2005年05月30日

「ホムンクルス」1〜5を読んでみました。

ホムンクルス
帯にあった「作品中の『トレパネーション』は極めて危険な行為です。絶対に真似をしないでください。」に惹かれて先日ついつい購入(本棚に入れ場所無いのにさらに買うか?)

ホムンクルス.jpg


いやぁ、何と言いますか歪んでますねぇ(笑)
主人公のホームレス・名越も、その相棒(?)の医学生・伊藤も、現在のターゲットである女子高生も。
最初のターゲットだったヤクザの組長がいちばんまともな人間に見えますよ(苦笑)

でも、話としては面白いです。
「トレパネーション」という頭蓋骨に穴を開ける手術で、人間個人の(歪んだ)本質が「ホムンクルス」として化け物のような形で見えるようになってしまった名越。
この化け物たちを消すために心の奥底に埋もれた本質を掘り起こし消していく、という話です。
そして冒頭に書いた帯の意味が分かりました。
だって、この手術をマンションの一室で行っちゃうんだもん。電気ドリル使って(^^;)

「人間の心の核心に迫っていく」テーマは興味深いし、作者はこれを次々と変形するホムンクルスの姿を使ってものすごく丁寧に描いています。
女子高生のホムンクルス描写なんて細かい細かい。
でも、その分ちょっと(「かなり」かも)進みが遅いです(苦笑)
この女子高生編、3巻からやってますがまだ終わらないし終わりそうにない。
5巻の最後で1つイベントが終了し、やっと6巻で急展開がありそうですが、ここでカタが着くのでしょうか?非常に疑問です(雑誌自体は読んでないので分からないのです…)。
丁寧な描写はうれしいのですが、もっとテンポよく進んで欲しいところです(ぜいたく?)。
雑誌で読むと、丁寧というより話が進まなすぎてじれったいんじゃないかなぁと心配してしまいます。
この作品の丁寧すぎるほどの描写は、どちらかと言えば映像向きかもしれませんね。

この女子高生もどう話が終わるのかもそうですが、それ以外にも伊藤の水のようなホムンクルスやトレパネーションを行った名越の行く末など、いろいろと気になります。
早く続きが読みたいですね。

あと最後に。
「キレイ」な物語が好きな人には全くオススメできません(笑)
読む人を選ぶマンガだと思います。


posted by ぽぽろんろん at 21:12 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | books & comics
この記事へのコメント
ホムンクルスって、売れてるけどそんな猟奇な話だったんですねぇ。
真似する人いるんでしょうか?

多分私の好みの話じゃないと思うけど(ちなみに愛読書はジャガーさん)
ぽぽろんろんさんの書評を読むと面白そうかなぁと思ってしまいます。
でも最後に「キレイな話が好きな人にはオススメしない」って・・・
やっぱりダメかな・・・
Posted by ひろる at 2005年05月30日 22:38
>ひろるさん
普通の人なら真似しないですよね。だからネタというか遊びとも思います。
でも最近は、「こんなことしないでしょ」っていうことでもクレーム付けてくる人も多いですから、そういう人に対する予防線とも思ってしまいます。

ジャガーさん好きなひろるさんには向かないような気がします。
何せ、女子高生のホムンクルスを消す手段として○○プしてしまうようなお話しなので…(もちろん性的な描写自体は詳しく書いてませんが)
ドロドロした部分も遠慮無く書いてくるので、そういうのが苦手な人はダメかもしれません。

ジャガーさんは私も好きです♪絶妙の間とセリフ回しが絵柄とマッチしてていいですね
Posted by ぽぽろんろん at 2005年05月30日 23:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。