2010年11月23日

EMフィル演奏会終わった〜

今日はEMフィルの演奏会でした〜。
これが私にとって今年最後の演奏会。
Sフィルのアンサンブルコンサートが終わってから体調が優れず練習を1回休んでしまったため、本番以外に1回しか参加出来なかったのがちょっと不安要素ではありましたが、とりあえずは何事もなく演奏出来たと思います。

■プレコンサート:トロンボーン四重奏
〜開演〜
■ロッシーニ:歌劇「セビリアの理髪師」序曲
■ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番
〜休憩〜
■ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調
〜アンコール〜
■J.シュトラウス2世:「ジプシー男爵」より入場行進曲


私の担当は「セビリア」のバスドラと「ジプシー男爵」のスネア。
「セビリア」の方は、出だしをSフィルでやった時と同様に「タ、ターン」と2つの音の間を空けるのかと思っていたら「タターン」あるいは「tターン」くらいの勢いだったので、最初置いてけぼりに遭ってしまいました(苦笑)
練習後に聞いたら、指揮者の指示で最初の16分音符を32分に変えたとのこと。そりゃついていけんわ(^^;)

EMフィルの演奏はSフィルのより全体的に1段階早めでしたね。軽快な演奏が印象的でした。

「ジプシー男爵」の方は、音符的にはそれほど難しくなかったのですが、音量がね…。
かなり小さめの音量を求められたため、そこは苦労しました。そのためにダイナミックレンジが狭くなってしまったのがちょっと悔しかったかな。
この曲は初めて聴いたんだけど、行進曲と言いながらポルカっぽい感じもあって、いかにもJ.シュトラウスですね。

この日の演奏のメインはやっぱりコンチェルト。もちろんベト5だってなかなかの演奏でしたが。
ソリストの音にとことん聴き入ってしまいました。特にリハーサルは客席で聴けたので大満足。
ソリストは現在ウィーン交響楽団(ウィーン・フィルじゃないけど、でもこちらもいいオケ。)に籍を置いている人で、年齢は30弱?かなり若かったです。
もうね、音が楽器から勝手に出てきてる感じ。音の強弱や太さ・細さに関係無くスルスルと楽器から引き出しているように思いました。上手い人ってこうなんだよなーと。
この演奏会のトラに呼ばれてよかったとしみじみ思いました。いい演奏を聴かせてくれたお礼に、ソリストに私のトラ代あげてしまいたかった(笑)

あ、それから今回はプレコンもあったのですが(EMフィルではとても久しぶりとのこと)、トロンボーン四重奏でコラールを3曲(曲名は私じゃ分からん…)。とってもきれいでした。
まさに天使の歌声ってヤツですねー。
Sフィルも次回のプレコンはトロンボーンだな(勝手に決めるな


来月はSフィルの練習にも出られないし、これで今年の音楽活動は終了です。
お客さんも満員だったし、いい演奏会に参加出来ていい締めくくりになったと思います。

ではではー。


タグ:トラ活動
posted by ぽぽろんろん at 20:41 | 神奈川 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | my music activities
この記事へのコメント
こんばんは〜。
素敵な演奏会だったようで何よりです〜。
ってか、ぽぽさん忙しすぎ(^o^;)
休める時にゆっくり休んで
早く元気になって下さいね。
Posted by くーち at 2010年11月26日 22:10
■くーちさん
こんばんは〜。

演奏会、よかったですよ〜。
コンチェルトはくーちさんにも聴いてもらいたかったかも。

とりあえずこの土日は吹奏楽の練習があるだけなのでひと息入れられますね。
(本文で「今年の音楽活動は終了」って書いちゃったけど、吹奏楽はまだ練習がありました^^;
本番が終わって完全に「来年から」モードになってました…)
体の方はなぁんかよくなりませんね。
今日ももう寝ます〜。
Posted by ぽぽろんろん at 2010年11月26日 23:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。