2010年08月21日

ASフィル本番終わりました♪

トラでお手伝いさせていただいていたASフィルの演奏会が本日ありました!
プログラムは次のとおり。

■サン=サーンス:歌劇「サムソンとデリラ」より「バッカナール」
■伊福部昭:交響譚詩
〜休憩〜
■メンデルスゾーン:交響曲第4番イ長調「イタリア」
〜抽選会〜
■エルガー:「威風堂々」第1番より


私の出番は「バッカナール」のカスタネットと「威風堂々」のトライアングル。
「バッカナール」の方は、昨日の練習時に後半の「タッタカタッタカ」のリズムを指揮者の先生に「今の半分の音量で」と言われたんですよ。そして今日のゲネプロでもあらためて同じことを言われてしまいました。でもね、確かにppって書いてはあるけどカスタネットのppって難しいのよ…(´;ω;`)
もちろんそうやって開き直ってしまってはトラの意味が無いので、極力抑えるよう頑張りましたが、本番の出来は…どうだったんだろうなぁ。少なくとも出来ちゃあいなかったよなぁ。オケに迷惑をかけたってところまで酷くは無かったと思っていますが…。
ASフィルの方に「カスタネットかっこよかったです!」って声をかけてもらったりもしたので、社交辞令と分かってはいますがとりあえずはそれでよしとしましょう(笑)
それにね、ぶっちゃけかっこいいのはサン=サーンスですから(^^;)
このカスタネットは誰がやったってかっこいいのさっ。

さて、残りの2曲ですが、どちらも好きな曲なのでこれを演奏するってのは正直言って羨ましいです。特に伊福部!!

やりたいやりたいやりたいよーーーーっ!!><

やっぱりかっこいいです、交響譚詩。いい曲だよおおおお。Sフィルでもやろうよ〜。
妥協してタプカーラでもいい。←スケールアップしとるぞ^^;

ASフィルの演奏ですが、ちょっと弦が少なかったですね。というかヴィオラは4人だった(^^;)
でも、みんな弓はガンガン動いてましたね〜。人数の印象より音が出ていたと思います(それでも管に負けちゃう部分もあったけど、それはしょうがないと思います)。
演奏はどの曲もなかなかよかったです。実を言うと昨日の練習ではちょっと不安要素がちらほら見えたのですが(特にメイン)、本番ではきちんとしてました。本番の演奏がいちばんよかったですね〜。
毎年ベストの演奏は前日リハ、という私からすると羨ましい限りです(爆)

さて、この演奏会、普通の演奏会ならアンコールとなっているところが「抽選会」ってなってます。そうなんです、抽選会なんです。これが面白くて。
プログラムにオケのメンバーが書いたメッセージカードが添えられているのですが(これ、私も書きました^^;)、そこに抽選番号が書かれていて、指揮者等が引いたくじの番号の人がオケのグッズをもらえるというもの。
そう!オケのグッズがあるんですよ。Tシャツ、うちわ、携帯ストラップって言ってたかな?これも凄い。
団員のほとんどが20代みたいなので、こういうのが好きなんでしょうね。この行動力は素晴らしいと思います。
そして特賞のくじが当たった人をステージに呼ぶ時に「威風堂々」の例の中間主題を流すという。
こんなイベントをやっているオケは初めて見たので、とっても楽しかったです♪

ASフィルはプログラムも凝ってましたね。「サムソンとデリラ」では歌劇のあらすじがマンガで紹介されてたり。色もカラフルでとっても丁寧な作り。それでも今年はまだ凝ってない方だって話でした。凄いなぁ。
演奏以外のところでお客さんを楽しませることと自分たちが楽しむことを、上手く両立させてるなぁと思いました。
ただその分経済的負担は大きいみたいですけどね。定演負担金はSフィルの倍だった(^^;)

てことで、ASフィルの皆さん、それからパーカッショントラの皆さん、お疲れさまでした!
楽しい体験をさせていただきましたが、ASフィルはパーカッションの人が音大卒な上にいつもは同じ音大の後輩にトラを頼んでるみたいだから、もう声はかからないだろうな。ちょっと残念だけどまぁしゃーないね。
とりあえず自分のオケを頑張らないと!


タグ:トラ活動
posted by ぽぽろんろん at 23:39 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | my music activities
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。