2010年08月15日

昨日・今日の練習への独り言(8/14・15)

昨日はエキストラを頼まれたASフィルの練習に初参加。
今年、Sフィル定演のトラに出てくださったUさんから「パーカッションが足りなくて困ってます」というメールがあちこちに飛んでいたので、そんなに困ってるのかと「誰もいなかったら出ますよ」と返事したら本当に誰もいなかったらしく(^^;)
まぁ、トラ代や交通費が出ないってだけじゃなく下手したら参加費払わされる勢いのことが書かれていたんでね。手を挙げる人はなかなかいないよね。
Uさんにはこないだ本当に助けられたので(「剣の舞」で完璧なタンバリン後打ちを披露してくれたりとか)、最悪参加費払っても仕方無いか…と思いながら返事したら、どうやらそれは免れたようだったのでホッとしました。トラ代等は無いようですが、私としてはトラを引き受けるいちばんの目的はいつだって「たくさん演奏がしたい」って欲求ですからね。全然平気です。

トラでやる曲はサムソンとデリラのバッカナール。この曲、やるのは3回目かな。もう慣れちゃってる曲です。
今回私は(木の)カスタネット。
人は完全には集まらなかったらしく鉄のカスタネットは無しということでした。あらら、ちょっと残念。

ASフィルはまだ出来てから日が浅いオケで、メンバーも若い人が多かったですね。何でも高校オケ部のOBで設立したそうです。なるほど、そりゃ若いはずだ。
演奏のレベルはそこそこといった感じ。若いからか耳はよさげでしたね。変なピッチの音は聞こえてこなかったです(本番間近だからかもしれませんが)。
昨日見た限りでは弦楽器はちょっと少なめで、1st Vnなんか4プルトくらいだったような?本番でどれくらいになるのか分かりませんが、団員集めには少し苦労していそうです。

昨日は練習時間が押してしまっていてバッカナールはサラッとやっただけで終了。
シンバルの人が拍を取り違えてちょっと苦労してましたね。確かにこの曲は2拍目がフレーズの頭になるようなところが多いからなぁ…。でもその人は音大生みたいだったので(つーかパーカッションは私以外全員音大生だったっぽい)、次の練習(ってもう本番前日だけど)にはキチッとやってくれるでしょう。


で、今日はSフィルの練習。お盆なのにそこそこ人はいましたね。
曲はこうもりとエロイカ第2・4楽章。

こうもりですが……、1st Vnのカオスっぷりにキレそうになった。音が気持ち悪すぎて発狂しそうだった。
ひとっっつも練習してないのね。エロイカの出来と比べるとそうとしか思えない。ヴァイオリンって楽器はC6(ト音記号で上に加線2つしたところのC)くらいであんな気味悪い音になるんすか?
マレット投げつけてやりたかったよ、ホント…。
練習後に管の人とお昼ごはん食べながらこの話をしたら「いや〜、ヴァイオリンって難しいんだなって思いました」という意見も出たんですが、それは優しすぎる意見だと思うなぁ。個人的にはその域を超えていたと思います。
あと、食事の場では言わなかったのですが、たとえあんな出来でも「ヴァイオリンはパート練習やらない」って主義を変えようとしないのも分からん。それでA先生の高弦指導を全練中にやってたんじゃ、練習が非効率的過ぎるよ…。

そして今日のこうもりは長かった…。あの曲に2時間弱かけましたね(^^;)
これまでに無いくらいの細切れ指導でした。これがよかったんだか悪かったんだかは分からないです。
あれだけ時間かけたし、1st Vnの出来も多少はよくなった…のかな?でも今日の1st出席者は半分だしねぇ。次にこうもりやった時にまた同じような感じだったら、暴れちゃうかもしれない。

エロイカは第2楽章を重点的に。
こうもりに比べたら普通の出来。ダイナミクスレンジの狭さは異常だったけど。
これは今日の出席者が少なめだったからということもあるでしょうね。けど、こっちがfとかffとかクレッシェンドとかすると周りが全然聞こえなくなっちゃうんで、そういう意味では不安になりました。
この辺の調整は次回以降ですな。
第4楽章は最後に通した程度で終了。この楽章を全部演奏したのは初めてだったと記憶しているので、助かりました。また省略して終わっちゃうかと思ったし。


あ〜、そういや。
今日からフルートの侵入もとい新入団員の人が来てましたな。チェロのHさんの旦那さん。
別に普通に入団したのだったら大歓迎なのですが、ぶっちゃけ周囲の話を聞いた限りではHさんのゴリ押しにしか思えないのでビミョーなところです。つーか、フルートの団員希望者って待ち行列無かったっけ?(ここの記憶は不確か…)
Hさんのせいで旦那さんにもまだあまりいい印象を持てていない私です(もちろんこれはよくないことだと認識してますが)。
どうもSフィルって自分の思うようにやりたくてゴリ押ししてくる人が定期的に出現している気がしてます。そりゃ役員やりたい人も出てこなくなるわ…。


さて、次回は白鳥湖。「ボウイングを確認しながらたっぷり」だそうです。



……

パー練でやってこい!!マジで!!!!


posted by ぽぽろんろん at 19:58 | 神奈川 | Comment(8) | TrackBack(0) | my music activities
この記事へのコメント
こんばんはー!
今日も昨日も暑い中お疲れ様でした。
うう〜〜ん、Sフィルの1stVn、そんなに
カオスだったのですね〜(^o^;)
で、パー練をやらないとな。
困ったものですね。

娘が今日の練習は細切れで
パーカッション可哀想だったと言ってました。
ほんと、もう少し全体のバランスを
考えていただけたらですね〜。
(と、パパも言ってました)

フルートはうちに(多分)最初に打診ありました。
でも、ピッコロを持っている人、という事だったので
条件が合わなかったのですよ。
まぁ、うちのパパは会社のオケが
年に3回ありますので
ま、いっかーって感じでした。

そうそう、M本さんティンパニ当番だったけど
体調不良でお休みされましたが
どなたか代わって下さったのでしょうか。
休団中ですが気になりました。

今のままでは役員さん決まらないですよね〜。
心配です。
一応年内休団にしてますが、
出られそうだったら出るようにしますので。。。
Posted by しまっち(くーち) at 2010年08月15日 20:49
■くーちさん
こんばんは〜。

>Sフィルの1stVn
今日は酷かったですねぇ…。
お休みだったMさんがやはり音としては芯になっているのかなと思いました。

パー練はなぜやらないのでしょうね?人が集まらない?
でもチェロはやってますしねぇ。理由にはならないような気はします。
ボウイングについて練習中にY先生がいきなり言い出すようなことについては仕方が無いと思うのですが、A先生が全練中にあーだこーだやるのはちょっと違うよなあと思ってます。それは事前でも出来るよねと。
ボウイングによるフレーズのニュアンスについて他パートが参考に出来る部分もありますが、でも非効率だとは思います。
どうにかならないかなぁ…。

>細切れ
Y先生でよくあるのは、「今のよかった!」って言うためだけに止めること(苦笑)
これはそのまま流すことで示せばいいと思うのですが…。

あと、確かに今日は待ち時間が辛かったですが、一応通し練習もあったのでその点は救われました。

>フルート
ああ、そうだったのですね。
本文では具体的に書きませんでしたが、それなら多少は納得出来るかな。
でも、ゴリ押しなのに変わりは無いような気もします(パート員に入団前の確認も無かったようですし)。
まぁもう入ってしまったしいつまでもうだうだ言うのもイヤだし、しばらくは黙って見守ることにします。

>ティンパニ当番
朝はさすがに間に合わなかったですが、帰りはAさんが手伝ってくださいましたよ!
朝間に合わなかったとか自分の番を忘れてたとかいうことはこれまでに何人かいましたが、朝昼どちらもやらなかったパートっていうのはこれまでに無かったと思います。
ありがたいことです。

>役員
困りましたね〜。
役員等をフォローしてくれる人ももちろんいますが、なぜか追い込もうとしてる人もいるのがね…。
そんなことしても誰も得しないのに。

くーちさんも余裕が出来たらぜひ戻ってきてくださ〜い。
Posted by ぽぽろんろん at 2010年08月15日 23:08
役員を追い込む。
それではなりてはいないですよね。
私もそんなんじゃ嫌だし(^_^;)

Hさんの旦那さま、そんな感じですか。
Tさんともめないといいけど。
Posted by くーち at 2010年08月17日 00:11
■くーちさん
>役員を追い込む
でもこういう空気を持ってる人はいるんですよね…。
困ったもんです。

>Hさんの旦那さま
いや、どんな感じかは私はまだ分かりませんよ。
ゴリ押ししてたのは奥さんの方です(恐らく)。

>Tさんともめないといいけど。
どうでしょうねぇ……。
Posted by ぽぽろんろん at 2010年08月17日 02:12
こんにちは!
ボウイング、A先生がつけて下さったのを
スキャンしてWebにアップして
みんなに事前に見てもらっておいたら
多少は時間の節約になるでしょうか?
Aオケではそんなやり方してますよ。
PC環境にない方は無理かもしれないけど、
事前にみんなの楽譜に書いておけば違うかな、と。

その日の録音したdetaを私も時々
アップしてます。
あ、これはAオケの2ndVnの方向けなんですけど。

パート練習、私は全然オッケーなんですが
時間がとれないのかな〜。
今まで数回やった記憶がありますけれど。
指導者がいないとか?
自主練なら家でもできるし、ってことかしら。
みんなでわいわい相談しながら練習するのも
楽しいんじゃないかな〜。
Posted by くーち at 2010年08月20日 13:05
■くーちさん
こんばんは〜。
お返事遅れてすみません。

>ボウイング
そうそう、まさにそういうことですよ!
全奏の場であーでもないこーでもないってやるのは全奏としての練習効率が悪いです。
もちろんそれを見てることで他パートもフレーズのニュアンスを把握することが出来るから100%ムダとは言いませんが、でもそれは「出来てる」演奏を聴くことでも可能ですしね。

パート練習って言ってるのは、そういう部分についてあらかじめ理解をしておいて欲しいということ。
だからヴァイオリンがパート練習やるならA先生は必須だと私は考えています。
「みんなでわいわい」も悪いことでは無いのですが、A先生の一声の力が強すぎてそれがあっという間にひっくり返されてしまうことが容易に予想出来てしまうので(苦笑)、やはりA先生はいた方がいいと思います。

とは言ってもA先生もいろいろ考え方が変わるのでそれで万全ともいかないんですけどね。
でもそうやっておけば「あくまで原因はA先生の心変わりでパート員は悪くない」というエクスキューズにはなると思います〜。
Posted by ぽぽろんろん at 2010年08月21日 23:50
こんにちは!
15日のSフィル練習、お休みしちゃいました。

>1st Vnのカオス
うわぁ、そうだったんですね。。
マレット飛んでこないよう、練習しなきゃ(^^;

ちなみに非常に基本的なことで恐縮ですが、
ボウイングってどなたが決めるんでしょうね?(今まではA先生?)
今回、この件でいろいろゴタゴタを見てしまってまして…パート内で共通認識が出来てない気がしております。。

Posted by しるぶ at 2010年08月23日 11:14
■しるぶさん
こんばんは〜。

>カオス
前回の「こうもり」は酷かったですね…。
マレットはさすがに商売道具なので投げないですが、代わりにPETボトルでも(ぇ

今までここまでは酷くなかったと記憶しているので、人が揃えば大丈夫だろうとは思ってますが…。

>ボウイング
基本はコンミスと2ndトップが決めるんじゃないんでしょうか?
で、違和感のあるところだけ指揮者やトレーナーが指摘する。
そうじゃないと、誰が主体の団なんだという話に…(^^;)
ただ、今までのSフィルがどうなのかは知らないので、もしA先生に寄っかかりっぱなしなのであれば少しずつ変えていくべきなんじゃないかと思います。

というか、これまでは最初のボウイングをどう知らされていたのでしょうかという話にも…。
まさか最初はまっさらな状態で、全部全奏中に決めていってる?…ではないですよね、さすがに…。

>共通認識
人数も増えましたし、難しいところがありますよね。
ただ、A先生のスタンスについてはきちんと定めなくてはならないと思います(総会でも結局次期に丸投げな終わり方でしたし)。
じゃないと最終的にA先生にも失礼な事態が起きてしまいそう。
役員会か…。
Posted by ぽぽろんろん at 2010年08月23日 21:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。