2010年05月04日

「のだめカンタービレ」第24巻限定版やっと見たよ!

発売された週には届いていたというのに、やっと見ましたよ。録画していた劇場版前編を先に見てからと思っていたのですが、まさかここまで遅れるとは(苦笑)
…ま、しょーがないね。映画見ようとしたらまとまった時間が必要だしね。

てことで、第24巻限定版。専用のBOXに入ってました。

のだめ24箱.jpg

中を開けるとマンガと特典のDVD&CD。

のだめ24マンガ.jpg

のだめ24DVD表.jpg のだめ24DVD裏.jpg

DVD&CDは左がパッケージ表側、右が裏側。
左側の画なんですけど、千秋はともかくのだめの顔が何かおかしいような。
ちょっとのだめっぽくない(^^;)

ま、いいか。
てことで感想です。

※発売から日は経っていますがネタバレが気になる人はここでFineしませう※











ということでこの巻はサイドストーリーとしてのアンコール・オペラ編。
最初の感想は、

1巻じゃ終わらんのかいっ!

てことだったり(^^;)
多分次の巻で終わるのだとは思うけど、結構話数使ってるのね。そこにいちばん驚きました(ぇ

てことで、ストーリーとしては舞台が日本に戻りました。
市民オペラとR☆Sオケとでオペラ公演をやることになり、その指揮を千秋にお願いしたいと。千秋としてはオペラを振りたくてたまらなかったこともありこれを快諾。
ただ、その市民オペラというのが、かつて桃ヶ丘音大にいた菅沼沙也が主宰で、今回はこちらを中心にドタバタと…という感じですね。あと、なぜか演出に回った峰と。
また、恋愛面では真澄ちゃんは当然として(ぇ^^;)、あとは杏奈という千秋の幼なじみが入ってきましたね。ただ、のだめの存在を分かっているためどこまで押してくるかが謎ですが。
何かここに恋愛的な感情を絡めなくてもよかったような気がしないでもないです。最後まで読んだら印象変わるかもですが。

このオペラ編になってスポットが当たるキャラがガラッと変わったため、ちょっとストーリーに入り込む度合いが個人的には下がってしまいました。
本編の時よりも若干引いたポジションで見てしまっている感じ。のだめがメインになっていないというのもあるかな。千秋の方も、オケはもう問題無しという書かれ方なので以前ほどは四苦八苦してないですし。
一方で峰はかなり四苦八苦していますが、でも立場が演出家になったためこれまた私としては入り込みにくい…。音楽家の立場ならまだ分かりやすいんですけどねぇ。ただ、声楽家陣から不評だった細かい演出の意図がこの巻の最後で分かってもらえた場面では「おお〜、報われてよかった〜」と思わずホッとしました。
よかったよかった(^。^;)ホッ

あと、今回スポットはあまり当たっていませんが、クロキンとターニャは順調のようで。まぁ堅実なクロキンと一途なターニャのコンビなので心配は無しといったところでしょうかね。飲み会の場でクロキンはさらりとプロポーズ的なことも言ってましたし。
恐らく本番後にでもこちらの進展が見られるのかなぁと勝手に思ってます。

あと、小ネタ的なこととしては、

  • 片桐夫妻が登場!奥さんはちょっと気が強そうね(^^;)
    今回眉間にしわが寄ってばかりだから笑った顔も見てみたいです(って出てくるかな?)

  • 大河内はもう千の風になれ(ぉぃ


…ってとこかな?

さて、オマケのDVD&CD。
DVDの方はアニメ番外編。
前半はのだめとデートすることになったリュカ(第二次性徴を経てめっちゃ大人っぽくなってたのにびっくり)に軽く嫉妬する千秋。後半は千秋のところに遊びに来た由衣子に一目惚れしたリュカがやはり彼女をデートに誘い、それに猛烈に嫉妬する千秋とそんな千秋に嫉妬するのだめ。という図式でしたね。
ぶっちゃけ、マンガ(この巻)の方より面白いかもしれない(ぇ
やはりメインがのだめと千秋だからなのかな〜。
で、リュカと由衣子がいい雰囲気になったところでアニメは終わり…。

…え?これも完結しないの?

これ、きっと次の巻で後半をやるということですよね。これは酷い。
第24巻を限定版で買った人には次も限定版で買えと半ば強要してるように思えてしまうし、それ以上に第24巻を限定版で買えなかった人は第25巻だけ買っても半分意味無いじゃん。
う〜ん、こういう商売ありですか?(´・ω・`?)

実際、私はオペラ編がこの巻で終わると思ったので限定版にしたんですよね。まぁそれは調査不足の面もあるので仕方が無いのですが、せっかく手元にあるアニメが中途半端ってのはなぁ…。
仕方無い、次も限定版にしますか。ってなっちゃうのかなぁ。

そういえば、アニメ第3期をテレビでは見ていなかったのでOP・EDの曲を初めて聞いたのですが、OPで「妄想シミュレーター」って歌詞の部分を思いっきり「シュミレーター」って言ってますな(苦笑)
そこだけ気になりました(それだけかいっ^^;

CDの方はオペラ編で取り上げられている「魔笛」のハイライト。序曲や夜の女王のアリア等6曲入っていて、結構いいのではないでしょうか。
でも私は最初これもDVDだと思ってたんですよね。映像付きかと。そしたら音だけだったのでそういう意味でちょっとがっかりしてしまったのは内緒(笑)
ちゃんと箱に「CD」って書いてあったんで、勘違いした私が悪いです、はい(^^;)

てことで今回は以上。
第25巻で…終わるよね?まぁマンガは続いてもいいけどDVDは次で一旦オチを付けてくださいね(笑)



■過去の「のだめ」関連エントリーです♪
◇「のだめカンタービレ」はついに最終巻〜♪
◇「のだめカンタービレ」第22巻は主役2人に最大のピンチ!?
◇「のだめカンタービレ」第21巻は、試練ののだめと差し伸べられる魔の手?
◇「のだめカンタービレ」第20巻は…くろきんってばっ!
◇「のだめカンタービレ」第19巻は、ターニャ覚醒♪
◇「のだめカンタービレ」第18巻は、みんながそれぞれの一歩を。
◇「のだめカンタービレ」第17巻は千秋が次のステップへ
◇「のだめカンタービレ」16巻は、男たちの成長物語(笑)
◇「のだめカンタービレ」15巻はピアノもカレーもかもしまくり♪
◇のだめカンタービレ14巻 は、のだめの才能が開く予感?
◇のだめ13巻 〜のだめと千秋共演間近♪
◇のだめ12冊一気読み(笑)

CD関連はこちら。
◇海老原大作さんと付き合ってみました♪(笑)
◇「のだめカンタービレCDブック Vol.2」でビックリ
◇今さら「R☆Sオケ」聴いてみた。


タグ:のだめ
posted by ぽぽろんろん at 20:58 | 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | books & comics
この記事へのコメント
私も1巻で終わらないの?が
最初の感想でしたw
はははは。
ぽぽさんは次も限定版ですか^^;
Posted by くーち at 2010年05月05日 09:53
■くーちさん
同じ感想でしたか(^^;)
ま、しっかり書いてくれる分には大歓迎なんで次も楽しみにしましょう。

次も多分限定版ですね。アニメの終わり方が気になるので…。←完全に講談社の思う壺^^;
Posted by ぽぽろんろん at 2010年05月05日 22:09
アニメの方は完結してるのではないでしょうか?はじめに嫉妬の解説が入り、のだめに対してと思わせといて、実は由依子の方にでしたとちゃんとオチまでいってるのでなぜ途中までだと思うのかが不思議です。
Posted by ねこまた at 2010年12月01日 03:03
■ねこまたさん
コメントありがとうございます。

私はあそこからのだめと千秋の本格的な痴話ゲンカが始まると思って勝手に盛り上がっちゃっていたので、あれで終わりとは思わなかったんですよね。
あれはオチでしたか…。私にとってあれはスタートの号砲でした(^^;)
第25巻の発売予定を見る限り限定版は無いようなので、今は「あれで終わりなのね」という気持ちにはなっています。

ご指摘ありがとうございました。
Posted by ぽぽろんろん at 2010年12月01日 22:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。