2006年08月06日

ROCK IN JAPAN FES 2006第2日は熱かった&暑かった♪

梅雨明けして一気に夏本番になりましたね〜。
私も昨日、夏の一大イベントに行って参りました♪
そうです、◇水戸黄門まつりです!


…いえ、こちらじゃなく(^^;)
◇ロック・イン・ジャパン2006です!
まちゃさんのご厚意により8/5の一日券をゲットすることが出来ました。
まちゃさんには借りばかりが増えております。このままでは愛想を尽かされてしまいそうです(^^;)
と〜っても長い一日だったので、このエントリーも長いです。覚悟してお読み下さい。


会場へは昼過ぎに到着。
本当は朝一のフジファブリックから見たかったのですが、前日の仕事も遅かったし体力的にも無理(苦笑)
結果的にはこれでよかったですね。暑いの苦手な私があの炎天下に一日中いたらどうにかなっちゃってたかもしれませんです。
まずはオフィシャルグッズをちょこちょこと買い込み、最初のお目当てであるACIDMANのためにグラスステージへ。
当日のセットは以下のとおりです。ACIDMAN歴一週間の私にはさすがに全曲は分かりません。◇mixiのACIDMANコミュ(mixi会員以外は見れません)より拝借させて頂きました。
■introduction(Remixed by Super Samir)
■world symphony
■波、白く
■River
■swayed
■季節の灯
■スローレイン
■アイソトープ
■FREAK OUT
■ある証明

何せACIDMAN歴は短いので、スタンディングゾーン後方の「まったり」ゾーン(勝手に命名)で聴いておりました。
最初の「introduction」で観客の注目を引き付けた後、「world symphony」から一気に爆発ですよ!
はい、「まったり」ゾーンなんて書きましたが普通に腕振り上げ飛び跳ねてました私です(笑)
その後ももう盛り上がりまくり。新曲の「スローレイン」もなかなか面白かったし、「FREAK OUT」のサビで飛び跳ねたり、「River」や「アイソトープ」、「ある証明」のサビに酔いしれたり。
後半に備えてもっと落ち着いて見るつもりでしたが、ライブの熱気に負けました(苦笑)
あっという間の50分間でした。
あらためてACIDMANの虜です。見てよかった〜♪

その後いったん参加アーティストのグッズをちょこちょこと購入し、またグラスステージへ。次はELLEGARDENです。
実は全く知らないバンド(汗
ただ、せっかくのフェスだから知らないバンドも聴いておきたいと思っていたし、ACIDMANの時にノリノリだったエルレファンが結構いたので共通性があるのかなと聴いてみましたです……が。
ヴォーカルが今イチ聞こえなかったんです。楽器の音が大きくなると曲を知らない私にはメロディがほとんど聞こえず。
マイクのバランスが悪かったんでないかい?
なのでちょっと評価は出来ず。音は勢いがあってよさげでした。今度レンタルでもしてみようかな。

この後、まちゃさんご夫妻と合流。
場所も「まったり」ゾーンから前方へ移動です。
次は民生の登場。客層がガラッと変わります(笑)

※まちゃさんから民生のセットリストを頂きましたので追記致します♪※
■愛のために
■野ばら
■荒野を行く
■渚にまつわるエトセトラ
■The STANDARD
■雪が降る町
■CUSTOM
■働く男
■さすらい
■イージュー☆ライダー
※追記ここまで※

ここはもう民生のいい感じにまったりした世界に包まれましたね(^^)
「休憩しながら、お菓子でも食べながら聴いて下さい」っていう冒頭のトークを自ら実行すべくステージ上で缶ビールを開けて飲み出す民生。
そこをスタッフに注意され「すみません」と素直に謝る民生。
渚にまつわるエトセトラ」で、キーボードにプログラミングされてたドラムパターンを再生させるのに成功すると子供のように「ニヤリ」とする民生。
そして曲中でフィルイン(これもキーボードのプログラム)を上手く入れたあと得意げな民生。
…どれだけ子供やねん(笑)
でもね、やっぱ声はいい!!
相変わらず独特の粘りのある声ですが、でもよく伸びるんですよね〜。
働く男」や「雪が降る街」などユニコーン時代の曲も絡めながらステージは進んだんですが、楽器がギター1本(とキーボードのドラムパターン)だけで行われたこともあり、民生の声が余計に響く響く♪
民生のワールドオブワールドを満喫させて頂きました。
ついでに、腕の休憩も出来ました(笑)

続いてはついに!スピッツの登場です♪
ある意味ここからが本当の本番です(^^)v
この日のセットは次のとおり。こちらはさすがに自力で分かりました。
■俺のすべて
■青い車
■みそか
■魔法のコトバ
■正夢
■チェリー
■恋のうた
■8823
■メモリーズ・カスタム
■スターゲイザー

スピッツの出番は夕方だったのですが、「俺のすべて」の歌詞そのままに「夕日を背にうけて」のステージでした。
続く「青い車」と「みそか」でもうノリまくり。
続くミディアムなシングル3曲でちょっとテンションが一旦落ち着いた後、何と「恋のうた」が!
やっぱりシングル曲が多かった中、ここでこの曲を聴けると思っていなかったので嬉しかったですね♪
君と出会えたことを僕
ずっと大事にしたいから
僕がこの世に生まれて来たわけにしたいから

ホントここの歌詞は大好き。あとは言う相手を(ry
8823」、「メモリーズ・カスタム」で再び勢いに火が着いてそして「スターゲイザー」。さあ次は?って思ったらいきなり終了だったのがかなりびっくり。「次が最後の曲です」とか言わないのね。まぁそんなマイペースもスピッツらしいと言えばらしいのですが。

トークは、冒頭いきなり「エンジョイしてくだ△※$…」と噛んだりポカリスウェットを“大人の都合上”「アクエリアス」と言ってみたり、そういう意味で面白かったです(笑)

いや、それにしてもね。
私もまちゃご夫妻も生スピッツは初めてだった訳ですが、面白かったですよホント。
どんなアーティストでもそうだとは思うのですが、ライブでしか見れないものがいろいろとある訳で。
スピッツってやっぱりライブバンドなのね〜、と思いましたです。
崎山さんのドラムも相変わらず上手いしね。そういや、「みそか」最後のフレーズでアドリブでツーバス的にドコドコやってましたが、見るからにステージにはバスドラ2つ無かったですよね?それでテンポ全然崩れないしやっぱ上手いわぁ〜。

え〜そしてこのスピッツのステージ前、私にはびっくりする出来事がありました。
民生の後、スピッツ待ちで芝生に座って休憩しているとすぐ脇にいた女の子が「○○ちゃ〜ん、ここ〜」って友達を呼んだのですが、その「○○ちゃん」ってのが私の妹と同じ名前で
「妹もスピッツ好きだし、もしや?」と思って呼ばれた子を見てみたら、ホントに妹ですよ…(苦笑)
確かにうちの妹、ロッキンジャパンには毎回フルに通い詰めてます。だけどまさかスピッツを妹と2mの距離で見ることになるとは思ってませんでした。
いやぁすごいね、ロッキンジャパン。←そこか?
ちなみに、スピッツの後にはまちゃご夫妻にも衝撃の出会いがありました。ここでは内容は述べませんが。
いやぁすごいね、ロッキンジャパン。←そこか?

最後はCoccoです!これまたライブで見るのは初めて。
他のアーティストたちと違ってどんなステージを展開してくれるのか想像が出来ないので、そういう意味ではいちばん楽しみにしていました。
この日のセットはこんな感じでした。
■強く儚い者たち
■音速パンチ
■Swinging Night
■樹海の糸
■Raining
■陽の照りながら雨の降る
■ガーネット
■愛うらら
■カウントダウン
■焼け野が原
■Happy Ending
■流星群

Coccoブレイクのきっかけとなった「強く儚い者たち」で掴んでから「音速パンチ」で一気に最高潮、腕を振り上げてたのですが、凄かったのはこの後からって言ってもいいかも。
もうね、彼女の全身から発せられるパワーにやられました。
CDだけでも「自分の命を削ってそれを自分の歌に込めて紡ぎ出しているなぁ」というのはビンビンに感じるのですが、ライブだとそれがさらに強くて。
自分も全身全霊を賭けないと彼女の歌を受け止められないんですよ。ぶっちゃけ腕なんか上げてる場合じゃ無いんです。そんなテキトーに聴いてんぢゃねーよ、って感じ(なんて書きながら「愛うらら」でもやっちゃってた私ですが^^;)。
まぁ例えば「カウントダウン」のサビ、
跪き、手をついて
わたしに 謝りなさい。
力なく しなだれて
わたしを 愛していると、
つぶやきなさい。

で腕突き出すのはどうかと思いますが(苦笑)、「流星群」みたいな曲なら他のアーティストが歌えばサビでは客席は腕を上げまくりだと思うんです。
でもそうならない。みんな聴き入っちゃってるんですよね。まるでCoccoの魔力にやられたかのように体で軽くリズムを取る以外はもう動けない。
この「客を惹きつける」パワーは少なくともこの日私が聴いたどのアーティストも敵わなかったです。凄い。ホントに。

この日の曲目では、私がいちばん好きな「焼け野が原」が聴けたのが何よりも嬉しかった!
この曲を最後に音楽活動を休止したこととか考えながら聴くともう胸が詰まってたまらなくなるのですが、この日も生で聴いたらさらにね…。
泣きそうでした。男の子だから我慢したけど(笑)
トリのCoccoは他のアーティストより持ち時間が多少長めだったみたいで、1時間以上Coccoワールドを堪能することが出来ました。それでももっともっと聴いていたかったですね〜。やばいよ、凄いよ、Cocco。


ということで、私のロッキンジャパンの一日はこれでおしまい。
結局、13時半くらいから20時過ぎまでグラスステージのみで過ごしました。
とっても熱かった、そして暑かった(^^;)
まちゃご夫妻、今回もありがとうございました!
さらに、行き・帰りともまちゃさんのご両親に勝田駅←→会場間を車で送ってもらってしまいました。
こちらもとっても助かりました。ありがとうございました。m(_ _)m



追記:まちゃさん情報により、奥田民生ひとり股旅のセットリストを追記しました。
   ('06/08/07)
posted by ぽぽろんろん at 21:30 | 東京 🌁 | Comment(9) | TrackBack(1) | pop & rock musics
この記事へのコメント
おとうもおかあもいないとおもったら、
こんなところにいたですか!
ぽぽさんにあったのはゆめのなかだったのかなぁ。
おかしいなぁ。
こんどはねないでがんばるので、
いっしょにあそんでください。
Posted by ニコ(まちゃ代筆) at 2006年08月07日 21:10
先日はどうもおつかれさまでした。
いろいろお世話になりまして、ありがとうございました!

> まちゃさんには借りばかりが増えております。このままでは愛想を尽かされてしまいそうです(^^;)
なーにーをおっしゃってるんだかっ!
ぽぽくんに教えてもらってCoccoやスピッツを知ることができたんだし、
ぜんぜん「借り」なんかじゃないですよー。
お互い様ですよー。

5日ご一緒した3組は、それぞれによかったな。
そんななか、Coccoはかなりやられました。

> それでももっともっと聴いていたかったですね〜。
その気持ち、とってもよくわかります。
ただわたしはあれ以上聴いてしまうと、
Coccoワールドから戻ってこれなくなっていたかも
(今でもうっかりすると引っ張られそうでアブナイ)。
…なんて言ってる時点ですでにハマってしまったのかしら。

スピッツの「懐かしい」曲、初めて聴きました。
いい歌詞ですねぇ。
わたしもいつか使ってみよう(誰に?)。

民生師匠は相変わらずで。
でも、いつもよりもなんだか切なくて、
泣けてしまいました。

すばらしい時間を一緒に過ごせて嬉しかったです。
これからしばらくはムスメ孝行に精を出しますわ。
Posted by まちゃ at 2006年08月07日 22:08
連投で失礼します。
前のコメントだぶってしまったようなので、
ひとつ削除してください…すみません。

と、これだけだとなんなので、
お詫びに(?)民生のセットリストでも。

-----
■愛のために
■野ばら
■荒野を行く
■渚にまつわるエトセトラ
■The STANDARD
■雪が降る町
■CUSTOM
■働く男
■さすらい
■イージュー☆ライダー
-----

そうそう、
あちらの日記からこのページにリンクを張らせていただきたいのですが…。
ぜひよろしくお願いします。
Posted by まちゃ at 2006年08月07日 23:46
■ニコちゃん
ごめんね、おとうもおかあもよるまでかりちゃってました。
ニコちゃんはわたしともおひるにちょこっとあってたんだよ。おぼえてる〜?
ニコちゃんねむそうだったもんね(^^;)
こんどあそぼーねー♪(^^)/

■まちゃさん
こちらこそどうもありがとうございました♪

>5日ご一緒した3組は、それぞれによかったな。
ですね〜。
三者三様、それぞれの人間が出ていたステージでした♪
その中でもCoccoには圧倒されちゃいましたが。
まちゃさんも
>すでにハマってしまったのかしら。
とありますが、そうかもしれませんね〜(^^)うふふ
あらかじめ言っておくと、Coccoのアルバムはどれもいいですよ〜。
手に入れて損はしませんよ〜(笑)

>いい歌詞
でしょでしょ?
これは2ndアルバム「名前をつけてやる」に収録されてます。
隠れた名曲です♪

>民生師匠
ギターだけ、ってのがますます切なさを増していたのかもしれませんね〜。
じわ〜っと歌声が体に染み入ってきていいステージでした。
そしてセットリストありがとーございます!
本文に追記で使わせて頂きます♪m(_ _)m

>リンク
全然構いませんよ〜♪
Posted by ぽぽろんろん at 2006年08月08日 00:30
暑いですね。
ご無沙汰しています。
暑いときにまた熱くなられて最高ですね。
名曲いっぱい。
私もアルバム買おうかな〜
PM
はじめは黄門祭りに行かれたのかと思った。
水戸にも久しく行っていません。
Posted by 若葉 at 2006年08月08日 10:27
<いやぁすごいね、ロッキンジャパン。←そこか?

の2連発にやられました^0^

面白い!何と言う絶妙なタイミング。
ツボです

長い記事もお菓子片手に極楽ティータイムです
*^ー^*

遅ればせながら、シートを替えたんですね〜
水色がなんとも夏らしい清涼感ですね
そういうトコ見習わないとなー
Posted by 海夏子 at 2006年08月08日 22:30
coccoはデビュー当時から好きでした・・・
カウントダウンで、私がダウンしました(おっさんギャグ

民生さんは相変わらずいいですねぇw

ごめんなさい、他はわかりません!!!w
Posted by keiko at 2006年08月09日 12:46
またまた こんばんは。

ここを訪れたら、プニムくんのキリ番踏みました!
可愛くて、嬉しかったー。宝くじに当たった気分です。爽快♪

COCCOはカラオケで歌うと、COCCOの世界重力に引き込まれて、2ターンは歌えなくなります。
消耗するんですよね〜
Posted by 海夏子 at 2006年08月11日 01:05
皆さん、せっかくコメント頂いていたのにレスが遅くなってしまいごめんなさい!
PCを見れる状況に無かったもので…。

■若葉さん
おひさしぶりです♪
いや〜本当によかったです。充実した一日でした。
>アルバム
ここに書いたアーティストの中ではやっぱりスピッツがいちばん聴きやすいでしょうか。
シングル集とかも出ていますのでぜひどーぞ♪

■海夏子さん
長い文章だったのでちょっと心配だったのですが、楽しんで頂けたみたいでよかったです♪

このテンプレは涼しさ最優先で選びました。
本当は自作したいところなんですけど、なかなかまとまった時間が取れなくて出来ずにいます(苦笑)

>プニムくんのキリ番踏みました!
おめでとうございます!そしてありがとうございあます♪
「キリ番だー」と腕を上げるプニムがかわいいですよね〜(親バカ)

Coccoのカラオケ、私もたまに歌いますが曲目を気を付けないと後に響きますね(^^;)

■keikoさん
デビュー当時からCoccoを知っていたのですね!
すごーい♪
私は人並みにJALのCMでの「強く儚い者たち」からです。

民生もよかったですよー。
じっくりと曲に聴き入ることが出来ました♪

>おっさんギャグ
だいじょーぶ、普段の私はもっとひどい(爆)
Posted by ぽぽろんろん at 2006年08月12日 08:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

Cocco - 陽の照りながら雨の降る
Excerpt: 2月リリースのヒット・シングル「音速パンチ」に続く、Coccoの2006年第2弾シングル!! タイトル曲「陽の照りながら雨の降る」はCoccoの”愛”と”希望”と”祈る”が込められた、凛々しく優しい..
Weblog: こんな音楽発見!
Tracked: 2006-09-25 21:51

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。