2007年10月31日

「もやしもん」アニメとDVDとマンガと。

※アニメ第2話・第3話のネタバレを含みますので、未聴地域の方を中心にご注意下さいませ※






ということで、今日はもやしもんの話をいろいろと。
まずはアニメです。まだ書いていなかった第2話及び第3話について、原作との相違点を中心に簡単に感想を〜。

■第2話
この回から川浜と美里の2人が登場。
美里の「笑い飯」度は原作より低かったですが、川浜は…。顔デカすぎ(笑)
もの凄いバランスだなこれは(^^;)

あとは、登場キャラの「黒い顔」が印象的でした。
灰を片手に「僕はヒオチを殺すよ」の蛍の顔とか、沢木のことを樹教授から聞いた時の美里・川浜の顔。
どっちも黒すぎ(笑)
特に蛍のは凄かった。違うマンガかと思ったよ。
あ、演出としては笑えたのでよかったですけどねー(^^)

この回で「あれ?」と思ったのは、鞄を取りに蛍が寮から樹教授の部屋に戻った時、そこにいた長谷川との会話。

長「あら、沢木の片割れじゃない。まだ学内にいたの?」
蛍「ええ。例の先輩たちの寮に」

…この会話はおかしいよね?
酒の密造現場で長谷川は川浜たちと直接顔を合わせてないし、沢木たちが川浜たちに連れられて寮に行ったのを長谷川が見たことを蛍は知らないはず。
だから、「“例の”先輩」って表現はあり得ないんだけど…。
原作ではここ、蛍は「いやー……何かいろいろありまして」とごまかしてるんですけどねぇ。
まぁでも、その後に長谷川が
「あの子の力を知られたら 利用しようとする人間は樹先生やヒゲやデブだけでは済まないわよ」
って原作でも言っちゃってるからおんなじようなもんなんですが(苦笑)

■第3話
エイ(を持った及川)の登場シーンは原作より上手くて笑いました。完全にエイがひょこひょことやってきてましたからね。
そしてその後ろから顔を出した及川を見て、
「髪の色、オレンジなのかー。マンガじゃどういう設定だったっけ?」
って思ってマンガ見返して、色付き及川の絵が無いことに気付きました(つーか、ほとんどの人間キャラがそう)。
カラーの目安になるのは表紙だけ。

…なら第5巻であんな一発キャラ使うなーっ!(笑)

マンガじゃ及川に髪の色を付けてないのでもうちょっと薄い色かと思ってました。まぁだからどうなんだと言われりゃ何も無いんですけど。

残念だったのは、ホンオフェ試食シーン!
なんてあっさりな反応なんだ。
蛍だけはちゃんとビーム吹いてたけど、それ以外は無いに等しい。
沢木の詩的な感想とかpH試験紙とかアサガオのくだりは笑ったのになぁ。
そしてそれに続くテラフォーミングの説明も少なかった。確かに原作じゃ教授が橋田ドラマ並の長ゼリフをかますので大変っちゃ大変だけど(笑)
でもアニメの説明だけじゃ今イチ伝わりきらないんじゃないかなー、という気もしてしまった。
そこはアニメの本筋じゃ無いってことで割り切るしかないか〜。

実はさらに残念だったことがありまして。
それは、及川が寮を訪れた時の「人間にどれだけ菌やらカビやらがいるか」のエピソードの数々がほとんどすっ飛ばされたこと。とりわけ「人間の顔に住む寄生虫」(あなたのまつげの根元にもいるのです…)エピソードが飛ばされちゃったのはとっても残念…。
あれこそ世の除菌ブームにベロ出してあざ笑えるいい話だったのに〜(こらこら^^;
もしかして、及川みたく顔に除菌スプレーかけちゃう人が続出する可能性があるからだろうか?(違
とにもかくにも残念。

アニメとはちょっと話が外れますが、私の職場にとっても潔癖な男性がいて、トイレの後すんごい丁寧に手を洗って分単位でずーーーっと手を拭いているんですよね。
その光景を見る度に、マンガ第2巻末の表皮常在菌のお話しを読ませてあげたくなります。
体を清潔に保ちたい
それゆえに
頻繁に体を洗う
これが実は
体がクサくなる
原因なのです

皆さんも表皮を守ってくれる表皮常在菌とは大事に付き合っていきましょーね。
及川もクサくなるなよ!(笑)

…うわ、長くなっちゃった(汗
逆によかったのは日本酒かもしの講義シーン。
アニメの方が格段にかわええ〜♪
乳酸菌やオリゼーやセレビシエがフワフワと動き回って醸しまくる。オリゼーがデンプンを糖に変え、セレビシエが糖を食べてプリッとアルコール出しちゃう。
この描写はさすがにアニメに軍配が上がります。
可愛くて悶え死んだ人もあちこちにいたでしょー。私を含めて(笑)

原作と違ったシーンとしては、すり替えられた口噛み酒を飲むシーンもありましたね。
原作では沢木が飲まされますが、アニメじゃ何と長谷川が!
これは美里と間接キスという見方も出来ますからねぇ。長谷川にはとてつもないダメージだよねぇ。笑っちゃいますよねぇ(笑)

来週は、この回で飛ばされたO-157のエピソード。
これも楽しみ〜♪


さてさて、もやしもんはアニメDVDの予約も始まっています。
当初DVDは全く興味がありませんでしたが、Amazonの画像を見たらビックリしました。
何と、◇VOL.1初回限定生産版のオマケにしゃべる「かもすぞ オリゼー」マスコットが付いてくる!
まだこれを見ていない人、上のリンク先にあるマスコットの画像を見てちょーだいって。

何というかわいさ。

えーと、無意識に予約してしまいました(爆)
でも、VOL.1だけ買ってもしょうがないしなぁ〜。残りも買おうか現在迷い中です。…でもかなりの高確率で全部買うと思います(苦笑)


あと、早くもマンガ第6巻の予約も始まっています。
これも何を血迷ったか◇限定版にぬいぐるみが付いてきます!
しかもこのぬいぐるみ、予約限定生産で高さも40cmあるそうな。
もちろんこれも一気に予約です(核爆)
でもその後、他サイトでぬいぐるみの画像を見てみたら…。
↓↓↓↓
◇JBOOK:もやしもん(6)【限定版:「A.オリゼーぬいぐるみ(40cm)」付】

ちょっとバランスがビミョー?
小顔なんですよね。しかも妙に球体すぎる気もします。
発売までにそこら辺が改善されているといいなぁ…。



■過去のかもされ関連エントリーです♪
◇「もやしもん」アニメ見たよー♪
◇「もやしもん」第5巻は…表紙誰やねん!(笑)
◇「もやしもん」第4巻は、樹教授の怖さを知りました(笑)
◇「週刊石川雅之」はフランスの国鳥が卑怯だ(笑)
◇「もやしもん」3巻は表紙が卑怯だ(笑)
◇成分解析「もやしもん」ばーじょん♪◇「もやしもん」にかもされそう(笑)


タグ:かもすぞ
posted by ぽぽろんろん at 23:13 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | TV & entertainments
この記事へのコメント
 販促のぬいぐるみがヤフオクに出て、問題になってますね〜。
それだけ普通の書店が困窮してるってことでしょうか…。
Posted by でし丸 at 2007年11月01日 17:52
■でし丸さん
そうですねー。これは腹立たしいです。
全書店に配られる訳じゃないですから(むしろ無い本屋さんの方が多い?)、せっかくのグッズを横流しとは憤る人も多いでしょう。

>普通の書店が困窮
確かにネット等にお客さんを取られちゃってる本屋さんもあるとは思いますが、でももし貰った販促グッズを片っ端から売りまくらないとやっていけないんであれば…、商売やめちまえって気もしないでもないです。

ホント、困ったものです。
Posted by ぽぽろんろん at 2007年11月01日 22:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。