2007年11月15日

やっと聴いたよ「民生・カバーズ」

う〜ん、アンテナに引っかかるのが遅れてしまいました(つーか遅れ過ぎ)。
民生・カバーズ」ともう1つ「ユニコーン・トリビュート」という2タイトルが先月同時発売されていた訳ですが、とりあえずはスピッツが登場する前者を一通り聴いてみました。

スピッツがカバーしたのは「さすらい」。
「完成度が高い」という評判だけはチラッとネットで見かけていたのですが、聴いてみてなるほどと。まんまスピッツじゃないかと(笑)
「さーーーすらーお」と上のファの音を連呼するサビはマサムネさんの声にぴったんこ。
アレンジのギターアルペジオ具合もスピッツそのものだし、完全に彼らの楽曲として吸収されています。
こりゃたまらんよ♪
欲を言えば、もう2つくらいキーを上げてもらえるとさらにヴォーカルの伸びが映えてよかったかも〜。
でもこれは聴く側としては満足の出来ですよ、うん。

その他の曲で、アーティスト色とぴったんこだなぁと私が特に思ったのは、
  • 木村カエラ:マシマロ

  • ウルフルズ:トロフィー〜ヘヘヘイ

  • 井上陽水:The STANDARD

この3組かな。
どれも第一声で聴く側を自分の世界にグイーッと引っ張り込む力を感じました。特に陽水は強烈で、サビはもうあまりの陽水節に笑うしか無かったです(笑)

あとは、
  • 中孝介:手紙

  • HALCALI:愛のために

この2組もなかなか。
HALCALIはアレンジが相変わらずかわいく、めざましの音とか最後のカラスとかがいい味出してました。
そして、中孝介!こいつにはビビったぜ(^^;)
最初のハーモニーで「こう来たか!」と思わず笑ってしまった(いい意味で)。
私は島唄独特の小刻みなファルセットやコブシが苦手なのですが(だから元ちとせもあまり好きじゃない…)、これはほとんど抵抗を感じずに聴くことが出来ました。もしかしたら民生と中孝介のおかげで弱点を1つ克服したか?(笑)

ただこのアルバム、もちろんいい演奏ばかりでも無く…。
「あの歌手は自分の持ち歌じゃないと平々凡々だなぁ」とか「この人なんでこんなに音痴なの?敢えて下に外してるのか?」みたいなのもあったりします。え〜と、アーティストは言わないでおきましょうかどうしましょうか?(苦笑)
中途半端だと気持ち悪いし言っちゃいましょうね。前者がGLAYで後者がTheピーズです。異論は受け付けますが多分私の私見は変わりません(ぇ

でも、全体としては予想していたより面白かったです。これで「ユニコーン・トリビュート」の方もちょっと楽しみになってきましたが、でもアーティスト陣がこっちより今イチ魅力が無いような気も?(あくまでも私にとって)
…いやいや、そういう先入観は抜きにしないとね。
こちらは明日か明後日にでも聴いて感想を上げたいと思います♪
posted by ぽぽろんろん at 23:46 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | pop & rock musics
この記事へのコメント
奥田民生がすきなので、ちょっときいてみたい。

でも結局歌う人の声にかなり左右されちゃうからなぁ。。。

うーーーーーん。
確かにGLAYはいらない・・あつすぎるw
ウルフルズとイノウエヨウスイがきいてみたい!
Posted by keiko at 2007年11月16日 12:28
■keikoさん
これはぜひ一度聴いてみて下さいな〜。

>歌う人の声にかなり左右されちゃう
これは確かにそうですねぇ。
まずはレンタルしてみるといいんじゃないでしょうか?
そして気に入ったら買っちゃいましょう♪

>ウルフルズとイノウエヨウスイ
この2人は超おすすめ!
私も「さすが!」とうならされてしまいました。
ぜひ聴くべし。
さあ、近所のレンタル屋さんへ今すぐ走るのだ!(笑)
Posted by ぽぽろんろん at 2007年11月16日 21:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。