2008年03月04日

「もやしもん」第6巻は予想以上のデカさ。

こんばんは。お久しぶりです。何とか生きていました(^^;)

ここしばらくは、◇こないだ壊れたうちのデスクトップPCのCドライブを再セットアップや客先仕事続きで忙しかったりしたのですが、いちばんキツかったのはそんな中で体調を思いっきり崩してしまったこと。おかげで客先仕事のほとんどを発熱状態でこなすハメに…。解熱剤と栄養ドリンクが無かったら今頃かなりピンチだったかも。◇銀のベンザブロック◇ルル滋養内服液ゴールド、ありがとう。君たちのおかげで私は助かりました。

ということで今日になってやっとこさ体調は戻った感じですが、その間ネットにはほとんど繋げずにいた訳で。レスとかトラックバックとか頂いていたのに申し訳ありませんでした。
m(_ _)m


ではめっちゃ遅くなってしまいましたが本題へ。「もやしもん」第6巻の感想です♪

※この先ネタバレかもしまくりにつきご注意を。発売から日は経っていますが念のため。※






さてさて、この巻はオリゼーぬいぐるみ付きの初回限定版を買ったのですが、届いたAmazonの箱を開けてみたら中からはまた箱が出現。

段ボール.jpg

大きさは20cm×25cm×35cmくらい。見た瞬間、「マトリョーシカかよ!」ってつぶやいてしまった。
内容物はこちら。

段ボールの中身.jpg

一つずつ紹介しますと、まずはおまけその1、ブックカバー。上の写真では右上にあるヤツです。
よ〜く見ると菌たちがプリントされています。下の写真で見えるでしょうか。

ブックカバー.jpg

そしておまけその2、コミックス(ぉぃ

コミック表紙.jpg

今回はほぼ全編フランスが舞台なので表紙がトリコロールです(ちなみにイタリアのは同じ三色旗でもトリコローレと呼びます)。そしてペアルックで手を繋ぐ美里と長谷川。今回はちゃんとメインテーマが表紙になっててよかった(笑)

そして、メインであるオリゼー。

40cmオリゼー.jpg

さすがは40cm。でかいっす。かわいいっす。せっかくなのでうちにあるオリゼーたちを並べてみました。

オリゼー勢揃い.jpg

他と比べるとちょっと顔の縦横比が違いますね。他のは少し横長だけど今回のは真ん丸に近い。なので少し目と口の間が離れてるかな?ちょっと鼻の下を伸ばしてるようにも見えたり(笑)
でもこのふわふわ感はいいですね〜。この感触はこの大きさじゃないと出ませんよ♪ということでこれはまた大事にしまっておきます。


…さて、ではおまけその2じゃなくて本当の本編の方へ。
政略結婚のためにフランスへ連れて行かれた長谷川を取り戻すべく沢木たちがフランスへ乗り込んだのですが、ひょんなことから現地のワイン農家の問題にも首を突っ込むハメに。大きなエピソードが2つ並行して進んでいったので今回は菌たちよりも人間が主役の部分が高かったですね。

まず長谷川の逃走劇を美里・川浜の2人が手伝った訳ですが、ここでの長谷川&美里はいい雰囲気出しまくりですな。特に美里は、長谷川の手を取って引っ張っていくところ(ここは手を握られてびっくりする長谷川の顔もかわいい!)とか夜の畑道での「別に嫌だったら逃げてもええと俺も思うで」からの一連のセリフとか、不器用ながらかっこええじゃないか。もうフラグが大豊作(笑)
ただこのマンガでそういう要素を今後増やしていくのかなぁ。個人的には「動物のお医者さん」みたくその手のは一切無しで行って欲しいのですが。

それにしても婚約者の龍太のキャラは相変わらず。特に前半、

「僕なりのですねェ、マリアージュをご提案しようと思いましてねェ。
 日本の文化、刺身にあう白ワインを探してみたんですよ
「フランスの銘品『ゲランの塩』で食べる刺身はわさび醤油より勝ると」

…ホントこういう奴とは飲みたくない(^^;)
この巻でオリゼーが「ワインを知ったふうに語る奴はなぜちとイラつくのか」と言っていましたが、ホントそうですね。まぁこれはワインに限らずの話ですが。
上のセリフの直後、刺身に醤油をドバドバ垂らす沢木とかもしまくりのオリゼーがとってもステキでした(そのポーズも含めて)。

そして、その後酔っぱらった長谷川に

 「ってさぁァ とってもセクシーよね……」
 「ねェ、血、出してよ「血」「血」

とやられて彼は散っていった訳ですが(^^;)
お酒が入った時の長谷川は無敵ですな。しかも春祭の時の「生肉好き?」よりも表現がストレートだし(苦笑)

結局この後龍太はいったん男を見せようとしましたが、文字通り力尽きて縁談は無くなる方向に動くようですね。まぁ、最初から誰が見ても長谷川とは合いそうもない人間だったからなぁ。最後は龍太も素直になれたしよかったのではないでしょうか。

一方の沢木の方はワイン農家の娘(かつ蛍のドッペルゲンガーその2)であるマリーとの絡みがメイン。こちらはマリーの家の跡継ぎ問題を菌たちの力を借りつつ解決。だけどやっぱり美里と比べると存在感が薄かったかも(苦笑)

そしてこれに絡めてこの巻ではワインの雑学がいろいろと詰まっていたのですが……もう訳分からん。特にランク分けなんてもう…覚えるのは諦めました(ぇ
とりあえず、ボルドーとブルゴーニュの違いは覚えておこうと思います。

■ボルドー:
・瓶の肩が張っている
・複数のブドウをブレンド
・長熟が得意
・濃くて豊かな味
・ブルゴーニュ人曰く、
「ボルドー?ありゃくさった泥水だ。飲めたもんじゃねェ」

■ブルゴーニュ:
・瓶の肩がなで肩
・単一種のブドウで作る
・若くても美味しい
・沈殿物(オリ)が少ない
・ボルドー人曰く、
「ブルゴーニュなんて酸っぱくて高いだけのジュースもどきだ」

…あ〜、相変わらず長くなってしまった。
ということであとは箇条書きで。

  • 欄外、オリゼーの虫歯菌コスプレは確かにかわいい。

  • 富士山のバイオトイレ、知りませんでした。結構前からあるんですね。
     ↓↓↓↓
    ◇富士山にある「バイオトイレ」って何? | エキサイトニュース

  • 第69話欄外の作品紹介。
    「このお話はどうやらアニメが好調な原作マンガで、もちろんフィクションですが、そのアニメの世界では、例えばオノで人を殺傷した事件がおきると似たようなシチュエーションがあるアニメは放送中止または延期になるそうで、現実におきていることですが、何じゃそれって、皆さん思いませんか?(この文責:担当)
    …ホントにねぇ。まぁ「◇Nice boat.」のヤツは実際にグロくて「事件に関係なく地上波は無理だったんじゃね?」って感じでしたが(以前、ニコニコ動画にあったので興味本位で見てみたらビックリした…)。でも、特に少年事件だと因果関係を過剰にアニメやゲームやネットに結びつけたがる傾向がありますよね、報道メディアって。

  • 日本酒の敵、火落ち菌はワインでは欠かせない乳酸菌だそうな。こういうのって面白いですね。そういや、貴腐ワインをかもすB.シネレアも基本は病原菌だとか。う〜む、かもしって奥が深い。

  • 作者が初めて買った音楽ソフトが「Love song 探して」(FC版ドラクエ2で復活の呪文を入れる画面の音楽)とは(笑)

  • 恒例のコミックス下側かもしが何だか最初分からなかったのですが、どうやらこれもトリコロール?

    コミック下側.jpg



この巻の最後できっちりフランス編が終わったので次がどうなるのか全く想像が付きません。恒例の巻末予告では美里と長谷川(?)が宇宙に飛んでましたが(笑)

もやしもん 6―TALES OF AGRICULTURE (6) (イブニングKC)
石川 雅之

◇このアイテムの詳細を見る


…通常版だと表紙が子供時代の長谷川と龍太なのね(^^;)



■過去のかもされ関連エントリーです♪
◇「もやしもん」にかもされそう(笑)
◇成分解析「もやしもん」ばーじょん♪
◇「もやしもん」3巻は表紙が卑怯だ(笑)
◇「週刊石川雅之」はフランスの国鳥が卑怯だ(笑)
◇「もやしもん」第4巻は、樹教授の怖さを知りました(笑)
◇「もやしもん」第5巻は…表紙誰やねん!(笑)
◇「もやしもん」アニメ見たよー♪
◇「もやしもん」アニメとDVDとマンガと。
◇「もやしもん」アニメ第4話の一言にげんなり…
◇「もやしもん」アニメ第5話…、やっぱ(自主?)規制って寂しいのぉ…
◇「もやしもん」アニメ第6話はニワトリにもかもされた(笑)
◇「もやしもん」アニメ第7話は…、げげっまだ続くの?
◇「もやしもん」アニメ第8話は…、いやん、セクシー(笑)
◇「もやしもん」アニメ終わった〜。
◇かもすたっふぃんぐがやってきた♪


タグ:かもすぞ
posted by ぽぽろんろん at 00:34 | ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | books & comics
この記事へのコメント
 小生は、通常版を買いました。通常版には、
中におまけの菌漫画が付いてましたよ。
Posted by でし丸 at 2008年03月04日 02:05
■でし丸さん
>おまけの菌漫画
これ、知らなかったので、でし丸さんのコメント見てググってしまいました。
初回限定版と通常版、どちらにもおまけが付いているっていうのはずるいですよね。両方欲しくなってしまう(苦笑)
Posted by ぽぽろんろん at 2008年03月04日 22:30
待ってましたよー、もやしもん記事!
その後体調はどうですか?
季節の変わり目だから、無理しないでね。

で、オリゼー、しまっちゃったのねん。
せっかくだから抱き枕にでもしちゃうってのはいかがですかー。
ふわふわで気持ちよくて、かぜなんてすぐ治っちゃいそう!

今回のお話、ちょっといい感じでしたね。
下戸なわたしとしては、マリーのお父さんにホロっときちゃいましたよ。
あの家に生まれて、下戸って、生きていくの大変そうだもんなぁ…。
Posted by まちゃ at 2008年03月05日 02:30
第6巻、うちの旦那が買ってきてくれましたが、通常版だったので「オリゼーいない」って(´・ω・`)ショボーンとしてました。

ワインの話は難しくて、4、5回読んで
ようやく納得しました。

体調はいかがですか?
私はまだ、自宅療養中です。
Posted by ゆあ at 2008年03月05日 20:52
まちゃさん、ゆあさん、こんばんは。
体の方はもう復調しました。
ただ、元気になったら無性にアイスが食べたくなってしまい、昨日買って食べたらお腹に爆撃が来ました(爆)
ホントバカだよ、ぽぽろんろんって奴は…。

■まちゃさん
すみません、お待たせしてしまいました。
あちらでのレスは、もしかして私のエントリー待ちだったのでしょうか?(そんな感じに読めたので…)
だとしたらすみませんです。
m(_ _)m

>抱き枕
うわー、確かにこれは心も体も気持ちよさそう!
でも私、寝相もそれほどよくないので…。
つぶしてしまいそうなのでやっぱり箱入りにしておきます(^^;)

>今回のお話、ちょっといい感じでしたね。
そーですねー♪
ここではメインキャラ優先で書いたのでほぼ触れずに終わってしまっていますが(苦笑)
3代揃って頑固なのが良くも悪くも職人気質だなぁと微笑ましかったです。
そして、父娘のギクシャクがお互いを気遣ってのものというところにジーンと来ちゃいました。

名ワイン農家のブドウジュース、飲んでみたいですね♪

■ゆあさん
>通常版
確かにオリゼーはいないですけど、上ででし丸さんが書いているように通常版のみのおまけマンガがあるのでそれを楽しみましょう♪
初回限定版は書店でも段ボール入りで売っていたらしいです。なかなか異質な光景だったと思われます(笑)

>ワインの話
難しいですよね〜。最後にはチーズも加わってくるし。
私は分かったような分かっていないような中途半端な理解度です(苦笑)

>自宅療養中
せっかくだからゆっくり休みましょう!って言っても「ゆっくり休むぞ!」って意識しすぎると逆効果だし、難しいところですよね。
ひとまず、菌たちに癒されながらリラックスしちゃいましょー。
あとは音楽、かな。
Posted by ぽぽろんろん at 2008年03月05日 23:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。