2005年04月23日

「春の歌/テクテク」を聴いて

春の歌/テクテク」何度か通して聴いてみて。

春の歌テクテク.jpg


「春の歌」はもうすでに「スーベニア」で聴いているわけですが、やっぱりいいですね。
「どうでもいい」とか、「平気な顔でかなり無理してた」とか、「叫びたいのに懸命に微笑んだ」とか、そういう本音じゃない自分から抜け出して「サルのままで独り 幻じゃなく歩いていく」。
(マサムネさんは「サル」とか「けもの」とかの表現を好んで使いますね)
そして、

 春の歌 愛と希望より前に響く
 聞こえるか? 遠い空に映る君にも

とサビに続きます。
「愛と希望より前に響く」春の歌、こちらも勇気をもらえます♪
あと、この曲で実感したのは「やっぱ崎山さん上手いなぁ」ってこと。というかセンスがいい!
ツボを押さえた叩き方で、「ここ!」ってところにビッタリ音を入れてくるから気持ちがいいです♪


「テクテク」はマサムネさんのソロから始まります。
こちらも「春の歌」と同様、恋の終わりから1人で歩き出す曲ですが雰囲気は全く違います。
アコーディオンやウッドブロックを使って軽いラテン調のアレンジですが、明るさというよりは寂しさを感じさせます。
ウィンドチャイムやエコーがかかったグロッケンの音色も、からっぽの心にしみ渡るような印象。

 少しの力で 初めての戸をあけて
 不可能と決めつけてたのに 抜け出せた
 …
 特別って叫びたい もう迷わない
 ふりむきつつ 僕は歩いてく

 雨の中を 日差しの中を 闇の中を 思い出の中を

かつての日々を振り返り振り返りながら歩き出し始めるこの曲、時が経てば「春の歌」のように心の中で消化して胸を張って歩いていくことができるのでしょうね。


ところで、マサムネさんがのどを痛めてスピッツのライブが延期になっているようですね。
振り替えの公演に行けなくなってしまう人には残念な話かもしれませんが、しっかり体調を整えてから活動を再開して欲しいです。
タグ:スピッツ
posted by ぽぽろんろん at 12:07 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | pop & rock musics
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。