2011年09月05日

一昨日の練習への独り言(9/3)

9月に入って職場の休日が土日に戻ったのでTWオケの練習に普通に参加出来るようになりました。

この日も定演曲をひととおりざざっと。
自分の反省を言うと、「シーゲート」がちとやばいな(^^;)
パート変わってから案外キツいよ。9月中には慣らさないとなぁ…。
「元禄」のティンパニは結構こなれてきた気がします。気を付けなきゃならないのはクレッシェンド後に「タカタン!」とffで決めるとこですね。これが右手から入る場面も多いのであたまがボヤける時がちらほらあるのよね。クレッシェンドをやりすぎて失敗するケースがほとんどなので、ちょっと控えめにして「タカタン!」のアクセントをキッチリ決めるようにしたいな。
「水の旅人」のティンパニは、今日の練習で音変えの手順とかが大体決まった感じ。演奏としては後半がまだまだ課題だなぁ。これも拍あたまが右手になるところで音とリズムがボケちゃう。しっかりやらないと。
それ以外の曲はほぼ安定したと思います。

全体で言うと、先月からポツポツとトラの人が来てくれていまして、一昨日は本当に久々のトランペット3本!(うちトラ2人)
クラも4人、サックスも3人だったしいつもより音が厚くて嬉しかった〜。やっぱり人数いると演奏が楽しいよね。
ただ、人数が増えた分ピッチにはもっと神経質になって欲しいよ。「陽はまた昇る」なんか和声がキレイに流れないと魅力0になっちゃうし…。頑張ってくれ〜。

来週から指揮者のI先生を呼んでの練習となるので、気合いをさらに入れていかないと!
市民祭本番まであと2ヶ月、定演はそこから3週間後。あっという間に来ちゃうんだろうなー。怖いなー(^^;)
タグ:TWオケ
posted by ぽぽろんろん at 21:04 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | my music activities

2011年08月21日

今日の練習への独り言(8/20)

今日のTWオケは、先週配られたスパークの「陽はまた昇る」を含めて定演曲をいくつかおさらい。
「アンパリト・ロカ」はどうも最後のtutti部分にある<>を付けるのをついつい忘れてしまう…。こういう初歩的なミスはいかんね。次回以降きっちりやらないと。
「シーゲート」は先週パーカッションのパートをシャッフルしたので、非常に新鮮な気持ちで演奏出来ました(^^;)
鍵盤、何とかこなしたけどまだ手がスムーズに動かないね〜。頑張らないと。
「陽はまた昇る」、やっぱりいい曲ですね。ハーモニーが心地よいです。
自分の担当はサスペンデッドシンバルですが、最初と最後の弱奏が朝もやのような感じがしてステキですね。木管のトレモロと上手く雰囲気を合わせていきたいです。
「元禄」、これは後半であまり早いうちから音量を上げすぎないようにしたいですね。最後のひと盛り上がり用の余裕を取っておきたいところ。
「水の旅人」、これも私は今回からパート変更してティンパニに。ティンパニ、結構おいしいな、これ(^^;)
「道化師」のシロフォンや「元禄」のティンパニもおいしいから、これもやっちゃっていいのだろうかとも思ってしまったけど…。ま、いいや(ぇ
「道化師」は久しぶりだったので1曲目の手順を間違ってしまい音を外してしまった。これも頭で整理し直さないとな〜。それからギャロップでの「タカタン」のリズムがきっちりハマっているかどうか何か自信が無くなってきた…。次回で再確認しよう。

今日は練習前に役員会も行われて、定演の曲順やその直前の市民祭の曲目も決定。
定演は曲目が多少増えたとのこと。「ハリー・ポッター」とかやるらしいんだけど、早く楽譜配らないとまとまらない予感が(^^;)
あと、市民祭は「アンパリト・ロカ」と「水の旅人」で決定らしい。「水の旅人」を激推ししているNちゃんがめっちゃ喜んでた(笑)よかったね(^^)

それから、今日はアンコール曲の楽譜も1つ配られました。これは来週が初練かな。
定演まであと3ヶ月。時間があるようで無いので気合い入れていきたいな。
タグ:TWオケ
posted by ぽぽろんろん at 00:41 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | my music activities

2011年08月13日

本日の練習への独り言(8/13)

定演が延期になってからTWオケの練習はマンネリ気味だったので感想エントリーも書かずにいたんだけど今日は久しぶりに。

今日は代指揮の人が来られなくなってしまったため個人練習に変更。
で、パーカッションはトラの人の分を含めパート割りを再確認することに。
その結果!

トラに来てもらう人はティンパニが得意じゃないということで「シーゲート」と「水の旅人」のパート割りを変更することになりました(どちらもティンパニがトラのシートとして残ってたのよね)。
特に「シーゲート」はもう1年以上練習してるので、気分一新ということで完全シャッフル!
その結果私は小物中心のパートから鍵盤中心に変わることになりました。今日少しさらってみたんだけど、案外難しいね…。スウェアリンジェンをなめちゃいけません。
どうも全体的に右手から叩いた方が左右のやりくりが上手くいきそうな部分が多いんですね。なので基本が左利きの私は今のところちょっとまごついてしまいがち。
おかげで今日はかなり頭を使いましたね〜(普段使っていないだけとも言う^^;)。
早く慣れないとな〜。
「水の旅人」の方は私のパートをトラの人にやってもらうことにして、私がティンパニに回ることになりました。ティンパニ、かなりおいしいみたいだったんで!(笑)
これは今日はさらわなかったけど、次回以降の合奏でテンション上がりそうです(^^)v

あと、スパークの震災チャリティ曲の譜面も配られました。
これは来週が初練かな。楽しみ〜。
ハーモニーがキレイな曲だからそれを大事にしたいですね(って私のパートはサスペンデッドシンバルなんだけど!)。
管楽器の皆さん、よろしくです(^^)
タグ:TWオケ
posted by ぽぽろんろん at 23:52 | 神奈川 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | my music activities

2011年07月11日

一昨日の練習への独り言(7/9)

すっかり書き忘れてた(汗々^^;

一昨日は「水の旅人」と「元禄」。
金管がほぼ全滅だったので、木管のおさらいがメインでした。パーカッションは出来がいいので(ぇ
「水の旅人」は後ろからだんだん溯りながらの練習。この曲、パーカッションは結構移動・持ち替えが激しいのよね(単に推奨人数に足りてないからなんですが^^;)。後ろからだと移動の流れがちと掴みにくかったです(笑)
「元禄」は主に前半のアーティキュレーションやパートごとの噛み合わせに注意しながら。こちらはだんだんそれっぽいシルエットが出来上がってきたので細かい部分のおさらいが多くなってきています。
現在さらっている曲では、この2曲と「道化師」がまだまだ先が長そうです。逆に言うとそれ以外は定演本番までモチベーションを保つのが大変そう(苦笑)

そういえば、定演曲から今年のコンクール課題曲を外す代わりにスパークが書いた震災への追悼曲をやろうという話にはなっているのですが、まだこれに向けて具体的に動き出してはいないんですよね。
定演曲の練習に飽きが来始めている人もいるみたいなので、こちらもそろそろ楽譜が欲しいなぁ。
聴いてみたのですが、ひたすらハーモニーが美しい曲ですね。管楽合奏の本領発揮。パーカッションがヒマなのが難点だけど(笑)

■【吹奏楽】陽はまた昇る/P.スパーク【チャリティー】 ‐ ニコニコ動画(原宿)
タグ:TWオケ
posted by ぽぽろんろん at 14:13 | 神奈川 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | my music activities

2011年07月08日

定演DVD観たよ

受け取ったのは1ヶ月近く前だったけど、何日間かに分けてやっと見ました。


まずは自分の演奏について。
今年は(メイン的に)去年よりは自分と相性のいい曲だったので全体的に楽しく演奏できたし、そんな空気をかもし出せたんじゃないかなぁと思います。ひとまずはそれで充分。

反省点を挙げると、まずはティンパニのチューニングですね…。
前日までに整いきらなかったんですよね。特に29"が。だからこのティンパニの音はすんごい濁ってる。はぁ…。
来年はちゃんとやらんとなぁ。
「こうもり」のスネアはアンケートにも書かれてたけどちょっとズレが激しいね。ワルツは3拍目をちょっと後ろにためすぎた場所がそこかしこにあったし、それ以外も後ろへのズレがちらほら。むぅ…。
それから、最後のロールはもっと粒を粗くしたかったな。
「白鳥の湖」ティンパニはロールでの横移動がちょっと鈍かった。音の移り変わりが変だね。あと、終曲前の情景でのロール。2回目のCisのffpで音程が下がっちゃったらペダル踏んだんだけど、その時に「ドゥ〜ン」と音程上がってるのがモロに聞こえちゃってる(苦笑)
それから、終曲突入直前のロールクレッシェンドはもうちょっとバスドラムと心を1つにしたかったねぇ。これは私の不注意。
「エロイカ」は、やっぱりセム皮マレットのせいか音がベチベチしてますな。つーか、スイートスポットが狭いっていう印象。いい時はそこそこなんだけどね。
それから、第3楽章は私がオケの勢いを止めちゃってる感じもしました。これは大反省だね。「第九」の第2楽章でも気を付けないと。
アンコールは思ったより崩れてなかったです。しっかし今見てもこええよ。Y先生が客席で振り始めた瞬間はオケ全体でがっくしズレてますし(^^;)


オケ全体の感想をざっくり言うと、どの曲でも集中力が続かないですね。
「白鳥の湖」でそれがいちばん分かりやすく出ていて、最初のワルツはまだよかったけどチャルダッシュ以降どんどん終わり方がひどくなっていく…。終曲あの情けない終わり方は(Y先生が伸ばしすぎたってのもありますが)ちょっと…。
「エロイカ」は、第1楽章最初と最後、第4楽章最後のEs Dur和音がひどすぎ。聴覚へのテロレベル。思わずのけぞってしまった。主和音すら合わないとかもう合奏やめた方がいいレベルwwwwwwww


…はぁ…(´・ω・`)しょんぼり


さ、そんな現実からは目をそらしてそれ以外の感想をだらだらと。

Tさん、いいよね。えーと、フルートのTさんです。やっぱりTさんの音、好きだなぁ。「エロイカ」聴きながらそう思いました。
「白鳥の湖」の1stがHさんだっただけに余計にそう思います。

Hさん、いいよね。えーと、コントラバスのHさんです。めっちゃ楽しそうに弾いてるんですよね〜。こういう人を見てると自分も楽しくなってきます。Hさんは演奏も安心して聞けますしね。自分のやりたいスタイルをやられちゃってる感じです(笑)

Yさん、いいよね。えーと、ばそんさんです。やっぱり頼りがいのある安定感だわぁ。私にもこういう安定感が欲しいです。

ヴァイオリンに人が欲しいね。どっちも。A先生がいないパートの音が弱くなるとかそんなレベルじゃなく。もちろん、メンバーの実力不足とかそんなレベルでもなく。
管や低弦とのバランス的に完全に足りてないよ。素直にトラ呼ぼうよ…。

ホルンの音がある閾値を境にスコーンと聞こえてくるのね。これってホールのせい?それ以前もそうだったっけ?ちょっとこれまでの定演DVDも見返したくなりました。これはいい面と悪い面、両方ありますね。

「白鳥の湖」スネアのUさんのロールクレッシェンドはさすがですね。ああいうフォームってことは私とは違う方法論で練習してきてるんだよなぁ。Uさんは打ち上げにも出てくださったけど音楽のお話はほとんどしなかったから、今度機会があればそういうお話もしてみたいな。

聴き返してみると、「白鳥の湖」2曲目の情景のオーボエソロも制御しきれずちょこちょこはみ出ていたんだね。終曲のアレはこういう伏線もあって緊張が増してしまっていたのかな?←勝手な想像

私が「エロイカ」第1楽章で好きな部分って練習番号Iの4小節前からの不協和音での咆哮4小節なんだけど…、なんてまろやかな咆吼なんだ(^^;)
私が観客だったらかなり(´・ω・`)しょんぼり…だったと思う。てか、今聴いてしょんぼりした。

何気にここ数年でクラMさんの合奏技術が上がってるんだよなぁ。音にも落ち着きがあるし。練習時間が有り余ってるってのはあるかもしれないけど、それをちゃんと有効活用してるのは偉いですよね。


…とりあえずこんなもんで。
全体として「いいねぇ」という部分はほとんど無かったかなぁ。もちろん個人レベルならありましたけどね。
来年に向けて頑張らないとね(って私は9月からになっちゃうけど^^;)。
タグ:Sフィル
posted by ぽぽろんろん at 22:19 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | my music activities

2011年07月03日

昨日・今日の練習への独り言(7/2・3)

昨日のTWオケは道化師・元禄・シーゲート。
前2曲は少しずつ細かいところも返しつつの練習。
道化師は、練習回数の多い1・2・10の出来はそこそこになってきましたが(どれもテンポは遅めだけど…)、後回しにされがちな7・9の出来がまだちょっと…(^^;)
この2曲は木管(特にクラ)に人が揃ってないとやりづらいのよね。早くこっちの完成度も上げていきたいね。
元禄はどうも肩に力が入り気味(私が)。いや、練習場として借りている中学校のティンパニがね、26"だけペダルの機構にガタが来ていて音変えるとギチギチ音を立ててゲージが動いていくのよね(苦笑)もちろん音程も変わっちゃう…。
これのせいで集中出来なかったよ…。ま、言い訳ですけどねっ!
シーゲートはもうみんな飽きが来てる(ぇ^^;
この曲の練習始めてからもうそろそろ1年だもんなぁ。さすがにちょっと…ね。
あとは人が揃わないと精度を上げづらいかなぁ…。
そして、この日でファゴットのEさんが転職のために退団することに。沖縄の離島にいくそうですよ。転勤じゃなく、転職で。凄い行動力だね。
このEさん、聞いたところだと元々はトランペットだったんだけど、TWオケに入ってから諸事情によりファゴットを始めたそうで。でも昨年に入団した私はそんな経験年数の短さを全然感じませんでした。
こういう人がいなくなってしまうのは痛いです…。
何と言っても、かわいい女性だったのに! ←そこかよ ←もちろんです
Eさんの新生活でのますますのご活躍をお祈りしたいと思います。


今日のSフィルは大祝のみ。
いちばん気になったのはKさんが先週のパート練習の成果をどれくらい発揮できるかというところですが、結構頑張っていたと思います。トムトムだったんで実際にティンパニだとまた変わるかもしれませんが。
いちばんの鬼門は3連符クレッシェンドとそれに続く後打ち連打の部分。ここが全然掴めていないですねー。あとはファゴットとオーボエが例のいちばん有名な学生歌を吹いた後のtuttiの入り。…って全部同じ学生歌部分だ(苦笑)
私は今日はトライアングルをやったのですが、1つ打ちの音質がちょっと安定しなかったですね。少し音に(茹で足りないパスタのような)芯が入っちゃったりしたので精度を上げたいです。
つーか本当はシンバルの予定でいるんですけどね(ぇ
今日は面倒で持っていかなかった(ええええええ

他を簡単に列挙すると、

  • 全体的に前回の「こうもり」よりはやりやすいのかな?Y先生も言っていたけどそれなりに形になってきてるとは思う。

  • オーボエは代奏のYAMATOさんの方が数倍安定していたので、Tさんには頑張っていただきたく。

  • チェロはパート全体で合ってる部分と合ってない部分の落差が凄いな(^^;)

  • H奥さんのピッコロ、あんなに控えめで「もっと出していいのに」と思ってしまったピッコロ奏者は初めてです(^^;)

  • H夫妻のお子さんはトランペットを吹き始めたらしく、「吹けるんだよ!」と自慢されてしまった(笑)
    でもHダンナさん曰く「お前まだローBしか出ないだろw」とのこと。確かに小学校低学年(だよね?確か)じゃ大変だよなぁ。これから頑張れー。

  • 1st Vnは5人でご苦労さまでした。次回は4人だとか(^^;)頑張れー


てとこかな?
Sフィルには2ヶ月出られないので、9月に復帰する時にどれくらい変わっているか楽しみです。
まさか変わってないなんてことは、……ねぇ?(^^;)
私?もちろん下手になってますよ?(ぉぃ
posted by ぽぽろんろん at 23:31 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | my music activities

2011年06月26日

昨日・今日の練習への独り言(6/25・26)

昨日はTWオケ。
今回も定演曲をザザッとひととおりさらいましたが、「元禄」や「道化師」等、一部の曲はこれまでより部分部分を返す時間を増やしての練習。
再開後の練習は通しが多かったためか、人が少ないなりに案外それなりの演奏になってました(もちろんまだまだやらなきゃならない部分は多いですが)。
「道化師」なんかは先週の代指揮も今週の代指揮も「あれ?案外出来てるね」という感想を漏らしてました(^^;)
やっぱり通し練習は重要だねぇ。細切れ練習より集中力の付き方が違うと思いますよ、ホント。細切れ練習だと「ダメだったら止めてくれる」「あ、落ちちゃった。でもどうせすぐ止まるか」って思っちゃうもん(私だけ?だとしたらゴメンナサイ^^;

今後の不安材料としては来週から7月に突入するということ。…そう、ピーク電力削減のための職場の休日移動ですよ。これにより土曜出勤になってしまった人がちらほらと(私含む)。
TWオケは団員自体が少ないので何人か抜けただけでも影響が大きいんですよねー。夏の間、思うように練習が出来ない可能性もありますね。う〜む…。
とりあえず私は職場から練習場所がそれほど遠くないこともあり、遅刻だけど参加することは出来る予定。2ヶ月も楽器から離れちゃうと手首が硬くなっちゃったりティンパニの音移動の勘とかが鈍くなっちゃったりするので助かりました〜。


今日はSフィル。
…の合奏ではなく、パート練習をしてきました。
まぁ、実態は私がひたすらKさんにレッスンを付けるだけなんですが(^^;)

てことで、大祝のティンパニを2時間みっちりさらいました。
過去の練習では全く思い切りが無かったKさんですが、かなり改善されたかなと思います。
次回の練習に期待!……って次はメインの練習場じゃないからトムトムなんだよなぁ。そしてその後私は2ヶ月のお休みに突入。何か間が悪い(苦笑)
あと、試しにということで1時間弱ほど、第九のティンパニもピックアップして叩いてもらいました。
が…、さすがにキツいですな(^^;)
とりあえず叩ける範囲で代奏をお願いねということを伝えたのと、私がいない間のY先生の指示を控えといてくださいということをお願いしました。
あと、もし7・8月の間にぐんぐん成長してくれたらそのまま叩いていいよということも。Kさんは「無理です!」と首をブンブン横に振ってましたが、ぶっちゃけそれでもいいんだけどな、私は。これまでメインのティンパニ独り占めの状態だった訳だし。

あと、Kさんはやっぱり基礎がなぁ…。今日も「やっぱりプロに見てもらった方がいいよ?」という話をしてしまいました。
Kさんも以前よりはその考え寄りになってきてるみたい。Sフィルのトラでも出て頂いているMさんに今度相談してみようかな。

ま、とりあえずは次回の練習、(トムトムだけど)Kさんの大祝のティンパニが合奏の中でどう変わるかを楽しみにしたいと思います。
posted by ぽぽろんろん at 23:05 | 神奈川 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | my music activities

2011年06月19日

昨日・今日の練習への独り言(6/18・19)

昨日はTWオケ。今回も定演曲をザザッとひととおり、ほぼ通すのみの練習。
通すだけでも、毎週やってると少しずつですが形が出来てきますね。
もうちょっとはこんな感じで勘を取り戻していくのかな。

練習再開後からTWオケはクラの出席率がよくて嬉しいです。
あと、なぜか急にフルートだけ大盛況。
1人仮入団したし、昨日も見学者が1人来ていました。この人も入ってくれたら嬉しいなぁ。
そしてあとはサックスとホルンに入団者が来てくれたら言うことなし。


今日はSフィル。今回は大祝と第九第3・4楽章。
…相変わらず大祝がなげぇ…。そして細切れ練習。あんだけ時間使うなら1回くらい通して欲しかった。
Y先生いわく「大祝を先に仕上げたい」ってことらしいのですが…。そんなこと言ってもいつまで経っても終わりは無いんだし(特にうちのレベルじゃやりたいことだらけでしょ)、第九にももっと時間使って欲しいんだけどね。実際、今日も第4楽章は最後まで行かなかったし。
今回は他団体やソリストさんたちも呼ぶわけで自分たちだけの話じゃないんだしね。Y先生がどういう考えでいるのか気になります。
フルートTさんいわく、「この計画性の低さって、要は仕事の出来ない人ですよね」とのこと。…そーだね(苦笑)

今日の練習でキツかったのは、環境ですね。
練習場がエアコン使用禁止ということで、部屋が蒸すこと蒸すこと(´д`;)
カーテン閉めた上でこっそり窓開けちゃってました(^^;)
だって倒れたくないし。
でもそれでも結構つらかったですね。ここ最近眠れなくてで気分が悪かったのもありますが。
第九最後の方は結構ボーッとしてました。楽譜を一段読み飛ばしちゃったりとか、入るタイミング分かっていながら叩かずにボーッとしてたりとか…。
この夏の体調管理が不安だわ…。

そのせいもあってか、今日の練習についてはあまり覚えていません。
とりあえず、チューニング時には静かにしようやってことと、指摘事項が他にも反映出来そうだったら自発的に取り入れようやってこと。他パートの指摘事項も当然。
ま、どっちも当たり前の話ですよね。どっちもここで以前書いたことがあったかと思います。
ただでさえSフィルは練習頻度が低いんだからそういうことからちゃんとやっていかないとねぇ。
Y先生の長すぎる雑談に文句言えませんよ(^^;)

あと、今日は定演DVDを受け取りました。
これは後で見ようかと。楽しみ楽しみ。
posted by ぽぽろんろん at 23:33 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | my music activities

2011年06月05日

昨日・今日の練習への独り言(6/4・5)

昨日はTWオケの練習。
前回参加時は楽器に触れなかったため、今回が実質の練習再開日となりました。
今回は定演曲を少しでも多くさらって曲を思いだそうという感じ。「アンパリト・ロカ」「元禄」「道化師」「アリエッティ」「シーゲート」をドドッと通しました。
3ヶ月のブランクがあったのですが、個人的にはそこそこ覚えてましたね。さすがに地震前のクオリティそのままとはいきませんでしたが(^^;)
「元禄」後半、落ちるとリズムパターンが変わるまで全然復活できねーYO!\(^o^)/
でもやっぱり吹奏楽は楽しい!太鼓・金物・鍵盤とあれこれ触れるのがいいですね♪久々に堪能しました。

そうそう、地震で出来なくなってしまったTWオケの定演が11月末に決定しました!
本当は地元の都下で出来ればよかったんだけどそんな都合よくホールが空いているわけもなく、結局は横浜青葉区でやることに。ちと遠い…。
でも今は演奏会を行える環境を確保出来ただけで幸せです、ホント。ありがたやありがたや。
それから、今年はコンクールに参加しないことも決定しました。今からだと全然間に合わないからしょうがないですね。それにやはり団員としてはコンクールよりも定演を優先したいということもありました。
コンクール無しで定演となると練習が半年もあるので飽きないように注意する必要はありますが(笑)、その分演奏の完成度を上げていきたいです。


そして今日はSフィル。
まずは大祝の初見大会。
…ま、あんなもんか(^^;)
第九の初見と比べるとかなりカオスってましたな。やはり「曲を知っているかどうか」というのは多少のアドバンテージになるみたい。あと、日本は第九の演奏機会が多いし経験者がちらほらいるというのもあるかな?あとは例によっての細切れ練習のせいか…。第九初見の時は結構長めに流してたもんね。
そういえばY先生が「大祝は意外と演奏機会が少ない」ということを言っていましたがそうなの?
自分が大学在学中に大学オケでやったことがあったので(私は降り番でしたが)、普通にちょこちょこやられているもんだと思ってました。まぁいいや。
個人的な感想は…特に無い(^^;)
出番少ないし。落ちる要素も無いし。
ただ、せっかく買ったシンバルを鳴らしていこうかなぁと思っていたらY先生からトライアングルを要求されてしまったので、どうしたもんか考え中です(苦笑)
確かにトライアングルの方がおいしくはあるんですですけどね。ま、もうちょい考えます。
Kさんのティンパニは初見大会だからあんなもんかな。曲を聴いてきた感じはあったけど自信無さげな演奏でしたね。とりあえず気になったところは一通り指摘しておきました。

さて、今日の大祝については大きな不満が一点ありまして。つーかみんなそうだったと思ってるんだけど。

練 習 な げ ー よ !

大祝の初見大会、10分の曲に2時間半近くかけるとか。しかも休憩無し。第九のみ出番の人は隣室で1時間待ち。ダメだろこれ。指導者として。
先が思いやられる…。

続いての第九は第1・2楽章をほぼ通したのみ。だって45分しか残ってないんだもん。
自分については、今回、頭の中が大祝モード及び吹奏楽モードになっていて第九成分が少し抜けてしまっていたこともあり、ちょっと落ち気味でした。
次回までにTWオケの曲とSフィルの曲を頭の中で整頓しておきたいと思います。


さてさて。今後の練習なんだけど。
職場のカレンダーがピーク電力対策で7・8月に変更が加わり、土曜は勤務日、日曜も奇数週は勤務日となってしまいました。
おかげでこの2ヶ月間、Sフィルの練習には参加できません(正確には7月第1週は参加できます)。TWオケの方は練習時間が夜ということもあり遅刻しながらの参加ということに。
仕方が無いこととは言えちょっと不便ですね。ま、その間は第九のティンパニをKさんが叩くので少しでも刺激になればいいな。
posted by ぽぽろんろん at 23:11 | 神奈川 | Comment(2) | TrackBack(0) | my music activities

2011年05月29日

EMフィル定演終わりました。

今日はEMフィルの定演にトラとして出演させていただきました。
プログラムは次のとおり。

■ヴェルディ:歌劇「ナブッコ」序曲
■ビゼー:歌劇「カルメン」第1・第2組曲
〜休憩〜
■ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調「新世界より」
〜アンコール〜
■ビゼー:歌劇「カルメン」より「闘牛士」


今日はかなりの雨だったのに、お客さんはおそらくEMフィルの過去最高?
1000人強の会場の7割くらいは埋まっていたんじゃないかと思います。
団員の皆さんも「やっとうちにもファンが根付き始めたか」と喜んでいました(^^)

私は「ナブッコ」のスネアと「カルメン」のタンバリンを担当。
傘を差しながらスネアとスーツを持っての移動はちょっと辛かった(^^;)

ま、それはそれとして。
演奏の方ですが、自分の出来から言うと…甘めの判定で70点くらい?
どちらももっと粒を揃えることが出来たと思うし、テンポももっとスムーズに乗っかれたはず。
当日のリハになって鳴り物はほぼ全体的に音量を落とすよう指揮者から要望があった(唯一の例外が「アラゴネーズ」のタンバリン)ことも手伝って、ちょっと探り探りの部分があったな〜と反省しております。
それ以外はとりあえず大丈夫だったかな?…多分。うん、大丈夫だったことにしよう(ぇ

演奏会後半は出番が無かったので(アンコールもタンバリンは無し)、メインからは客席の隅っこで聴かせていただきました。
「新世界から」はSフィルでもやりましたが、それと比べるとすっきりした演奏(うちが特徴的なだけか^^;)でしたね。
ティンパニのOさんもなかなかよい演奏だったと思いますが、タイミングがズレる等のちょっとしたミスでも首をかしげてしまっていたため、基本的にティンパニばかり見ていた私には小さなミスまでバレバレでした(笑)
終演後、同じことをいろんな友達から言われたらしいです(^^;)

今回は打ち上げにも参加させていただきました。
今まで一度も出たこと無かったんですよね。結構EMフィルにはお邪魔しているというのに。
ほとんどバカ話ばかりでしたが(笑)、後半は指揮者のI先生をパーカッションパートで囲んでいろいろとお話を。
オケの音作りについての考え方とか興味深い話を聞けました。
I先生はバランス重視なんですね。低音〜高音が作る音のピラミッドをとても大事にしているという風に思いました。Oさんも似たような考えで叩いているみたいで、音がオケにどう溶けるかを重視していると言ってました。
私とは全然違いますね(^^;)
もちろん音質を無視している訳では無いですが、Sフィルにいるとそれよりもオケをどう引っ張っていくか、自分がどう楔になるかということを考える方が多いです。
そしてあとは曲をどう楽しくしていくかですね。自分基準なので他の人が楽しくなっているかは知りません(ぉぃ

それからコンミスさんとも少し話をしました。
EMフィルって、ヴァイオリンソロがある曲でも特にコンミスにお伺いを立てずに決めちゃうらしいです。いいなぁ〜。
だからって、前回の「白鳥の湖」、今回の「カルメン」、さらに次回はブラ1と連チャンで決めちゃうのも凄いですけどね(笑)
コンミスさんの音、少し渋めの音で派手さは無いんだけどエッジが立ってて輪郭がしっかり聞こえるんですよねー。いい音色です。

てことで、これでしばらくは演奏会本番は無し。次の本番は吹奏楽の定演です。11月に決まったのでこれに向かって頑張りたいですね〜。
あとはSフィルの第九。新版のスコアも近いうちに買いたいな。
タグ:トラ活動
posted by ぽぽろんろん at 23:07 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | my music activities

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。