2011年06月10日

ブラームス苦手な私が大祝の魅力を大いに語る(笑)

…っていうタイトルつけておきながら基本的につまらないのは変わらないし最後の3拍子部分を筆頭に取ってつけた感はあちこちにあるしやはり曲全体を好きになることは多分無いのですが(こらこら^^;
それでも聴いていて「いいんじゃない?」(←なぜか上から目線)となる場所もあることはありまして。…2・3ヶ所だけだけど(ぉぃ
でも、何が面白いのか全然分からないと言って憚らなかった頃に比べればかなりマシになったのではないかと思いまふ。
ってことで「大学祝典序曲」、大いに語ります(`・ω・´)

…あ、最初に言っておきます。めっちゃ細かい部分しか語ってません(^^;)
だって全体について語ったら、最初に書いたようにあまりいい結論にならないので。


まずは100小節目からの低音ですね。ここはわがSフィルのY先生も好きな部分だそうで。
少し前からサンプル演奏(ショルティ/シカゴ響)をお聴き下さい。

◇サンプル演奏1(YouTubeへのリンクです。以下同様)
該当部分は2:43〜2:53

特に最初の2小節間の動きは好きです(*´ω`)
後打ちでファソラシドと上がっていく高揚感、その後1オクターヴ下がった後でのシ♭のかっこよさ。
その後のシンコペーションの動きも、メロディの隙間を埋めて掛け合いっぽくなってます。
こういうリズムはいかにもブラームスという気がします。いい躍動感ですねぇ。

次は129小節目以降のメロディとその周辺の動き。同じく少し前からサンプルをどぞ。

◇サンプル演奏2
該当部分は3:32〜3:46

Y先生はここを「地味にいい場所」と言っていましたが、どこが地味なのかと。この曲でいちばん美しい場所ですよ、個人的には。
これの素晴らしいところは、このメロディが4つある学生歌のうちの1つそのものだということ。冒頭の「ドドレシドドレシ」のようなブラームスのオリジナルメロディじゃないんですね。
借りてきたメロディなのに、1stヴァイオリン→2ndヴァイオリン&ヴィオラへ渡されるメロディ、1stヴァイオリンのオブリガード、チェロのピチカート、余すところなくブラームスブラームスしてると私は思います。特にチェロのピチカートの響きがたまりまへん。


…以上(ぇ
でも、この曲で「いいな」と思った部分がいかにもブラームスっぽいというのは、私にとって凄い進歩。だんだんとブラームスのよさが分かるようになってきたのかもしれません。
あれだね、ブラ1の前にこれやりたかったね(^^;)

あと、オマケですが一応パーカッションの好きなところも。
292小節目、トライアングルが最初に登場するところですね。はい、サンプルです。

◇サンプル演奏3
該当部分は7:02〜7:06

ブラームスって何気にトライアングルを上手く使う作曲家だと思います。
ブラ4とかハイドンヴァリエーションとかハンガリー舞曲第1番とか。
この場所、最初の学生歌を金管が2小節高らかに歌うのと一緒にシンバル・バスドラムの派手な鳴り物が入ります。そしてその合いの手で木管が「タンタタタン」と入るのに合わせてのトライアングル。
管楽器だけでなくパーカッション内でも楽器の性格を上手く使い分けて掛け合いにしています。
ちなみに、私が好きなのは1発目・2発目のトレモロのみでそれ以降は別にそれほどでもありません(笑)
初登場時の音にハッとさせられるのがいいんです。ドッカンガッシャンな爆裂音じゃなくても音楽の空気をフッと支配する。これこそ小物パーカッションの醍醐味♪
ここのトライアングルの絶妙さを知ってしまうと、これが入ってない時の物足りなさと言ったらありません。だからY先生も先日の練習でシンバルよりトライアングルを欲しがったんだと思うんですよね。


さて、大いに語ってきたこのエントリーももうお開きの時間となりました(ぇ
どの辺が「大いに」なんだというツッコミが多数聞こえてきますが、このエントリーとかこれまでのこのブログエントリーで何度も書いているとおり、本当に私はブラームスが苦手なんですよ…(´・ω・`)
でも、せっかく練習しているんだしもっと好きになっていきたいですね。そして定演後にでもさらにスケールアップしたエントリーを(ウソです絶対やりません^^;


posted by ぽぽろんろん at 23:20 | 神奈川 ☁ | Comment(8) | TrackBack(0) | classical musics
この記事へのコメント
こんにちは。
俺は基本的にクラシックのCDは
演奏会でやるものしか購入しません
(それもどうかと思うが)。

で、くだんの大祝。
持ってなかったもので、先ほど「ブラームス大全集60枚組」という、
ぽぽさんには嫌がらせとしか思えないような
シロモノをポチっとしてきましたよ。
一日一枚聴いても二ヶ月はかかる勘定。

俺すか?ブラームス、好きでも嫌いでもありません。
だって安かったんだもん(笑)。
Posted by YAMATO at 2011年06月11日 16:20
■YAMATOさん
>ブラームス大全集60枚組
これは勘弁ですね(^^;)
ブラームスってオケ曲以外でも心惹かれたものってほとんど無かったと思います。
私にとってブラームスはピアノ協奏曲とハイドンヴァリエーションだけあれば充分。

あ、でもシベリウスもダメですね。ショスタコとか。
この辺の全集をうちに送りつけられたら困っちゃいますねー。
あー、意地悪な人が送ってきたらイヤだなー。
シベリウスこわい、ショスタコこわい。

ドビュッシーとかラヴェルは結構手持ちが充実してきているのでそれほどこわくないです(笑)
Posted by ぽぽろんろん at 2011年06月11日 18:33
シベリウス全集…あるわよん(^皿^)
Posted by しるぶ at 2011年06月13日 11:34
■しるぶさん
それってこれでしょうか?
↓↓↓↓
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1201870

これ、ヴァイオリン協奏曲の原典版入ってないんですね。
バラ売りのには入ってますよねぇ。←これだけはうちにあるんです
でもこの全集いいですよねぇ〜。欲しいなぁ。

…いや、違った違った。
シベリウス全集こわいよー。誰かいたずらで送ってこられたら困っちゃうよー(いい加減にしろ^^;
Posted by ぽぽろんろん at 2011年06月13日 23:38
お久しぶりです☆アタイTubaです。
(覚えてもらって無いですか。。。ですよね。。。)
10月に大祝やる事になりマスタ♪
φ(`д´)サンコウニナルナァ☆
Posted by NAN at 2011年06月14日 09:52
■NANさん
お久しぶりです♪
覚えていますよー。何せこのブログに書き込む人は少ないですから(笑)

NANさんも大祝やるんですね〜。
この記事が参考になるかはともかく、少しでも曲を好きになって楽しんで演奏したいですね。
Posted by ぽぽろんろん at 2011年06月15日 20:03
私ブラームス大好きなので
もっと語ってほしいです〜。
知っている曲が多いわけでないですが。
楽しみにしています〜。
全集ちょっとほしいなって思いました。
Posted by 組曲 at 2011年08月23日 09:39
■組曲さん
こんばんは〜。

定演でブラームスをやることになれば語るかもしれませんが、自発的にやることはあまり期待しないでください(アセアセ…

全集、ぜひ買っちゃいましょう!(ぇ
というのはちょっと無責任な発言ですが、60枚組の全集なんて多分思い立った瞬間の勢いが無いとなかなか買うチャンスが無さそうな気はします。
ただ、バラで買うと重複する曲が出てきちゃうので(それはそれで同曲異演を楽しむことは出来ますが)、一気に全集で!というのは1つの考え方としてありですよね。
Posted by ぽぽろんろん at 2011年08月23日 19:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。