2005年08月04日

こんなところにドビュッシー♪

クラシック音楽って普段の生活ではロックやポップスより耳に入ってくることが少ないですよね。
なので、意外なところからクラシック音楽が流れてくるとみょーにうれしくなってしまいます。

さて先日、野川さくら:U・La・Raなんて聴いちゃいました(笑)
私には、めぼしいポップスが無いと声優とかアニメものに手を出してみる習性があります(大体年に2・3回くらい)。
坂本真綾みたいに心地よくさせてくれる声の持ち主ってもっといないのかなぁ〜、というのが主な目的です。ちなみに外れまくっていることは内緒です(爆)

というわけで今回も聴いておりますと3曲目「空想パイロット」前奏にて何やらどこかで聴いたことのあるフレーズが…。

あぁ〜、これは「子供の領分」ですよ。ちょっと形は変えているものの「小さな羊飼い」のメロディほぼそのまんまです。
さらに聴いていると間奏部分には「人形のセレナーデ」の一節まで。
「空想パイロット」はピアノや弦を中心としたアコースティックな曲で、ドラムも使わず静かな雰囲気に包まれています。
そこにドビュッシーの幻想的な雰囲気が加わると普通のポップスには無い印象に仕上がります。へぇ、結構意外です。
ただ、私みたいに引用元を知っている人が聴いてしまうと「他に何か隠されてるかも?」と伴奏ばかり聴いてしまってヴォーカリストのアルバムとしては逆効果になります(苦笑)

子供の領分」は、ドビュッシーが愛娘のために作った6曲からなる作品。
技術的に特別高度なものは要求されておらず曲も親しみやすいものが多いものの、ちゃんと弾き込むとなると結構大変。
テクニックを見せつけることが出来ない分、指の力の入れ具合や抜き具合、テンポの揺らし方といった演奏者の基本かつ本質的な描写力がハッキリと出てしまう曲でもあります。
特に第6曲の「ゴリウォーグのケークウォーク」はいびつでおどけたノリが楽しく、最も有名な曲と言えるでしょう♪

さて、今回の2曲ですが。
小さな羊飼いは硬く特徴的なメロディをちょっとおどけた雰囲気や優しい和音が包みます。
6曲の中でも強弱の起伏はかなり激しく、メロディも途切れがちな曲。
各フレーズは盛り上がっては優しい和音になだめられるように落ち着いて16分音符の下降音で静かに終わります。
「子供の領分」って言いながら結構大人な雰囲気の曲でもありますね。
人形のセレナーデは、かわいらしさと無邪気さが同居する小品。
普通、愛する人へ捧げる「セレナーデ」を人形に贈るというところが子供のための作品といえるでしょう。
子供が、大事にしている人形に「お人形さん、大好きよ」と語りかけながら楽しげに遊ぶ風景が浮かんできそうです。

で、うちにある中のオススメ演奏はやはりこちらになるのかな。
ドビュッシー:映像第1、2集/子供の領分
ミケランジェリ(Pf)
「安全パイ」とか言っちゃいけません(^^;)
ffでも音が濁らず、音の粒1つ1つがとてもキレイ。そして強弱の表現が絶妙。やっぱりドビュッシーにはよく合います♪


ちなみに「野川さくらってどんな人?」って人は公式サイトでもどうぞ。
この人、声もお顔も「萌え」系ですね。たまらん人にはたまらん感じです(そりゃそうだ)
私はトップページに「にゃっほ〜♪」って文字が見えた時点で「……(汗」でしたが(苦笑)
聴いたアルバムにも「にゃんきゅ〜♪」(「サンキュー」らしいです)って曲があります。「萌え」に徹してます(笑)


posted by ぽぽろんろん at 23:04 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(1) | classical musics
この記事へのコメント
野川さくらにはまったく反応できないのですが(笑)「子供の領分」いいですよね〜♪
この曲集の中では「人形へのセレナーデ」が一番好きですね♪
ミケは、前奏曲集のほうはもってるんですが、こちらのほうは大学時代に図書館で聴いて以来聴いてない・・・。きっとすばらしい演奏なのでしょうね〜。
個人的には、これは近所の図書館からの借り物ですが、ホロヴィッツの演奏が好きだったりします。あの独特のペダルによる色づけがこの「人形へのセレナード」のイメージにしっくりでして♪

坂本真綾もなかなかの実力者ですよね 野川さくらも次の半額クーポンでチェキ!ですな(苦笑)
Posted by ya-ya-ma at 2005年08月04日 23:53
ya-ya-maさん、いつもありがとうございます♪

>ホロヴィッツの演奏が好きだったりします
ホロヴィッツのは未聴です〜。ホロヴィッツはどうしてもリストやスクリャービンの印象が強くて…。
でも好きなピアニストの1人なので、今度聴いてみます♪

>野川さくら
この人は最近よくある「アニメ声」なので、それがダメな人は聴かない方がいいと思います(ファンの人には怒られそうですけど…)。
個人的には、プロデューサー兼コンポーザーの景山ヒロノブが結構いろんなタイプの曲を作ることがちょっと驚きでした。
そういう意味では面白いかと思います。
Posted by ぽぽろんろん at 2005年08月05日 01:02
またまたおじゃましますm(_ _)m
今度はイメージバトンというものが回ってまいりましたので、よろしければお受け取りくださいませ もちろん投げちゃってもかまわんとです
Posted by ya-ya-ma at 2005年08月05日 21:25
返事と投稿が逆になってしまいました。
ya-ya-maさん、エントリーをアップしたので見て下さいね〜♪
Posted by ぽぽろんろん at 2005年08月05日 23:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

イメージバトンがキタヨ♪
Excerpt: 「イメージ・ダウン♪イメージ・ダウン♪イメージ・ダウン!!!ダウン!!ダウン!」(by BOOWY)はい。これ書いている間、ワタシの頭の中ではこのフレーズが鳴っておりました♪いや、懐かしいなぁホント{..
Weblog: ちぇろりすとの独り言
Tracked: 2005-08-05 21:22

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。