2007年07月25日

クリストファー、カムバーック!!

…と、今更のように叫んでみるテスト(笑)

いやぁ、昨日ニコニコ動画でランダム検索してたらふと「ロックンロール」のPVにぶつかったんです。
で、久しぶりに見ながら「やっぱいいよな〜」と実感。

■くるり - ロックンロール : YouTube


Flashなので音ズレはご容赦下さい。
クリストファーがいた頃の世間的な最高傑作はこれになるかなぁと思います。というか、クリストファーが正式メンバーだった期間のシングルはこれだけなのですが(苦笑)
ま、それは別としてもこの曲自体結構売れましたし、この曲を含むアルバム「アンテナ」もこれに引っ張られるようにして売れた印象があります。
くるりの代表曲と位置付けている人も少なくないかと思ってます。
ここでもクリストファーは最初の方でバチ落とすわ最後にバスドラ蹴っ飛ばすわ素敵なのですが(何ぢゃそりゃ^^;)、でも私にとって彼の真骨頂はこの曲ではありません。
それは「すけべな女の子」。アルバムには収録されていないようですがPVは存在します。
いい意味で狂っている彼のドラムをご覧あれ〜♪

■くるり (Quruli) - すけべな女の子 : YouTube


かつてこれをたまたまTVで見た時にぶったまげたのよ。「なんぢゃこいつは!アホか?(褒め言葉です念のため)」って唸っちゃったのよ。1stアルバムは買ったもののそれ以降くるりから離れていた私の心をギュッと鷲掴みだったのよ!PVと音源で全然違うこと叩いてるのなんて気にならないくらい一目惚れだったのよ!(笑)
PV自体もめっちゃクリストファー重視ですしね〜。この曲自体も面白いし、これはもう永久保存版です。決定。
ぶっちゃけ、「アンテナ」も彼のために買ったようなものなのですよ実は(笑)

正式加入の時期とはかぶりませんが、確か「HOW TO GO」や「ハイウェイ」でも既にサポートメンバーとして叩いていましたよね?確か。

◇くるり - HOW TO GO : YouTube
◇くるり - ハイウェイ : YouTube

これだけだと判断しづらいけど、このしっかりしたビート感はそうかなぁと。違ってたらまぁそれはそれということで(ぉぃ

そんなクリストファーですがあっという間に脱退してしまい、私はまたくるりをほとんど聴かなくなっちゃいました(ぉぃ
くるりも今や2人だけになっちゃいましたもんね。聴かなくなっちゃったとは書いたものの、やっぱり何か寂しい…。
やっぱクリストファーいいよなぁ。彼のいた頃のくるりをまた聴きたいよなぁ。

つーことで。

クリストファー、カムバーック!!


タグ:くるり
posted by ぽぽろんろん at 00:02 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | pop & rock musics
この記事へのコメント
くるりは、アッコちゃんから教えてもらいました。
「ばらの花」ですら知らなかった。
そうか、こんなに元気なバンドだったんだ!
えー、こんなにいっぱい人がいたんだ!と
びっくりしました。
ん、そーいやアッコちゃんは、
「ドラムががっちりしたバンド」がツボなんでした。

そして、岸田さんってこんなに詩人だったのね。
歌詞検索してみて、これまたびっくり。
目ウロコでした。ありがとう。
Posted by まちゃ at 2007年07月25日 04:15
こんにちは、ぽぽろんろんさん。
うは〜このドラムすご…(汗)
TVとかのプロモーションとかでドラムがカッコつけて叩いているのをまねしてみたいな〜って思ったことありましたけど…実際やってみたら…スネアのふち叩いてたり、シンバルがスカッてならなかったり(汗)見せるドラムは難しい!!のだめの千秋先輩みたいに見せるピアノみたいに出来ない!そうなりませんかね〜?うちがヘタレすぎなのかしら(泣)
Posted by 白うさ at 2007年07月25日 12:32
なんじゃこりゃぁ〜〜〜〜♪

かっくいい〜〜♪
クリストファー、かっくいいよっ!!!
こんなドラマー、なかなか居ないよっ(てか、日本人だと無理っぽい^^;

日頃は、高橋幸宏さんのドラムがメロメロポイントなのですが、
クリストファーいいっ!(ウルサイw

んで、くるりって初めてちゃんと視聴しましたが、良いですねぇ。。。
なんか、ぐっときっちゃった(ぁ
Posted by 志津 at 2007年07月25日 14:45
■まちゃさん
うおっ、朝早くからのご訪問ありがとーございます♪
まちゃさんのくるり観が変えた時点で、私がこのエントリーを上げたかいがありました♪

>こんなにいっぱい人がいたんだ!
そーなのよ(^^;)
一時期は4人いたんです(結成時は3人)。
人の出入りが激しいのは、岸田の作風が一貫していないところもあるのかも?
とりあえず、この4人の時期は私にとっては「くるりが蘇った!つーか最高じゃないか?」と思った時期でした。

>詩人
そーなんです。
このエントリーでは敢えて書きませんでしたが(だって長くなるから…)、岸田の書く詞がくるりの大きな魅力です。
そこを知ってもらえて嬉しいです。

■白うささん
クリストファーのドラムは凄いですよ!
実力がしっかりあるからこそのパフォーマンスですね。
白うささんも見せるドラムのためにはまず実力を付けませう。
そして私も見せるティンパニのためには実力を付けなければ…

>千秋先輩
彼は多分、見せるよりも聴かせることを優先していると思いますよ。
マンガでもドラマでも画がある以上は(作者や監督が)かっこよく見せたりしてるかもしれませんが、千秋の演奏や指揮の本質はまだそっちには無いんじゃないかなぁ。見せようというような余裕はまだそれほど無いはず。ミルヒーやヴィエラを目の前で見てその実力差を身に染みて感じているはずですから…。

白うささんが千秋先輩に惚れてるからかっこよさ100倍で見えちゃってるのかも?(笑)

■志津さん
>かっくいい〜〜♪
でしょでしょ?
かっこいいっしょ?(^^)
うるさいくらい連呼しちゃっていいですよ(笑)
確かに日本人でこういうタイプは見ないかもしれないですね〜。

>高橋幸宏
確かにこのお方もセンスいいなぁ。憧れちゃいます。

>くるりって初めてちゃんと視聴しました
お、くるり初体験ですか?
ぐっときてもらえて嬉しいです〜。
アルバムも結構出ていますので(先日ベストも出ました)、機会があったらいろいろ聴いてみて下さいな♪
Posted by ぽぽろんろん at 2007年07月25日 23:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。