2012年05月02日

若かりし頃の思い出がちょっとだけよみがえったのだ。

いやー、タイミングってあるもんですね。

先週末に大阪で夜のお仕事があったんですけど、そこで仕事のパートナーだったKさんが元吹奏楽部だということが判明し、待機時間中にいろいろと話が盛り上がってしまいました。今まで何度も一緒に仕事したことあるけどバリサク吹きだったなんて知らなかったー。
Kさんは同年代なので、特にコンクール課題曲とかニューサウンズとかその辺の話題が噛み合って嬉しかったです(課題曲だけでなく、ニューサウンズも世代ごとにやっぱり流行りが違うんですよね)。

そして昨日、「今年の課題曲のCDでも買おうかな〜」と久しぶりにタワレコ行ってみたら楽しいCDがたくさんあって目移りしまくってクラシックフロアを1時間半くらいよだれ垂らしながら徘徊してたのですが、その中でこんなん見つけちゃいました。

ニュー・サウンズ・イン・ブラス・スーパー・ベスト
東京佼成ウインドオーケストラ


◇このアイテムの詳細を見る


これの曲目がなかなかにおっさん心をくすぐりまして。
「アフリカン・シンフォニー」「ボイジャー」「マジック」「サウス・ランパート・ストリート・パレード」「オーメンズ・オブ・ラヴ」「宝島」…。

う〜ん、たまらん \(^q^)/

冒頭のKさんと盛り上がっていたのもまさにこれらの曲たちで。
帯に「ファン投票で選ばれた人気曲」ってあったけど、投票した年齢層のメインって私と同世代なんじゃなかろうか(^^;)
ま、それはおいといて。
「ボイジャー」の音源が今さら出てくるなんて思ってなかったし、この話で盛り上がったばかりだったのであらためてテンション上がっちゃいましてウホウホと手に取ってレジ直行ですよ。
うん、タイミングって大事だね。多分他の時だったら保留してたと思います。既に持ってるCDとかぶる曲目もちらほらあるし。

「ボイジャー」、好きだったなぁ。
序曲風の展開なんですよね。神秘的な序奏でのかっこいいトランペットソロ、そしてメインの急−緩−急部分もステキ。
どのパートもおいしい部分があったんじゃなかったかな。
知らない人はぜひ聴いて欲しいです。



自分のいた吹奏楽部ではこの曲とオーメンズ・オブ・ラヴをしょっちゅうやっていたような印象が。
オーメンズも好きでしたね。1コーラス目後間奏のティンパニが好きでした。



原曲探そうとしたら楽しい動画が出てきました。
スクエアとカシオペアの共演、もとい競演。向谷さんが電車以外の仕事してる!←ぉぃ
そして神保&則竹の両氏に(*´Д`)ハァハァ
派手なことはしてないけどきっちり仕事していて大人の演奏だわ〜。



スクエアと言えば「宝島」も好きなんだけど、原曲聴いちゃうと「(吹奏楽で)なぜラテンパーカッション追加した…」と思わなくもないです(苦笑)
この曲の場合、吹奏楽の人は原曲を後から知ることも少なくないと思うので、「まぁどっちもありかなあ」という感想に落ち着きがちな気もしますが(あくまで個人的な印象だけど)、原曲を先に知っている人だと騒がしい吹奏楽版ってやっぱり許せないものなのかなぁ。どうなんだろね。

↓吹奏楽版


右側のサックスは元T-SQUAREの宮崎氏。ソロの入りからガラッと雰囲気を変えてくるのはさすが。

で、↓こっちが原曲


伊東氏のEWIたまらん。和泉氏のソロもたまらん。
「同じ曲」と思っちゃうと吹奏楽版は演奏できない気が…。割り切りが大事w


てことで、久しぶりにちと懐かしい気分にひたってしまったよ。
やっぱ吹奏楽はポップスが気楽に出来るのもいいところだねー。
posted by ぽぽろんろん at 14:04 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | wind orchestra musics
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。