2005年06月10日

アルゼンチン・タンゴは本職に限る♪

いやぁ、アジア勢4カ国に続いてアルゼンチンがサッカーW杯への切符を手にしました♪
おめでとう!!
(*^^)∠※PAN!。・:*:・゜☆,。・:*:・゜
わーいq(^−^q)(p^−^)p q(^−^q)(p^−^)p q(^−^q)(p^−^)pわーい♪
(^O^)/C□☆□D\(^_^ )カンパーイ!
(* ̄0 ̄*)ノC口 をーい、オヤジッ!もう一杯!! ( ̄△ ̄;)早っ!!
↑↑↑↑
使い回しの群れ

そんなわけで、アルゼンチンと言えばピアソラでございます(強引なのはもう毎度のこと)。

ドラマのサントラにもなったこのCD、もちろん小松亮太のバンドネオンも見事なんですけど、それ以上に何がいいってヴァイオリンがすごい!
とてつもなく色っぽいのです〜

ピアソラ_小松


実は、これを聴くまで家にあったピアソラはクレーメルの「ピアソラへのオマージュ」1&2でして、これが邪道だろと言われればそうなのかもしれませんが、言わば「クラシック流」のピアソラしか知らなかったわけです。

ピアソラ_クレーメル
「ピアソラへのオマージュ」これは1の方。

そんな音の印象しか無いところでこれを聴いたらそりゃもう奥さん、ヴァイオリン最初の一音から鳥肌立ちまくりですよ。
妖しい色気がムンムンしていて、こんな官能的な音色は初めての体験です。
タンゴってやっぱり男と女の間で繰り広げられる情熱的なゲームなのね〜。
あらためて帯を見たら、かつてピアソラ本人とバンドを組んで活動していた方とのこと。
うわぁ〜、本場のお方だったのですか。納得納得。
この人、見た目がおじいさんだったとしても立ち振る舞いとかはすごくセクシーなんだろうなぁと勝手に想像(笑)

ヴァイオリンとバンドネオンがバカうま(他の楽器ももちろん上手ですけど、この2人は特に♪)なおかげで「92丁目通り」も「五重奏のためのコンチェルト」も「アディオス・ノニーノ」も絶品です♪
特に「五重奏のためのコンチェルト」は私の大好きな曲なのですが、これがいつ聴いてもしびれるくらいかっこいい!

このCD聴いて以来、クレーメルはほとんど聴いてないです(苦笑)
別にクレーメルのも悪くは無いですよ、実際は。ただ、比較相手が悪かったということです。

「ウィンナー・ワルツはウィーンっ子にしか弾けない」みたいな言葉があったと思いますが、アルゼンチン・タンゴも同様ですね。アルゼンチンっ子(?)にしか弾けません。少なくとも私の中ではほぼ決定。
そういう意味でも小松亮太って日本人なのに凄い♪

ということで、ピアソラ聴くならこのヴァイオリニスト、F.スレアス.パスさんは超オススメです♪


posted by ぽぽろんろん at 00:51 | 東京 ☀ | Comment(10) | TrackBack(1) | classical musics
この記事へのコメント
ぽぽろんろんさんの日記を読んで、思わず小松亮太のCD衝動買いしちゃいましたぁ。。。
また、病気が出ちゃいました。。。
{/face_nika/}
Amazonで購入したので、来るのは数日後です。楽しみだなぁ。。。
Posted by YANYAN at 2005年06月10日 16:38
小松亮太はオススメですよ♪
ただ、万が一YANYANさんの好みに合わなかったらごめんなさいです(汗
私は責任重大?(笑)

ヴァイオリニストとしての評価も後で教えて下さ〜い
Posted by ぽぽろんろん at 2005年06月10日 20:07
>いやぁ、アジア勢4カ国に続いてアルゼンチンがサッカーW杯への切符を手にしました

ちゃんと見てはいないのですけど、あの組ってブラジルとアルゼンチンがかち合っちゃってましたよね(笑)いくらなんでもすごすぎる・・・ ブラジルも速く決めてほしいですね♪

クレーメルがピアソラをブレイクさせた功績は大きいですよね♪
ワタシもピアソラはクレーメルのCDから入ったクチなのでしばらくはこれが本物のピアソラだと思い込んでました(笑)おかげ様でクレーメルのピアソラCDウチにわんさかあります(苦笑)

スアレス・パスの参加してるCDあったけなぁ〜と思って自分んちのピアソラコーナーを探してみたらありました!ていうかワタシも大のお気に入りのバイオリニストでした(爆)名前知らないってのはどういうことよってかんじですが・・・(笑)
アサド兄弟と共演しているCDなんですが、これで弾いてる“ESCUALO”の演奏なんか最高ですね♪

そういや「92丁目通り」。アンサンブル大会で耳コピ編曲版でやりましたよ〜♪うちのコンマスとデュオで組んだんですが、コンマスがインプロヴィゼーションやってくれて楽しかった思い出があります(笑)
ピアソラは他にもいくつか演奏しましたが、みんなが気軽に楽しめる曲が多いのでいいですね♪

あいかわらず、日本人のバンドネオン奏者は小松亮太オンリーだけなんですかね?この人の根性には脱帽であります。いわゆる草分け・・・MLBの野茂選手といっしょですな(笑)


すいません、だらだらと長いコメントでm(_ _)m
では。
Posted by ya-ya-ma at 2005年06月11日 00:55
ほほぉ〜、ya-ya-maさんのお墨付きも頂いて、パスさんのオススメ度が10倍に跳ね上がりました(笑)

>自分んちのピアソラコーナー

これはすごいですね〜(^^;)
うちにはそこまでのしろものはありません。

>アサド兄弟と共演しているCDなんですが、これで弾いてる“ESCUALO”の演奏なんか最高ですね♪

これ気になります。今度探してみようかなぁ(*^o^*)

>小松亮太

バンドネオン自体ほとんど生産してないようですし(というか、私はもう生産されていないと思ってました)、奏法も難しいですから後進の育成も大変ですよね〜。
世界的なバンドネオン奏者が日本からもっと出てくると面白いですよね♪


>W杯南米予選

南米は組分けが無いですよ♪
2位のブラジルも他から1歩抜け出してますから、そろそろ決めそうですね。
Posted by ぽぽろんろん at 2005年06月11日 17:00
>南米は組分けが無いですよ♪

なるほど、そうだったんですか。
アルゼンチンとブラジルがやってたらしいので、つい組み分けしてるのかと思ってしました

ワールドカップ本線出場が決まって間もないのに、まもなくコンフェデ杯が始まりますね♪日本代表選手たちには試練の時が続きますね〜♪ 見る側としては楽しみですが(笑)
Posted by ya-ya-ma at 2005年06月11日 17:49
コンフェデはW杯と同じドイツで強豪相手に戦えるので、いい刺激になりますよね。
相手にひと泡もふた泡も吹かせてもらいたいものです。

ここでも大黒の活躍を期待したいですね♪
柳沢が本当に「ゴール向き」に変わったのかも確かめたいです(笑)
Posted by ぽぽろんろん at 2005年06月11日 23:55
>ぽぽろんろんさん

>バンドネオン自体ほとんど生産してないようですし(というか、私はもう生産されていないと思ってました)、奏法も難しいですから後進の育成も大変ですよね〜。

そうなんですか??知りませんでした。難しいんですか?アコーディオンと同じようなものかと思っていました。日本にも横森良一さんがいるじゃん!と思ってました。。。
Posted by YANYAN at 2005年06月12日 01:45
バンドネオンは両側ともボタンなんです。
しかも、蛇腹を押した時と引いた時で音階が違うしボタンの並びもバラバラという…
(音域を広げるのためボタンの追加を段階的に行ったためにバラバラになったみたいです)

一応ボタンがきちんと半音階的に並んでいて押し引きで音が同じものもあるそうですが、本場の奏者はバラバラのを使うみたいです。
小松亮太もテレビで「押した時と引いた時で音が違うんですよ〜」って実演していた記憶があるので、やはりバラバラタイプを使っているようですね。

アタックの表現で足も使う奏法もありますし、横森氏がこれからマスターするのは不可能ではないでしょうがかなり大変かと(苦笑)
Posted by ぽぽろんろん at 2005年06月12日 10:27
やっとCD届きました。
聴いてみました。

もうバンドネオンの音にしびれました!!
小松亮太の、なんていうか鋭角的な音楽と、あま−いバヨリンの対比がすごいです!
バヨリンは、「何でああいう弾き方ができるんだろう。。。」と言う感じですね。自分にはああいう弾き方はできないもので謎ですね。いろんな人生経験も加味されてああいう音になるんだろうなぁ。。。
ワタクシまだまだ若輩者でございまする。

私は「92丁目..」「鮫」「ミロンガ」の出だし、「チャウ・バリ」「5重奏..」が好きです。鮫のSoloVnはかっこいい!!「92丁目」は、ya-ya-maさんとコンマスのDuoで聴いた覚えがありますが、こんな曲だったっけ???

しかし、小1の息子は「なんかコワイ音楽。。」と言いました。きっとサスペンス物のドラマを連想したに違いない。。
Posted by YANYAN at 2005年06月16日 09:57
気に入って頂けたようで何よりです♪

>小松亮太の、なんていうか鋭角的な音楽
彼は、アタックの付け方もそうなんですが、pの細い音も糸みたくピーンと出せるんですよね〜。あれは素人が聴いても見事としか言えません。

>バヨリンは、「何でああいう弾き方ができるんだろう。。。」と言う感じ
そうなんですよね〜。あの独特の濃密な音はどうやって出来上がるのか、ホント謎です。

>鮫のSoloVn
確かにこれもかっこいい!本文に入れ忘れてました(笑)

>「なんかコワイ音楽。。」
ヴァイオリンの奏法が特に独特ですよね。
ポルタメントの使い方や、高音でキャッキャッとか低音でギコギコとか言わせたり。
これにゾクゾクと喜びを感じるようになれば大人かも?(笑)
Posted by ぽぽろんろん at 2005年06月16日 12:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

アルゼンチンタンゴ
Excerpt: 以前にも紹介したコルドバのタンゴンサー『アンドレア&マリオ』夫妻。 ライブドアブログは容量が多いのでココでも動画を見れるようにしました。 情熱的でSEXYそしてせつない この愛の踊りをお楽しみ下さ..
Weblog: 地球の真裏から
Tracked: 2005-06-10 11:32

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。