2010年05月24日

坂本龍一の「スコラ」ジャズ編第4回はフリーダムすぎた(笑)

ジャズ第4回はフリージャズがテーマ。
うん、この辺は全く分からんです(^_^A;;

フリージャズはその名のとおり、メロディ・音色・リズムを各奏者が自由に(好き勝手に)やるということで、前回のビバップと比べてもさらに前衛的な形のもの。
要は他のメンバーとリズムやメロディを合わせずに自分のフィーリングそのままに演奏するという…。もうコンセプトがカオスですよね(^^;)
だからそれを“音楽”にするということはかなりのセンスが求められること。
確かに番組内で流れていたオーネット・コールマンの演奏は規則的なリズムとか無いので掴みづらいんですけどかっこよかったんですよねー。凄いねこりゃ。

■YouTube - Ornette Coleman - Chronology


ということで、フリージャズはモダンジャズよりも後から出てきたような印象を受けてしまうのですが、この原点と言えるオーネット・コールマン自身はマイルス・デイビスと同時代の人ということで。そういう意味ではビバップの次の形を模索したものの1つということなんですね。へー。

あと、面白かったのが、フリージャズの「既存のルールを破る」ということが当時のアメリカの黒人人権運動などとリンクして扱われたというところ。
音楽と政治の繋がりというとどうしてもヒトラーとワーグナーを思い出してしまってちょっと嫌悪感が出てしまうのですが、この場合は前向きな形でリンクしたんですね〜。
でもやっぱり音楽と政治はあまり結びついて欲しくないかな〜、アマちゃんな考えではありますが。

さて、ワークショップではこの「自由」を体験してもらおうということで中高生に好き勝手に(通常の奏法にこだわらず、というかむしろ規格外の音を推奨で)演奏してもらっていました。
ただ、その直前に「自由と言えど他の人と合わせるためにはやはり奏者間の“会話”のようなものが音楽の中で必要」ということを言っていたので、「え?それまでの講義は意味無し?」とも思ってしまいましたが(笑)、でもよくよく考えたら数十人でそんな“会話”なんてまぁ無理ですわな(^^;)
もちろん演奏は前回以上のカオスな空間にw前回は一応ベースの和音とリズムがありましたが今回はそれすら皆無ですからねぇ。オケとか吹奏楽での合奏直前、1つの練習室でみんな好き勝手にさらっている光景に似たものを感じました(笑)
そして、このフリージャズ体験の狙いは演奏後に山下洋輔から語られました。

一度こういうのを体験してもらいたかったの。全部解放されるでしょ?
何をしてもいいんですよ。そしてこう何となくニコニコするでしょ。何てムチャクチャなことを自分はやっているんだろうと思って、嬉しくないですか?そこんところがいいの。
それを体験して、じゃあ、自分は何をやるんだろうって思ってね。
きっと何かヒントになると思いました。


確かに、何をやっても許される空間ってのは滅多に無いですよね。そして演奏後の中高生の表情は本当にニコニコしていました♪
だけど、実際はそれだけじゃ音楽にならない。そこで、自分のやりたいことを最大限確保しつつ音楽を成り立たせるというせめぎ合いをしていって、フリージャズになっていくんでしょうね。

そして番組は最後に「ジャズとは何か」という総括に。
ゲストの2人はどちらも「即興性」というところをジャズならではの要素として挙げ、その腕試しが出来るというところや、毎回違うものが生み出される新鮮さというものをその魅力として語っていました。

そして坂本龍一は次のように語っていました。

100年くらい戻すとですね、音楽は全てライブだったんです。それまでは。100%ライブだったでしょ。その力を残している、その遺伝子を残しているのがジャズ、と言ってもいいかもしれないですね。


オケや吹奏楽をやっている身としては、ライブをジャズだけのものにしないでとも思ってしまいますが(笑)、ライブのワクワク感をいちばん伝えやすくそして受け取りやすいのは、やっぱり「即興」というところにあるのかなと解釈しました。


つーことでジャズ編もあっという間に終わってしまいましたね。
次回からは「ドラムス&ベース編」が始まります。そしてゲストは高橋幸宏と細野晴臣!おおぅ、こんなところでYMOメンバー集合ですか!
どういう講義が繰り広げられるのか、これまた楽しみにしたいと思います〜。



■「スコラ 坂本龍一 音楽の学校」関連エントリーです♪
◇坂本龍一の「スコラ」見た。(第1回)
◇坂本龍一の「スコラ」第2回は充実の内容♪
◇坂本龍一の「スコラ」第3回やっと見た〜。
◇坂本龍一の「スコラ」第4回は対位法。
◇坂本龍一の「スコラ」ジャズ編第1回、面白かった!
◇坂本龍一の「スコラ」ジャズ編第2回見た。
◇坂本龍一の「スコラ」ジャズ編第3回、カオスな即興が面白い♪
posted by ぽぽろんろん at 23:39 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | other musics
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。