2011年08月08日

ROCK IN JAPAN FES 2011 第3日行ってきた!

てことで、最終日のみではありましたが◇ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2011へ参戦してきました。
金曜に徹夜仕事@大阪の影響もあって当日朝の体調はあまりよくなかったのですが、「行きゃあ何とかなる」と朝5時に出発です。

■オフィシャルグッズ
会場に着いたのは9時頃。
ゲートをくぐるなり目に入ったのはオフィシャルグッズコーナーの長蛇の列…(;´Д`)ゲンナリ
3日目だから大丈夫だろうと思っていたら甘かった…。
まぁでもレイクステージはすぐ横だし10時半のバンアパには間に合うかな?と思い最後尾へ。
…結局買えたのは10時20分。あぶなかったよ…。
ここで買ったのは、キャップ、マフラータオル、あとはジブリコラボのマックロクロスケTシャツ(白)、王蟲Tシャツ。
キャップは以前に買ったものを家に忘れてしまい、「買わないと死ねる」と最優先で購入です。
ジブリTシャツですが、マックロクロスケTシャツは黒もあったんだけどこれがとても人気が高くてほぼ売り切れ。私がカウンターに着く頃にはXLしか残ってませんでした。
ただ、今年もフル参戦のまちゃさんから初日の朝に「今なら買えるけど、ぽぽろんろんの分も買っておく?」とメールがあったんです。そこで「マックロクロスケTシャツの黒を頼んます〜」とお願いし、無事ゲット出来たのでした。まちゃさん、お気遣いありがとうございました〜。
m(_ _)m

■the band apart(レイク)
フロントエリアの真ん中よりちょっと前あたりで聴きました。

いやぁ〜よかったよぉ〜(´;ω;`)
しょっぱなの3曲ぶっ続け(前の曲の最後と次の曲のあたまをかぶせて文字通りのぶっ続け)でテンション上がりまくり。
最初の「Eric.W」で「Yeah!Yeah!Yeah!」と飛び跳ねてたら完全に体調の悪さも吹っ飛びました(笑)
そして2曲目が「Game, Mom, Erase, Fuck, Sleep」だったのがさらに気分を高揚させましたね。この曲やって欲しいけど複合拍子部分ノリにくいしどうだろうなぁ…と思ってたので。

今回は特に木暮さんを中心に見てました。相変わらず上手いっす。そしてそれを必要以上にひけらかさない演奏なのがいいっす。
はぁ〜たまらん(*´Д`*)
木暮さん、最後にスティック投げたんだけどこちらまでは届かずゲット出来ませんでした。残念。グッズの列からもうちょい早く解放されていれば…。
原さんのベースもこれまた相変わらずいいわぁ。たまにモニターにアップが映るとかなりの確率でにこやかな表情で、音楽を楽しんでる感が溢れ出してましたね。たまに横目でそれをチラチラ見ながらこちらも楽しんでました♪

MCはほとんど無く、「チャリティで作ったCDを売ってます」っていうことと、観客からの「原さ〜ん」の声援に「病院の待合室じゃないんだから、そんな呼ばないで」と返したくらい。
その分音楽にどっぷり浸かれました。

チャリティCDはグラスに移動した際に購入しましたが、他のお客さんもCD購入者が多かったですね。ま、実際の音を聴いちゃうとやっぱり欲しくなっちゃうよね〜。

てことで、しょっぱなからテンション上がったステージでした♪

■スガシカオ(レイク)
ここでまちゃさんご夫妻と合流です。
階段エリアの前寄りで聴きました。えーと、この後のACIDMANに備えて体力温存です(年だねとか言うなーっ!
やっぱりいいね。昨年も思いましたが、ファンクな曲でのかっこよさが異常。去年の印象があったので、夕暮れ〜夜の方が似合うような印象があったのですが、ガンガン太陽が照り付ける下でのこういう曲も気分が上がっていいっすね。
あと、今年気づいたのは彼の声質の使い分け。ファンクな曲でははっきり通る声をメインに使い、そしてバラードではハスキーな面を強調して歌ってる。だからバラードでは切なさ倍増。ズルいw
ところで、スガシカオはつい最近35歳になったそうです。んで、今年も恒例(?)のハンドクラップを。
…今年も結構な数の人がオーバーしましたね(^^;)
ま、その人たちは数え年で叩いたということにしましょう。
ラストの曲は「Progress」でキレイな締め。まさにプロフェッショナルな仕事の流儀(笑)

ところで、スガシカオって本当は45歳ぢゃねーかよっ!!ヽ(`Д´#)ノ
見事に騙されました。
まぁでも35歳って言っても信じてしまうくらい若いからなぁ。しょうがない。そして羨ましい。

■ACIDMAN(グラス)
グラスへ移動がてらアーティストグッズを少々購入し、まちゃさん夫妻と再合流…のはずが上手く見つけられず結局1人で見ることに。
場所はPAのテントとステージの中間あたり。

これまたバンアパ同様燃えた、跳びまくった!
導入の「最後の国」に続いての「world symphony」でもういきなりテンションMAXです。
これに続いて「ONE DAY」「Final Dance Scene」。「ALMA」からのこの2曲はどちらもノリまくり叫びまくりだったけど、このアルバムの曲でいちばんよかったのはタイトルチューンでもある「ALMA」でしたね〜。去年より魂が入っていたように感じました。いや、もしかしたらこれは私の中でこなれたからかもしれないですけど、でも同時に「大木はこの曲好きなんだなぁ〜」というのもひしひしと感じて、これは多分間違ってないと思います。
後半は定番曲ラッシュで盛り上がりまくり弾けまくりましたが、やはりその中でも「赤橙」と「飛光」はいいわぁ。締めくくりが「飛光」でとても幸せでした。

3人の演奏も相変わらずパワフル。まちゃさんは今年も「3人とは思えない音の厚みがある」というようなことを言ってましたが、ホント同感です。
こういうのって3人の息が合わないとあっという間に崩れちゃいますからねぇ。3人の個人的なスキルとは別にバンドとしてのスキルも高いということですよね。さすが(これはバンアパにも言えますが)。
今年もイチゴ中心で見ていたことに変わりは無いのですが、煽りとかは大体サトマがやっていたのでこっちもちょこちょこと見てました。そして「『ALMA』みたいな曲でもあんなに動くのね」ということを知りました(笑)

あと、演奏に関係無いことを1つ言うと、イチゴのTシャツが真っ赤でまさに(ry
帽子が緑だったら完璧だったのに…。


…そして私の体力はACIDMANのステージが終了すると共にほぼ切れたのでした。早っ!(^^;)

■ねごと(ウィング)
ACIDMAN終了後にいったんまちゃさん夫妻と再会し、そこからまた別行動に。
日陰でちょっと涼んでからウィングテントへ移動したのですが、既にもうテントは満杯。入場規制がかかる直前ギリギリで入ることが出来ましたが、テント後方のスペースはもうすし詰め状態。全然体は動かせないし、風が来なくて暑いし、そして何よりステージが見えない…。
ただ、メンバーが入場してきたら何とかKey&Voの子の上半身は見えました。不幸中の幸い。

曲はシングル2曲しか知らなかったのですが、それ以外の曲も聴きやすくて楽しめました。
ただ残念だったのは、自分がいた場所の音響が今イチだったこと…。ところどころヴォーカルが埋もれてしまっていたのよね。ちくしょー、ちゃんと中で聴けていれば…。

MCはとても初々しかったですね(^^;)
歌う時ははっきりした発音なのにしゃべり言葉は少し舌っ足らずな感じもしてかわいかったです。

今回のような盛況だと、来年はもっと大きいステージに行けるんじゃないかな。というか、ぜひそうしてください。あのギュウギュウ詰めはもうイヤ(^^;)

■奥田民生の数人カンタビレ(レイク)
これは画期的でしたね(^^;)
ライブでは無く、フェスの場で曲を作るという異色の企画。民生も出てきてすぐに「みんな今から何やるか分かってる?」「今日はギター弾かないよ」とか言ってた(笑)
曲自体は朝から作られていてそれはUstreamで配信されていたのですが、スマフォじゃ重くて結局見られず、会場内のモニターも存在を知らなかったので見てませんでした(^^ゞ

で、このステージの時点で曲はほぼ出来上がっていて、ステージでは民生のコーラス部分を少しと観客の合唱を録音し、無事終了!

…って予定だったんだけど、観客の合唱の繰り返し回数が1回多かったり(それを指揮してたのは当然民生)、「ミックスダウンしたいから5分時間ちょうだい。ヴォーカルにエコーとか入れてかっこよくしたいじゃん」と観客に5分間の休憩が与えられたり(笑)、ゲスト奏者をステージに呼び入れて座ってもらったビーチチェアがすぐ壊れる仕様だったりと終始ゆるゆる(あるいはgdgd)な空気。
そしてミックスダウンされた楽曲を最後まで聴き終えてみんなで「おおおおお〜」となったところで民生が「しまった!ドラム入れ忘れた!」

…おい(^^;)

そしてそこだけ修正したものをまた最初から最後まで聴いたのでした。そりゃ時間も押すわ(笑)
しかもすぐ後にグラスのステージが控えていた吉井和哉も拘束したまま。
確かにこれは今回1回きりの企画になりそうです(笑)
でも、出来上がった曲はいい曲だったと思います。すごく民生らしいメロディだったし。

それにしてもソファに腰掛ける吉井はキマッてたわ〜。あれは男でも惚れそうな雰囲気。

■スキマスイッチ(レイク)
ここでまたもやまちゃさん夫妻と合流。
そしてそのままスキマを聴いたのですが、これが予想していたよりよかった!
まぁぶっちゃけるとそれほど(大橋に)期待していなかったってのもあるんですが(^_^A;
声、パワーもあったし何より伸びてましたねぇ。
大橋ってデビュー時と比べてかなり上手くなったんじゃないか?と思いました(上から目線だなおい^^;)。
常田のピアノが目立った曲もあったし、個人的にはかなり満足できました。
欲を言えば、もうちょい有名どころをやって欲しかった。ていうか、「奏」やらなかったなぁ…。

スキマスイッチで顕著だったのは、有名どころとそれ以外での盛り上がりの差ですね。
「ゴールデンタイムラバー」「全力少年」は盛り上がったけど(特に後者はよかったね!)それ以外はフロントでもあまり動きが無かったような…。
ロックフェスだとその辺厳しいのかもね。
でもまた来て欲しいなと思えるステージでした。


そしてこの後本当はウィングテントに直行してガリレオ・ガリレイを聴くはずだったのですが、レイクのタイムテーブルが押しまくっていたのとレイクからの退出にとてつもなく時間がかかったせいで、ウィングに駆けつけた時には中から「最後の曲です」の声が…orz

ということで、私の今年のロッキンはこれにて終了したのでした。
来年はもっとちゃんと参戦したい!
そして来年こそはご飯デビューする!(そう、これまで1回もロッキンの会場内で食べものを口にしたことが無いのです^^;)
というのが目標です。


最後になりましたが、まちゃさん夫妻、今年もありがとうございました!
今年はアイカタさんとほとんどしゃべれなかったので次回はぜひ〜。


■過去のROCK IN JAPAN FES関連エントリーです♪
◇ROCK IN JAPAN FES 2010 第1日は暑さとの戦い…
◇ROCK IN JAPAN FES 2010 第2日はジブリとグラスの日
◇ROCK IN JAPAN FES 2010 第3日はDJと竹電の日♪
◇ROCK IN JAPAN FES 2009 第1日はウルフルズに尽きる!
◇ROCK IN JAPAN FES 2009 第2日の白眉はバンアパでした♪
◇ROCK IN JAPAN FES 2008第1日は意外な収穫♪
◇ROCK IN JAPAN FES 2008第2日はオーバーフォーティの底力を見た(笑)
◇ROCK IN JAPAN FES 2007第2日は“湖の人”
◇ROCK IN JAPAN FES 2007第3日は“芝生の人”
◇ROCK IN JAPAN FES 2006第2日は熱かった&暑かった♪
posted by ぽぽろんろん at 21:55 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | pop & rock musics
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。