2007年01月20日

ため息しか出てこない。

最近、折を見てCDの整理をしています(クラシックのみ)。
すると「あ、こんなCD持ってたんだ!」なんてものがいくつか、いや、いくつも出てきまして(汗…)、このところ夜はそんなCDを聴き返したりしています。

そんな中でこちらのCD、結構ヒットしました♪

パガニーニ:Vn協奏曲第1番
メータ/イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団、庄司紗矢香(Vn)

パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第1番ニ長調
ショーソン:詩曲
ワックスマン:カルメン幻想曲
ミルシテイン:パガニーニアーナ
◇このアイテムの詳細を見る


若手ヴァイオリニストとして注目度大な庄司紗矢香のデビューアルバムです。
このCD、見てみたら曲目が私の好みとはちょっと違うんですよね。
パガニーニのヴァイオリン協奏曲はあまり興味ある曲じゃないし、カルメン幻想曲もサラサーテじゃない。詩曲もあんまり…だしね。
そうやって敬遠してるうちに忘れちゃったんだな、これ(^^;)

でも、聴き直してみたらこれがよかったのですよ!

まずパガニーニヴァイオリン協奏曲、第2楽章の音色がいいのです♪
この質感、抑え目の光沢に思わず「ほえぇぇ〜」とため息が出てしまいました。
これと対照的に明るくツヤのある音色の第3楽章が続くと、その対比にこれまた「ほえぇぇ〜…」。
もちろん、第1楽章の長大なカデンツァも凄いしね〜。
どの楽章も「ほえぇぇ〜」とため息しか出てこない。
…曲はやっぱり私の好みじゃないんだけど(爆)

カルメン幻想曲の方は、アラゴネーズから始まるサラサーテのと違ってワックスマンのは「がんばれベアーズ」のテーマでお馴染み(って今時の人は知らんだろ…)の前奏曲(闘牛士の歌)から始まるのね。
アラゴネーズも途中で出てくるものの、アラゴネーズ好きな私としては冒頭からぶちかましてくれた方がワクワクします(笑)
この曲では、アラゴネーズやハバネラでの妖艶な色気がちょっと足りないかも?
でも、凄く丁寧に弾いていて1つ1つの音がとってもきれい。もの凄く細かいパッセージでも音の粒に一つ一つきちんと輪郭と芯があるんですよ。
このことはこのCD全体的に言えることで好感が持てます。というか、音をここまで的確に掴む力は凄いですよ。これまたため息もんだぁ。ほええぇぇ〜……

そして何よりね、これが17才の演奏かと思うともうホントにため息しか出ないのよ。
メータのおっちゃんと並んでいるジャケ写を見ると小学生にも思えちゃうくらいあどけない笑顔なのに。
どうやったらそんな音色やあんな音色を練り出すことが出来るのですか?
自分が17才の時って言ったらそりゃもう肩の力ガチガチで。高校の学苑祭の吹奏楽ステージでA.リードの「ギャロップ」(第1組曲より)をやってシロフォンマレットのプラスチックヘッドを割っかいてた頃ですよ(笑)
私みたいな凡才と比較するのも庄司紗矢香に失礼というものですが、「際限が無いのか?」と思うくらいある人にはあるものなんですねぇ、才能ってヤツは。
凡才ぽぽろんろんはスピーカーからぽろぽろとこぼれてくる彼女の才能のおこぼれを貰うことくらいしか出来ない訳ですが、それで自分の音楽性が少しでも底上げされるのであればもうけもんですかね(^^;)

ということで。
ほえぇぇ〜」とため息ついてみたい方はぜひ聴いてみて下さいな(笑


posted by ぽぽろんろん at 00:57 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | classical musics
この記事へのコメント
こんばんは、ぽぽろんろんさん。
でましたね!!ぽぽミュージックボックス!!整頓お疲れ様です(笑)
くは〜ほえぇぇ〜な曲なんですね!確かに!!!!このおじさんのとなりの子は小学生で通じる!!!!!!!
…もしや…ぽぽろんろんさん…ジャケの女の子に萌えてジャケ買い?!(笑)

昔はあまりスキじゃなかった曲でも改めて久しぶりに聞くと好みとか変わってやっぱりスキかもになる事ありますよね。
Posted by 白うさ at 2007年01月20日 03:18
■白うささん
こんばんは〜。

>ほえぇぇ〜な曲
そうです、「上手いねぇ〜」とため息出ちゃいます。
若くて才能ある人ってのは羨ましいですよ。

>女の子に萌えてジャケ買い?!
こらこら、違うがな(^^;)
外見でクラシックのCDは買いませんよ。
ポップスならあり得ますけど(笑)

>昔はあまりスキじゃなかった曲でも(略
そういうのはありますね。
好きなものが増えるのはいいことですね。
減らさないようにしたいです(^^)
Posted by ぽぽろんろん at 2007年01月20日 18:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。