2008年11月05日

スピッツ「若葉」は恋愛初心者マークの歌

いやぁ、全然アンテナ張ってませんでした(^^;)
最近は毎火曜日に新星堂のwebページでその週に発売されるシングルやアルバムをチェックしてるだけだったので、翌週以降の発売予定が全然把握出来てなくて。
今日も職場でチェックして初めて「え、スピッツって今日だったの?ありゃ、ゆずも?そして栗コーダーもかよ!」っていう体たらく。
困ったもんだね〜全く(^^ゞ
つーことで本日帰りがけにCD屋さんにて上記のうちスピッツとゆずを購入です。あと、先週買えずにいたレミオロメンのアルバムも。
栗コーダーカルテットの新譜は田舎のCD屋さんじゃ置いてあるはずもなく。こっちは週末に都心に出られればその時に買うことにします。

さてさて、とっとと「若葉」の感想ですね。
この「若葉」という言葉には3つの意味がかかってました。
1つ目は「若葉」そのもの。そしてそれが生い茂る季節、即ち春ですね。
2つ目はジャケット裏面やCDのレーベル面にも印刷されている「若葉マーク」。即ち初心者ですね。そしてここでは恋愛に対する初心者ということになります。
そして3つ目。これは直接の描写は無いのですが、この歌の主人公の年齢。

涼しい風 鳥の歌声 並んで感じていた
つなぐ糸の細さに 気づかぬままで


とか

裸足になって かけ出す痛み それさえも心地良く
一人よがりの意味も 知らないフリして


という歌詞、そして全体的な曲調の柔らかさ・瑞々しさ、さらに2つ目の恋愛初心者っていうことからして、まだ若いんじゃないかなぁと。
そんな若々しい季節の若々しい恋の思い出を歌ったのがこの「若葉」なんです。

詞の内容を1フレーズでまとめると、「若葉の季節に好きになりそして別れた人との思い出は全部覚えているけど、それらは心の奥にしまって次の道へ向かって歩いていくよ」というもの。
これがね、とっても瑞々しいのですよ。曲調は落ち着いてはいるけれど、キラキラして若々しいのですよ。
最後の方の

若葉の繁る頃に 予測できない雨に とまどってた


って歌詞がね、雨も若葉もキラキラしているのですよ。
そしてその雨ってのは実際にも降っていたんだろうけど、主人公の心にもきっと降っていたのですよ。
いいなぁ、青春だなぁ。甘酸っぱい恋の思い出だにゃぁ〜。
私より年上のマサムネさんがこんな曲を書けてしまうことに激しく嫉妬してしまいます(笑)
私なんてみそじーにしてすでにもうよぼよぼだと言うのに…orz


ということでね。
この曲は、若い人が聴いたら現在の自分と共感出来る部分があると思うし、若くない人(って失礼な言い方だな^^;)が聴けば初恋の思い出とかが蘇ったりすると思うし、いろんな年代の人に聴いてもらいたい曲ですね〜。
ぶっちゃけ、インパクトという点では劣りますが、その分心に染み入ってくる佳作だと思います♪

若葉
スピッツ

◇このアイテムの詳細を見る




■過去のスピッツ関連エントリーです♪
◇スピッツ「さざなみCD」の海に溺れましょう(笑)
◇スピッツ「群青」は懐かしい色合い♪
◇スピッツ「ルキンフォー」は疲れた社会人にも効きます(笑)
◇スピッツ「魔法のコトバ」は普段着の装い♪
◇夏は「プール」で涼みましょ♪
◇「夢追い虫(early version)」のプチ感想
◇「めざめ」のプチ感想
◇空の飛び方 教えて下さい(苦笑)
◇「春の歌/テクテク」を聴いて
◇「春の歌」発売への前夜祭♪ その2
◇「春の歌」発売への前夜祭♪ その1
タグ:スピッツ
posted by ぽぽろんろん at 00:23 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | pop & rock musics
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。