2014年06月09日

TWオケ定演終わったー

先週・今週と月曜はゴールデンウィーク出勤の代休をあてていますぽぽろんろんですこんにちは。
昨日はTWオケの定期演奏会でしたよ。
あいにくの雨ということもあり、もともといつも少ないお客さんがさらに少なくて結構泣きそうでした(ノД`)・゜・。

ま、それはともかく。
プログラムは次のとおりです(カッコ内はぽぽろんろん担当楽器)。

■C.ウィリアムズ:ファンファーレとアレグロ(Cym, S.Cym, Glo)
■小林武夫:コンサートマーチ「青葉の街で」(Cym)
■J.S.バッハ/A.リード:目覚めよと呼ぶ声あり(Timp)
■バーンスタイン/デュソイト:ウェストサイドストーリー・セレクション(Drm)
〜休憩〜
■酒井格:大仏と鹿(Xylo, Glo, Tamb)
■吉本新喜劇のテーマ(Tamb, Tri)
■「斎太郎節」の主題による幻想(B.D)
■荒井由実・松任谷由実/真島俊夫:ユーミン・ポートレート(Drm)
■ホルスト:吹奏楽のための第二組曲(S.D, Tamb)
〜アンコール〜
■和泉 宏隆/真島俊夫:宝島(Agogo)
■フィルモア:サーカス・ビー(Cym)


今回の演奏会、ぶっちゃけ不満だらけです。
まずは曲目。当初決まっていた「交響的断章」と「カンタベリー・コラール」がそれぞれ「大仏と鹿」と「目覚めよ〜」に変更になりました。
どちらも練習参加人数の少なさが原因です。前者はバンド全体で1台のオルガンを表現するような曲のためある程度のパートがいないと曲にならず、後者はDes Durの曲を仕上げきれないという理由です。
とはいえ、代わりに入った2曲が簡単なわけじゃあないんですけどね。特に後者は曲目変更を本番1ヶ月前くらいで決めたもんだから消化不良もいいとこ。曲にもお客さんにも失礼ってもんですわ…。
そしてアンコールは2曲とも去年と同じというね。いくら時間が無かったからってやっつけ仕事すぎ。決まったのも直前だからパート替えする余裕すら無かったです。

あとは譜面配布の遅さ。これはいつもある程度は遅いんですけど(苦笑)、今回は特に遅かったです。吉本なんかはこれも1ヶ月前の配布。結果、消化不良。
吉本なんていくらでもネタや演出を仕込める曲なのに、配るのが遅かったら音符をさらうのに精一杯でそんな準備もできやしません。もったいねー。
今年はこれに限らずいろんな準備が遅かった印象。チラシやプログラム作成、Webページでの告知、等々。この辺に自分は関わってないから事情も把握しないまま批判だけはしたくないんだけど、でも結果だけ見ればやっぱりgdgdだったなと。

上記のことは結局、忙しい団員が多くなったのが原因なんですよね。それはそれで仕方ないことだと思うのですが、まともな合奏がろくに出来ないことが続くようだと困ってしまいますね…。

まあそんなこんなありながらも、いちばんの不満は自分のドラムの出来ですけどね!
ヽ(`Д´)ノ
ウェストサイドとユーミン、どっちも満足いく演奏は出来なかったですねぇ…。
とりあえず圧倒的に合奏の経験値が足りなかったです。個人の技術的なことももちろんいろいろとありますが(特に右足の不安定さ加減)、それよりも合奏経験の少なさですね。
個人練習はスタジオ借りてちょこちょこやっていましたが(でもそれも足りてはいませんでしたが…)、それをそのまま持ち込めば合奏できちゃうってわけではありませんからねぇ。
しかしこれについては今後もTWオケの合奏でしか経験値を貯められないので、これからもどんどん触っていくしかないですねー。

全体での演奏面ですが、いやあ、ホルスト2組の3曲目は冷や汗かきましたねぇ…(^^;)
指揮と演奏が冒頭から完全にズレて止まるんじゃないかと思ってしまいましたよ。これまたよく持ち直したなぁ。ていうか、この曲を予拍無しで振り始めるのは無理だよ(苦笑)
2週連続でこんな経験をするとは思わなかったです。しかもスネアの自分も今回は当事者。怖かったわ〜(^^;)
それ以外はよくも悪くも練習どおりだったかな。まぁ、あまり意外なことばかり起きてもこっちがドキドキしちゃうだけなんでそれでいいですw


TWオケについては、あとは2ヶ月後のコンクールに向けての練習ですねー。
ぶっちゃけ、成績どうこうよりきちんと合奏回数を重ねられるができるかという点の方が気になります。
あんまり集まりが悪いようなら以降の活動方針とか考えた方がいいかもね、マジで。
posted by ぽぽろんろん at 13:46 | 神奈川 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | my music activities
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。