2010年01月15日

「こんにゃくゼリー」の危険度がよく分からんかったので簡単に調べてみた

昨日テレビでもちらほらやっていたようですが、「こんにゃくゼリー」の危険度について公表されましたね。

◇asahi.com(朝日新聞社):こんにゃくゼリー「事故頻度、アメと同等」 食品安全委 - 社会

これによると、

1億人が一口食べたと仮定して最大で0.33人が窒息死の危険性がある計算になった


だそうです。
で、他の食品については

事故頻度が高い順に、いずれも最大で餅7.6人▽アメ2.7人▽パン0.25人▽肉類0.15人など


だそうで、その結果が「アメと同等」とのこと。

…なぜ?どっちかっつったらパンに近くね?
◇TBSのニュース動画を見るとこれらの数値が最大値じゃなくて範囲で書かれていますが、それでも

もち6.8〜7.6、あめ類1.0〜2.7、こんにゃくゼリー0.16〜0.33、パン0.11〜0.25


となっていて、こんにゃくゼリーに不利な取り方をしても

アメの最小値:1.0
こんにゃくゼリーの最大値:0.33
パンの最小値:0.11

となって、「やっぱりパン寄りじゃね?」と思わざるを得ません。これがアメと同等ならパンもアメと同等なんじゃないかなぁ。

で、朝日の記事には“他の試算”なるものもあって、

別の試算による事故頻度の推計では、こんにゃく入り以外も含めたゼリー全体の摂食量などから最大で5.9人となった

なんだそうです。この振れ幅はどこから出てくるんだろう?全然分からんよ?

と思って◇元ネタ(PDFファイル:6,353KBあるので注意!)を見てみました。そしたら元にしたデータが違うとのことでした(読むの疲れたよ…)。

0.16〜0.33の方は、
・約13年間に発生したこんにゃく入りミニカップゼリーでの死亡症例数22例→年間死亡平均症例数:1.7
・「こんにゃく入りミニカップゼリー」の摂取量を生産量から推計→0.33(g/日)
を元に算出したそうな。

対して5.9の方は、
・救命救急センターの救命救急症例(合計4,407)におけるミニカップゼリーの割合:0.8%→ミニカップゼリーの窒息事故死亡症例数試算:35.1
・「ミニカップゼリー」の摂取量を国民栄養調査の「ゼリー」の半分で推計→0.38(g/日)
から。
この辺は、PDFのP.58くらいからを読んでみてください。

これらの数値とPDFのP.61にあるミニカップゼリーの一口量(pdfじゃ食品(群)別平均一日摂取量ってなってるけど、一口摂取量だねこれ)・14〜29gを使って、P.58にある一口あたり窒息事故頻度算出式

(一口あたり窒息事故頻度)={(食品(群)別窒息事故死亡症例数)÷365 }/ {(食品(群)別平均一日摂取量)÷(食品(群)別一口量)×人口}


にぶち込めばそれぞれの数値が出てきます。ちなみに一口量の算出根拠はPDFのPP.105〜106を見てね。

つーことで一応数値に「なるほどね」とは思ったものの、こんにゃくゼリー的には全てがすっきりした数値で算出されてる訳じゃ無いのでちょっともやもやしちゃいますね。まぁこんにゃくゼリーの歴史が浅いのでしょうがないっちゃしょうがないんでしょうけど。
せめて症例数をどっちともこんにゃくゼリーに絞れれば、一日摂取量に共通のものが使えてもうちょいすっきりするんですけどねぇ。
ただ、2つの数値の根拠を考えてみると、実際の死亡症例数を使った0.16〜0.33という数値の方が信頼性が高いように思えますよね。実際、ネットのニュースではこの数値の方が多く使われていました。


でね、いい加減「こんにゃくゼリー」と「ゼリー」をひとまとめにするのをやめよーよと思うわけです。似てるのは外見だけなんだからさー。
ゼリーはツルンとしたのどごしを楽しむものだけど、こんにゃくゼリーはもちもちぷにぷにした食感を楽しむもの。食べ方が全然違うのよ。
これをひとまとめにしてたらそりゃこんにゃくゼリーをツルンと飲み込んで事故にもなるって。
一般消費者にはこの区別がついてない人がまだまだいるんだろうから、せめてワーキンググループからは周知していって欲しいなぁと思います。いや、それは消費者庁の仕事か。いずれにしても国がもっと言っていってもいいんじゃない?メーカーは(少なくともマンナンライフは)頑張って対策をいろいろ講じたんだからさ。

しかも上述のTBSのニュース動画ではこんなことも言ってます。

「こんにゃくゼリー」は、冷やすと硬さを増すことやカップから直接吸い込んで食べることも気道をつまらせやすい理由だと指摘されています。


…いやいやいや(^^;)

まず、こんにゃくゼリーは冷やさなくても硬いのよ。「冷やすと硬くなる」とか言うと「じゃあ冷やさなきゃ余裕ってことねwwwおkwwwんがぐぐ」って人が絶対にいると思うのです。
PDFのP.73の図を見てみ?普通のゼリーを冷やした硬さよりもこんにゃくゼリーの常温の硬さの方が断然上でしょ。冷やしてどうこうは無視した方がいいんじゃないかな〜。

それから後半だけど、他のこんにゃくゼリーは知らないけど蒟蒻畑はもう対策済みですよね。袋にもちゃんとこうあります。

蒟蒻畑注意書き.jpg

容器の底をつまんで
押し出して、吸い込まずに
よく噛んでお召しあがり
ください。


しかも一口じゃ食べられないように敢えて1つ1つを大きく作ってるんだよ?カップからゼリーが勢いよく飛び出さないように形状も工夫されてるんだよ?
さすがに今さらこれを一口で吸い込んで食べる人はいないのでは。
他の蒟蒻ゼリーメーカー(私は全然知らないんだけど^^;)はどういう対策をしてるんでしょう?そこはちと気になります。


あと、それとは別に、ネットのニュースで書かれてなかったことで私が気になったことがありまして。それはP.76。

こんにゃく入りミニカップゼリーに限らず、(中略)ゼリー類をろ紙の上に置くと、貼り付いて剥がれなくなるといわれている


らしいです。しかも、

指でつまんで剥がそうとすると、こんにゃくの入っていないミニカップゼリーではつまんだ指のところで破壊されるがこんにゃく入りミニカップゼリーの中には破壊されず、ろ紙の方が剥がれるものがあった


とのこと。

このような(中略)物性によって、例えば、口腔・咽頭内が感想しがちな高齢者が、咀嚼不十分なまま唾液とよく混ぜることなく嚥下して咽頭・喉頭を詰まらせてしまったような場合には、咳嗽等によっても破壊されず、閉塞部位から取り出せなくなることにつながる可能性は否定できない。


だそうで、たとえ小さく切って食べてもノドに貼り付いて詰まってしまう可能性がある、しかもこんにゃく入りに限らずゼリー全般に言える、これってかなり重要な情報じゃない?
この辺の周知も必要なんじゃないかな〜と個人的には思いました。これを知らなかったのが私だけならいいんですけど。


…う〜ん、ホントは軽〜く書いて終わらせるはずだったのに妙に力が入ってしまった(苦笑)
皆さんももしヒマがあったらこのPDF読んでみてはいかがでしょう?結構いろいろと書かれていますよ。
この日のワーキンググループのその他の資料へは、◇こちらのページからどーぞ。私は読んでないけど(ぉぃ

てことで私は疲れたんでもう寝ます。ではでは。
posted by ぽぽろんろん at 00:34 | ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | news
この記事へのコメント
こんにゃくゼリーになると
熱くなるぽぽさんw
勉強になりました。
Posted by くーち at 2010年01月15日 22:55
■くーちさん
だって自分の好物が理不尽な攻撃受けちゃってるんですもの〜。
あとは今度の消費者庁がどう判断するかですね。
Posted by ぽぽろんろん at 2010年01月16日 21:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。