2007年06月22日

「もやしもん」第5巻は…表紙誰やねん!(笑)

※!この先ネタバレでかもしまくりにつき進入注意!※



今日、職場で「そーいや、もやしもん5巻の“おまけ”って何だろう?」って探してたらオリゼーのフィギュア付きストラップだったので必死で定時上がりしたぽぽろんろんですこんばんは(笑)
もちろんおまけ付きをゲットしましたよ♪

もやしもん第5巻おまけ付き.JPG

「表紙は誰だ?」ってのはとりあえずおいといて。
今回のオリゼーは◇第4巻のおまけと違って半透明。ストラップ部分は片側に「もやしもん」の文字に電話マーク、反対側はオリゼーの学名が書かれていました。う〜んやっぱりかわいいわ、オリゼー♪

もやしもん第5巻おまけ全景.JPG もやしもん第5巻おまけオリゼー.JPG

もやしもん第5巻おまけストラップ表.JPG もやしもん第5巻おまけストラップ裏.JPG


ということで内容の方へ行ってみます!


まずは導入が卑怯だわ(^^;)
2コマ目の直保、3コマ目の主要キャラの画にいきなり吹いた。そしてページめくるとあらすじがこれまでの単行本の次巻予告(これが毎回ふざけまくりの超デタラメ)を元に語られるってどんだけー
この巻はこれでまず撃沈です(苦笑)

さて、この巻の軸はまず遥の退学(?)&結婚騒動ですな。
父親の強引な作戦により、勝手に決められた許嫁とフランスへ婚前旅行!そしてそのままフランスで結婚式らしい。ってものすごい急展開だよこれ。もちろん遥の意志はこれっぽっちも入っちゃいない訳で。
◇ホテルリッツパリに宿泊してモン・サン・ミシェルへ(その先はまだ不明)。樹教授の言うように確かに「あの子が望んでるなら素敵な事」なのですが…。
リッツで許嫁と一緒にダブルベッドで寝ていたので「え?」と思ったら2人の間に思いっきりスーツケースで仕切り入れてました。ま、そりゃそうか(笑)

そしてもう一つの軸が収穫祭。農大の秋の一大イベントですね。
無料で配られる野菜に群がる主婦たち、それを整列させようとしてあっさり敗北するアメフト部(つーか、「アメフト部が列作れって毎年言うからまず潰すわよ!」って主婦の気合いが怖すぎ。このコマの主婦たちの顔ってホント亡者だもんなぁ^^;)、三上教授vs立花助教授、気功だけでなく格闘ゲームも達人だった三上教授、コンボで為す術無くハメられる立花助教授、子供達の前でニワトリを絞めるところから始める「実演からあげ」の屋台(おいおい…)、「留学生のチャパイ君が大量に密輸してくれた日本初上陸の食物」の屋台(すんげー気になる)、「スマイル200円」の及川バニー(このバニーはかわいいわ。今回はこれ含めて及川のシーンがいろいろとかわいかった)、それに張り合った武藤のミッキー、またまた登場口噛み酒、…などなど、春祭なんて目じゃないくらい小ネタ満載過ぎて困ってしまう(笑)
そんな中に出てきました表紙の人物、田中恭子。収穫祭のライブに呼ばれていたアイドルでした。
分かんねーってそんなの(苦笑)
ちなみに私は最初、蛍に負けじと頑張った直保の女装かと思った(ぉぃ
ついでに裏表紙は、収穫祭のマスコットである「イネくん」と「イネちゃん」でした。

イネくんとイネちゃん.JPG

…何とも言えない造形だ(^^;)

さてさて、話しを本筋に戻すとこの収穫祭に遥が来ないことで例の旅行が発覚、祭の終了後に直保と美里・川浜の3人で遥を追いかけ渡仏することに!
そのための資金を祭で稼ごうと及川バニーとゴスロリ蛍が客引きをやったり、美里たちも口噛み酒を詐欺紛いに売ったり(笑)と、何だかんだで醗酵蔵のメンバーってまとまりが出てきたんだなぁと感じてちょっと嬉しくなりました。

ということで次の巻ではフランスのかもしがいろいろと出てくるんだろうなぁと思うとまたワクワクしますね。
そして遥の騒動の結末はどうなるのか?まさか、美里と…?ってなったら凄いことだ。
多分無いだろうけど(^^;)

それでは、それ以外の小ネタを。
■樹教授が焼酎について語っている背後での職人の叫びがたまらない。
森伊蔵「3千円の酒は造ってるが桐箱に入った2万の酒なんて造ってねえぞー
(これは初めて知った。じゃああれはぼったくり…?^^:)
魔王「イモがどこにもねえよー」
村尾焼酎ブームおわっちまえー

…確かにそうだよなぁ。流行りで飲んでるねえちゃんやそれに媚を売るにいちゃんやおっちゃんに訳も分からないままガンガン消費されちゃたまったもんじゃないよね、実際。

■「純米酒:精米歩合が70パーセント以下のもの」という精米歩合の基準が無くなっていたなんて!
これも初めて知りました。酒税法改正でそんなこともあったのか。
今は「純米酒」って書いてあるだけじゃ判断できない部分もあるのね。今後はちゃんと精米歩合も確認しませう。
ちなみに、大吟醸や純米大吟醸の「精米歩合が50パーセント以下」ってのは変わっていないようです。

■第57話の川浜の紹介文。
「三つ子。長男・琢馬、次男・カルロス、三男・ホセ。この三つ子が波と戯れる姿はラッセンの絵画のよう。」って何だよ(笑)
吹いたっつーの。

■今回の単行本下の画は…何?(^^;)

■名無しのバーテンのキャラ
これはおいしすぎ。特にうんちくおっちゃんとの絡みはサイコーだ(笑)

■L.ラクチスとS.セレビシエの名言。
「何言ってんだそこのホモサピは。俺らは酒造ってんじゃねェ 生活してんだ」
確かに。彼らは人間のために発酵してるんじゃない。単なる生命活動なんだよね、自分たちのための。
人間はそれを勝手に利用しているだけであって、菌たちを人間の思うように操ろうなんて本当は身の丈をわきまえないことなのかも?

■火落ち菌の素顔が気になるーーっ!!

■カバーを外した裏表紙にあるアニメ「もやしもん」の初期設定画!
武藤も直保も違いすぎる!!これは期待出来るのか……??


もやしもん 5―TALES OF AGRICULTURE (5)
石川 雅之

◇このアイテムの詳細を見る




■過去のかもされ関連エントリーです♪
◇「もやしもん」にかもされそう(笑)
◇成分解析「もやしもん」ばーじょん♪
◇「もやしもん」3巻は表紙が卑怯だ(笑)
◇「週刊石川雅之」はフランスの国鳥が卑怯だ(笑)
◇「もやしもん」第4巻は、樹教授の怖さを知りました(笑)
タグ:かもすぞ
posted by ぽぽろんろん at 23:45 | 東京 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | books & comics
この記事へのコメント
 もやしもんは、秋にはアニメ化みたいですからね。
5巻も買いに行かないと…。
Posted by でし丸 at 2007年06月23日 08:26
■でし丸さん
>アニメ化
本文最後に書きましたが、画があまりに違いすぎるんです(少なくとも武藤と直保は…)。
一体どういうことになるのか、ちょっと怖いです(苦笑)
5巻も早く買いに行っちゃって下さい♪
Posted by ぽぽろんろん at 2007年06月23日 19:22
こんばんは。お久しぶりです。
毎記事レスさせて頂いてます。
お酒の話題が出たので、少しだけコメントを。。。
純米酒基準精米歩合70%以下が無くなったのはもう2,3年前の話で、その代わり、麹歩合15%以上という基準が加わりました。
要は、米粉と糖化酵素液とで造った『米だけの・・・』と言うようなのを排除したんですね。米麹をキッチリ使って仕込まれたお酒を『純米酒』と呼ぼうよ!って具合です。
大手の酒蔵では、本気で純米酒を造らないといけなくなったので、大変だったみたいですよ。と言うのも『純米酒を造れない杜氏さん』がいたとかいないとか・・・と言う噂も聞いた事があります。。。
Posted by NAN at 2007年06月23日 22:49
■NANさん
こんばんは。お久しぶりです♪
コメントありがとうございます。

>その代わり、麹歩合15%以上という基準が加わりました。
>要は、米粉と糖化酵素液とで造った『米だけの・・・』と言うようなのを排除したんですね。
なるほど。これは「もやしもん」には書いていなかったですね〜。
「もやしもん」の書き方だと精米歩合のことしか書いていなかったので、この改正は改悪という認識になりますが、NANさんの言う見方をすれば妥当な改正ということになりますね。
勉強になりました。

>純米酒を造れない杜氏さん
それまでの純米酒のやり方しか分からない訳ですね。
確かにそれはありそう…(苦笑)
現代の技術しか使いこなせなくなっている人が増えて昔のものが受け継がれなくなっていくっていうのは、伝統工芸全般に言えることですよね。
仕方のないことですが、なかなか難しいですねぇ…
Posted by ぽぽろんろん at 2007年06月24日 19:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。