2010年06月01日

定演終わった!!

昨日はSフィルの定期演奏会でした!
今年は去年までと会場が変わったためお客さんの入りが不安でしたが、入場者数は約950人!おお〜、なかなか凄い。
駅からすぐだった去年までの場所なら4桁行ったのかもしれませんが、そんなのは些細なことですね。今回の会場にこれだけ来てくださったのは嬉しい限りです♪ありがたやありがたや。

てことでプログラム順に反省その他感想を。めっちゃ長くなってしまった(っていつものことか^^;)。

まずはプレコンサートとして、ヴァイオリンとヴィオラの二重奏がありました。ヴァイオリンはくーちさんの娘さん。
いざステージに出て行ってから「譜面が無い!」というアクシデントがあって舞台裏がちょっとバタバタとしましたが、演奏にはほぼ影響は無かったと思います。少なくとも、曲を知らない私からしたら普通に楽しめた演奏でした。おつかれさまでした〜。

■ベートーヴェン:エグモント序曲
(ぽぽろんろん担当:Timp.)
冒頭のFは心の耳で聴いた限りではキレイに変換されて聞こえました(ぉぃ
て冗談はおいておくとして、本番ではオケ全体でかなりスムーズに音楽が流れていたと思います。
私自身の出来としても、最初の曲ということで多少固かったところはありましたが目立ったミスも無く演奏出来ました。

■ハチャトゥリアン:バレエ音楽「ガイーヌ」より
(ぽぽろんろん担当:S.D.、Glo.)
◇バラの乙女たちの踊り
自分のところとしては対旋律のグロッケンが少しずっこけた箇所がありましたが、それ以外は特に問題無し。だったかな?
オケ全体も楽しく出来たと思います。やっぱりこの曲はティンパニとサスペンデッドシンバルの「ドン!シャン!」が入ると格段に楽しくなりますね。
◇クルドの若者たちの踊り
私はTacet。
冒頭のクラリネットソロ、ちょっと音間違えたけどお客さんには分からないレベルだと思われます。
この曲、同じメロディの繰り返しでぶっちゃけ飽きやすいと思うんですけど、上手くスピードに乗れたんじゃないかと思います。打ち上げ会場でホルンSさんがICレコーダーに録っていた演奏を聴いたんですが、いい感じに盛り上がっていたように感じましたし。
◇アイシェの目覚めと踊り
私のスネアは最初ちょこっとスティックが袖に入って音が欠け気味になってしまいましたが、それ以降は演奏前にチェックするようにしたので大丈夫だったかと。
最後のグロッケンは練習含めてもいちばんいい部類の出来。音の間違いもしなかったし。ああいうpのソロ、しかもオクターヴで動くのはドキドキするね(^^;)
オケで言うと、やっぱりこの曲はサックスですよね。上手いなぁ。いいなぁ。本番でも聴き惚れちゃいました♪
あと、この曲は本番1ヶ月前くらいになってから急に弦の表情がよくなりましたよね。ぶっちゃけ、ギリギリになってやっと本気を出すのはやめて欲しいです。とっとと本気出して仕上げといて本番直前は微調整だけで済むようにしたいねぇ。まぁ個人的な好みの話なんで他人に強制は出来ないんですけどね。
◇剣の舞
来たよ!今回のYマジック!

冒頭から棒を振らない!

ザッツだけ出したらあとはティンパニを中心とした前打ちに任せっきり。メインのメロディでは腕を組んだまま音楽を聴いていて、トロンボーンのグリッサンドとかで指さす程度(さすがに3拍子の中間部は軽く振っていたと思いましたが)。
それじゃ家でCD聴きながら入り込んじゃってる人と変わらないじゃないか(^^;)
スネアで後打ち叩きながら私は心の中で「こいつやりやがった…」と毒づいてましたよ(苦笑)
でもさすがプロであるMさんのティンパニは安定感抜群でした。私はそこに付ければいいだけだったので安心して演奏出来ました。もちろん指揮があった方がより安心感はあるのですが(笑)
シロフォンのTさんも本番はいちばんいい出来でしたね。
この曲はオケ全体でもノリノリで、山台最上段、オケの最後方から聴いていていちばん気持ちがよかった!この時に「ガイーヌ選んでよかった〜」と心から思ったのでした。
◇子守歌
この曲冒頭オーボエソロの部分は元々「棒を振らないので自由に」ということだったのですが、直前の剣の舞と同じポーズで静止しているY先生を見てビミョーに笑いたくなったのは秘密です(笑)
オーボエのYさん、よく平然と吹けたなぁ、偉いなぁ(そこかい^^;
演奏は特に問題は無く流れたかな。最後、ヴィオラとクラが16分音符で伴奏するところは練習ではテンポが異常にゆっくりで気持ち悪かったのですが本番ではそれよりは速かったのでちょっと安心しました(それでも一般的なテンポよりはかなり遅かったですが。Tempo Iなのになぜあんなに遅くなるんだろ…)。
グロッケンはpで合いの手を入れるので音は単純とは言え結構シビアなのですが、雰囲気を壊さないような演奏が出来たかな。あと、ここのグロッケンは上のDの音まで使うのですがうちのグロッケンはCまでしかないため(というかそれが標準的なグロッケンの音域)、一緒にやっている木管と音が混ざるように注意しながら上のDはずっとエアー・グロッケンでしのいでました。結構上手くごまかせてたと自分で思います(笑)
◇レズギンカ
ここのスネアがやはり私にとってこの曲のメインだった訳ですが…。
う〜ん、…ギリギリ60点?
やはりリムショットのミスが序盤目立ったのと、後半ちょっともつれてしまったのが悔いが残ります。あとは周りの人たちに助けてもらった感じですね。
やっぱりこの曲はバスドラム・シンバルが入らないと魂が入りませんね〜。この2つの楽器がガツンとアクセントを入れてくれると曲の活力が一気に上がります。楽しい〜♪

■ブラームス:交響曲第1番ハ短調
(ぽぽろんろん担当:Timp.)
メイン前の休憩時間から、おそらく緊張のせいで異常な胃痛が発生しまして…。緊張でちょっと吐き気がしそうとかそんなんは今までにもありましたがこんな経験は初めてだったのでめっちゃ焦りました。
もちろんそれはステージ上でもそのままで。胃が痛いだけじゃなく変な汗まで出てきてしまってもう体調は最悪。休み中に深呼吸したりバレないように伸びをしてみたり、いろいろ試してみたのですが結局終演まで変わりませんでした…。
おかげで今回、過去最低の演奏になってしまいました。自分が悔しいのは当然なのですが、これは他の人にどう謝っても足りないですよホント…。
第4楽章なんてズタボロ。「ミーーーレドーソーーーー」のフレーズの後ろで6連符や3連符を叩いている場所は文字通り全滅。音を間違えるわ(2音しか無いのに…)移動のタイミングが全然違うわ、酷い有り様。何でそんな演奏したのか全然分からないしもう泣きたかったよ…。
それでもとりあえず冒頭と最後だけはまともに出来た…かな?自分じゃもう判断出来ません。
オケとしては何ヶ所か空中分解しそうな場面がありましたが、何とか立て直しましたね。全体としてはよく出来ていたと思います(あくまでSフィルレベルでの話ですが)。
第4楽章のコラールはよかったですね〜。A先生はじめトロンボーンを絶賛していましたが、個人的にはコーダの方のトランペットもかっこよかったと思いました。いいねぇ〜。
木管もヴァイオリンも、ソロはこれまでの練習含めてもいい出来のものが上手く集まったと思います。まさに集大成って言っていいかも。もちろん個々に不満や反省点はあるでしょうけど、私の意味不明なミス連発に比べたらそんなの屁でもないっすよ(威張るな

…ホント悔いが残る。もういや…orz

アンコール:■ブラームス:ハンガリー舞曲第5番
(ぽぽろんろん担当:Timp.)
音は間違えませんでした(爆)
この曲は特にどうこうっていうのは無いです。
とりあえず予告通りY先生が最後に飛びましたね。着地時の「ドスン!」って音が凄かった(笑)
「のだめ」の片平みたいに華麗なジャンプにはほど遠かったかな(^^;)


終演後、楽器の片付けをしていたらステージ下から私を呼ぶ声がしたので見てみたら、TWオケパーカッションのOさんとMさんが来てくださっていました。ありがたや〜。
レズギンカの時に手がもつれて思わず首をかしげてしまっていたのを2人には見られてしまっていたらしく、「首かしげなくても、全然大丈夫でしたよー。よかったですよー。」と言われてしまい、恥ずかしかったです(汗^^;
で、2人と話をしていたら足元になにやら気配がしたのでふと視線を移してみたら、まちゃさんのムスメちゃんのニコニコ笑顔が!「おつかれさま〜。楽しかったよ〜。」って言ってもらえて疲れが一気に吹っ飛んだよ!
まちゃさんご一家は今年も遠路はるばる来て下さいました。本当にありがとうございます〜。
TWオケのお2人とまちゃさんご一家からはお花や差し入れまでいただいてしまいました。本当にありがとうございます〜。
m(_ _)m


さて、この後楽器を戻しに行ったわけですが、借用楽器の借り先がホールの隣りということもありめっちゃ早く終わってしまいました。打ち上げにほぼ丸ごと参加出来たのは初めてです。でも胃痛を引きずっていたので(かなり引いてはいましたが)、食べものは一切口にせず飲み物もほぼ飲まず、周りの人としゃべりながら会場に流れていた当日の演奏を聴いてました。
で、しるぶさんと話していて発覚した驚愕の事実!
この日聴きに来ていたしるぶさんの同僚の人、この人の話を聞いたらいろいろ凄い人だったのですが、その人曰く「ブラ1のティンパニのマレット、特別仕様のヤツでしょ」。私が使っていたマレットの正体がKATO撥工房のブラームスモデル(◇買った時の写真がこちら)であることを特定していたらしいです。
…何その観察眼ならぬ観察耳(^^;)
でも逆に言うと私が「ブラームスモデルの音」を出せていたということでしょうか。そう思って少し自信にしたいと思います。
それから打ち上げ会場では当日のアンケートも回し読みしたのですが、2ndヴァイオリンのIさんが「ぽぽろんろんさ〜ん」って持ってきたアンケートがあって何かと思ったらまちゃムスメさんの字で大きく「ぽぽろんろんちゃんがんばったね(はぁと)」って書いてあって(笑)
そのままそのアンケート持ち帰りたかったです。とりあえず写真は撮っておきました。なぜかしるぶさんも写真撮ってた(笑)

打ち上げ1次会が終わった後は管楽器有志中心のメンバーで2次会へ。2次会会場の送迎バスで移動です(^^;)
ここではホルンKさんがスパークしてまして。オケ運営についての不満をウオーッとぶちまけそして他の人にどうなのよどう思ってるのよと詰め寄りまくり。めっちゃ「解団だ!解団だ!」という言葉を発してました(苦笑)
別にそういうことに文句を付ける気は無いんだけど、2次会にはコンファゴエキストラのTさんも同席していたのでね(^^;)
「トラさんの前でそういう話はやめましょう」って言ったんだけどあまり効き目は無く、最終的にはクラのOさんに鎮火をお任せして私は逃げました。そーですよ私は卑怯もんです。それが何か?(こらこら

その後は3次会へ。駅近くの居酒屋チェーン店で翌朝の始発までぐだぐだと。最後の1時間くらいは眠くて死んでました。夜間の仕事なら5時とか6時でも全然平気なんですけどねぇ。定演で疲れてお酒入ってという状態だともちませんでしたね。無念(笑)
結局帰宅したのは今朝6時過ぎ。長い1日でした(^^;)


さて、そんな訳で今年の定演はオケとしての出来は(Sフィルとして)かなりよかったと思うのですが自分自身としてはかなり悔いが残る結果となってしまいました。
もうブラームスはイヤです…。←ブラームスのせいにするな
これを取り返すためにはもう来年の定演しか無いんですよね。新しい1年を頑張りたいと思います。
しかし来年は「白鳥の湖」から8曲もやった後でベト3。これまたハードですな(^^;)


タグ:Sフィル
posted by ぽぽろんろん at 00:08 | 🌁 | Comment(7) | TrackBack(0) | my music activities
この記事へのコメント
おつかれさまでした〜〜〜!

いやぁ、ドソロであんなミスするなんて…、直前のリハでうまくいっていただけに、かなりへこみましたよ。
でも、終わるまでは(っていうか、まだまだ続きあるわけだし)ノリノリでいくぜ〜!でかっとばせたのは、なによりPerc.さんたちのおかげでした。
リムショット良かったっすよ〜〜!
おお〜、さえてる!と4小節聞き惚れてました(落ちないで良かったw)
ブラームス、チャレンジだったですが、やっぱりうちの桶にはきびしかったですね(と旦那談)。エロイカはどうなんでしょう…。練習時間の無駄をかなり排除しないと、長いシンフォニーは厳しいですよね。
今後を見据えて、そこをどう改善していくか…が課題だなぁと、毎回本番が終わるたびに思うわけでして(苦笑)

とりあえず、来年はメインはまたも降りなので、見守らせていただきます。

また、来週からよろしくです〜!
Posted by おやびん at 2010年06月01日 09:07
どもども、おはようございます!
日曜日はお疲れ様でした。
その後胃痛は大丈夫ですか?
そんなに酷かったのに演奏なさったなんて。
ぽぽさんすごい!

そしてプレコンではお騒がせしました(^o^;)
なんかかえって落ち着いたとか言ってましたw

ブラームスはあんなに時間(期間)があったのに
あの出来というのは。。。
悪くはなかったけど、もう少し良くも
出来たんじゃないかなと思っちゃいました。
ぽぽさんが普段からおっしゃてるように
もっと通し練習をしていただきたかったな、と
思いました。

とまぁ、そんなことはおいといて。
ぽぽさん、ガイーヌ良かったですよぅ!!
あのテンポにして下さって良かったです。
練習の時みたいにゆっくりになっちゃったら
どうしようと思っていたので。
ほんとほんと、感謝です。

そしてこれからしばらくAオケの
オペラに専念するので
Sフィルはお休みさせていただきます〜。
オペラって大変…(⊃д`)
Posted by くーち at 2010年06月01日 09:54
■おやびんさん
おつかれさまでした〜♪

いやいや、あれくらいなら全然凹むことは無いですよ〜。
私のブラ1の方が…ってミス自慢し合っても実りが無いのでこの辺にしときますが(笑)

>かっとばせたのは、なによりPerc.さんたちのおかげでした。
ありがとうございます〜。
というか、トラさんたちがよかったですからねぇ。
私はティンパニとか他の楽器に乗っかっただけです、ホント。

>うちの桶にはきびしかった
う〜ん、でもそれ言っちゃうと「じゃあ何なら適正なの?」ともなってしまうのでねぇ…。
ぶっちゃけ、これまでやってきた曲っていつでもそんな感じだったと思います(苦笑)
逆に、アマチュアなんだし(しかもまだ完成度の高さをあまり求められていないし)やりたいものをやればいいんじゃないかなぁと個人的には思ってます。

>エロイカ
もちろん厳しいと思います。練習時間の使い方も含めて。
なので、前半2曲をどれくらい早く仕上げられるかもキーになってくるかと(特に弦)。
練習時間外(要は個人でのおさらい等)も今まで以上に重要になりますよね。
大変だ…。

てことで、来年もまたいろいろとよろしくお願いします〜♪

■くーちさん
おつかれさまでした〜♪

胃はもう大丈夫です。
ぶっちゃけ、もっと自信を持って本番に臨めたら胃痛にもならなかったわけで(爆)

>プレコン
>かえって落ち着いた
それはよかったです(^^)

>ブラームス
初見大会で思ったより出来がよかったので油断した…のかなぁ?よく分からないですが。
「もう少し良くも出来たんじゃないか」というのはその通りだと思います。
来期に向けて改善したいししていきたいですね。

>ガイーヌ
レズギンカのテンポが先日遅くなったのはY先生のザッツの出し方がいきなり変わって私が焦ってしまったからなので、その日の練習後にツッコんだらさすがに本番は大丈夫でした(笑)

>Sフィルはお休み
これ、しるぶさんに聞きましたよ!
う、裏切り者〜(こらこら^^;
でもオペラってことは8月から復帰するってことでしょうか?
くーちさんがいないと1stがさらに心もとなくなってしまうのでA先生が燃えられませんよ!(笑)
早く戻ってきてくださいねー(´;ω;`)
Posted by ぽぽろんろん at 2010年06月01日 23:38
レズギンカの後にY先生がぽぽさんの
ところまで行ったときに
激しく引いてましたね(爆)
受けました。

オペラが本番二日間もあるんですよ〜〜。
ダブルキャストだからそれぞれに対応しないと
いけなくて(⊃д`)
めんどくさい(ぇ

いえいえ、5月は長女の結婚式やら
親戚の葬儀(3件!)やらで
(あ、A先生の発表会もあったっけ。。。)
ばたばたしまして、つい「辞める〜」と
元団長にこぼしたら
まぁ、休団ということで、と
おっしゃったのでそのように
させていただくことにしました(^o^;)

ぽぽさんファンの私が辞めちゃいけませんねw
Posted by くーち at 2010年06月02日 12:13
■くーちさん
おはよーございますー。

>レズギンカ
まぁあれはお約束ってヤツですので(笑)

>オペラ
大変なのはパーカッションのSさんからも聞いておりますよ〜。
でも滅多にない機会ですから、頑張ってください!
私も草葉の陰で応援してます(ぉぃ

オペラ終わったらすぐ復帰してくださいね〜。
私もくーちさんのファンですから、ずっと会えないのは寂しいです(´・ω・`)
Posted by ぽぽろんろん at 2010年06月03日 08:44
先日、自分のオケの本番を客席で初観戦する栄誉(笑)にあずかったollecでございます。というか、ネットの世界ではずいぶんご無沙汰ですね。仕事が暇してるのでちょっとコメントしてみます。
僕がうちのオケにはブラ1は厳しかったって言ってたっていう話は、出演できなかったヒガミのようなものということで水に流しておいてください(笑)
まあ、いままでDVDでしか聴くことのできなかった本番の演奏を、実際に生で聴いてみると、いろんな意味でインパクトがあったので、逆に貴重な体験でした(嫌味じゃないですよ!)。
過去の演奏などをいろいろ聴いてきて思うのが(もちろんレベルの高い曲は難しいことにかわりありませんが)、うちのオケは絶対音楽的な曲よりも、表題音楽的な曲のほうがうまいんではないかと思ってね。昨年のダッタン人然り、今回のガイーヌ然り。まあ大曲は長丁場だから集中力の問題もありますけどね。ま、これから2期続けてベートーヴェンということで確定している中こんなこといってもナンセンスなのは承知していますが、それ以後ということであれば、たとえばいきなり「幻想交響曲」とかやっちゃってもおもしろいかもしれないかな、なんて。ま、あくまで個人的見解でございます。ではでは〜
Posted by ollec1214 at 2010年06月03日 17:47
■ollec1214さん
こんばんはー。確かにネットではお久しぶりです(笑)

ブラ1の件、了解です(^^;)
まぁ、私は全然気にしてないです。その感想自体は合ってると思いますし。

>絶対音楽的な曲よりも、表題音楽的な曲
そういうところはあるかもしれませんね。
Y先生の指示も、絶対音楽より標題音楽の方が分かりやすいかも(笑)
あと、標題音楽は組曲の形でやることが多いため、1つ1つの曲の性格付けをしやすいところがありますね。
今度の白鳥の湖は長丁場ですから、小曲のまとまりとは言えそこでSフィルの集中力が判断出来るかもしれませんです。

>幻想
よし!やりましょう(ぇ
というか、メインを交響曲にこだわることも無いんですよね。
もっといろんな曲をやっていきたいですね。
Posted by ぽぽろんろん at 2010年06月04日 00:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。