2008年10月30日

「ワンダと巨像」1周目クリアの感想(巨像&音楽編)

さて、◇前々回のエントリーに続いて「ワンダと巨像」の感想です。
今回は、対戦相手である巨像と、ゲーム中の音楽について相変わらずダラダラと書きます。

ちなみにゲーム自体は現在ハードモードに突入していて、8体目まで行きました。ここでボッコボコにされてちょっと一休み中。
急所を弓で狙う時間に余裕が無いんだもん…。指笛でおびき寄せてちょっと離れて狙いを付けようとすると既に巨像がこっちに狙いを付けてる(苦笑)
弓はそれなりに得意なつもりだったんだけど、これだとどうにもならないなぁ。もっと狙いやすい場所があるのか…。

ま、それはおいといて本題へ突入します〜。

※これ以降、多少ネタバレしてますので未プレイかつやってみようと思っている人は注意(特に前半の攻略動画は完全ネタバレです)※












§特に印象に残った巨像について§
16体の巨像はどれも印象に残っているのですが、その中から特にというものを。

■3体目
人型の巨像の中で、遠くから見て「かっこいい!」と素直に思ったのがこいつ。
スマートな体型がよい。そして剣を振り下ろす動作もかっこいい〜。剣を空振りさせそこに乗っかって巨像に登る、という攻略法がパズルゲーム的でもありますね。
ハードモードだと剣の攻撃精度が上がってる上にこれを受けると即死のためかなり苦労しました。倒せたのは間違いなくマグレ。

参考攻略動画はこちら。こんなかっこいい攻略、私にゃ無理無理。
そして巨像のくびれたウエストにも注目(笑)
スタイルいいぜ、まったく。
↓↓↓↓
◇はてなブックマーク - 【ワンダと巨像】 理論値をめざせ!ハードタイムアタック 3体目‐ニコニコ動画(夏)

■11体目
巨像の中では恐らくいちばん小さいのがこいつ。「印象に残る巨像」と聞かれてこれを挙げる人は少ないと思われます。
ですが私の場合、危うくハメ殺されそうになったため強く印象に残ってるんです。

巨像に攻撃を受けるとワンダは少しの間気絶してそれからゆっくり立ち上がります。
この時、気絶中に巨像は攻撃してこない&巨像は基本的に動きが鈍いために立ち上がったあと体勢を立て直すことが可能なのですが、こいつは素早いんですわ。
壁に吹っ飛ばされて気絶し、ワンダが立ち上がる時にはもう巨像がすぐ隣りで待ってるんですよ。次の攻撃準備万端なんですよ(苦笑)
しかも壁際はカメラの位置も悪くて真上から覗き込む状態になるため、周りの状況も把握しづらい。立った後すぐ逃げようとしてもどっちへ逃げればいいのか判断出来ない。
そのため、

攻撃を受ける → 壁に激突 → 立ち上がった途端にまた攻撃を受ける → 壁に激突 → ……

のループ状態に陥りましたorz
ノーマルではこいつの攻撃力が低くてホントに助かりました。ハードで同じことになったらサクッと死ねるんだろうなぁ(´∀`*)

参考攻略動画はこちら。
最速攻略動画だとあまりにあっさりしすぎてて私の苦労が伝わらないので(笑)、ちょっと苦戦してるヤツを選んでみました。
↓↓↓↓
◇はてなブックマーク - 雑談しながら『ワンダと巨像』と私達 第35話‐ニコニコ動画(秋)(※音量注意)

■5体目
何と言ってもいちばん好きなのはこいつ!
ここまで4体が2足or4足歩行だったのにいきなり鳥型という意表の突かれ方をしたのもありますが、デザインはかっこいいし翼上での攻防も面白いし音楽もいい。
言うこと無しですね♪

参考攻略動画。これもなんつーテクニックなんだか…。
↓↓↓↓
◇はてなブックマーク - 【ワンダと巨像】 理論値をめざせ!ハードタイムアタック 5体目‐ニコニコ動画(秋)


§特に印象に残った音楽について§
このゲームは、オーケストラメインの音楽も秀逸!
特に巨像戦では、巨像の圧倒的な威圧感を与えるもの、それに立ち向かうワンダ(&プレーヤー)の勇気を奮い立たせるもの、逆に不安を与えるものなど、どれもこれも素晴らしいものばかり。
音楽を担当した◇大谷幸という人は平成版のガメラ三部作の音楽も担当したそうで、“怪獣”つながりで依頼をしたという面もあるそうです。
(ただ悲しかったのは◇大谷氏のプロフィールページに「ワンダと巨像」が書いてなかったこと。一般的にはそれほどメジャーなゲームじゃないのかな…。)

それはさておき、気を取り直して、そんなBGMの中からいくつか私のオススメをご紹介。
図らずも全部戦闘曲になってしまった(^^;)
できれば大音量・重低音で聴いてください(笑)

■開かれる道〜巨像との戦い〜
巨像のスケールの大きさ・迫力を感じられます。中盤(1:20過ぎ〜)に出てくる打楽器の「ズン ズズン ズンズンズズン」のリズムがたまらなく好き。

◇はてなブックマーク - ワンダと巨像 サウンドトラック2‐ニコニコ動画(秋)

■絶望との別れ〜巨像との戦い〜
前出の5体目の巨像に飛び乗るとこの音楽が流れ始めます。このスピード感・緊迫感が巨像戦ともマッチしていてたまりません。打楽器の「カカッ」っていう後打ち(ギロか?)もいいスパイスになってます。後半の声楽もいいですね〜。

◇はてなブックマーク - ワンダと巨像 サウンドトラック4‐ニコニコ動画(秋)

■静寂〜巨像との戦い〜
同じく5体目の巨像戦ではワンダが巨像に乗っていない時に使われています。弦の下降音型やゆらゆら揺れるフレーズがもやのかかったステージと合いますね。
どことなく不安を煽る静けさがたまりません。

◇はてなブックマーク - ワンダと巨像サウンドトラック18‐ニコニコ動画(秋)

■蘇る力〜巨像との戦い〜
2体目の巨像によじ登ると流れ始めるこの曲、ニコニコ動画内で見ている限りでも人気が高いです。
このゲームは短調の曲が多く、巨像戦でもその勇壮さを表現するのにほとんどの曲が短調。その中でこれだけが長調メインなので、ゲームを通してもこの曲の輝かしさはインパクト強いです。
「これを聴くと勇気が湧いてくる」という意見をちらほら見ましたが、私もそう思います♪

◇はてなブックマーク - ワンダと巨像 サウンドトラック1(音質改善)‐ニコニコ動画(秋)


これらの音楽を聴いていてあらためて思いましたが、巨像戦の音楽って短いフレーズの繰り返しとその組合せなんですよね〜。
この構造に怪獣映画音楽の巨匠・伊福部昭が頭の中でリンクして、「やはり巨大生物がテーマの音楽っていうのはこういう作りが似合うのだろうか?それとも伊福部の影響って今でも大きいのだろうか?」と考えてしまいました。…どちらも、かな?

また、ここでは紹介していませんがオープニングなどでの声楽・民族楽器をメインにした曲もいい雰囲気です。ユニゾンでの古い宗教曲的なメロディや民族楽器の音色は、聴く人を今の時代・場所から一気に遠くへ運んでいき、あっという間にゲームの世界観に引きずり込むパワーがありますね。

このサントラ、1周目クリア後に私も買ってしまいましたが(「ICO」のサントラも一緒に^^)、買って損は無し!
欲を言えば巨像戦の音楽はせめて2ループして欲しかったですが、それでもお腹一杯に「ワンダと巨像」の世界を堪能出来ます。
ゲームをやっていない人でも、上の動画で聴いて気になった人はぜひ買ってみてくださいな♪

ワンダと巨像 大地の咆哮
大谷幸

◇このアイテムの詳細を見る


posted by ぽぽろんろん at 00:56 | ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | AV, PC & games
この記事へのコメント
こんばんは〜。
ワンダは私には絶対無理なので
ハードモードでがんばってるぽぽさん、尊敬。
音楽も良いのですね〜。
ICOはいつになったら手を付けられるかなぁ。
今日は一日片付けモードだったし(^o^;)
Posted by くーち at 2008年10月30日 18:55
あ、そうそう。
例のお方(娘の…)がさっそくICOの
サントラを貸してくれたのですが、まだ
プレイしていないので聴いちゃ行けないような…(^o^;)
とほほ。
Posted by くーち at 2008年10月30日 18:57
■くーちさん
こんばんは〜。
ワンダはノーマルモードならアクションが苦手な人でもクリア出来る難易度だと思いますよ(もちろん苦労はしますが)。
私もアクションは苦手な類ですし(^^;)

ワンダの音楽はホントいいですよ〜。
やはり、いいゲームにはいい音楽が付き物だと思います♪

ICO、ぜひやってくださいね〜。
こちらもいい世界観のゲームです♪

ICOのサントラはあまりサントラじゃないのです、実は(笑)
オープニングとエンディング以外はあまりメロディが無くて効果音的な音楽なんですよ。
でも、エンディングは大島ミチル節全開の名曲なので、これはぜひクリアしてから聴いて欲しいなぁというのが個人的な希望です。

なので、早くプレイしましょー♪
やれば一気にのめり込めますよ(^^)
Posted by ぽぽろんろん at 2008年10月31日 00:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。