2006年06月10日

サッカーW杯開幕!!

いやぁ、いよいよ開幕しましたね!サッカーワールドカップ
昨日は職場の飲み会だったので家に帰ってちょっとまったりしてたらたまたま始まったんです。ドイツvsコスタリカ。ええはい、すっかり放送のことなんか忘れてました(爆)
ぶっちゃけちゃうとドイツはあまり興味無かったのですが(しかもバラック出てなかったし…)、見てたらやっぱり面白いですよ。ドイツどうこうって言うか、W杯っていうイベントが。
各国代表選手が最高の本気モードで戦う姿っていうのはこの大会でしか見れませんからね。
この試合ではドイツの1点目と4点目、2本のミドルシュートがよかったですねぇ。ああいう破壊力はカッコイイです。
あとはクローゼですか。4年前は5得点を上げながらも足元が中学生並みで、ドリブルしながら独りで勝手にこけてた姿がとっても印象的でした(苦笑)
さすがにあの時に比べれば成長してるなぁと。この試合でも2得点とも足で決めましたしね。とはいえ、「ドイツのFW」としてスタメンをはるにはもっと頑張って欲しいところもありますが…。
コスタリカの2点は、どちらもオフサイド判定が微妙というか何というか(^^;)
しかしああいう瞬発力はさすがですな。少ないチャンスでキッチリ決めてるし。
第三国の試合でもやっぱり楽しいですよ、W杯。というか、第三国の試合(しかも深夜)だとウザイ芸能人が出てきませんからね!
…えっ、T○KI○のK分T一がいたじゃないかって?
試合中に割り込んでこないからまぁいいです。スタジオに切り替わったらチャンネル変えればいいんだし(爆)
日本戦でも出てきて欲しくないよ、芸能人。まぁテレビ局はバカだからこんな願いは無駄なのですが。

今夜はイングランド、そして深夜にアルゼンチンですね。
イングランドでは、ルーニーは出られないもののジェラードとかランパードとか楽しみ♪あとクラウチとか。ベ様については、上手いとは思いますが私にとっては「FKの上手い滝くん」程度なのであまり興味がありません(ぉぃ

※滝くん…本名、滝一。FW、というか右ウィング(当時は「ウィング」なんてポジションもあったねぇ…)。修哲小→南葛中→南葛高校→東京ヴェルディ1969。
小5の時に「修哲トリオ」として名を馳せ、(のちのS.G.G.K.)若林らとともに修哲小メンバーとして全国制覇。しかし、小6になって翼や岬、日向、三杉、松山らが登場し一気にその存在感がかすむ。
サイドライン際のドリブルが得意。というか何とかの一つ覚え(爆)
中3になって、(大友カルテットの実力に焦りまくっていた)翼の指摘によりやっと内側へ切れ込むことを覚える。


アルゼンチンは注目選手が多すぎて困ります。とりあえずは中盤の軸となるアイマールですかね。前回の日韓大会では当時ゲームメーカーであったヴェロンの調子が最悪でアルゼンチン自体もズブズブと沈んでしまいましたが、今回のアイマールはどうか?ってところを注目したいです。
オランダとの試合が早く見たいですね〜♪

日本は12日の22時からオーストラリア戦。
この日はまた終日客先で仕事なんだよなぁ。20時には客先を出ないと間に合わない。…一体どうなることやら。


…という訳で、恒例の強引な曲紹介です(笑)
普通にサッカーに関係するクラシック曲を紹介するなら「アイーダ」があるのでしょうが、あいにくうちにイタリア・オペラ関連CDなんてものはあるはずもなく(爆)
今回「サッカーの曲」ということで紹介するのはこちら。

ぐるりよざ〜伊藤康英吹奏楽作品集
木村吉宏/大阪市音楽団

伊藤康英:
吹奏楽のための交響詩「ぐるりよざ」、未完のオペラへの間奏曲、
ジュビリー・シンフォニー(祝祭交響曲)、吹奏楽のための舟歌、
交響三頌「ラ・ヴィータ」
坂本龍一/伊藤康英:日本サッカーの歌
このアイテムの詳細を見る


数年前に「ぐるりよざ」と「未完のオペラへの間奏曲」(これは委嘱元である札幌吹奏楽団のトラでやったことがあるんです)目的で買ったこのCDにたまたま入っていて、そして聴いてあらためて「かっこいいよなぁ〜」と当時感心しちゃってたんですね。

鬼才、坂本龍一が日本サッカー協会から依頼を受けて1994年に作ったものです。
そう、1994年。アメリカでW杯が行われた年。日本が「ドーハの悲劇」で出場権を逃した大会ですね。
この時に2002年のW杯の誘致運動をやっていて、そのために作られた曲なんです。もちろん知ってのとおり2002年は日本でW杯が行われた年わけで(共同開催ではありましたが…)、そういう意味ではとっても縁起のいい曲と言えるかもしれませんね。
今では、天皇杯表彰式の音楽をはじめとしていろいろなサッカーの場面で使われています。

最初のファンファーレもかっこいいし、その後のメロディも憂いをまといながらも風格を感じさせていいです。熱戦を終えた選手たちに捧げるのにピッタリな曲。
短い曲だけどキッチリ印象に残るのは坂本マジックなんでしょうか。彼のこういう「分かりやすい」曲を聴く度、そのメロディにセンスを感じてしまう私がいます。
そして吹奏楽への編曲もいいです。やっぱりこういうのは管楽器とパーカッションでストレートに表現されている方が似合うなぁと思います。いつだったか別アレンジのを聴く機会もあったのですが、今イチしっくりこなかった記憶があります。
最近は歌詞付きのも発売されているようですね。

「日本サッカーの歌」CD発売 -スポニチ

THE JAPANESE SOCCER ANTHEM〜日本サッカーの歌〜
ULTRAS、シエナ・ウィンド・オーケストラ

このアイテムの詳細を見る


聴いていないので何とも言えませんが、後乗せで歌詞付けるのって基本的にはあまり私はスキじゃないです。しかも作詞は素人じゃん(素人=駄作とは限りませんけど)。
歌も「ウルトラス」なんでしょうか?だとすると……感想の言いようがありません(^^;)
ただ、これは吹奏楽バージョンをシエナが演奏しているんですよ。そういう意味では気になってます(笑)


ということで、しばらくはW杯の日程と仕事と睡眠時間との間で悩む日々が続きそうです。
仕事中に上手く寝られる方法、募集します(ぉぃ



追記:しまった。アルゼンチンはリケルメ中心か?('06/06/11)
posted by ぽぽろんろん at 15:19 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | wind orchestra musics
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。