2007年09月10日

最近の練習への独り言(07/9/2)

ネットが無かった期間(前回とその前)のSフィル練習について、本当はいろいろと言いたいことがあったのですが、とりあえず1つだけ挙げたいと思います(それでもかなり長くなってしまった…)。

それは弦楽器(というか高弦)のこと。
前回の練習で「くるみ割り」の「小序曲」を初めて聴いたのですが…

これは大丈夫ですか?

ぶっちゃけ、音楽以前のことになってる…(ーー;
出だし、弱音のスタッカートがまるで音になってない。摩擦音しかしませんでしたよ?(滝汗

ぶっちゃけSフィルは音程も酷いし先生に指示されるまでどう演奏したいのか分からないことも少なくないし、それらのことについてここで苦言を呈したことも何度か(何度も?)ありますが、それは一応「音」が出ている上でのこと。
何とかやりようはある訳ですよ。
でも今回のはかな〜り根本的な問題と思ってます。私自身は弦楽器の経験が無いので想像でしかありませんが、ボウイングの基礎からキチンと見直さないとにっちもさっちも行かないような…。

前回の練習でA先生が「右腕の力を抜いて弦に腕の重さを乗せる」ことを見せて下さっていましたが、まさにこれですよね。

話はちょっと飛びますが、パーカッションも、いかに力を抜いて楽器に力を伝えるか、そして伝えた力をいかに止めないかってことが音の生命線になっています。
私もいつもそこに苦労している訳ですが。
力を伝えるだけなら力押しでも出来るんです。でもそれだと音を出した2つの物体(バチと鼓面、トライアングルとビーター、合わせシンバルの2つのシンバル、etc…)の接触時間が長くなってしまい、音を出した後の楽器の振動を自らの手で止めてしまうことになるんですね。
その結果、伝えた力はほとんどが無駄になってしまう。

この接触時間を短くするために、ぶつかった2つの物体を離す動作まで力で制御することはとっても難しいです。というかまず無理。
でも、力を抜いて自然のままに任せるとぶつかった2つの物体は自然に離れるんですよ。これは壁に投げたボールが跳ね返ってくるのと同じ単純な物理現象。
だからパーカッショニストは、その反発作用を邪魔しないようなフォームや力の抜き方(あるいは入れ方)を練習するんですね。
これらはちょっとやそっとの練習じゃ身に付きません。よっぽど才能のある人以外は年単位の時間が必要かと(私もそれなりに出来るようになるのに3年以上かかりました…)。

弦楽器にも同じようなことが言えると思うんですね。
パーカッションは発音物の接触が単発、片や弦楽器は断続的という違いはありますが、「伝えた力を殺さないようにすることでいい音が鳴る」「そのためには音を制御する腕の力を抜くことが重要」という点では変わらないかと。
管楽器は…どうだっけ?(ぇ
でもやっぱり、発音部分であるリードやマウスピースとそこと接触している口について同じようなことが言えたはずですよね。

…何か余計な話が長くなってしまいました(^^;)
とりあえず、この現状を打破するにはA先生が見せて下さったような力の抜き方、弓の乗せ方などなどが必須となってくる訳ですが、おそらく各奏者で固まってしまっているフォームを根本から見直すとなると、かなり長期間の辛抱強い練習が必要だと思っています。
そこまで出来るのだろうか?大丈夫かなぁ?

ここまでダラダラと書いてきたことが、弦楽器を知らないパーカッショニストの杞憂・戯言で済めばいいですが、実際のところはどうなのでしょう?よかったら教えて下さい、弦楽器奏者の方々。
かなり早い時期ではありますが本当に心配しています、私。だってこれが一年足らずの練習でガラッとよくなる性質のものだと思っていないので…。

ただ、もし「小序曲」を弾きこなすことができるようになれば、おのずと弦楽器全体の音の厚みも増してくることは確実だと思っているので、そこは期待しています。
そうすれば、f出す度にY先生から「抑えて!」ってジェスチャーされずに済む確率が上がりますから(爆)


タグ:Sフィル
posted by ぽぽろんろん at 00:36 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | my music activities
この記事へのコメント
こんにちは、ぽぽろんろんさん。
練習大変ですね…。
うちも結構力任せっぽかったかも(爆)
うまく抜くって事が苦手でしたわ(汗)
本当練習あるのみですよね…根気強く何度も×2地道に…。
それで出来た時の達成感は本当気持ちイーンダヨ!!の一言。
Sフィルの皆さん頑張ってくださいね。応援してます。
Posted by 白うさ at 2007年09月10日 12:33
■白うささん
こんばんは〜。
こんな愚痴にまでコメント申し訳ないっす。

私も高校時代は力任せでした(^^ゞ
ちゃんと出来るようになったと思ったのは、大学4年生になってからですし。

ホント、こういう基本的なことは地道なのですよ。
でも、これを意識を持って繰り返せばふと出来るようになるんですよね。不思議不思議。
そして確かに気持ちいい!

私ももうひと周りレベルアップしなくちゃなぁ。
Posted by ぽぽろんろん at 2007年09月11日 00:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。