2010年08月10日

ROCK IN JAPAN FES 2010 第2日はジブリとグラスの日

この日は朝イチからどうしても聴きたいというアーティストがいなかったので、少し遅く12時頃に入場しました。

■ジブリ巡り
まずはこの会場内の数ヶ所に置かれているジブリキャラの像を探しに。
まずはグラスステージ後方のハングリーフィールドへ。ここにあったのは次の4つ。

ロッキン10ハウル小.jpg
ハウルの城が動いてる。

ロッキン10ナウシカ.jpg
ナウシカ。

ロッキン10ポルコ.jpg
ポルコ・ロッソ。翼の影になっちゃって分かりづらいですがちゃんといますよ(笑)

ロッキン10キキ&トンボ.jpg
キキとトンボ。

その後、入り口近くにある森のキッチンへ移動して他のキャラを探索(なぜこっちを先にやらなかったんでしょうね…)。

ロッキン10ぽんぽこ.jpg
ぽんぽこ。

ロッキン10アシタカ.jpg
アシタカとヤックル。

ロッキン10ゲド戦記.jpg
ゲド戦記の竜(名前知らない)。

ロッキン10ユバーバ.jpg
ゼニ…いや、これはユバーバだよな。

ロッキン10トトロ.jpg
(大)トトロ。

んでここでまたまちゃさんご夫妻と待ち合わせ。今回、私の都合に合わせてあちこち来て貰ってしまっていて、ホント申し訳ないです。

これらの像、キャラによって人気(写真撮ってる人の数)の有無がハッキリ出ちゃってました。
ぽんぽことゲド戦記はかわいそうだったね…(言うな^^;

それから、実は初日にもジブリキャラに会っていたのでした。グラスステージへ向かう途中にある、でっかいハウルの城。やっぱり動いてる。
(なぜかハウルだけは「動く」ようになってました。そのこだわりは何なのだろう?それならみんなの隣りにトトロをください)

ロッキン10ハウル大.jpg

グラスステージ横にあったオブジェ。この角度だとよく分からないけど王蟲っぽかったです。正体は不明。
とりあえずこれは写真が悪い…。

ロッキン10オウム?.jpg

あともう1キャラあるのですが、それは3日目に撮ったのでその日のエントリーで。

■グッズ
ハングリーフィールドから森のキッチンへ行く際に、スピッツのタオルセットとACIDMANのTシャツを購入。
ホント今回は最低限だな。

■YUI(フォレスト)
出遅れてギリギリに行ったら人混みがハンパなかったです。こんなに集客力あったのか、YUI(失礼な
この日のYUIは長いスカートで登場。YUIのファッションってボーイッシュなイメージがあったけど、スカートもかわいいですね。これの前にまちゃさんと「YUIって森ガール的なファッションも似合うと思う」という話をしていたので、きっと私のためにあの格好を(違
曲はしょっぱなから「GLORIA」「CHE.R.RY」と連発。いいね。青空の下で「CHE.R.RY」を聴くとめっちゃ気分が爽やかになりますね〜。
YUIってアイドル的側面が強いイメージなんだけど、歌声の安定感はハンパなかったです。よく伸びるしね。この辺はさすがだと思いました。
MCでは、(恐らく)前列の無茶ブリに応えてミッキーのモノマネを披露♪ぶっちゃけ、そこまで似てなかったですが(笑)、その似てなさ加減が絶妙でこれまたかわいかったです。
また、MC時にピアノか何かでBGMが流れていた時、思い付いたように「何か卒業式みたい」とポツリとつぶやき、そして続けて

「みんなで行った  ロッキンジャパン」

と呼びかけ風のセリフを。いい感性っす(^^;)
YUIはトークも面白いね。
ステージの締めは「Good-bye days」。これは絶品でした。

■エレファントカシマシ(グラス)
グラスステージに移動し、前方にある柵の近くでスタンバイ。柵部分は一段高くなっているので少し風が抜けやすいです。あと、前方に来るとステージの後ろから照り付ける日差しから早めに解放されます。この日はこれに助けられましたね〜。

さて、エレカシですが相変わらずのかっこよさでした。惚れちゃいそう。
ただ、今年はドラムがちと走りがちでしたね。でもそれもいい煽りになってるなと思いながら聴いてましたし、何より周りのメンバーが全然慌てずスッと合わせてくるところはさすがです。ベテランの余裕ですな。
ほとんどの曲は総合司会・宮本くんの曲目解説付き(笑)
これは嬉しいし助かるんだけど、事実関係を並べただけのあらすじだからもの凄く素っ気なく聞こえてしまうのがネックか(こらこら^^;
MC(?)で印象的だったのは「デーデ」の後の「お前ら、稼げよ」って捨てゼリフ。いやぁ、それ言われちゃうとわたしゃ体が縮こまってしまいます(苦笑)

そうそう、今年からグラスステージの左右に花道が出来たんですよ。初日の朝礼で社長が走り回ってました。
てことで、「これはエレカシ(というか宮本)のためにあるようなもんだろ!」と思っていたら、…マイクがワイヤレスじゃない(ぉぃ
せっかく花道を使っても、コードの長さが足りなくて花道を半分しか使えてない(笑)
この行き当たりばったりな感じが微笑ましかったです。
結局、最後の最後ではマイク捨てて走ってました。

ロッキンジャパンでエレカシを見る度思うのですが、観客の握り拳率が高いですよね。他のアーティストだと観客が腕を上げる時大概人さし指を立てて親指も開いてるんだけど、エレカシの場合「グッ」と握り拳の人がホント多い。
これはエレカシの曲のパワーがそうさせているのかなと思いました。

■ACIDMAN(グラス)
前の人が去っていったため、柵によりかかることが出来る状態に。ありがたや。ACIDMANも体力使うからね〜。

毎年そうだと言えばそうなのですが、今年は特にイチゴに惚れた日でした。
ドラムとコーラスの上手さは当然ながら、今回はトークでも魅せてくれました。つっても「ハッハッハッハッ…」しか覚えてないけど(ぉぃ
MCっつーかネタだったもんな(笑)最初のこのMCで雰囲気が凄く和んだと思います。それから中盤の大木のロマンチストMCもよかった。
ここら辺、観客のテンションのコントロールが上手いなと思いました。煽るだけ煽るのもめっちゃ気持ちいいと思うのですが、そうなると勢いでダイブする人とかも出てきちゃいそうですからねぇ。
それを上手く鎮めながら演奏ではガンガン盛り上げる。さすがだ〜(というのが深読みの可能性もありますけどね^^;)。

パフォーマンスのレベルの高さ、迫力は相変わらず。でも今回はかなりの率でドラムを見ちゃってました。他の2人、ごめんよ。
構成は序盤に「±0」「CARVE WITH THE SENSE」、中盤に「FREE STAR」「赤橙」を配置し、ラスト2曲は「ある証明」「飛光」。この最後の盛り上がりは異常。
特に「飛光」は聴けると思ってなかったので、自分の中でめっちゃテンション上がりました。いや〜、よかったわ〜。
やっぱACIDMANはたまらんです。

■スピッツ(グラス)
引き続き柵によりかかりながら。ありがたやありがたや。この時間帯になるとかなり日も落ちて過ごしやすくなりましたね。

今回嬉しかったのは「ビギナー」をやってくれたことですね〜。この曲をフルに聴けたってのが今回いちばんの収穫。やっぱりいい曲です。ちょっとウルっと来た。
あともう1つ、「夏の魔物」も嬉しかったですねぇ。前回(2年前)は「海とピンク」をやりましたが、今回も初期の名作を堪能することができました♪

今回面白かったのは、コール&レスポンス。
MCで「スピッツはロックバンドなのですが、曲がそれっぽくなくて、コール&レスポンスとか無いんですよね。憧れてます」みたいなことを言った後、ギターをぽろろんとやった後に飛び出してきたメロディは

「別れても〜」

…そりゃ応えなきゃなりません。

「別れても〜」

もちろん続きもあります。
「好きな人〜」「好きな人〜」

わたしゃもちろん大声でレスポンスしてましたが(爆)、他にも結構反応していたようです。
これやって何も返ってこなかったらどうしようと前日マサムネさんは悩んだそうな。かわいい(笑)

これが今回のカバー曲かと思った瞬間もありましたが(笑)、さすがにそれはなくて実際は「そして僕は途方に暮れる」でした。
アレンジの上手さは相変わらずで、完全にスピッツ調なんだよね。最初「スピッツにこんな曲あったっけ?私の知らない新曲?」と少し考えてしまったけど、歌い始めたら「ああ〜っ!」とアハ体験。
この曲の後、原曲を知らない人〜ってマサムネさんが手を挙げさせたら結構いて、テツヤさんが思わず「『別れても好きな人』知ってんのに?」とツッコミを入れてましたが大丈夫、その層はかぶってないと思います(笑)

それから最後の方で「けもの道」をやったのですが(この曲をやってくれたのも嬉しかった!)、この出だし、「東京の日の出」を「ひたちなかの夕日」に変えて歌ってましたね。ちょうど夕方で空の赤がキレイだったんだよね。ちょっと感動しちゃいました。

■ユニコーン(グラス)
前日のバス待ち地獄が頭にあったため、通路際まで退却しての観戦。
結果として、これは失敗でした…。やっぱり音が遠すぎて面白くない。さらに曲間とかでマイクじゃ拾えないくらいの声でなんか面白げな会話もしていたっぽかったので、すっごい気になっちゃって。
やはりバスを犠牲にしても前に残るべきだったか…orz

演奏の安定感とか見せ方の上手さとかはさすがでした。というか今日のグラス4組はどこも安定していましたけどね。でもユニコーンはトリなのにそんな重圧(?)はみじんも感じさせずすごく楽しそうに演奏していたのが印象的でした。
グラスは演奏が終わると退場制限がかかってしまうので「大迷惑」まで聴いたところで退散(ここで本プロは終わりだろと思ったのよね…)。まちゃさんに確認したところその後新曲+アンコールで「ヒゲとボイン」をやったとのこと。
うわ〜、アンコール聴きたかった…orz
MCによると「スピッツとユニコーンのどちらがトリを務めるかスタッフが揉めた」ということですが、逆ならよかったのに…。
それならきっと「ヒゲとボイン」も本プロ中にやったと思うし、最後がスピッツなら絶対に最後までいたので。
ま、これは私の勝手な結果論ですが。

そしてこの日のバスは何と10分で乗れたのでした。ますますユニコーンでの引き際を後悔…。



■過去のROCK IN JAPAN FES関連エントリーです♪
◇ROCK IN JAPAN FES 2010 第1日は暑さとの戦い…

◇ROCK IN JAPAN FES 2009 第1日はウルフルズに尽きる!
◇ROCK IN JAPAN FES 2009 第2日の白眉はバンアパでした♪
◇ROCK IN JAPAN FES 2008第1日は意外な収穫♪
◇ROCK IN JAPAN FES 2008第2日はオーバーフォーティの底力を見た(笑)
◇ROCK IN JAPAN FES 2007第2日は“湖の人”
◇ROCK IN JAPAN FES 2007第3日は“芝生の人”
◇ROCK IN JAPAN FES 2006第2日は熱かった&暑かった♪
posted by ぽぽろんろん at 22:11 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | pop & rock musics
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。