2006年01月12日

まだ言い張るのですか…

なぁんか潔くないですねぇ。

黄教授が「自分に責任」と謝罪、ねつ造の意図は否定(読売) -Yahoo!ニュース

本人が出てくるとは思っていなかったので、「覚悟を決めたか」と一瞬思いましたが。
要は「騒動については謝罪するけどES細胞は作れるんだよ!」って食い下がってるわけですね。

>ES細胞については「自分の目で確認した。卵子さえあれば、患者適合型ES細胞も6か月で作れる」「(ES細胞の材料を取り出せる)胚盤胞(はいばんほう)作製では世界最高の技術がある」などと主張。

作ればいいじゃん、半年もらいなよ。絶対に作れるなら国も協力してくれるんじゃないの?

>培養やDNA検査を担当したミズメディ病院の研究員たちが能力不足からうまく実施できなかったことを隠すため、ES細胞を別の細胞とすり替えて虚偽の結果を報告し、自分たちをだました

なんてことならないように、今度はあなたが信頼できるスタッフを使ってさ。
それが出来れば、再び世界のヒーローに返り咲き。
何より、これが出来れば世界の医学の進歩に大きく役立つことは間違いないんだから。
あなたのためにっていうより、世界のためにES細胞作って下さい。

ウソだったらお話しになりませんけどね〜。┐(´ー`)┌
posted by ぽぽろんろん at 22:39 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | news
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

落胆!
Excerpt: 今日はなんといっても落胆。 ES細胞研究の第一人者の研究成果の捏造問題に×がでたからです。この研究成果が発表されたとき、世界中の多くの人がよろこんだはずです。なにしろ拒絶反応のない臓器を作ることがで..
Weblog: 蛋白質の勉強部屋☆
Tracked: 2006-01-13 15:28

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。