2012年05月14日

Sフィル定演終わったぞおお

昨日、無事にSフィル定演が終わりました。
客席はほぼ満席。今年は「第九」ということもあり畏れ多くも有料のチケット制を取らせていただいたのですが、めでたく全て売り切ったらしく(←伝聞なのでちゃんと確認してはいませんが)。なので、空席は事前にチケット買ってたけど来られなくなった人の分のみ、ということになります。そりゃ埋まるわ。
やっぱり「第九」効果すげー。

てことで、プログラムはこちら。

■ブラームス:大学祝典序曲
〜休憩〜
■ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調「合唱付き」


個人的な出来で言えば、まぁ……大甘に甘く見て70点ですかね。
大祝は結局、後打ち連打部分で音を止めずに日和ってしまったのと、最後の部分で「ここでティンパニクレッシェンドして!」とY先生から言われていた部分での決めの音を軽くスカったのが悲しかった。

第九は第2楽章で雑な部分がちらほら。2つのティンパニを行ったり来たりする右手の制御が甘く、一度思いっきりリムに近いところを「カンッ!」と叩いてしまったりとか。
あと、前半の盛り上がり部分直前の9連符(正確には3連符×3)が9個入りきってなかったような。多分7連符になってたと思います。まぁ、ここは普段から入りきってなかったんですけどね。むしろ再現部の方でちゃんと9個入ったのが不思議(ぉぃ
それ以外は大きなミスもなくまとめられたかなぁと思います。
ま、ティンパニのヘッド管理ってことを加味すると30点なんですけどねっ♪
(・ω<)てへぺろ

第九最後でのffですが、前日リハからそれまでより少しインパクトを足しました。8分音符→2拍3連→4分音符と音価が長くなる(1小節あたりの音数が減る)ごとに音の硬さを上げ、1音ごとパワーが増すようにしてみました。
前日・当日のリハで特に何も言われなかったので本番もそのままです。客席にはどう聞こえてたかなぁ?
もともと音が大きいのであまり差が出なかったかな。

あと、ティンパニに関してはメゾソプラノ(第九ではアルトのソリスト)のソリスト・Nさんから「ティンパニよかった!」との言葉を直接いただいてしまいました♪
嬉しいですねぇ、これは(^^)v
確かに、前日リハで最初に第4楽章を通した直後、Nさんがティンパニを叩く仕草をしながら何かしゃべっていたのはチラッと視界の隅に入ってたんですよねー。その時も「ティンパニ、何か面白いわね」的なことを言っていたのかなぁ。もしそうならありがたい限りです。
それ以外にも、合唱のソプラノの何人かの方から「いつも真後ろからティンパニ見てて楽しかったです」的なことを言われました(^^;)
楽しんでいただけたのなら私としても嬉しいw
特に第4楽章は自分でも叩いてて楽しかったですし♪←これ重要
そーいや、最初の合唱合わせの時は後ろに人がいるのに違和感バリバリでしたが前日リハからは全然気になりませんでしたね。そういう意味ではうまく集中できてたのかなぁ。あるいは本番が近づいて余裕が無くなっただけかもしれませんが(笑)

オケ全体の話だと、大祝はまぁほぼ練習どおりだったかなと。pがもっと落ちればなおよかったかもね。
予想はしてたけど、最後はいつもよりかなりためましたねぇ。おかげでフライング拍手を頂戴しちゃいましたが。
ていうか、フライング拍手のたびに思うんだけど、曲の終わり方も知らないくせに目立ちたいだけでテキトーなことやらかす人って何なんだろね?

第九の第1楽章はいい緊張感を持って演奏できてるなぁというのをステージ上で感じていました。第1楽章が終わって10数人くらい?から拍手があったのも当然かと。ウソです。大祝同様、テキトーやらかしてんじゃねーよって感じです(笑)
第2楽章から少しずつパート間・セクション間に歪みが生まれ始め(私含む)、第3楽章はふらふらしながらも耐えたけど、第4楽章のフーガでかなり壊れましたね(^^;)
この部分は練習の時でも「止まるか?通るか?」とハラハラしながらいつも聴いてましたが(苦笑)、本番でも何とか持ち直したのでよかったです。

ソリストの皆さん、前日リハの時は控えめな方もいましたが、本番はやはり気合いが乗ってましたね。アルト(ソリストさんはメゾソプラノでしたが)がちょっと目立たなかった(ように自分の場所からは聞こえた)のが少し残念ではありましたが。
最初のバリトンのレチタティーヴォ以外、ソリストさんたちは拍を食い気味に来てましたよね。各場面のフレーズあたまで毎回それを感じて、「ああ、もうちょい速めに歌いたいんだろうなぁ、ごめんなさい(^^;)」と思いながら聴いたり叩いたりしてました。
テノールのトルコ行進曲はやはり本番がいちばんかっこよかったです。そして「ピッコロじゃまだわ〜(−_−;」とも(苦笑)
自分の場所だとピッコロの方が距離的に近かったので余計にそう思ったのかもしれないですが、まぁ邪魔だったことに変わりはないなと(笑)

合唱もよかったですね。
最初の練習でも「おお、やるなぁ」と思ったのは事実ですが、前日リハからはさらにまとまりが出ていたように思いました(ホールの効果もあるかもですが)。
アマチュアの集まりでこんな不安の無い合唱はなかなか無いと思いましたよ。つっても私の「第九」経験は5、6回ですが。でも、大概はどっかのパートに不安要素があるもんですが(自分の経験上は男声が弱いことが多かったですね)、今回そういうのは無かったです。素晴らしいなぁ。

ざっくりとまとめちゃうと、オケとしては大祝も第九も練習通りのことがほぼ発揮出来た、けどミラクルも無かった、という演奏だったかなと。Sフィルとしては充分な出来だったと思います。
そしてソリストさんたちと合唱は素晴らしかった。従って、トータルで見てもなかなかよかったのかなぁと思います。


それ以外の小ネタですが。
14時ジャストに開演(正確にはオケの入場)が出来なかったのですが、そしたら客席から「2時になったぞー」というヤジが。目撃者の話によると60〜70歳くらいのおじいちゃんだったらしいですが、なんつーかね。
Sフィルの演奏会はアットホームさが売り(?)のようなのですが、それをはき違えちゃってるんじゃないかと。このおじいちゃん、電車が遅れるたびに駅員に文句言ってるのかね。あーやだやだ。
まー、こちらとしてもステマネがなぜかあっちこっち動き回っちゃって14時に下手袖にいなかったのはやっぱりダメだったと思うんだけどね。
これは今年導入してたトランシーバの弊害だと思うわ。ステマネに情報集まり過ぎちゃって結局ステマネ自身が動かざるを得なくなっちゃっていたのでは。ここは反省点ですね。
(とか言うと、Hさんは「ステマネの代わりに走り回る人」を配置するんだろうなぁ…。そんなん無くても普通の団体は演奏会回せてるのに…)

あと、現在休団あるいは退団してしまった人も終演後何人か楽屋へ顔を出してくださっていました。
と言っても私は楽器の搬出とかやっていたので会えたのはトランペットのOさんだけでしたが、ファゴット&オーボエのYさんご夫妻とかもいらしていたそうで。お会いしたかった…(;_;)

それからそれから私の健康状態ですが。
何とか当日にはほどほどに回復して演奏に臨むことができました。
ただ、ノドのイガイガはハンパない状態で…。演奏中でも、大祝のトランペットソリの後ろでロールしている時にノドが猛烈に痛くなりまして。でもガマンする以外にどうすることも出来ないので、文字通り涙目になりながら演奏してました。
それ以外にもちょくちょく舞台上で咳をしていたので、マイクが拾っちゃってるんじゃないかというのがちと不安です(私から結構近い場所に集音用マイクが立ってたんですよね)。
そして今日は一日中ほとんど声が出ませんでした(もちろん今も^^;)
なんだろね。バカだね。早く○ねばいいのにって思うね自分でも。


というわけで。
第九に参加してくださったソリストの皆さん、合唱のみなさん、エキストラの皆さん、Sフィルの演奏会に来てくださった皆さん、いつものオケ以外にプロのソリストや合唱もいたにもかかわらずアンケートに「ティンパニよかった」と書いてくださった何人かの皆さん、アンケートに「ぽぽちゃん大スキ」と書いてくださったかわいいムスメちゃん、ありがとうございました♪
そしてSフィルの皆さん、おつかれさまでしたー!(・∀・)/


タグ:Sフィル
posted by ぽぽろんろん at 22:09 | 神奈川 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | my music activities

2012年05月08日

数日前の練習への独り言(5/5・6)

土曜日のTWオケ。
の前に。

その前日にティンパニとバスドラムのチューニングをしにSフィルのトランクルームへ行ってきました。
雨が降ったりやんだりの中を行ってきたので、「結局またすぐに狂っちゃうな〜」と思いながらやったんですけど、それ以上の事態が起きちゃいまして。
結構大胆に緩めたり締めたりしていたのがもともと寿命に近かったティンパニのヘッドにとどめを食らわせたらしく、日曜のSフィル練習時にはもの凄いべよんべよんな音になってしまって…。

完全にイッてしまいました…orz

特に29"は酷かった。
今回の定演はこのヘッドで何とかごまかすしかないのですが、何というか、やる前から悔いが残ることとなってしまいました。

さらに、大祝で29"のティンパニのCの音をf以上で叩いていると半音ほどピッチが下がってきてしまうことも発覚したため、チューニングし直さなければならないことも判明。
って言っても、やれるタイミングは本番前日の朝、ホールへの楽器運搬前しか無いなぁ。
出たとこ勝負に近くなっちゃうなぁ。怖いなぁ…。


てなこともありつつ、あらためて土曜日のTWオケ。
この日は課題曲と魔女宅。
課題曲についてはまだ数ヶ所手首がうまく回らないところが。私はどうもスネアで手首が固まりやすいんだよね。何とかしないとなぁ。
テンポ自体は速くないので、慌てずにいきたいところ。

魔女宅は今さら自分については特に何もなく。
3月の演奏会と比べてテンポが変わった部分もつかめたし。
これは気楽にやるのみですな。


日曜のSオケは午前中合唱合わせ、午後はオケのみの練習、と一日かけての練習。
そして、パーカッションのトラの皆さんも来てくださいました。
なのにティンパニは冒頭で書いたような状態だったため、もうね、悲しくて仕方がなかったですよ私は。
29"はチューニングし直して多少張ることになるから、多少はごまかせる……かなぁ?
そしてこの日はサプライズでバリトンのソリストさんが飛び入りで来てくださいまして!
知らなかった人はびっくりしたんじゃないですかね〜。
私は定演実行委員だったこともありあらかじめ知らされていたのですが、もっとお昼近く(11時頃)に来るという話で聞いていたので、最初にバリトンソロの箇所にさしかかったタイミング(10時くらい)でいきなり後ろから

「オー、フrrローーーオオオオオーーインデーーー」

と力強い声が飛んできた時は私もびっくりしちゃいましたよ(^^;)
それにしてもね、やっぱりプロはさすがです。サプライズのためもありウォーミングアップもほとんどしない状態でのソロでしたが、Sフィルごときは一声で制圧ですもん。
いやー、ああいう感じの人があと3人来るわけですね。ドキドキですね。楽しみだけど怖いですね。
で、心配なのはY先生がソリストの皆さんとどのようにテンポを調整するのか、ということ。
この日バリトンソロが入ったら最初のレチタティーヴォのテンポやら間の取り方がガラッと変わりましたからねぇ。
まぁ、この部分は基本的にソリストの自由にさせる場所だから、というのもあったとは思いますが、それ以外の部分でも指揮とソリストのテンポがズレていた場合に本番どうなってしまうのか、というのが今からとても怖いです。
結局はソリストにつけなきゃならないと思いますしねぇ。でも急にそうするとSフィルは対応出来ずにずぶずぶと沈んでいってしまうような気がします…。

個人的なことだと、第4楽章の練習番号BとCの部分でどんどん遅くなるのには気を付けないといけないですね。
これは前回の練習でも全く同じ場所で言われてます。
Y先生は全体に向けて注意していたような感じもありましたが、ぶっちゃけ私ですからねぇこれは。演奏中はきっちり私に向かって言ってましたからね(^_^A;
ただね、あそこでなぜか気が入らないんですよね、最近の私。原因は不明なのが困りもの。
本番当日はうまく集中力を保っていきたいな。
大祝は2回出てくる後打ち連打の精度が今イチどころかかなり弱い。音をスタッカートで止めずに日和れば余裕なんだけど、それだと負けた気がするしなぁ…。
前日リハで上手くつかみたいな。ダメなら日和るか(ぇ

パーカッションのトラに関してですが、あそこまでシンバルの音を絞られるとは思いませんでした(^^;)
あの音量でトルコ行進曲はかなりの苦役ですよ…。
シンバルを音大生に割り当てといて正解だったかも。シンバルのAさん、「アーティザンの17"なんていい楽器を叩けるなんて思ってなかったので嬉しいです!」とか「私、シンバル極めようと思ってたところだったんです」とか言ってくれて、すごくいい子だしかわいいし困っちゃいますね(うわああ、発言がおっさんだあああ)。
バスドラのSさんについては、全体的に1発目がかなり食い気味というか飛び出しすぎというか(苦笑)
パーカッションには「躊躇せずに音を出す」というスキルが結構重要でバスドラはその筆頭と言ってもいいのですが(バスドラが遅れて入ってくるとめっちゃかっこ悪いのよね)、だからと言ってさすがにトルコ行進曲冒頭のアレは…。
まぁ、いちばん経験豊富な人だし本番までにはタイミングを掴んでくれる、と信じております。
トライアングルのTさんには悪いことをしてしまいました。実はこの日、マイトライアングルを持っていくのを忘れてしまって…。
団のボロトライアングルとボロビーターでこの日は対応してもらいました。
本当に申し訳無かったです(´・ω・`)しょんぼり

てなわけで、いよいよ今度の日曜が本番。
当初思ってたよりは幾分マシな演奏が出来そうな気はしますが油断大敵。本番はステージ中にむき出しの地雷が転がってますから(苦笑)
とにかく、ティンパニのヘッドについては今さらどうしようもないことなので開き直るとして、それ以外で悔いの残らない演奏をしたいですね。
体調を万全にするためにも、今週の仕事は手を抜いていきたいと。ヾ(・・;)ォィォィ
posted by ぽぽろんろん at 23:55 | 神奈川 | Comment(3) | TrackBack(0) | my music activities

2012年04月30日

先週・今週の練習への独り言(4/21・22・28・29)

TWオケは4日間の練習をごそっとひとまとめに。

ローエン3幕。
3連符も以前より揃ってきて勢いもついてきたかな。みんなずっと必死だし大変だろうけど。
パーカッション、特に自分はシンバルだから楽だわ爽快だわですみません、3連符のみなさん(^^ゞ
パパパパーンなファンファーレもだんだん形になってきたし、こうなってくると中間部の雑さが気になってくるね。

エルザも音楽になってきた。少しずつキレイに響くようになってきた。
マリンバでやるハープパートもそこそこ自然な感じになってきたかな?まだ音の間違えがあるけどσ(^^;)
E Dur→Es Dur→E Durと変わるから混同しちゃうのよね。気を付けないと。

ジュビリーはおそらくいちばんさらってきた曲だし、おかげで完成度はまあまあ(あくまでTWオケ目線で)。
自分は中間部のタンバリンがだんだん惰性っぽくなるのを気を付けないと。ついついメロディの心地よさにのっかってしまってテンポキープが二の次になっちゃうのよねw

カウボーイは、ずっとシロフォンのメロディを1ヶ所間違って演奏していたことに一昨日の練習で初めて気付きました(滝汗
おかげで腕の運びを覚え直さなければならなくなり、今週の練習ではそこで腕が止まってしまいがちでした。ちゃんと鍛え直さないとー。
ヴィブラフォンのアルペジオはきちんと覚えたので何とかなりそう。よかった。

渡鬼は2月にやるはずだった演奏会の曲目だったからか、とりあえずは問題なさそうですね。
自分はちょっと忘れかけてたけどσ(^^;)
シロフォンのメロディがビミョーな出来なので、装飾音の付き方とか覚えないとなぁ。

キャラバンの到着、ついに先週やりました。
う〜ん、出来としては予想していたよりは通っていたので最悪の事態は免れそうだけど、音楽としてはまだまだ。ま、当然なんだけど^^;。
曲調が変わってもバンドの方に何の変化もないからなぁ。音符を追いかける以外の余裕が早く欲しいね。つーか定演もうすぐそこだし。
自分については、ボンゴのノリをよくしたいなー。

そして、やっと昨日課題曲の楽譜が配られました(^^;)
4月になってから譜面を注文するって、定演に対してもコンクールに対しても出遅れ過ぎだよね…。
曲はIV。マーチだけど8分の6なのでスネアの自分はちとまだ手順が固まっておりませぬ。
昨日の初見大会でも不満な出来に終わってしまったし、次までにさらっておきたいね。
あと、音源も連休中に手に入れたいな〜。

さらに、まだ譜面が来ていない曲があるというのが凄いぜTWオケ。
もうやめちまえ!マジで。これに関しては怒りを通り越して呆れモードを突き抜けてまた腹が立ってきてます。


そしてSフィルは昨日が練習日。
2曲とも全曲通し。…だったんだけど、第九では楽章ごとに止まって指摘が入ったりしたのがちと残念。そこでいちいち集中力が切れちゃうからね〜。全曲通しての集中力や体力のやりくりが分からないのは困るのでは。パーカッションはもともと休みが多いからまだいいんだけどさ。
ただ、気が付いたところを指摘しておきたい気持ちも分かるので(多分全曲通してからだと第1楽章のことなんて忘れてそうだし)、そこはビミョーなとこですね。
この日の練習が通常の練習場所だったらよかったんだろうな。そしたら練習時間が1時間多かったし全部通してからさらい直すことも出来たと思うので。第5日曜は本来の練習日じゃないから仕方無いところではありますね。
自分としては、練習場所の関係上ティンパニで練習出来なかったのが何より残念で…。次回はまた合唱合わせだしパーカッショントラの人も来るのに、その前の最終調整がトムトムというのはちとテンションが上がりきらなかったです(言い訳するなって感じですが)。
ところで、大祝の1stトランペットは本番もOさんだったっけ?
音質も固すぎてあまり自分好みじゃないのと、ラストの学生歌(4分の3部分)で音が跳躍する時にグリッサンド気味にしゃくり上げるのがたまらなくイヤなのですが…。

ま、とりあえずそれはおいといて。
来週はパーカッショントラも来るし、恥ずかしくない演奏をしないと…(^_^A;
頑張るよー。そして、楽しむよー。
posted by ぽぽろんろん at 23:17 | 神奈川 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | my music activities

2012年04月22日

先週の練習への独り言(4/14・15)

TWオケも定演が近づいたため先週から練習が土日になりました。
てことで、土曜はジュビリーと魔女宅、日曜はローエンとカウボーイを練習。

ジュビリーは序奏のかっこよさが圧倒的に足りない。ファンファーレとして寂しすぎるよ…。
このファンファーレはコーダ部分でも出てくるから、最初と最後がとてつもなく締まらないことに。金管、つーかトランペット頑張ってくれー。あんなに人数多いくせにそんなもんかよと思ってしまいますよ。
自分の担当楽器に関してだと、ドラとバスドラは特に問題なし。中間部のタンバリンでもうちょっと軽快さを出していきたいな。

魔女宅は3月の演奏会で一度やっているから音符的にはそこそこできてるんだけど、指揮者が変わったためにテンポがいろいろと取りづらい(ーー;
特に中間の速い場面でのテンポが微妙に遅くなったため、細かい音符でズレが生じてしまう。頭の中を1回クリアしないとね。指揮を見すぎてもテンポが後ろ向きになってしまうので、自分の中でキチンとテンポを作っていかなくちゃ。
自分の担当(ティンパニ、S.Cym)は、3月より負担が軽くなったのでもうちょい余裕を持ちたいところです。

ローエン3幕は全体的に勢いが無いなぁ。
指揮者はガンガン煽ってるけど3連符地獄のせいもありテンポが上がってこない。
やはりこの曲は弦楽器のキレが欲しくなります(^^;)
自分はシンバルなので3連符は無いですが、伸ばす音についてはスピード感をきっちり意識したいですね。

エルザはやっとそれなりの形に聞こえてくるようになりました。
テンポがかなり遅いので、メロディの歌い方をしっかり考えないとただただ間延びした音楽になっちゃうから難しいですね。
これのシンバルはスピード感よりも音の滞空時間を意識したいです。
それから、ハープパートをマリンバでやることになり(←吹奏楽あるある)、Sこちゃんと2人で左手・右手を分担してやってみたのですが、アルペジオの作り方が難しい…。
テンポが遅い上にフレーズに多少の揺れがあるので、ちゃんと音楽に乗っからないとガッタガタになっちゃう。これは集中力が必要ですね。頑張ります。

カウボーイも段々と形は見えてきましたがまだまだですね。
音量指示まで頭が回りきってない人が多いし。やっぱりこの手の曲はメリハリが無いとつまらんです。
自分もそこは意識したいですね。
自分の担当(鍵盤類)については、グロッケンは特に問題ないのでシロフォンとヴィブラフォンにもっと神経を注がないと。
特にヴィブラフォンのアルペジオはちょっとさらえばできるはずなので(というか、すぐできるからとさらうのをおろそかにしちゃってるのよね)、とっととやれよという^^;

それにしてもなぁ、TWオケ定演まであと1ヶ月。
なのにキャラバンの到着はまだ合奏したと言える練習は1回も無く、まだ楽譜が届いてない曲も数曲あるという状況。すげーなこれ。
前回の定演でもハリポタは定演1ヶ月前に楽譜が配られたりしたけど、それは他の曲をそれなりにさらっていた状況であったわけで。
大丈夫かいな、これ。つーかダメでしょ、これ。
今回の定演、人来なくていいです。来ないでください。

…とか割と真剣に思っている今日この頃です。


そしてSフィルは日曜に初めての第九合唱合わせ!



ホールの借用時間を有効活用するために反響板を降ろさずの練習でした。
そしてその感想としては、

・合唱入るとめっちゃテンション上がる!
・合唱が予想より全然上手い!

の2点でした。
さすが、「第九経験者のみ」で募集しただけのことはあると感じましたよ。
最初の「フロイデ!」で「おお、男声予想より凄いじゃん。かっこいい!」と感心し、女声も4分の6部分(通常のテンポよりかなり遅め)後半での高音伸ばし(下の動画参照)でバテるかと思ったら最後まで声が伸びきっていて「すげー!」と驚嘆してしまいました(もちろん当日のテンポはこれよりかなり遅かったです)。


※該当部分は18:23くらいから

オケも頑張らんといかんよ、これは。

そして自分についての感想は

・反響板無いと周りの音が分からない…。
・練習中にティンパニのピッチがどんどん変わるのに全然ついていけなかった…。
・今まで何も考えずにやってできていたところが急にできなくなった…。頭で考えながらやったらますます混乱した…。

の3点。
最初の点については本番解消されるでしょうけど、今年はティンパニの位置が下手側になって自分の耳に入ってくる響きやタイミングがこれまでと違ってくるのでそっちの不安も。
2番目はいつも注意していることではあるんだけど、この日の変動っぷりは異常だった。本番も気を付けていかないと。
そして最後のは、Prestissimo(最後の最後)の8小節目。ここがなぜかできなくなってしまった。
次回の練習以降は大丈夫だとは思うけど、本番でなったら…と考えるとちょっとドキドキしますね。


先週の練習エントリーを書く余裕があまり無くて今日になってしまった。
昨日のについては今日これからのと併せて今夜帰ってきてたらだな。
posted by ぽぽろんろん at 12:40 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | my music activities

2012年04月02日

先週・今週の練習への独り言(3/26〜4/1)

まずはTWオケから。

先週の日曜日、いつもTWオケが練習場所を借りている中学校の吹奏楽部定演に出演してきましたよ。
ゲスト演奏としてTWオケで2曲、それから中学生との合同演奏で4曲。

TWオケで演奏したのは次の2曲。

■ビリク:ブロックM(ぽぽろんろん担当:S.D.)
■久石譲/森田一浩:「魔女の宅急便」セレクション(ぽぽろんろん担当:Timp.、S.Cym.、etc.)


自分の出来から言うと、かなりダメダメ。
ていうか、演奏会を行ったホールがどうも自分と合わんのです…。そのホールでは(いずれもTWオケで)数回演奏したことがありますが、どうも自分の耳に入ってくる音と指揮とが異常にズレていてすんごい演奏しづらいのです…。
なのでブロックMについては指揮とバスドラを基準に演奏しました。結果それほど酷いズレは無かったですが(ちょこちょこ慌ててる場所はありましたが)、自信を持って叩いてたわけでもないので全くもって達成感がありません(^^;)
魔女宅については、本来6人でやるのを無理矢理3人でやりくりしたのでかなり大変でした。私はTimpとS.Cymがメインでしたが、S.CymはほとんどTimpマレットで叩いていた状態でしたし。
こちらはブロックMよりはマシだったと思いますが、でもやっぱり指揮と音のズレには馴染めずに終わりました。
今度のTWオケ定演もこのホールでやるんだよなぁ。すんごい心配…。
それから、魔女宅最後のfffへのロールクレッシェンドは他の音をほとんどかき消しちゃいましたな(苦笑)
まぁ、あの人数になら負ける気はしません(何を競ってるんだか^^;

TWオケ全体の出来で言うと、やっぱりピッチですね。特にピッコロは…。すんげえ不協和音。
それから音の処理、具体的には切り方ですけど、そこかしこがだらしないんだよなぁ。社会人団体でこれはあかんよ、うん。
自分も含め頑張らんとね。

で、この演奏なんですけど、団の人が何を血迷ったのかYouTubeに上げちゃったりしてるのよね(^^;)
まぁ、気になって仕方がない人は検索して聴いてみるといいんではないでしょうか。そんな物好きはいないと思うけど。

そしてこないだの土曜から本格的に(?)来月末の定演に向けて始動(遅っ
指揮も本番のI先生に変わりました。
練習したのはローエン3幕とエルザ、カウボーイ序曲。エルザ以外のテンポも本番モードになってようやっと緊張感が出てきました。
しかし今から本気出したとして本番までに仕上がるんだろうか。
果てしなく心配…(ーー;
それから、自分のシンバルの腕がかなり下がっているのをあらためて自覚。音が汚いんだよなぁ。


Sフィルの方は、昨日練習がありました。
普段の練習場所で行う最後の練習です。あとはホール練習がほとんど。いやぁ、こちらもいよいよ本番が近づいてきましたねぇ。
で、練習の出来なのですが、明らかに前回より落ちていたのですが何で??
なんでこんなにガタガタになっちゃったの?

練習が細切れに戻っちゃったから…なのかなぁ?うん、あり得る。
一度脳みそが細切れモードになっちゃうと、どこまで集中力を持たせればいいのか、あるいはどうやったら集中力がもつのか分からなくなっちゃうよね。
昨日は大祝すら通さなかったし。意味が分からん。もう本番近いんだし、気になるところがあってもまず通せよ!と思いますよマジで。

そして次回の練習はついにホールで合唱と合わせだぁ。緊張するねぇ。頑張るよー。
posted by ぽぽろんろん at 21:46 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | my music activities

2012年03月20日

2ヶ月ぶりなので書きたいこと多くてとりあえず音楽周りだけでも

正確には2ヶ月にはちょっと足りてないけど。
すんごい久しぶりのブログ更新になってしまいました。
マジで今年に入ってから仕事が忙しすぎ。
客先の夜作業も増えてきたせいで生活リズムも狂いっぱなしで体の疲れも取れないしね…。
今日はホントひさびさの丸一日フリーな休日でしたよ♪ヽ(・∀・)ノわーい
来年度末までこんな感じっぽいのでうまく時間をやりくりして休息を取っていきたいですね。
ブログの方もなかなか更新できないだろうなぁ。マンガの感想エントリーとか、しばらくは無理と割り切っていった方がいいのかもしれない。
とりあえず今日は自分の音楽活動周りを簡単に振り返りますか。

(って書いたけど、結局かなりの長文に。まぁしばらくぶりの更新だしね^^;)


■Sフィル
しばらく練習に出られませんでしたが、一昨日久々に参加しました。
……が、盛大に寝坊したためにティンパニを準備できずトムトムで参加することに。
しょんぼり(´・ω・`)

ま、そんな自業自得はともかく。
練習行けずにいる間もたまに「どんだけまとまってきたのかなぁ〜」とか思ってはいましたが、本番2ヶ月を切ったからか思った以上に曲になってました。
練習の方も、第1・第2楽章は最初に通してからおさらいだったし、何か「進歩してる!」って感じました(^^;)
特に第1楽章はいいね♪
第2楽章は個人個人のテンポの感じ方がまだ統一されてなくて、「こんにゃくとかゼリーで家を建てたみたいな感じにふるふる細かく揺れて安定しないなぁ〜」と思いながら聴いてました。でも何とか許容範囲には入っていたような気はします。
第3楽章以降はまた細切れ練習に戻っちゃいましたが、でも合奏の出来はよくなってましたね。
正直言うと第九の出来については休んでいる間も不安がよぎってたりしたのですが、今日の練習を聴いて「ああ、何とかなりそうでよかった…」と安堵しました。
な〜んて上から目線の感想書いてますが、自分こそもっと頑張らんとね。次々回の練習には合唱との最初の合わせ練習も控えてますし。
やっぱり合奏に参加するとテンション上がるね、うん。

■Sフィル選曲会議
には私は出張のため出られませんでした。何かね、私ってほとんどいつも選曲会議に出られてないんだよね…。何かもうどうでもよくなるわ。
んで、年末に行うプチ演奏会と来年の定演の曲目が決まったそうです。

■プチ演奏会
・オーケストラストーリーズ「となりのトトロ」
・バレエ「シルヴィア」より
・「新世界より」第4楽章
+アンコール

■定演
・中央アジアの草原にて
・バレエ「シルヴィア」より
・フランク 交響曲ニ短調

とりあえず「トトロ」が決まったのが嬉しい!
個人的には有名な映画音楽等でオケを使っているものなんていろいろあるのに世間に出回っているのは吹奏楽ばかり、という現状にもやもやしていたので、こういう非クラシックジャンルの曲をやれるのは嬉しいです。
しかもジブリものとくれば知っているメロディも多いですしね(^^)
ただ、題材が題材なので楽器編成が心配…。シロフォンくらいは普通にありそうだなぁ。…とスコアを買って確かめてみました。
そしたらパーカッションは…。

トトロPerc.JPG

ティンパニ、シンバル、スネア、タンバリン、トライアングル、シロフォン、グロッケン、ウッドブロック、マリンバ、クイーカ、シェイカー、フレクサトーン、コンガ、バスドラム、ヴィブラフォン、サスペンデッドシンバル、ウインドチャイム。


…ふーん……




いくら何でも多すぎじゃあ!(ノ ̄皿 ̄)ノ ┫:・'.::

5人ってのは想定の範囲内だったけど、楽器多すぎ。
ただ、いいこと(?)が1つだけあって。
「トトロをやる」とだけ聞いた時は、「シロフォンありそうだなぁ。またどこかの学校から楽器借用かなぁ。段取りめんどいわぁ」とか思っていたのですが、こんだけ楽器が多いとなるとレンタル業者から借りた方が絶対にいいですよこれ。てか、運搬や組み立てのことを考えるとレンタル一択。
特に鍵盤楽器は運搬中や組み立て中にパイプや木の鍵盤を傷つけてしまう可能性が0では無いですからね。シロフォンだけならともかくこんだけあるならそういうのを全部やってくれる業者の方が絶対にいいです。

あとね、この曲は最初の「さんぽ」が楽器紹介も兼ねていて、パーカッションもティンパニソロがあるんだけど…。

トトロTimpソロ.jpg
(※音量やアーティキュレーションは省略)

ローCとか何事…(−_−;
しかもこれ、チューニングがかなり凄いことになります。
音域とか、隣り合う音で音替えが無いように考慮するとこれがベストっぽいんだけど…。

ローC:32"(通常音域:D〜A)
E・A:29"(通常音域:F〜D)
G:26"(通常音域:A〜F)
C:23"(通常音域:C〜As)

低っ!全体的に低っ!!ほとんどの音を音域外で叩くことに。
そしてGとAの位置が逆になるというね。
これは正直言うとイヤだわ…(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル
出来れば当日だけでも32"をもう1つ借りて5台でやりたい。
こんな風に。
↓↓↓↓

ローC:32"(通常音域:D〜A)
E:32"(通常音域:D〜A)
G:29"(通常音域:F〜D)
A:26"(通常音域:A〜F)
C:23"(通常音域:C〜ハイAs)

これでもチューニングひっくいけどね(^^;)
ま、ローCは1回しか出てこないからEでごまかしちゃう手もあるかなとかすでに日和ってますけどね私はw

パーカッションだけで言うならドラクエ4の方がシンプルでよかったかも。

曲はネットにあったのを聴きましたが、案外くせ者かも。オーケストレーションが最近やってた曲の傾向とかなり違うし(当然ですが)。
それからこれ、案外ピアノが持ってっちゃってないか?何か思てたんと違うw

■さんぽ〜風の通り道〜ねこバス〜となりのトトロ


■五月の村〜すすわたり〜お母さん〜トトロがいた〜まいご


ちなみにこの演奏、(ナレーションが無い以外にも)スコアと違う場所がちらほらあるね。
違ってる場所は基本的にスコアより音が増えて豪華になってる。
CD収録時の演奏団体である新日本フィルの特権か?(^^;)



そして定演。

「シルヴィア」に賭けろということですね分かります。

「中央アジア」のティンパニは想像以上の寂しさ。「セビリアの理髪師」より少ないなんて…。
ティンパニは本番当日だけでいいです、なレベル(^^;)
フランクはフランスもの好きな私でも今イチ印象に残っていない曲だったのでこないだ聴き直してみたのですが、これじゃ印象に残らないよなぁとあらためて納得しました。
特に第九のあとだとね〜。
パート譜も見てみたけど、ティンパニがテンポやタイミングを決めるような場所が皆無な印象。
これを聴き直した第一印象は、「これならまた仕事忙しくて練習行けなくても罪悪感がそれほど無くていいな」だったり(ぉぃ^^;

てことでパーカッションが楽しいのは「シルヴィア」のみ。でもこれも1曲目と4曲目だけなんだけどね。
やるならティンパニなんだけど、せっかく買ったバスドラムを練習でも活用したい気分も。
それにこれまで1曲はティンパニ以外をやってきたしね。
う〜ん、どうしようかなぁ?とりあえず最初の数ヶ月はいろいろ勝手に叩かせてもらおうかな。


■TWオケ
こちらはまず、今度の日曜に本番が1つ。
普段練習場をお借りしている中学校の吹奏楽部定演にゲスト出演&合同演奏をやることになってます。
単独の演奏は2曲、合同演奏は何と4曲。結構盛りだくさんです。頑張りますよ〜(^^)v

そしてTWオケの定演はSフィルの2週間後なのですが、こっちはいろいろと出来が酷い…。
震災の影響もあり前回の定演では練習期間が1年半あったのが災いしてるのか、みーんなのぉ〜んびりしてるんだよね(苦笑)
練習のペースが全然上がらない。
このままで演奏会ちゃんと出来るのかな。心配だわ…(−_−
自分について言うと、とりあえずカウボーイ序曲の鍵盤がだんだん下手というか雑になってる気がする。
ローエン3幕のシンバルは、コーダ部でヴィブラートをかけるのを忘れてしまうので気を付けないと。音の間隔が短いから疲れるんだけどね。
つーか個人的には効果無いと思ってるんだけどな、シンバルのヴィブラート(苦笑)
それ以外はとりあえず何とかなってるかな〜。

TWオケの定演関連で個人的に痛いのは、合宿の日程がSフィルの定演前日・当日と重なってしまったこと。
自分が合宿に出られないのも痛いし、TWオケの人を定演に呼べないのも痛い。「第九!?行きたい!!」って人が何人かいたんだけどなぁ…。残念です。


■Aフィルエキストラ
本番はもう1ヶ月前になりますが(^^;)
久しぶりのAフィルトラでした。リエンツィのシンバル。
Aフィルで叩けたのも嬉しかったですが、それよりも思ったのはプロの人と合奏する時の合わせやすさですね。
この演奏会ではパーカッションのトラは私の他にプロが2名、音大生が1名。いやぁ〜合わせやすい合わせやすい。
最小限のザッツと最小限の気配りが(特にプロ2人の間で)飛び交うのでとっても乗りやすい。自分のザッツも最低限でいい。シンバルはバスドラムに乗っかっての一体感が重要ですしね。
叩きながら「これが合奏だよなぁ〜」と妙な感動を覚えてしまいました。
この感じをSフィルやTWオケでも掴めるようになっていきたいしなっていって欲しいな。
特にオケはティンパニとして示せることはまだまだあるので、頑張りたいです。
でも今から第九のとらえ方を変えるのも怖いな。

…定演後からかな(もう日和ってんのかよ
posted by ぽぽろんろん at 23:46 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | my music activities

2012年01月30日

昨日・一昨日の練習への独り言(1/28・29)

土曜のTWオケは、空き時間でひたすらドラムに触ってました(*´∇`*)
ダメだ、才能無いわ(ぇ

…と諦めるのはさすがに早いですが、なかなか大変ですな。雑念が入るとすぐいろいろと崩れる。
必死にやっていたら、S子ちゃんから「こんな真剣なぽぽちゃん見るの初めて」と言われてしまいました(苦笑)
けどこういうチャレンジは久しぶりなので楽しいです。
週に一度、数十分しか触れないと非効率的なので、家にも電子ドラムが欲しくなりました。ただ、買っちゃうともう引っ越せなくなるけどね。広くて安い部屋なんてそんな簡単に見付からないし。

練習した曲は、訪問演奏の曲とエルザとカウボーイ。
エルザって曲は、アッピア街道の松あるいはボレロのように曲の最初から最後までで1つの大きなクレッシェンドになってるじゃないですか。エルザはこれを意識しないと凄くつまらない曲になってしまうのよね。メロディもシンプルなだけ余計に。んで、今のところうちの演奏は果てしなくつまらない…。
こんな単純な基本くらいみんなの頭の中で共有して欲しいよ。それとも、共有しててこれなんかな。
カウボーイは音源を聴いての予習を多少(つっても数回だけど^^;)重ねたこともあって自分はかなり曲を掴めてきました。練習テンポがもっともっと上がっていくといいな。

日曜のSフィルは演奏以外の出来事が1つ2つ。
まず、うちのパートのKさんが退団することになり、その挨拶にきてくれました。
学業上の理由なのですが、細かい話を聞いてみたら数年はこちらに戻ってこれない感じでしたし退団もやむなしかなと思いました。
残念ですが、仕方が無いですね。彼女にはどんな形でもいいから音楽を続けていって欲しいな。
それから、この日、当団についにバスドラムが届きました。
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
買ったのはパールのエントリーモデル。
ホルンSさんからは「もっといいの買わなくてよかったの?」とか言われちゃいましたが、別にパールがそこまで悪いわけじゃないですし、トランクルームでの保管環境とか、練習場所への運搬時の負担とかを考えると、いい選択だったと思ってます。
というか、そういう選択肢しか残ってなかったという方が正確かな。いいバスドラムはスタンドが立派すぎちゃってトランクルームからの運搬に困るのよ…。
今日はチューニングしていない状態だったので、次回はちょっと手を入れたいな。

練習の方ですが、大祝はそれなりにサクサクな合奏になってきているでしょうか。
困ったのは第九の方ですね。
私の中にある「下手くそな演奏団体」の定義に、「『歌う』(カンタービレな)ところでrit.→a tempoの繰り返しばかりになる(accel.又はcon motoな場面がない)」「pが弱くならない(or技術的にできない)せいでfが大きく感じない」ってのがあるんですけど、今のSフィル第九はまさにぴったりこれですね。
しかもそれをY先生が率先してやってるところが大問題だと思ってます。なんでメロディのしっぽをあんなにぐだーーっと伸ばすの?後ろで聴いてて気持ち悪い…。
第2楽章もアレグレットにまでテンポが堕ちちゃってる(←この漢字、合ってるな)し、第3楽章なんて遅すぎて最初のテンポ感が皆無。
曲の完成は無理だと見てぶっ壊しにかかったのですか?Y先生。
もう2月になるのにこの状態は…。

あと、久々のAフィルトラですが、練習日は定演前日のみらしくちと不安が。
こちらもCD聴いて曲をちゃんと掴んでおかないとー。
posted by ぽぽろんろん at 23:03 | 神奈川 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | my music activities

2012年01月22日

昨日の練習への独り言(1/21)

う〜む、困った。
完全に弱みを握られてしまった。

この日の練習はパート全員揃ったんだけど、先週の私のドラムのあははははな感じが全員に知られてしまったため、ポップス系の曲のパート決めのたびに「よし、じゃあぽぽちゃんはドラムね」といちいち振られ(苦笑)

うわ〜ん、いじめ反対!ヽ(`Д´)ノウワァン

ま、来月の訪問演奏に関しては時間が無いからと必死で拒否しましたが、そのうちやることにはなるんだろうなぁ。どうしたもんかなぁ…。
そしてね、このおかげで他の人をいじりにくくなってしまいましたよ(^^;)
ちょっとツッコミ入れると「そんなこと言ってるとドラムやらせるよ!」とカウンターが返ってくるようになってしまった。
これはイタイわぁ…(苦笑)

さて。
この日練習したのは、訪問演奏でやる「渡鬼」「きよしのズンドコ節」「いつか聞いた歌」「上を向いて歩こう」の4曲と、定演曲の「カウボーイ序曲」。
カウボーイは結局鍵盤をやることに。あと、この日は練習しなかったけど「ジュビリー」もパート決めを行い、バスドラ&鍵盤&ドラ担当に決定。
カウボーイの鍵盤は何とかなりそうかなという感触をちょっと掴みました。噂ではこの曲でコンクールに出るらしく。

そしてこの日あらためて思いましたが、鍵盤楽しいね(^^)
難しい方がやりがいあっていいわ〜、とも思いました。
オケじゃこういうのはなかなか無いからねぇ。ていうか、鍵盤が活躍するのなんて近現代の曲だから、Sフィルだと特に機会が無い。
こういう欲求は吹奏楽で満たしていきたいですね。
タグ:TWオケ
posted by ぽぽろんろん at 22:27 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | my music activities

2012年01月15日

昨日・今日の練習への独り言(1/14・15)

土曜のTWオケは仕事後に行ったため途中からの参加。
来月の訪問演奏での曲と定演曲をざざっとやりました。定演曲は「ジュビリー序曲」と「カウボーイ序曲」が初見大会。
どっちも拍子がコロコロ変わって初見だと大変だね(^^;)
でもどちらも楽しいわ〜(*´∇`*)
昨日はパーカッションが2人しかいなかったため、とりあえず仮パートということでジュビリーはティンパニ、カウボーイは鍵盤をやってみました。
ジュビリーのティンパニはそんな難しくないですね。つーか出番が少ない。特に拍子がコロコロ変わるところでの出番がほとんど無いから休み数えてるだけでよかったり(笑)
それに比べてカウボーイの鍵盤は大変だったわ…。
楽譜自体も大変だったし、その場で原譜配られての初見大会だから1枚の譜面持ってグロッケン・シロフォン・ヴィブラフォンの間を駆け回るのも大変でした。どっちかというと後者の方が疲れた。移動中に休みを数えるのがズレて落ちたりしたし。

この日の練習であらためて思ったけど、初見能力落ちてきたなぁ、私。
年齢のせい、というよりは譜面を見る時間や楽器に触ってる時間が学生時代より減っているからなんだろうなぁ。…と思いたい。

それから、訪問演奏の曲としてきよしのズンドコ節の初見大会もあったんだけど、無茶ぶりされてドラムをやってみました。

……無様に玉砕したぜ…(´;ω;`)ブワワッ

まぁ、10数年前に遊びで叩いたことしかない(=本番で叩いたことが無い)から当然っちゃ当然の結果。
訪問演奏まで時間も無いし、ここではドラムにはまだ触らないということで。
でもせっかく吹奏楽やってるならそのうちやりたいとは思ってるんですけどね。


日曜のSフィルは久しぶりにティンパニを使っての練習ヽ(・∀・)ノ
ティンパニの状態が不安だったので早めにトランクルームへ行って7時過ぎからチューニングしてました。寒くて今イチ作業効率が上がらず、真ん中2つはそこそこ出来たけど32"のは中途半端で終わってしまいました…。これは次回までに何とかしたいな。

で、練習ですが。
…なんでどんどんテンポ遅くなるん?
今日の大祝は前回ほどじゃなかったけど、第九はますます音楽の粘度が増してるぜ。
日を追うにつれどんどんフレーズのしっぽがベターッと長くなり、テンポが遅くなってくるのはなんでなんよー!><

あとさ、特に第九の第4楽章、一部の人が勝手なテンポでやりすぎ。
Y先生のザッツから予想されるのと全然違うテンポ・タイミングでやってる人がいて困る…。
そして今日の私は久々のティンパニでの練習ということもあり手元がわたわたしてしまった部分が少なからずあったため、それを上手く誘導するどころかさらにかき回してしまったりもして、いつもより悔いの多い練習でしたよ。

上のようなことも含め、今日の練習は統一感の無さがいつも以上に気になりました(実際にいつも以上だったのかどうかは分かりませんが)。
おんなじメロディ演奏してるのに何でパートごとにアーティキュレーション違うのよとか。ffまでのクレッシェンドが書いてあった時にみんな本当にそこ目がけて演奏してますかとか。
もちろんこれは自分もね。第九のティンパニはやはりトランペットと合わせることが少なくないので、そこのニュアンスは揃えないといけないし。まぁそれについては今日はやりづらかったのですが(新入団員の女性の音がちと…むにゃむにゃ)。

とりあえず、第九の不安度が今年に入ってさらに増しました。
( ゚∀゚)o彡°増し増し!増し増し! ←間違った顔文字の使用例
そして謎なのは、なぜかY先生は手応えを感じている(らしい)こと(^^;)
私、正直言ってこんなダルい第九はやりたくないよぉー。

…直談判すべきなのかなぁ。それともみんなもこれでいいと思ってるのかなぁ。むぅ…。
posted by ぽぽろんろん at 23:11 | 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | my music activities

2012年01月11日

数日前の練習とその周辺への独り言(1/7・8)

土曜のTWオケは、なんと!
パーカッションに新入団員がやってきました!ヽ(・∀・)ノわーい
高校生の男の子で、中学で吹奏楽をやっていて高校ではバンド組んでドラムをやっているそうな。
てこともありこの日はドラムを中心に練習に参加してもらいましたが、確かにドラムは慣れてるのでそれなりにいい感じでしたね。あとは他の楽器の時にどんなもんか、ですね。
それ以外にも定演後少し団員が増え、TWオケもまた少し賑やかになってきました。せめて40人くらいになればやれる曲目の範囲も増えるし嬉しいんだけど、そこにはまだ遠いなぁ。

そして、TWオケは来月にとある施設への訪問演奏を控えているのですが、ここでやる曲目がまだ固まってない(苦笑)
この日の練習にはその訪問演奏のトラさんも来てくださっていたのですが、そんなんでいいのかよ。つーかこんな状態から呼ぶなよ(滝汗^^;
役員さん、早いとこ決めちゃってくださいな〜(^^;)


日曜はSフィル。
年始早々、練習以外のところでがっかりしてしまう出来事があったので、何かもう自分がイヤになっちゃいます。
ま、このことはそのうち書くことになると思うのでおいといて。
合奏の方でしみじみ思ったのはみんなテンポ引っ張り過ぎっすな。Y先生含めて。
大祝なんて10小節も進まないうちにあっという間にテンポがズルズルだる〜くなるもんねぇ。
第九もどんどん遅くなるし…。第3楽章は緩徐楽章かもしれないけど、でも音楽が止まっちゃいそうだもんなぁ。そしてY先生は一人で別世界へ飛んでいっちゃってる(苦笑)
いいんかいな、それで(^^;)
大祝も第九も、もっと拍に食らいついて行こうよ。ま、これは自戒も込めてね。
昨年末、昨年最後の練習の録音を聴く機会がありました。最初に聴いた時はFlのWさんきっかけでテンポが遅くなることが多かったように感じたんだけど、2回目聴いてみたら自分も結構遅れてるじゃんと。他人のこと言えねぇじゃんと。1回目で気付けない自分だせぇw
てか、一緒にいた人も言ってくれればいいのに(´・ω・`)
あれか、人の意見を聞かない人と思われてるのか、それとも言っても無駄だと思われてるのか。ああ、後者か。こりゃ仕方無い。
……って寂しいわぁ(ノ◇≦。)

次回の練習は久〜しぶりにティンパニでの合奏。その前にチューニングし直したかったけど、そんな時間は多分無いな…。


それ以外のこととしては、久しぶりにAフィルのトラに出ることになりました。
昨年Aフィルに復帰されたSさんから打診があり、「本番当日と前日はOKですが、それ以外の練習には出られなさそうです」と半ば断り気味の返事を出したら、「スケジュールは追って相談しましょう」とあっさり決まってしまいました(^^;)
曲はリエンツィだそうで、Sフィルでも今年の定演の前プロ候補に残ってましたね。いやぁ、大祝に決まってよかったですね。同じ曲だったらどうしてもAフィルと比較しちゃうもんねぇ。
しかし、仕事で忙しい時期にぶっ込んじゃって大丈夫かなぁ…。
ま、何とかなるでしょ、きっと(^^;)

あと、この連休でやっとバスドラムを買いに行くことができました。
つってもまだ見積依頼の段階ですが。
楽器屋さんを何軒か回って見積をお願いしてきたのですが、今日の段階で早くも1軒を除いて回答が来ました。ありがたや。
そして現時点でもう予算以内に収まることが確定しましたよ。
よっしゃ!d(`∀´●)ノ
どこのお店も依頼時の感触は「大体定価の10〜15%引きくらいですかねぇ」という感じだったのですが、そのうちの1軒が28%引をぶっ込んできてくれましたよ。
確かこのお店、Sフィルがティンパニを買ったお店でもあるのよね。やっぱり安いんだなぁ。
そしてまだ回答が無いところは「うちより安い値段を出してきたお店があったらまた相談してください」って店長が悪代官的なややイヤらしい笑みと共に言っていたとこ。これはもう勝利確定じゃないか。
30%引き行けるかも( ̄ー+ ̄) ニヤリ
早く最後の一次回答来〜い♪ヽ(・∀・)ノ
posted by ぽぽろんろん at 00:53 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | my music activities

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。