2009年08月03日

ROCK IN JAPAN FES 2009 第2日の白眉はバンアパでした♪

てことで2日目の感想です。頭の中のスタックからFIFOで(ry


■椿屋四重奏
これまたほぼ予備知識無しのバンド。
10時前に入場してクロークにバッグ預けてからずっとレイクのテント下に座って日陰で椿屋待ちしてました(笑)
そして開始30分前くらいですかね。サウンドチェックをしていた彼らがいきなり選手宣誓(笑)
「宣誓!我々、椿屋四重奏は、……mnmnmn#%&$フェスを盛り上げることを誓います!」
…噛むな(^^;)
そしてその後、
「この(フェスの)中でいちばん奇妙なステージにすることを誓います!」
と言った後に全員でいきなり演奏し始めたのは「2億4千万の瞳」(笑)
でもステージ終わってから振り返ってみるとしっかりと椿屋色になっていた。素敵だ。

さて、ステージ自体の方ですが面白かったですねぇ。
全体の印象としては、「派手な安全地帯」っていう感じ(笑)
リズムとかアレンジは今風なんだけど、コード進行とかメロディラインとかが安全地帯を彷彿とさせるのよね(後でWikipedia見たら、ヴォーカルが影響を受けたアーティストに安全地帯がありました)。
だから自分みたいなみそじーな人間が聴くと、新しさと懐かしさを両方感じることが出来てよかったです。
ただね、本人も言ってましたが、朝イチの音楽では無い(笑)
空は天気予報をひっくり返して晴天でしたが、やってる音楽は大人の夜の色なんだもん。でもそのミスマッチも含めて面白かったです。


この後、まちゃさんと合流しました。
最初にやったのはドラクエ9のすれ違い通信(爆)
でも、その場でDSをすれ違いモードにしたら、すぐそばにあるお互いのDSにはなかなか反応せずに周りの人のをぽこぽこ拾っちゃって(笑)
交換することが出来たのは確か3人目だったかな?結構みんな持ってきてるのね、ドラクエ。
そして、その他のすれ違った人のを見てみたところ重大なことに気付きました。

メッセージをロッキンジャパン用にしてる!

私もまちゃさんもメッセージは通常のまま。
「これはいかん!」そして「これはたくさんすれ違える!」と慌ててその場でメッセージを変更したのでした(笑)
やっぱこういうコミュニケーションツールの使い方は若い人の方が分かってますね(^^;)
その後、アーティストグッズ売り場へ移動し、そこで一旦お別れ。私はグラスステージへ移動です。

■木村カエラ
はい、去年の雪辱です。
去年はオフィシャルグッズの列を見積もり違えて見られなかったのです…。
ということでこの日の必修科目の1つでした。

初めて生で見たカエラは、やはりちっちゃくてかわいかった♪
そして歌は本当にパワフルだった。っていうか、めっちゃ声が通りますね。素敵だわぁ。

ステージは「BANZAI」から始まって最初からテンション上がった訳ですが、いちばん盛り上がったのはやはりアレでしょうか。
MCで「練習してきた曲があるんです。ライブで初めて歌うので、手拍子お願いします。」って言うので何かと思ったら、

♪ホットッペッパ ピップペッパッピ…

「ホットペッパー」の歌でした!

しかもヴォーカルのみからベース、キーボード、ギター、ドラムとだんだん楽器が加わっていって最後にはフルバンドでの超ホットなホットペッパーに(笑)
これはその場にいて得しましたね〜♪

あとは「circle」でのタオル回しも会場全体でやるとカラフルで印象的でしたが、個人的には「Butterfly」聴けたのもよかったなぁ。しっとりうっとりと聴いてしまいました。

カエラが終わるとまたレイクに移動。この日はこの往復ばかりです(苦笑)
この移動時にフォレストステージの方から泉谷しげるが聞こえてきたのですが、ちょうどその時にやっていたのが「雨上がりの夜空に」。
泉谷なら絶対にやると思っていた忌野清志郎ナンバー、やはり名曲を持ち出してきていましたね。
これもステージを見られれば幸せでしたが、音だけでもこれを聴くことができたのはラッキーでした。めっちゃかっこいい演奏だったし。

■the band apart
で、レイクに戻ってバンアパです。この日のいちばんの本命。
サウンドチェックの時に小暮氏がドラムをひたすら叩いていたのでじっくり見ることができましたが、やはりこの人は上手い!
手首の軽さがハンパ無いんだよなぁ。バチ先の動きに不自然さが無いからいい音が鳴るんだよなぁ。いいなぁ〜。
で、その後全員出てきて軽くセッションしつつ全体のチェックを。これまたうめぇ。たまらん。

そして本番ですが、ノリノリで踊りまくりながらも実は圧倒されっぱなしでした…。
この人たちは単に個人個人の技術があるだけじゃなくて、そのテンポ感・リズム感・そしてアンサンブル力がとてつも無いのよね。
バンアパの曲はリズムとか打ち込みとかかなり凝ってるんだけど、4人で全然ズレが無い。長い休符の後にいきなり16分音符4つ目とかでもピッタリ合う。16分音符のパッセージもメンバー間のズレが無い。これはハッキリ言って異常。おかしい(笑)
この凄さは楽器やってる人じゃないと分からないですかねぇ。
ジャンルは違えどパーカッションというリズム屋をやっている自分としては、この気持ちいいまでのリズム感・この4人の作り出す音楽にひたすらしびれっぱなしでした。
いやぁ、ホントいいわ。バンアパ。前の方で聴けて幸せでした。
また生で聴きたいな〜。

あと、バンアパと言えば原氏のMCですね。今回もいい緩さでした(笑)
しゃべりはあんなに緩いのに、演奏になるとあれだけしゃっきりぽんなところが凄いです。
そのギアの入れ替え方を教えてください。オケでも絶対に使える、あれは(笑)

■ストレイテナー
またグラスに戻りストレイテナー。ここでまちゃさんと再び合流。
去年聴けなかったテナー、今年は踊っちゃうよ!

…のはずだったのですが(ぇ
バンアパで全て使い果たしました(弱っ

もう全然体力とそれを支える気力が無くなってたもん(^^;)
ゆったり揺れながらノッてはいましたが、腕上げる気力も無く。
そしてバンアパの次だったのも音楽的にちょっと影響してました。どうしても粗が見えちゃって…。
多分私のコンディションがもう少しよければ違ったのかなぁという印象でした。むぅ、もったいない…。

■Base Ball Bear
まちゃさんと別れ、またレイクに戻って今度はベボベ。
ライブでは初めて聴きます(というか、この日はバンアパ以外全部初めてなのよね。そういう意味でも有意義な一日でした)。

これまた面白かった!
CD聴くだけだともうちょっと大人しい印象でしたけどね。ライブが似合うバンドなんだなぁ。
そしてショウヘイのダンスなるものを見ることが出来ましたが、何だったんだアレは(笑)←もちろんいい意味で
ベボベが彼らなりのアイデンティティを模索しての結論らしいですが、アレはキモい。←もちろんいい意味で
でも最後の開脚は決まっててかっこよかったよ!…多分(ぉぃ

そしてベボベと言えば関根さんですね。かわいかったです、はい。
前日のbonobosの森本さんといい、バンドの紅一点のベーシストってかわいい子ばかりですねぇ。全然関係ないけど、「スウィングガールズ」でもベースの子はかわいかった気がする(本当に関係無ぇ)。

ここではもう体力が無くて階段エリアで聴いてたけど、本当ならば前に行って飛び跳ねたかったです。年を取るって困ったものですね(苦笑)

■サンボマスター
引き続きレイクでサンボです。
これまたカエラと同様、去年はオフィシャルグッズのために聴けなかったバンド。なのでこれも雪辱戦となります。…つっても階段エリアに座りっぱなしの時点で負けてますけどね!(爆)

そしてこれは予想どおりめっちゃくちゃに熱いステージでした。
山口は
「皆さんはこのレイクステージをいちばん素晴らしいものに出来る人たちですよね?」
と観客を煽り続け、さらには茨城県知事まで持ち出して「知事に嫌な顔させようぜ」とまで。
まぁね、普段知事のすることに嫌な顔してきた茨城県民はたくさんいると思いますから、たまには逆の立場になってもいいよね(笑)
あとは恒例の「ロックンロール!」コール以外に「愛と!平和!愛と!平和!」とか「レイク!最高!レイク!最高!」とか、とりあえず観客に声を出させっぱなしにするサンボマスターのステージは熱くならざるを得ないです。

サンボは観客の数も凄かったですね。さすがは去年グラスだっただけあるというか。
下のスタンドエリアだけじゃなくそこへの通路も人でびっしりと埋まってました。
本人もねぇ、グラスに負けるな!って感じで「レイク!レイク!」とやってましたが、やっぱりグラスでやりたいんだろうなぁとも思いました。レイクってすり鉢状になってるから、階段で座ってる人が丸見えなんですよね(例えば私とか)。これは彼らにとってはやはり歯がゆいだろうなぁと。
でも私も立ちはしなかったけどちゃんと腕は振ってたから!許しておくれ(^^;)

演奏自体の方ですけど、ちゃんと見るのが初めてだったので、テンションだけじゃなく技術もちゃんとあるんだなぁと認識を改めました(ぉぃ
いや、どーしてもテンション優先で技術がおざなりなイメージがあったから(^^ゞ
でも違いました。すみませんでしたホントに。

とにかく、後方で座っている人だけでなくその外側にいる人たちまでもどんどん巻き込もうと積極的に外側に押し出していく山口のオーラが凄かったです。
これは見てよかった。そして次回があるならばぜひスタンドエリアで楽しみたい。それには体力付けないとね(苦笑)


先にも書いたようにこの日はほとんどが初見アーティストだったのですが、いちばんよかったのは、唯一の初見じゃないアーティストであるバンアパでした。
だって本当によかったんだもん。去年彼らの演奏をたまたま聴くことが出来てよかったと思ってます。じゃなきゃ今年だって聴きに行ったか分からないですし。


ということで、私のロッキンジャパンはこの2日間で終了しました。
当初は両日とも雨という予報でしたが、実際はベボベの時にちょこっと天気雨が降っただけで終わりました。これは私の普段の行いの良さが実を結んだんですね〜。←独りで言ってろ

1日目から走り書きみたいに突っ走ったので、言いたかったのに書いていないこともありそうですが、それは気にしないことにします(笑)
本当に楽しい2日間でした。また来年も来たいですね〜。


あ、言い忘れてた。
この日の昼前から始めたドラクエ9のすれ違い通信ですが、約半日で30人以上の人たちとすれ違うことが出来ました♪
ありがとうございます!
つまり10回以上DSを取り出してごそごそやっていた訳です。もちろん演奏中にはやってませんから許してね。



■過去のROCK IN JAPAN FES関連エントリーです♪
◇ROCK IN JAPAN FES 2009 第1日はウルフルズに尽きる!
◇ROCK IN JAPAN FES 2008第1日は意外な収穫♪
◇ROCK IN JAPAN FES 2008第2日はオーバーフォーティの底力を見た(笑)
◇ROCK IN JAPAN FES 2007第2日は“湖の人”
◇ROCK IN JAPAN FES 2007第3日は“芝生の人”
◇ROCK IN JAPAN FES 2006第2日は熱かった&暑かった♪
posted by ぽぽろんろん at 01:53 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | pop & rock musics
この記事へのコメント
ぽぽさん、こんにちは♪

音楽のことは全然わからないのですが、
ドラクエすれ違いに食いついてしまいました(笑)
うち、駅から5〜6分なのですが、通勤時は駅に着くまでに
3人いらっしゃいますよ。
一度にもっとひっかけられるといいんですけどね。
定員いっぱいで逃してる人もいっぱいいそうですよねぇ。

ホットペッパーの歌は、舌が回らなくてどうしても歌えないです(笑)
Posted by ひろる at 2009年08月04日 12:35
■ひろるさん
こんばんは〜。

私も通勤時にすれ違いしてると3人つかまりますが、5〜6分で3人とはなかなか凄いですね〜♪

>一度にもっとひっかけられるといいんですけどね。
確かに(^^;)
でも制限があるからいいんでしょうねぇ。
ロッキンジャパンの会場で無制限にすれ違えたらきっと数百人になってしまう(笑)

>ホットペッパーの歌
私も覚えられないです、これは(^^;)
カエラはさすがですね♪
Posted by ぽぽろんろん at 2009年08月04日 23:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。