2006年10月31日

ドラマ「のだめカンタービレ」第3話はついに指揮シーン登場!

※ネタバレしまくりです。まだ見ていない方はご注意デスヨ!※

はい、毎度毎度のドラマのだめ感想、今回は第3話〜。

今回はついに千秋とミルヒーの指揮シーンが登場です!
いやぁ、これは何というか…(^^;)
多分ね、1拍目で上から下に一直線に両手振り下ろす指揮者ってあまりいないと思うのよね。
あれやると体操みたいになっちゃう(苦笑)
まぁやっぱり指揮って難しいってことだよね、うん。ということにしよう(笑)

この一連のシーンでは、最初の千秋指揮でのベートーヴェンにビックリ。
(゜_゜;)こ、これは…
高校生の方が上手い…(苦笑)
もちろんこれはドラマ上の演出で、「ミルヒーが振った時に音楽が“鳴り出す”」ことをクラシック初心者にも分かり易く示してくれたんだなぁと後から分かりましたが、最初はどうしようかと思いましたよ。
さすがに音大生がアレってのはねぇ…。
アレなら私でも桃ヶ丘音大には受かるような(^^;)
みんなもこの冬受験してみないか?(ぉぃ

今回秀逸だったのはBGM。
そう、お弁当がおシャカになった後に流れ出したクライスラー愛の悲しみ」。ホントにこっちまでものすごく悲しくなりました。でもあまりに音楽がハマってて悲しみながら爆笑(笑)
これだけで今週はもう満足ですね(ぉぃぉぃ

あとは、佐久邸がマンガよりもド派手に豪華なのに笑い、これまたド派手な隠し扉に笑い、Sオケチェロの誰かさんが着ていたマテラッツィのレプリカユニフォームに「おいおい」と突っ込みを入れ…。思わずジダンを探したよわたしゃ^^;
佐久家の「呪いのヴァイオリン」については、マンガではのだめは「うそ…」とショックを受けた白目で終わってましたが、ドラマでは何やら満足そうにしてましたね。
あれは、桜の父親が桜をないがしろにしていたのが呪いのせいだと分かって…、ってことでいいのかな。

ちょい役では、ヴィオラの静香ちゃん(千秋に泣かされた子)とかコントラバスのカーくん(桜をいじめてた男)とか、ルックス的にあまりマンガと違和感を感じませんでした。
惜しむらくは静香ちゃんがもっと性別不詳だったら完璧(笑)


さ〜て、今週の曲紹介♪
最後、桜が

「でも…、でもわたしはこのオケやりたいです!!

と言った後、その希望を乗せるかのように軽やかに流れ出したのが、メンデルスゾーン交響曲第4番イ長調「イタリア」

メンデルスゾーン:交響曲第3番「スコットランド」、第4番「イタリア」
カラヤン/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

メンデルスゾーン:
序曲「フィンガルの洞窟」
交響曲第3番イ短調「スコットランド」
交響曲第4番イ長調「イタリア」
このアイテムの詳細を見る


メンデルスゾーンと言えば、「真夏の夜の夢」の結婚行進曲が断トツで有名かなやっぱり。
あとは、「春の歌」などの「無言歌集」、歌曲なら「歌の翼に」といろいろありますが、交響曲だとこの第4番がいちばん有名でしょうか。
ドイツロマン派の苦手な私が喜んで聴ける数少ない交響曲です(笑)

第1楽章、三連符で刻まれる軽快なリズムに乗って流れ出す第1主題は明るく躍動感に溢れていて春が来たかのような幸福感に包まれます。
ツヤのある弦と彩り豊かな木管。ここぞと決めるトランペット。ティンパニも曲のアクセントを付けるのにいい仕事をしています。
この楽章が地中海性のカラッとした空気をよく表していると思っていて、私にとってこの曲の8割くらいを第1楽章が占めています(笑)
なので他の楽章の解説は割愛(ぉぃ
第3楽章の第1主題なんかも素朴ながら美しいいいメロディです。
第4楽章もタランテラのリズムでノリノリですね。弦は細かく刻みっぱなしで大変だと思いますが(^^;)

この曲は、私の地元・水戸が誇る水戸室内管弦楽団のレパートリーでもあります。
ここってこれを指揮者無しでやったりするのよね(^^;)
もちろんコンマスやティンパニが中心になる訳ですが、よーやるわホント(笑)



過去ののだめドラマ関連エントリーです♪
◇ドラマ「のだめカンタービレ」第1話、やっと見たぞーっ!
◇ドラマ「のだめカンタービレ」第2話は怒ってるんだぞっ


posted by ぽぽろんろん at 00:34 | 東京 🌁 | Comment(6) | TrackBack(0) | TV & entertainments
この記事へのコメント
こんばんはー。
昨日、偶然TVでやってるのを見つけたので
初めてドラマの方観ました!
千秋はもうちょっと神経質な顔立ちのイメージが。。
のだめは。。。あんまりかわいくないんですね。。ショック。
でもきっと元々そういうキャラなんでしょうがねぇ(笑)
途中からでしたが、話の筋がわかってるので
結構普通に見れました☆
でもこのブログのBGM解説を見ながら観た方が
もっと楽しめそうです、ハイ(笑)
Posted by babar at 2006年10月31日 20:19
■babarさん
こんばんはー。
のだめ、見ちゃいましたか!

>千秋
う〜ん、なるほど〜。
でもまぁ、玉木宏はそれなりにいい線ではあるかなとは思います。
ちょっとお肌にツヤが無いけど(^^;)

>のだめ
そんなショックを受けなくても…(苦笑)
マンガだともうちょっと顔の線とか丸いからかわいく見えるのかもですね。

ここではそんなに至れり尽くせりなBGM解説は出来ませんが(というか、毎週ネタになるCDがうちにあるかということが既に心配…)、少しでもお役に立てれば嬉しいです。
Posted by ぽぽろんろん at 2006年10月31日 21:46
こんばんわ♪
「のだめ」を見てから、ぽぽろんろんさんの解説を読んで、さらにもう一回「のだめ」を見直すと一段と理解が深まりますね。すごいわぁ〜@@;

私なんてBGMなんも聞いてないかも!

指揮者なしで演奏できる水戸室内管弦楽団ってすごいですね。
昔聞いた話しだと、ベルフィルも指揮者なしでぜんぜん行けちゃうらしいです。変な指揮者だとイジワルして言うこと聞かないらしい、、、(笑)

最後になってしまって申し訳ありません!
「リンクしていただいてありがとうございます☆」
Posted by てんこ at 2006年11月01日 19:49
■てんこさん
こんばんは♪
そんな褒めてはいけません。図に乗ります(笑)

>BGM
私はそればっかり気になっちゃう人ですσ(^_^;
例えばレストランとかのBGMでも、曲によってはそっちにばっかり気になってしまう時も。
なので、「話聞いてるのかこいつ?」って思われているかもしれない(苦笑)

>指揮者なしでぜんぜん行けちゃう
世界トップレベルのオケは多分総じてそうだと思います。
個々の技術だけでなく、アンサンブル能力も優れてないといけませんからねぇ〜。

>リンク
いえいえ〜。
気に入ったブログはもう勝手にリンク集に登録しちゃってます(^^;)
Posted by ぽぽろんろん at 2006年11月02日 22:34
こんにちわ、ぽぽろんろんさん。
見たー!!!!千秋先輩〜!!!!!!!カッコいいにゃ〜♪
ソフトバンクの曲がミルフィーが怒っている時に流れて楽しかったにゃ〜。
でも、なんか、やっぱり桜ちゃん…コンバス雑に扱いすぎ…ありえない…あれじゃ音壊れるから(笑)中学生の時の吹奏楽じゃ、ちょっと下に楽器を置いといて、足でちょいと蹴っちゃっただけでも問題になっていたのに…ありえな〜い!!!!本当に楽器がすきなのか!!!と疑問…。
Posted by 白うさ at 2006年11月07日 12:50
■白うささん
こんばんはー。
相変わらず千秋様に萌えてますね〜(笑)

>ソフトバンクの曲
「ロメジュリ」はメインのBGMのようですね。毎週どこかで使われているように思います。

楽器の扱いはね〜。
やっぱり実際に弾く訳では無いでしょうから実感が無いのかもしれないですね。
そういう細かい部分よりも演技を優先してるとも思いますし。

私はもうその辺は見ないようにしてます(笑)
Posted by ぽぽろんろん at 2006年11月09日 23:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。