2005年04月03日

「春の歌」発売への前夜祭♪ その2

スピッツのアルバムを紹介していくのに「春の歌」発売に便乗させるセコさ満開のこの企画(笑)、第2弾です♪

私とスピッツの出会いのアルバム、それがハチミツです。

ハチミツ.jpg

とは言っても、きっかけは「ロビンソン」でも「涙がキラリ☆」でも、ましてやフジテレビでもありません(つまんねー)。
たまたまCD屋で流れていた「ルナルナ」に一目惚れならぬ一聴き惚れです♪
聴いてみたら他にも「愛のことば」「あじさい通り」「ハチミツ」「Y」などなど名曲揃いではありませんか!
これ聴いた後、それ以前のアルバムを次々買っていき、どっぷりとハマっていったわけです。

 二人で絡まって 夢からこぼれても まだ飛べるよ
 新しいときめきを 丸ごと盗むまで ルナルナ
 (「ルナルナ」)

軽やかなリズム・メロディに乗せてマサムネさんの声がほのかに甘く爽やかに響きます。う〜ん、いいね♪
心も軽〜くなってきます。o(^o^)o
ちなみに、2コーラス目の出だし

 羊の夜をビールで洗う

の意味が分かるのに、相当な時間を費やしました(苦笑)。

「あじさい通り」も大好きな曲。

 いつも 笑われてる さえない毎日
 でも あの娘だけは 光の粒を
 ちょっとわけてくれた 明日の窓で

こういう風景の描き方がやっぱり私の好み。
曲調も全体的に雨模様のようなちょっと薄暗い印象ですが、サビでマサムネさんの声が延びてくるとそこに切なさが増してきます。
はぁ〜、たまらなくいいなぁ。

このアルバム、発売から10年経ちますが今でも全く飽きが来ない不朽の名盤ですね♪
私のカラオケレパートリーも多いし(^^ゞ
タグ:スピッツ
posted by ぽぽろんろん at 10:20 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | pop & rock musics
この記事へのコメント
スピッツネタを見つけるとどうも書き込みたくなるもので...

私も『ハチミツ』から入って漁り始めました(笑)。
というのも、スピッツは知ってたけどそんなに聞いてなくて、たまたま家にあったアルバムの歌詞カード見てたら写真の草野さんがストライクゾーンに入ったんです{/3hearts/}で、CD聴いたら曲もストライクでした、と(o^_^o)。顔から入りました(笑)

「歩き出せ、クローバー」でもクローバーを「過ぎた恋のイメージに近いマーク」というのはウマいなぁと思いました。甘いだけじゃなくて、渋みとか苦味もある。本当にハチミツですよね

あ、あと書き込み場所に困っちゃったみたいでゴメンナサイ
ぶっちゃけどこでもいいんですw
Posted by ピーポ at 2005年04月04日 20:41
コメントありがとうございます(^_^)/
なるほど、顔からですかぁ。動機はミーハーでも最終的には「勝ち組」です(笑)
「歩き出せ、クローバー」もよい曲ですね。
語り始めると長くなるので止めますが(笑)、「ハチミツ」はどの曲もステキで人生から手放せません。

スピッツ話はこれからもボチボチと書いていくので、またお越し下さい♪
Posted by ぽぽろんろん at 2005年04月04日 21:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

春といえば…
Excerpt: 春といえばスピッツの『フェイクファー』というアルバムを思い出す。 {/fuki_osusume/}このアイテムの詳細を見る このアルバムが出たとき、僕は中学最後の春休みを過ごしていた。 第一志望..
Weblog: 洗濯日和
Tracked: 2005-04-05 22:44

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。