、ずーーーっとセーブ出来ないのよ。ラストまで。
「セーブはヨルダと2人じゃないと出来ない」という意味では一貫性がありましたが、どこまでも続くステージにもう心が折れそうでした。
ここを抜けた時はすんごく嬉しかったけど、でもやっぱりセーブポイントが無くて呆然としました(笑)


逆に、プレイしていて心が洗われるシーンもありました♪
ヨルダについては◇以前のエントリーで書いたので、ここでは風景について。

■トロッコの上の屋上にある見晴台

ICOトロッコの上1.jpg

序盤最大の絶景ポイントですよねここは♪
「城、でけー!すげーっ!」というのを満喫出来ます。
そしてさらにその先、城の外の広大な森も見えるのがいいです。
2周目以降ここに来ると、城を見渡しながら「あの辺はあのエリアか?」と想像することも出来て楽しいです。

■風車

ICO風車5.jpg ICO風車2.jpg ICO風車6.jpg

ここは個人的に最大の癒しポイント。
ゆっくりと回る風車。そのふもとにある池も水が澄んでいて美しい。眼下の海や遠くに見える闘技場(後述)も一望出来ます。
そして何より、鳩と戯れるヨルダがいちばん似合うのもここですね〜。エリア全体に日が差しているせいもあってとってもほのぼのするんです。

■東西の闘技場へ続く外壁

ICO外壁1.jpg ICO外壁2.jpg ICO外壁3.jpg

正門の両側に伸びる壁に当たります。
長く続く橋、その先にポツンとそびえる闘技場、そして壁の遥か対岸は目的地でもある城の外!
ここを通ると、本当にこの城は外界から隔離されているんだなということを実感させられます。そして正直言うと私は「ここ、出られるんかいな?」と思いました(苦笑)
まぁ結局正門は最終的な脱出路にはならなかったのですが。


という訳でいろいろと紹介してきましたがいかがだったでしょうか。
クリア後、ニコニコ動画でプレイ動画をいくつか走り見してみたのですが、みんな詰まる場面が違うんですよね。ホント面白いくらいに。
だから人によって印象に残る場面・場所っていうのも当然変わってくると思います。そこがいいんですよね、このゲームは。特にニコニコだと「私もここで詰まった〜」「いや、ここはすぐ分かるだろ」みたいな会話が必ずあって、それを見るのも楽しいです。
そして難易度も絶妙なんですよね。簡単では無いけれど、いろいろ試していると必ず正解が見えてくるようになっています。ストーリーだけでなくパズル・アクションとしての完成度も非常に高いと思います。

このゲーム、今は簡単には入手出来なくなってしまっていますが、ぜひいろんな人にプレイしてもらいたいなぁ。


…あ、そうそう。
2周目は攻略ページを参考に隠し武器を入手したのですが、アレは反則だわ。無敵過ぎた(笑)



■過去の「ICO」関連エントリーです♪
◇久しぶりにゲームを再開。それよりもICOのこと。
◇こ、これは「ヨルダ萌え」というヤツか…!?
◇「ICO」クリアの感想(ストーリー編)


タグ:ICO PS2
posted by ぽぽろんろん at 00:18 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | AV, PC & games
この記事へのコメント
えぇ〜〜〜っ。
もぅクリアしちゃったんですか?
早過ぎ!!Σ(゚Д゚;
私、ソフトが届いたらもぅ安心しちゃって
全然やる気配なしです(爆)
その前にヴァイオリン練習しなくちゃって
思うもので(^o^;)
一体いつになったらプレイできるのでしょうか〜〜。
老後の楽しみになったりして。
Posted by くーち at 2008年10月10日 09:55
■くーちさん
はい、クリアしましたよ(^^)/
1周目を10時間くらいってのは結構標準的な時間らしいです。

>その前にヴァイオリン練習しなくちゃ
そちらも大事ですからね〜(^^;)
でも老後ってのはさすがに先が長すぎますよ(笑)
セーブポイントは結構こまめにあるので、1時間くらいずつちょこちょこと進めていくのもいいと思いますよ♪
私は「ワンダと巨像」も買ってしまったので、明日取りかかりたいと思います(^^)v
Posted by ぽぽろんろん at 2008年10月11日 00:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。