2009年03月20日

おかしいよと言われてもいい

ただ君のヌードを〜 ちゃんと見るま〜では〜 僕は死〜ねな〜い♪


…しょっぱなからエッチぃ言葉書いちゃってごめんなさい><
ドタキャンぽぽろんろんですこんばんは。
何をドタキャンかは分かる人だけ分かればいーや、あはははは。

だいじょぶです、しらふですよ?(・_・)←ほぉら、この目は酔ってない

それにしても今週は暖かかったですねぇ〜。火〜木なんか4月下旬とかゴールデンウィーク頃の陽気だったそうじゃないですか。



気温だけじゃなく仕事もゴールデンウィークにしたかった(ぉぃ

ま、そんな怠惰な思考はおいときまして。
んーとですね、ブログのタイトル下に書いてある一言フレーズ、こんなとこに目を向けてくれる人はほとんどいないと思ってますが、ここは今までずーっと何かの曲の歌詞を使ってきてるんですよ(ブログの本拠地をここへ移してからの話ですが)。
最初の頃はスピッツだったのですが、ここしばらくはそこから離れてあっちこっちから拾ってきてたんです。capsuleとかね、及川ミッチーとかね、MOSAIC.WAVとかね(爆)
(でも◇「片道きゃっちぼーる」の歌詞は結構好き。言葉の選び方とか比喩が何気に私好みで。)
で、こないだまではバンプの「ギルド」の一節(「それも全て 気が狂う程 まともな日常」)を拝借してましたが、これもちょっと見飽きたので(こらこら^^;)そろそろ衣替えしようかなぁと思いまして。
で、久しぶりにスピッツに戻ることにしました。今回の(「しょいこんでる間違いなら うすうす気づいてる」)は「ラズベリー」の一節。この曲、本来はラブソング(それもかなり愚直で、エロティシズムやMっ気も感じさせるもの)なのですが、ここだけ取り出すと恋愛に限らずいろんなことに当てはまるようにも感じちゃえますよね(ちなみに歌詞は◇こちら)。というか、ここではそれが狙いだったり。
これと「P」の「ぎこちなく おどけてる 情けなき命」とで迷ったんですよねぇ。どっちも私に合ってるんで。ただ、「P」の方はここで使うにはちと格好よすぎる(笑)ということで「ラズベリー」にしました。
マサムネさん、使わせていただきますm(_ _)m

「ラズベリー」はアルバム(「空の飛び方」)の収録曲なので知らない人も多いと思います。YouTube貼っときますのでぜひ聴いてくださいませ〜。

■YouTube - スピッツ ラズベリー 【ステレオ高音質ver】


うん、いい曲だ(^^)
CDのと比べると間奏初めにちょこっとオマケを付け加えてますね。
ちなみにタイトルと冒頭の一文は、この曲の2コーラス目Aメロ部分です。
この曲は2コーラス目Bメロの「穴を抜けてこっちへおいでと 五円玉の向こうから呼ぶよ」のフレーズも好き。これはお賽銭なんかと同様、「ご縁」とのかけことばにもなってますよね。運頼みでもいいから彼女との縁を掴みたいという。そして、さらに言うならその運の向こう側にいる彼女を何とかこちら側へ連れてきたいという。
深読みしすぎかもしれませんが私はそういう風に解釈してます。

それにしても、やっぱりスピッツの歌詞は名フレーズが多いです。バンプとかラッドの表現も好みですが、スピッツの方が端的にコンパクトにまとまってるんですよね〜。だからブログのタイトル下に使いやすいんです。
今までタイトル下に使った中でいちばん好きなのは「三日月ロック その3」からの「ヒラメキで踊り狂うサルのレベル」。いいよなぁこの表現。これが断トツに好き。
ちなみにこの曲は他にも名フレーズだらけ。「不細工な人生を踏みしめてる」「抜け出したい気持ちなら 桜が咲くたび現れる」「落ち着いて 嘘ついて なぜかばれて」「色あせないドキドキは 形だけ変わっていくのだ」等々、どこを切り出しても言葉に味がある。しかもいろんな色がある。たまんないよね〜。
こちらは「スターゲイザー」のカップリング曲なのでやっぱり知らない人も多いと思います。YouTu(ry

■YouTube - スピッツ 三日月ロックその3


動画にも歌詞が出てますが、まとめて見たい人は◇こちらです。


…こんな風に紹介してるとキリが無いのでここまでにしておきますが、タイトル下フレーズ選定作業をしながら「やっぱスピッツの歌詞はいいわぁ〜」というのをしみじみと噛みしめていたここ数日だったのでした。
タグ:スピッツ
posted by ぽぽろんろん at 23:46 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | pop & rock musics
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。