2005年04月19日

史上3人目のデビュー曲初登場1位♪

15歳 高橋瞳がオリコン1位デビュー (スポーツニッポン) goo ニュース

だそうです。
とか書いておきながら、私自身はオリコンなんてほぼ興味ゼロなんですが(^^;)
ある程度人気のバロメーターにはなりますが、それ以上のものじゃないですから。
さらにもうあの番組見てない(というか見限った?)のでコメントがしにくい(苦笑)
それなりにいいとは思いましたが、1位取るとは思ってませんでしたね。
ガンダムのテーマソングは、一定の水準を超えていれば売れるということでしょうか。
それ以外の要素がちょっと見当たらないかなぁ。
それでもデビュー曲1位は快挙ということに違いはありません、おめでとうございます♪
次のアニソン姫はあなたに決定です!(笑)

それはそれとして(ぉぃ)、この記事ではいろいろと収穫がありました。
1.内田有紀もデビュー曲初登場1位だったということ(笑)
2.KinkiKidsはこの勘定には入らないんだということ
  (デビュー前に何かやってたの?)
3.高橋瞳さんの公式サイト見たら、初回特典が
   1)2面デジパックジャケット仕様
   2)ガンダムSEED DESTINYアナザージャケット封入
   3)キャラクターIDカード[アスラン・ザラ]封入 ココよ、ココ
  だったこと。
  主人公って……誰だっけ?


今日は「春の歌」受け取りに間に合いませんでした。明日こそ!
posted by ぽぽろんろん at 21:41 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | pop & rock musics

2005年04月11日

ゆずのベスト♪

ゆず初ベスト6・8に2枚同時発売 (日刊スポーツ) goo ニュース


話自体はすでに広まっていることではあるのですけれど。
ゆずのベストアルバム発売♪
20世紀と21世紀で2枚に分けるということです。V6ですね(笑)

そして曲目見たのですが…
「ベスト」と銘打ったからには、シングル曲とそれ以外の区別はつけずに選んで欲しかったというのが正直なところかも。
「てっぺん」「連呼」「シュビドゥバー」「境界線」「朝もやけ」「悲しみの傘」などなど、ちょっと考えただけでも入れて欲しかった曲がてんこもり。
ここら辺は、ファンによって「なぜあの曲がないの?」というのがいろいろありそうです。
「シングル集+α」程度だったらいっそシングル集にしちゃって欲しかったかも。
その方がすっきりします(笑)。
万人ウケを狙うとシングル重視はしょうがないのは分かるんですけどね…。

私が以前友達に「ゆずベスト」を勝手に(笑)作ってあげた時は、悠仁CDと厚ちゃんCDという2枚組を作りました。
まぁこれは商売的にムリだというのは分かります。売り上げに差が出て険悪になっちゃっても困るし(^^;
でもこういうのも面白いのではとも思ったり。

デザインが村上隆なのは、もうあきらめるしかないのですね…(苦笑)


…夜対策とはいえ、仕事の休憩時間のみで記事書くのは疲れる…(^^;
タグ:ゆず
posted by ぽぽろんろん at 15:09 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | pop & rock musics

2005年04月10日

テクテクPV見ました♪

スペースシャワーTVで「春の歌」カップリングの「テクテク」PVが見れるというのをこちらのブログさんで知っていたのに、昨日すっかり見逃していた私。
「今日は忘れずに見るぞ」ということで見ました。ケーブルTV入っててよかった♪

一部分は公式サイトで見て曲の雰囲気は知っていましたが、やっぱり全曲見れるものなら見たいでしょ(笑)
録画もバッチリ♪

で、感想です。

涙が出そうなPVでした。
ゆるやかなテンポで流れる音楽と映像がじんわり切なさを誘います。
最初暖かいようにも聞こえるAメロ終わり部分(公式サイトで聴ける部分最後)がBメロを通り抜けて戻ってくると印象が変わります。
マサムネさんの声も寂しさを増したように感じます。
この辺はマサムネマジックでしょうか(笑)
この切なさは私ごときの文章力では伝えきれないので、最後の一節だけ。

振り向きつつ僕は歩いてく
雨の中を 日差しの中を 闇の中を 思い出の中を…
タグ:スピッツ
posted by ぽぽろんろん at 23:39 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | pop & rock musics

「月のワルツ」でうっとり♪

昨日のCD7枚買いですっからかんになってしまったので、今日は生活資金を下ろしてきたのですが、帰りにまたついついCD屋に寄ってしまいました(学習能力0)。
で、買ったのはゆずのライブDVD「1」とBEGINの一五一会インストアルバムとこちら。

諫山実生:恋愛組曲

恋愛組曲.jpg


え〜と、また1万円オーバー(苦笑)。いい加減にしろと思いますね自分でも(^^ゞ
まぁ去年の今頃もひと月でCD14、5枚買っていたので「季節病」ということでしょうか(違

去年の秋の終わり頃にたまたま見た「みんなのうた」で「月のワルツ」が流れていました。
幻想的な映像とマッチして「いい雰囲気だなぁ」と思っていたら、一時期いろんなところで話題になっていて「私だけじゃなかったんだ」と思った記憶があります。
アルバム出たら買おうと思ってたのに買いそびれていたのですが、つい先日テレビをザッピングしていて「みんなのうた」再放送枠で偶然この曲に再会。
「やっぱりいいなぁ」と再認識して購入を決意しました。
私の場合、CD買うときはシングルで出ている曲でもまずはアルバムから。
その方が、他にいい曲に出会う可能性が大きいですし。シングルだとカップリングの1・2曲が今イチだったらそこで終わっちゃいますから。

アルバムは、全体的にしっとり落ち着いた大人のアルバムな印象です。私が普段聴く系統とはちょっと違いますが(笑)、たまにはこういうのもいいですね♪
彼女の声はかすれ気味ではかなげなところがありつつもやさしさや芯の強さも見えて、非常に魅力的。
「月のワルツ」はやはりその中でも独特の浮遊感もあり、特異な存在。うっとりしちゃいます。いいなぁ。
一瞬の喧噪のように駆け上って落ちて行くフルートや、スネアのブラシ音までが耳に心地いいです。
これはDVDも一緒に付いてて「みんなのうた」の映像も入っているのでお買い得感倍増です♪

話は逸れますが、「みんなのうた」って結構いい曲放送してるんですよね。
岡本真夜の「ハピハピバースデイ」もあったかい雰囲気がよかったし、柴草玲(Coccoによく曲を提供してました)の「ひなのうた」もアニメと併せてかわいらしかったです。
受信料払ってる人(私含む)のためにも、余計なことにお金を使わずいいもの作って下さいよね(爆)

ゆずはまとまった時間が無いと見れないから、来週かな。BEGINももうちょっとまったりした時間で聴こうと思います。
タグ:諫山実生
posted by ぽぽろんろん at 14:33 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | pop & rock musics

2005年04月08日

「春の歌」発売への前夜祭♪ その3

今夜も夜桜がキレイです♪

そんな訳で(どんな訳で?)「三日月ロック」。

三日月ロック.jpg


「3」に引っかけた訳ではありません。そこまで堕ちちゃあいない…はず(笑)
今の私の心の支え(というとちょっと大げさだけど)になっている曲が収録されています。
それが「さわって・変わって」と「ミカンズのテーマ」。

 もういいやとか言いたい時に こらえるオロかさで
 3連敗のち3連勝して街が光る
 (「さわって・変わって」)

 好きだと言えたら良かった そんな記憶でいっぱいだ
 がんばってやってみよう 上向いて

 ミカンズ 甘くて 酸っぱい言葉 かますぜ
 ミカンズ 俺達 虹の橋を渡ろう
 …
 ミカンズ 笑顔は ムリに作れないけど
 ミカンズ いつかは あの娘のハート つかもう
 (以上「ミカンズのテーマ」)

中でも「さわって・変わって」の一節は一社会人としての私の心を救ってくれました。
本来は恋愛での話なのでこういう使い方では無いんですけどね(^^ゞ
受け取り方・使い方はファンの自由ということで(笑)

社会人になると、訳の分からない論理を展開して自分を正当化したり理解の範疇を超える言動を繰り返す人が何人か(というか何人も)いて、摩邪ばりに「はぁ?」となってばかりです。
(しかもそういう人に限って仕事で関わりを持たなきゃならなかったりして)
これを仕事上耐えなきゃいけないのは正直辛い。
もしかしたらキレちゃえばいいのかもしれない。楽なのかもしれない。マイク叩きつけてしまいたい(←それは摩邪)
そんな時にこのフレーズを思い出すと、心を落ち着かせることができます。
きっと後でその分いいことがあるよね!って思いながら。
そんな私が現在何連敗中かは聞いてはいけません(笑)

ミカンズのテーマも元気になる応援ソング。
私はまだ寒くてしょっぱい言葉しかかますことができませんが(爆)、将来は柑橘系の言葉を心地よく操れる人間になりたいです(笑)

他にも「夜を駆ける」「ババロア」などなど、口当たりの良さと刺激のバランスが絶妙な曲の数々が楽しめます♪
シングルもたくさん入ってますし未聴の方はぜひどうぞ!お買い得だよ!(笑)
タグ:スピッツ
posted by ぽぽろんろん at 23:08 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | pop & rock musics

2005年04月03日

「春の歌」発売への前夜祭♪ その2

スピッツのアルバムを紹介していくのに「春の歌」発売に便乗させるセコさ満開のこの企画(笑)、第2弾です♪

私とスピッツの出会いのアルバム、それがハチミツです。

ハチミツ.jpg

とは言っても、きっかけは「ロビンソン」でも「涙がキラリ☆」でも、ましてやフジテレビでもありません(つまんねー)。
たまたまCD屋で流れていた「ルナルナ」に一目惚れならぬ一聴き惚れです♪
聴いてみたら他にも「愛のことば」「あじさい通り」「ハチミツ」「Y」などなど名曲揃いではありませんか!
これ聴いた後、それ以前のアルバムを次々買っていき、どっぷりとハマっていったわけです。

 二人で絡まって 夢からこぼれても まだ飛べるよ
 新しいときめきを 丸ごと盗むまで ルナルナ
 (「ルナルナ」)

軽やかなリズム・メロディに乗せてマサムネさんの声がほのかに甘く爽やかに響きます。う〜ん、いいね♪
心も軽〜くなってきます。o(^o^)o
ちなみに、2コーラス目の出だし

 羊の夜をビールで洗う

の意味が分かるのに、相当な時間を費やしました(苦笑)。

「あじさい通り」も大好きな曲。

 いつも 笑われてる さえない毎日
 でも あの娘だけは 光の粒を
 ちょっとわけてくれた 明日の窓で

こういう風景の描き方がやっぱり私の好み。
曲調も全体的に雨模様のようなちょっと薄暗い印象ですが、サビでマサムネさんの声が延びてくるとそこに切なさが増してきます。
はぁ〜、たまらなくいいなぁ。

このアルバム、発売から10年経ちますが今でも全く飽きが来ない不朽の名盤ですね♪
私のカラオケレパートリーも多いし(^^ゞ
タグ:スピッツ
posted by ぽぽろんろん at 10:20 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | pop & rock musics

2005年03月30日

する〜 する〜 する〜する〜する〜♪

サッカー勝ったよ♪ヾ(≧∇≦)〃
あぶなっかしいことこの上なかったけど。。。
ゴールはオウンゴールだったけど。。。
まぁ勝ててとりあえずは機嫌がいいのでもう1本書いちゃえ!(笑)

というわけでゆずをご紹介♪
1stミニアルバム「ゆずの素」です。

ゆずの素.jpg

やっぱりゆずは昔の方がいい。アルバムだと特にそう思います。
今と違って厚ちゃんの曲がほとんどのアルバム。この頃の厚ちゃんはハジケてていいですねぇ♪今はちょっと落ち着いちゃったのが寂しいと言えば寂しいかな。
悠仁もまだ声が今よりキレイ。昔は悠仁が厚ちゃんの上でハモってたりしてたんだよねぇ。今は下3度か下6度専門になってしまいましたが。
曲も「てっぺん」「連呼」「街路樹」などなど名曲揃い。

 どっかの山のてっぺんで どっかの誰かが笑ってる
 僕はそれを見ながら 違う山のてっぺんを目指してる
 (「てっぺん」)

 なんでもないのに泪が出てくるのは
 きっと本気で誰かと笑いたいだけなんだ
 (「連呼」)

等身大の歌詞はやっぱり素直に共感できます。「連呼」最高ですね。これを歌うのは大勢であればあるほどいい♪
飾っていない2人の素(す)の表情が見えるこのアルバムは間違いなくゆずの素(もと)になっていますね(それでうまいこと言ったつもりか?)

そして、かつてアンコールの呼びかけに必ず歌われていた「する〜」。
今はこれがなくなって、毎回違う曲になっちゃったのよね…
私みたいにコアなゆずっ子と交流が無い人間は、周りが歌うまでアンコールの時に何を歌ったらいいか分からない。ファンがファンを置き去りにするっつーのはどーなんでしょね?
カンバーック、する〜!(笑)

「栄光の架け橋」以来シングルが出ていないゆず、今年はアルバム発売は無いのかな。
ライブも夏だけかぁ…競争率高くて無理だねこりゃ(´・ω・`)しょぼーん
今年はじっくり曲を作り貯めて、来年ガツンとでかいのをかましてくれることを期待♪
タグ:ゆず
posted by ぽぽろんろん at 22:38 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | pop & rock musics

2005年03月28日

「春の歌」CM見れません(汗

さて、昨日の記事に、「春の歌がアクエリアスのCMでも使われています」と書いたものの、まだ1回しか見たことがない私。

ネタ元のこちらのブログさんの記事で、
アクエリアスのHPでCM視聴出来るよ!」と教えて頂いたので、さっそく行ってきました♪
(昨日の記事でリンクは貼っていたもののCM見れるなんて知らなかったから行ってはいなかった…)



……
あのウザいバーチャルおねーちゃんは何ですか?(笑)
いきなり馴れ馴れしく話しかけてくるし、そのくせ話はブツ切りだし。
私はCMが見たいだけなんですけど。名前も生年月日もどうだっていいぢゃん。
会話が済んでからもカーソルが重くて困りましたが、とりあえずCMまでたどり着きました。

見ての感想。
北島かっこいいね(「超気持ちいい」は今や死語。笑)
藍ちゃん映ってる時間いくら何でも短すぎじゃない?
中田、そんだけ目立たせてもらってるんだからバーレーン戦はきっちりやれよ(苦笑)
そしてやっぱりいいね、「春の歌」。前向きな歌詞は前向きな人によく似合います♪


あとはテレビで見るだけです (爆)
タグ:スピッツ
posted by ぽぽろんろん at 22:08 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | pop & rock musics

2005年03月27日

「春の歌」発売への前夜祭♪ その1

「その1」と書いたものの、「その2」を書くタイミングがあるかは分かりませんが(またかい)(^^;)

4/20にスピッツ「春の歌」が発売されます♪
アクエリアスのCMでも使われていますがそれだけでは待ちきれないので、シングルカット元のアルバム「スーベニア」をご紹介。

スーベニア.jpg

このアルバムもやっぱり完成度は高いです。
「春の歌」はもちろんですが、「ありふれた人生」「会いに行くよ」もシングルカットして全く問題ない名曲。
というか、個人的には「会いに行くよ」サイコ〜♪

 届くはずない想いばかりが でかくなって陽をさえぎる

という出だしから好きです。恋愛に関する描写・比喩がやっぱりマサムネさん上手いです。
2コーラス目も、

 孤独な雲に語りかけたり 弱気なネコ追いかけたり
 何気ないこと 頭の中で やけに詳しく浮かべた

 明日が来るよ 同じような明日が来て・・・
 僕はもう決めた

と来てサビの「会いに行くよ …」につながるわけですが、淡々としたAメロからの盛り上がりとシンクロして胸に染み込みます。
そしてこの曲、音楽自体もいい!サビのメロディで花びらのように舞い落ちる3連符と最後のストリングスの対旋律が個人的にはツボです。

あと「スーベニア」のいいところは、(発売当時)シングル曲が「正夢」だけだということ。「スターゲイザー」は無いんですよ!
色色衣」って番外編的な位置付けなアルバムな訳で、おそらくほとんどのアーティストならその次に出す通常のアルバムにも収録してしまうでしょう。あれだけ売れた曲でもありますしね。
でもスピッツは入れなかった。この潔さ、常に前を見ている姿勢が見えてますますスピッツが好きになりました♪

ほとんどが「会いに行くよ」の宣伝になってしまいましたが(苦笑)、他の曲も佳作揃い♪
もしまだ買っていない人はぜひ♪そして「テクテク」のためにシングルを(ぉぃ(^^;

※写真は私のスーベニア3点セット。うちの近所のCD屋は結構穴場で、限定版CDとか予約特典とか発売週の週末まではまず残ってます。ありがたいことです♪
タグ:スピッツ
posted by ぽぽろんろん at 19:42 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | pop & rock musics

2005年03月20日

レミオロメン:ether聴きました♪

というわけで、ここをゲームの進捗報告にする気は無いので(笑)、今回はこちらを。
発売日に買ってはいたものの、一週間半遅れできちんと聴いてみました。

ether.jpg

1作目と変わらずいい出来です。
ほの暗く、角が立っていず、清潔感もあり、いい意味で洗練され過ぎていない彼ららしい雰囲気が楽しめます。
個人的には、このアルバムは冒頭2曲の出だしで「当たり」決定です。

Track1:春夏秋冬
 春は月に笑う様に
 夏は花火に恋をする様に
 秋は空を吸い込む様に
 冬はどこまでも駆け抜ける様に
 (後略

Track2:モラトリアム
 丁度僕なんかの様に 君なんかの様に
 不完全なもんが合わさって
 たまに完全に見えるんだ
 でもすぐその角度を忘れてしまうんだ
 (後略

特に「春夏秋冬」はレミオロメンらしい流れのメロウなメロディとボーカルの声質とにうまくマッチしていて、オープニング・チューンにふさわしい曲です。
「モラトリアム」もシングル曲だけあって完成度高し♪特にこの出だしは間違いなく名文。
「3月9日」でブレイクした感のある彼らですが、私にとっては「モラトリアム」が代表曲です。あとは、前作から「雨上がり」「朝顔」。私の中では案外「3月9日」の立場は狭い(笑)。

上に挙げた2曲以外では、「海のバラッド」もいいですね〜。「永遠と一瞬」のサビもノスタルジックで好きです。この辺りの曲が気に入ってしまうのは心が癒しを求めているような気がしないでもないです(笑)。
ノリがいいところでは「コスモス」とか。
あとは、前作の「ビールとプリン」のような、身近なちょっとした風景を描いたまったりソングが欲しかったところですが、やっぱり贅沢でしょうか。f(^^;
(「深呼吸」はちょっとイメージが違うんです)

それにしてもこのアルバム売れてますね〜。
以前から注目してたアーティストが売れるのは嬉しいことですが、メジャーになりすぎるのもちょっと困ってしまう複雑なファン心理です(苦笑)売れちゃうと「売れるための曲」を書かされるような気がしてしまう。
そんなバンドorグループって結構あるし。
「初心忘るべからず」で行って欲しいです。


このジャケット、縮小すると見にくいことこの上ないですね^^;
posted by ぽぽろんろん at 19:57 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | pop & rock musics

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。