2011年08月24日

「コクリコ坂から」見てきちゃった

ヒマを持てあましていたので昨夜レイトショーで見てきてしまいました。



もうネタバレ注意とかいうことも無いとは思いますが、気にしている人はここで引き返した方が吉です。

あ、それから。私は原作マンガを既読です。

















…てことで感想を簡単に。

う〜ん……。
感想としては「普通」だったと思います。
つまらなくはなかったですが、「いいね!」と声を上げるほどでもなかったかなぁ。
「ゲド戦記」と比べれば(ストーリーが単純だからか)よかったと思いますけどね。

この作品でいちばん気になっていたのは結末。原作では異母兄弟だった主人公2人の関係をどう収めるのかというところ。
結局、「異母兄弟では無かった(風間は本当は海の父親の親友の子)」ということで決着をつけてました。原作では海の母が海に作り話として伝えていましたが、映画ではこれがそのまま真相に。
まぁ、異母兄弟のままだとある意味背徳的な恋愛ということになってしまうので、(一応この映画は大人向けということにはなっていますが)お子さまも視野に入れなければならないジブリとしてはこうせざるを得なかったのかなぁとも思いました。
これはこれで腑に落ちた結末だったと思います。

主人公2人ですが、海はすごくしっくりきてたと思います。長澤まさみの声も違和感は無かったです。
ただ、風間は…。まずルックスがあまり…。何か頭身がおかしく思えたところもちょこちょこあったし。言動も原作と比べると伝わってくる魅力が弱かったような。ということがあったのでV6岡田の声がどうこうはよく分からなかったです。でもやっぱり多少“棒”っぽかったかなぁ。
海の妹・空の声はかわいくて合ってましたね。ただこの妹、最初は風間を「かっこいい!」と言っていたくせに中盤以降は水沼にべったりで、「何あっさりと乗り換えてるんだよ」と思ってしまった。いや、具体的に付き合ってるという描写は無かったですけどね。
原作同様、風間は姉に譲ったのかもしれませんが、だからってしれっと水沼かよ!と心の中でツッコんでましたw

脇役では「ヒロさん」が気になりました。
少しボサボサの髪の毛やポケーッとした目線、何となく気力のなさそうな風貌なんですけど、何かかわいい。メガネ効果もあるかもしれない。何気なく海の家事をサポートしてたりというところもポイント高し。声は柊瑠美なのね。千尋の子がこういう役も出来るようになったのかぁとちょっと感心してしまいました。

この映画、本筋以外のところでいろいろと原作との差があって驚きました。
北斗が女性だになってるとか、お婆ちゃんとのビミョーな確執が無いとか、おじいちゃんの存在が無いとか、「メル」についての説明が皆無とか、そもそも「コクリコ坂」という言葉が作中に出てこなかったようなとか。
中でも北斗の件(←うわ、ひどいダジャレだ)については特にびっくり。原作じゃ海は最初北斗に恋心を抱いていたのがだんだん風間に移っていったのにそれをまるまる排除か!と。お婆ちゃんの件もそうだけど、90分で収めるために人間関係を省いたのかなぁと思いながら見ていました。
ただ、チンピラ広瀬のエピソードを削除したのはグッジョブです♪当時は分かりませんが今となってはあれはあまりに安っぽすぎる(苦笑)

逆に原作には全く無かった要素が部室棟「カルチェラタン」なんですが…。あの中身(特に大掃除前)にちょっと引いてしまったのは確か。
汚いとかそういうことじゃなく、「千と千尋」の湯屋や「ハウル」の城のようなカオスな建造物の要素をこういう映画で無理矢理押し込まなくても…、というのが第一印象でした。
ジブリらしいっちゃらしいのですが、アレはちょっとやり過ぎな気も。慣れるのにちょっと時間がかかりました(^^;)

音楽はよかったですね〜。映画の雰囲気や海の心情ともよくマッチしていたと思います。
手嶌葵の歌もよかったですが、歌はさすがにライブの方がよかったです。私が聴いたのはネット越しでしたがそれでも。まぁ、当たり前っちゃ当たり前か。
例えば「朝ごはんの歌」はとてもかわいくていいのですが、映画で海が料理している描写のテンポと比べるとちょっと手嶌葵の声の勢いが足りないかなぁとも。ただ、あまり勢いよく歌うと彼女の歌の魅力が減ってしまうし、さじ加減が難しいところですが。


とりあえずはこんなところかな?
個人的にはヒロさんの出番がもうちょい欲しかったところです(笑)



■過去のジブリ関連エントリーです♪
◇「コクリコ坂から」関連の話(映画じゃないよ!←ニコファーレの手嶌葵ライブと原作マンガについて
◇「海がきこえる」「ゲド戦記」見てみたよ。
◇「借りぐらしのアリエッティ」観てきました♪
◇ポニョってきた感想を音楽中心で
◇ハウル見た。
◇耳をすませば♪←これは原作マンガの方
posted by ぽぽろんろん at 22:52 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | TV & entertainments
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。