2010年06月12日

坂本龍一の「スコラ」今回はドラムスが主役♪

危ない危ない。録画してあったのをやっと見る時間が取れました。再放送よりも遅く見るとか、ちょっと悲しい…。

ま、そんなことはさておき。
ドラムス&ベース編、第2回はドラムの話でした。
高橋幸宏をゲストに、彼が影響を受けたドラマーたちやそのプレイスタイルについてのお話がメイン。
また、それを元に「グルーヴ」というものについての話も。

影響を受けたドラマーとしてはリンゴ・スターや、「プロコルハルム」のドラマー、B.J.ウィルソンに言及。2人とも跳ねるようなフィルインが好きだということでした。また、リンゴについてはフロア・トムからスネアに戻ってくるようなフィルインのパターンがあったりもするということでしたね。
この辺、リンゴ・スターの名前以外については全く分からんです(汗
ここから、均等に鳴らすドラムの基本リズムから音を足したりタイミングが微妙に前後することによる音の弾み、あるいは「グルーヴ」ということに話が発展していきました。
番組内では「グルーヴ」について

  • リズムに体が乗っていく感覚

  • リズムの弾みや微妙なズレ

  • 生まれ育った環境や時代によって個人差がある


と説明。…まぁそんな感じですね。言葉にするとちと味気ない(^^;)
ただ、リズムのズレについてはわざとやると大抵はただのテンポ感不安定なドラマーにしかならないので(笑)、難しいところです。

ドラム及びドラマーについては、他にもスネアについてリムショットのことやフラム打ちのことなどいろんな話がありましたが、要旨としては上のような感じでしたね。

あと、高橋幸宏のドラムの叩き方に関連して、坂本龍一がパーカッションの原理について話してました。
要は、鼓面を振動させた後、バチがその振動を止めないようになるべくすぐに鼓面からバチを離すということ。それが「音が鳴る」ということに繋がる。特にオーケストラとか吹奏楽等でのパーカッションはそれが基本中の基本であるわけです。これは太鼓だけでなく、トライアングルや合わせシンバルでさえそう。
だけど高橋幸宏は敢えてスティックやバスドラムのペダルを鼓面に押しつけるような奏法をしているとのことでした。それによって若干ミュートをかけたような音になるということで。彼はそういう音が好きってことなんでしょうね。この辺りはオケよりもハコ(演奏場所)が小さいから可能なことかもしれません。あるいは大きな会場でもマイクで音を拾うことが前提ですしね。
オケでティンパニでマレット押しつけて演奏したら単に「鳴らないティンパニ」ってだけです(苦笑)
そういう奏法がわざわざ指示されてる以外では使わないですね。

ワークショップは「リズムとは何か」ということについてのお勉強。
これは単純にしてかなり奥が深かった。
まず坂本龍一が竹筒で「ポン」と1回音を叩き、「これはリズム?」と聞く。
すると小学生が、「それはただの単音。2回音が鳴ってリズムになる」と答える。
こうサクッと言えちゃうのって結構凄い。坂本龍一もうなってました。
次は、
「ポン                        ポン」
と叩き、「これは?」と問う。
小学生たちは「離れすぎてる。もっと近くないと」とか「強弱があればリズムっぽくなるかも」と意見を出し合っていき、それを坂本龍一が逐一再現しまた議論する。

そして、
・リズムに聞こえるためには、隣り合った音がある程度近いところにないといけない。
・音の強弱や音同士の距離に変化があるとよりリズムっぽくなる。
・強い音があると、そこをリズムの出発点と認識しやすくなる。
ということがまとまりました。

そうそう、それが基本であり忘れちゃいけないことなんですよね。これはパーカッションのようなリズム楽器だけでなく、旋律楽器だってちゃんと認識してなきゃいけないことだと思います。それを気にするかどうかだけで音楽がガラッと変わりますから。
で、上記のことを逆手に取ってヘミオラのようなリズムパターンも生まれてくるわけです。それは今回Sフィルでやってる「エロイカ」でも出てくるし、3拍子なのに2・3拍目にsfが付いていたりとか。そういうことでも音楽が生き生きしてくるんですよね。
これは「リズム」というものを改めて基本から考えるために大人にもぜひ見てもらいたい講義だと思いました。


あと、小ネタとしては、坂本龍一が高橋幸宏を紹介した時最初に、
「そもそも、高橋さんが…

 …幸宏って言っていい?その方がいいのかな。」

“高橋さん”は気持ち悪いです

って会話をしてたのが笑った(^^;)

次回(って今夜ですが^^;)はベースが主役!これまた楽しみですね〜。



■「スコラ 坂本龍一 音楽の学校」関連エントリーです♪
◇坂本龍一の「スコラ」見た。(第1回)
◇坂本龍一の「スコラ」第2回は充実の内容♪
◇坂本龍一の「スコラ」第3回やっと見た〜。
◇坂本龍一の「スコラ」第4回は対位法。
◇坂本龍一の「スコラ」ジャズ編第1回、面白かった!
◇坂本龍一の「スコラ」ジャズ編第2回見た。
◇坂本龍一の「スコラ」ジャズ編第3回、カオスな即興が面白い♪
◇坂本龍一の「スコラ」ジャズ編第4回はフリーダムすぎた(笑)
◇坂本龍一の「スコラ」今回からドラムス&ベース編!
posted by ぽぽろんろん at 14:39 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | other musics
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。